絵本を抱えてお茶を手に、陽だまりへ♪

絵本を抱えてお茶を手に、陽だまりへ♪

☆ご訪問ありがとうございます☆
NPO法人「絵本で子育て」センター所属 絵本講師
絵本セラピスト協会認定 絵本セラピスト®
絵本とお茶の時間が大好きな 花梨と申します。
絵本のちからをお届けしています♪

 

 

私がはじめて

「絵本講座」をさせていただいたのは

 

 

小学校・読み聞かせボランティアグループの

「きらら絵本館」さんでした。→☆この時

 

 

その後、

毎年代表の方も変わるのですが、

 

翌年も、→☆二年目

 

翌々年もお声をかけていただけて→☆三年目

 

 

3年連続で講座をさせていただきました。

 

 

そしてそして、

「今年度もぜひ♪」と

言っていただけたのですが・・・おねがい

(感謝クローバー

 

 

ふと。

 

 

 

「今年は外部講師をお招きしてみませんか?」

と、提案させていただいて・・・

 

学校側からも了解をいただけて・・・

 

 

 

はるばる神奈川県南足柄より

 

絵本読み聞かせ講師のとんちゃんこと

上甲知子さんをお呼びすることができましたブルー音符

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

こんにちは。

絵本の力をお届けします。

ひだまり絵本館の花梨です。

 

うさぎ絵本で子育て「絵本講座」

うさぎ大人のための「絵本セラピー®」

うさぎ絵本と歌とお話し会 byMother Moon

                     承ります。

 

   (詳しくはこちらから)

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚  

 

 

今回お願いした講座は、

絵本の読み聞かせボランティアさんに向けた、

そして、

読み聞かせはまだやったことないけれど・・・

という方にも、

関心をもっていただくための講座。

 

「読み聞かせボランティア 基礎講座」

 

 

 

会場にもなった「きらら絵本館」は、

小学校の一室に、

お部屋があります。

 

 

こちらの小学校は

ほんとうに絵本に恵まれている

絵本を読む環境に恵まれている

素晴らしい小学校なんですキラキラ

 

 

「きらら絵本館」が立ち上がった時の

校長先生の応援のおかげと、

 

その後の校長先生はじめ

先生方のご理解もあついと聞いています。

 

 

そしてもちろん、

今の校長先生、教頭先生もが、

「絵本の時間」をとてもとても大切に思ってくださるからこそ

外部講師をお招きしての今回の講座も実現しました。

 

 

 

環境は恵まれていても、

実際に絵本を読むボランティアさんの数は

昔に比べて減ってしまっているのが現状です。

 

 

子どもがもう成人している私のようなお母さんや、

おじいちゃまおばあちゃも多くいらっしゃって、

それはそれで、

とてもいいなと思うのですが、

 

 

せっかくなので

今の小学生の現役お母さん方にも

ご興味をもっていただけたら・・・と、

リーダーさんが全部のクラスに案内も出してくださいました。

 

 

おかげで

今、活動をしている方だけでなく、

 

読み聞かせはしたことはないけれど、

どんなものかなあと思ってくださった方も

ご参加くださいましたクローバー

 

 

 

image

 

講座では、

基本的なテクニックの前にまず一番大事なこと、

 

けれど、

普段意識し忘れてしまいがちな

「見えるか?」と「聞こえるか?」を

はじめ、

 

 

声を投げつけるのではなく、

(そっと)届ける、

その絶妙な違い・・・

 

など、

大切なことをたくさん

改めて気づかせていただけました。

 

 

クローバー

 

みなさん実際に絵本を手に持って、

 

image

練習もしましたよブルー音符

 

 

 

 

そしてとんちゃんの、

 

image

 

なんともいえないお声とトーンの語りキラキラ

 

 

 

 

笑いもあって・・・

 

image

 

和やかにすすめられました。

 

 

そんなとんちゃんワールドに

こんなご感想も・・・

 

 

★先生のお話も、読み聞かせも、笑顔も素敵でした。

私の中ではしっかり心に残りましたので、

これからも自分の感じるまま読み聞かせをしていきたいです。

伝える力、素晴らしいですね!!

 

 

 

自分の感じるままの読み聞かせって素敵ですね。

それはきっと伝わると思うから・・・。

 

 

クローバー

 

そして面白かったのが、

15分間の読み聞かせ実演ブルー音符

 

image

(中身の見えないバックがポイントブルー音符

 

 

廊下から、

教室の中の先生に着きましたのアピールをしたり、

教室に入ってからの挨拶や、子どもたちとのトーク、

担任の先生との仮想トークなんかを

実演してくださいましたよ爆  笑

 

 

 

にこやかに、

なーんにも考えてないようにみえて・・・

(めっちゃ失礼)

ぴったり15分。 さすがでしたキラキラ

 

 

クローバー

 

~ご感想の一部です~

 

★選書の大切さと難しさを考えさせられました。

私は自分の楽しみで読み聞かせをしているけれど、

子ども達にも楽しんでもらえるような

読み聞かせの時間にできるようにしたいと思いました。

 

 

 

★何年も読み聞かせをしていますが、

これが自分の一冊という本を早くみつけて、

子ども達に一生読み続けていけるようになりたいと思いました。

 

 

 

★とても参考になる講座会でした!

「なんのために読み聞かせをするのか?」を

自分に問いかけてみて、

目標が見えたような感じ・・・。

 

 

 

ほかにも前向きなご感想が多くいただけて、

私もとても嬉しかったですハート

 

 

クローバー

 

 

選書が命

なんのために読み聞かせをするのか?

 

なんのために?

 

 

それぞれに

立ち返る機会になったでしょうか。

 

 

 

そしてだからこそ

 

いろいろな年代、

いろいろなタイプの方が、

それぞれに選んだ絵本を読んでもらえる環境にある

こちらの小学生は、それこそ

いろいろなタイプの絵本と出あえます。

 

 

たとえ15分という短い時間ですが、

それが子どもたちにとって

楽しく豊かな時間になると いいな~・・・

と、願ってやみません乙女のトキメキ

 

 

 

 

自分がその一冊を大好きで、

何度も何度も読み込むことが結局は、

子どもたちに伝わるのかなということも

私には勉強になりました。

 

 

 

そしてなにより、

読み聞かせボランティアに関心を持ってくださった方から

 

「(読み聞かせボランティアを)

  やってみようかな・・・

 

というお声がきけたこと・・・

とてもとても嬉しかったですハート

 

 

 

クローバー

 

 

たくさんいただいた

読み聞かせにお勧め絵本リストの中で、私が

 

読んでみたいなあと思った一冊は・・・

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

だじゃれしょくぶつえん [ 中川ひろたか ]
価格:864円(税込、送料無料) (2018/11/18時点)

 

「だじゃれしょくぶつえん」爆  笑

 

 

 

とんちゃん、

楽しくて、深い学びの講座を

ありがとうございました。

 

 

ご参加くださったみなさま、

「きらら絵本館」のリーダーさん、

ほんとうにありがとうございましたハート

 

 

クローバー  クローバー  クローバー 

 

 

さて・・・

 

講座の後は、

お楽しみのランチにお連れすることに。

 

 

味噌煮込みうどんや えびふりゃー、

手羽先は名古屋めしだし・・・

 

せっかくここ、

八丁みそ発祥の地なのでやっぱり

味噌カツ?

と思って2軒ほどピックアップしていたのですが、

 

 

講師とんちゃんのリクエストは、

「花梨ちゃんのよく行く

  オサレなカフェ的な・・・コーヒー

 

ということで、

よく行っているわけではないのですが、

この日のとんちゃんの素敵なお洋服、

 

 

「もこもこもこ」ファッション(?)にピンときて・・・

 

image

 

絵本は左から

「もこもこもこ」(文研出版)と

「ちへいせんのみえるところ」(ビリケン出版)です。

これもチャレンジしてみたい絵本です。

 

 

 

・・・・

とあるカフェにおつれいたしましたよブルー音符

 

そのことは次回に書きますね。

 

 

~*~*~*~*~*~

 

 

絵本読み聞かせ講師

とんちゃんこと上甲知子さんの

読み聞かせボランティア入門講座についての詳細は

 

ぜひ、こちらをご覧くださいリボンリボンリボン

↓↓↓

「読み聞かせボランティア入門講座」

 

 

 

 

今日も最後までお読みくださって

ありがとうございました虹

 

応援のクリック嬉しいですクローバー
励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 

【ひだまり絵本館】

花梨の

『絵本講座』・『絵本セラピー®』・『お話会』など

 

お問い合わせはこちらから♪こちらをクリックして下さいね。

 

クローバーNPO法人「絵本で子育て」センター所属 絵本講師

クローバー絵本セラピスト協会認定 絵本セラピスト®

クローバー「プレゼントに絵本」推進委員会 会員

 

『絵本』

あかちゃんのくにから

作:花梨 /  絵: 宮本さちこ

 

image
 
絵本のお問い合わせは
こちらからよろしくお願いいたしますピンク薔薇
↓↓
 
子ども(未来)の笑顔が輝くために
もっと絵本の世界が広がりますように・・・虹
 
ひだまり絵本館 花梨

テーマ:

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚

 

こんにちは。

絵本の力をお届けします。

ひだまり絵本館の花梨です。

 

オレンジ絵本で子育て「絵本講座」

オレンジ大人のための「絵本セラピー®」

オレンジ絵本と歌とお話し会 byMother Moon

                     承ります。

 

   (詳しくはこちらから)

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚ 

 

 

 

さて、ひとつ前に書きました

 

↓↓

 

「小中学生にスマホ解禁は大きな疑問!」

 

あ。

 

↑このタイトルは尾木ママさんのブログのタイトル

だったんですけどね。

 

 

 

いろいろなご感想はあると思います。

 

 

 

そしてもう一度、

最初のスマホの目的(?)とは

少しズレるのかもしれませんが、

 

 

(え。ズレていいの?

まあ、そこから繋がっていくかも・・ってことで)

 

 

「絵本の読み聞かせ」

 

 

の視点からこのことを考えてみたら、

 

 

 

絵本講師の先輩

とんちゃんこと上甲知子さんの

 

このブログを思い出しました!!

 

↓↓

 


 

 

・・・。

 

 

どんなことを

思われましたでしょうか。

 

 

とんちゃんのブログで取り上げられている方、

 

幼児に (この方の娘さんは1歳半から・・)

iPadを好きなだけ使わせる育児を肯定されている方の

おっしゃる、

 

 

これから大切なのは、

 

楽しいことを生み出すチカラ

新しい発想を生み出すチカラ

とりあえず何でも試してみるチカラ

 

・・・という部分は共感します。

 

「子どもの人生を良くするのは子ども自身」

というところも同じくね・・・。

 

なるほどって思うところもなくはないんです。

 

 

しかし、

この方に言わせれば・・・

 

 

だから

例えばiPadよりも絵本の読み聞かせのほうが

優れていると考えている人って、
私からしたら

「電卓なんて使うとバカになるからそろばんを使え、暗算をしろ」
とか言っているオッサンと一緒にしか思えません。

 

(青字引用)

 

 

ひゃ~・・・あせる

 

私も充分に

 

オッサン だわっっっあせる

 

 

クローバー クローバー

 

 

さて明後日、

 

その絵本講師で絵本セラピスト®

絵本読み聞かせ講師の

とんちゃんを愛知にお招きしますブルー音符

 

 

といっても今回、講座の

公募はしていないんですよう。

ごめんなさい。

 

 

絵本の読み聞かせに私も参加している

小学校にお越しいただくんですブルー音符

 

 

 

絵本の読み聞かせボランティアさん、

もしくは

「読み聞かせのボランティアってどんなことするの?」

と、

ご興味を持っていただいた方を対象に

 

「読み聞かせボランティア 入門講座」

 

をしていただく予定です。

 

 

楽しみです~~照れ

 

 

またブログにて

ご報告させていただきますね。

 

 

 

こちらは植えて、

 

8年くらいたってから

やっと実がついた柚子の木です。

 

image

 

おととしも た~くさんなりましたが、

今年もこんなに!!

 

 

これね、、、

 

昨年は、ひとつもならなかったんですよ。

0個でした!

 

でも今年は鈴なりですキラキラ

 

 

 

絵本セラピストのうきょうさん

みかん農家さんいわく、

みかんは1年おきになるみたい・・・って

教えてくださいましたよオレンジ

だから柚子もかなあって。

 

うちのみかんは気まぐれのようですが、

柑橘類って、

隔年で実をつける傾向があるんでしょうかね~ブルー音符

 

 

そして同じく

絵本セラピストのあさとさん

「柚子は9年の花盛り」・・・って言葉を教えて下さいましたハート

 

 

「桃栗3年柿8年」・・・の続きがあったんですね!

知らなかった・・・。

 

(地域によって少し違った言い方もあるみたいです)

 

 

 

実がなるまでには、

ものごとが成就するには、

 

じわじわじっくり

それ相応に時間がかかるものです。

 

 

子どもの成長も、

同じだな~・・・なんて思います照れ

 

 

 

目に見えていない根っこが育つ時期って

親は、あせりがちですけどねあせる

 

 

 

じっくりしっかり育っているのを

信じて待てたらいいなと思います。

 

 

image

 

犬「わたし、柚子なんて食べないし~・・・」

 

 

 

 

image

 

でも、こんなちっちゃい木だけど、

よくがんばって なってくれたでしょうむらさき音符

 

 

犬「ふーん。」

 

 

 

 

今日も最後までお読みくださり

ありがとうございましたピンク薔薇

 

応援のクリック嬉しいですクローバー
励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 

【ひだまり絵本館】

花梨の

『絵本講座』・『絵本セラピー®』・『お話会』など

 

お問い合わせはこちらから♪こちらをクリックして下さいね。

 

クローバーNPO法人「絵本で子育て」センター所属 絵本講師

クローバー絵本セラピスト協会認定 絵本セラピスト®

クローバー「プレゼントに絵本」推進委員会 会員

 

『絵本』

あかちゃんのくにから

作:花梨 /  絵: 宮本さちこ

 

image
 
絵本のお問い合わせは
こちらからよろしくお願いいたしますピンク薔薇
↓↓
 
子ども(未来)の笑顔が輝くために
もっと絵本の世界が広がりますように・・・虹
 
ひだまり絵本館 花梨

テーマ:

 

大阪府が来春にも

公立・小中学生の

学校へのスマホ持ち込みを解禁するそうです。

 

 

 

まだ決まったばかりでこの先どうなるかわからないし、

 

 

正解・・・なんてわからないです。

 

 

けれど、

 

 

私は なんだか

言葉にできない不安を感じます。

 

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

こんにちは。

絵本の力をお届けします。

ひだまり絵本館の花梨です。

 

うさぎ絵本で子育て「絵本講座」

うさぎ大人のための「絵本セラピー®」

うさぎ絵本と歌とお話し会 byMother Moon

                     承ります。

 

   (詳しくはこちらから)

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚  

 

 

ある

社会人の息子さんが出勤途中、

 

 

「定期券を忘れちゃったんだけど、

どうしたらいい?」 

 

 

母親にスマホで連絡をとってきた・・・

という話を聞いて、

 

ゾッとした 

びっくりしたことがあります。

 

 

常に繋がっていて、

安心してなんでもお母さんに相談できる。

 

 

それはいいこと?

 

 

もちろん、

ピンチの程度にもよります。

ケースバイケースというかね、

 

 

でも

一事が万事そうだとしたら?

 

 

 

自分の頭で考えて、

自分の力で切り抜けるって、

とてもとても大切な力だと思うのだけれど。

 

 

 

それにもちろん

社会人の男性と、

小学生を同じにしてはいけないとは思うけど。

 

 

 

それにそれにもちろん

なにかあった時のために・・・

というのも、

ものすごくよくわかります。

 

 

わかります。

 

 

わかります。

 

 

安否の確認がとれない時の

いてもたってもいられない気持ちは

ほんとによくわかります。

 

 

 

でも、

 

 

なにもない時から

常に依存してしまいそうで。

それはどうなんだろうって、

そこは難しいと思います。

 

 

 

スマホじゃなきゃダメなんでしょうか。

 

 

 

そしてその上、

子どもたちは

 

 

ますます空を見上げたり、

 

川をのぞき込んだり、

 

虫の動きをじっと見つづけたり

 

風の音をききわけたり・・・

 

 

 

そんな機会を

スマホに奪われてしまわないんでしょうか・・・??

 

 

 

~*~*~*~*~*~*~

 

 

 

 

自然をじーーっとみつめる時間は

失いたくない時間ですね。

 

 

image

 

本日の絵本です。

 

「土の色って、どんな色?」

栗田宏一 著/ 福音館書店

 

 

 

土をまじまじとみるなんて

そんなにはないことかもしれませんが、

この絵本、面白いです!!

 

 

黒っぽいのが、

関東平野の畑の色。

関西の畑の土は、白っぽい。 (青字引用)

 

 

そして、ここ愛知県の

渥美半島の土はオレンジ色。

石ころが混じっていないから、

大根がまっすぐに伸びるんだそう。

 

 

 

~*~*~*~*~*~*~

 

 

 

いやー

私ってやっぱり古いのかなああせる

 

うん。

 

古いんだと思います。

娘の子育てをしていた頃とは全く違ってきていますものね。

 

 

ただ、どうしても

 

 

娘に中学二年生で携帯電話を与えてしまった時、

(もちろん学校へは持ち込み禁止ですが)

 

 

その時は

百害あって一利なしだったんです。

 

 

百害あって一利もなし

 

もう 10年も前の話ですけどね。

 

「あー。高校生からでじゅうぶんだった!」って、

当時、つくづく後悔して思ったものですから。

 

 

 

つい・・・。

 

 

 

~*~*~*~*~*~*~

 

 

そんなことを

つらつらと思っていたら、

 

 

尾木ママさんはこのことを

「大きな疑問!」とおっしゃっていました。

 

 

大きく頷いてしまいましたよ。

ちょっと嬉しかったのでリブログさせていただきました。

 

 


 

 

 

「子どものためを思って」・・・って?

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

土の色って、どんな色? (たくさんのふしぎ傑作集) [ 栗田宏一 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/11/12時点)

 

 

 

今日も最後までお読み下さって

ありがとうございましたクローバー

 

 

応援のクリック嬉しいですクローバー
励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 

【ひだまり絵本館】

花梨の

『絵本講座』・『絵本セラピー®』・『お話会』など

 

お問い合わせはこちらから♪こちらをクリックして下さいね。

 

クローバーNPO法人「絵本で子育て」センター所属 絵本講師

クローバー絵本セラピスト協会認定 絵本セラピスト®

クローバー「プレゼントに絵本」推進委員会 会員

 

『絵本』

あかちゃんのくにから

作:花梨 /  絵: 宮本さちこ

 

image
 
絵本のお問い合わせは
こちらからよろしくお願いいたしますピンク薔薇
↓↓
 
子ども(未来)の笑顔が輝くために
もっと絵本の世界が広がりますように・・・虹
 
ひだまり絵本館 花梨

テーマ:
 
二十歳くらいの時、
 
三浦綾子さんの小説に はまっていて
よく読んでいました。
 
 
 
その中でも好きだったのが
 
「氷点」の上巻・下巻と、
 
「続・氷点」の上巻・下巻
 
が特に好きでした)
 
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

氷点(上) (角川文庫) [ 三浦 綾子 ]
価格:691円(税込、送料無料) (2018/11/6時点)

 

 

 

数十年たった今でも

 

時々ふっと

主人公、陽子の祖父の言葉を

思い出します。

 

 

 

『一生を終えてのちに残るのは、

 

われわれが集めたものではなくて、

 

われわれが与えたものである。』

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

 

こんにちは。

絵本の力をお届けします。

ひだまり絵本館の花梨です。

 

クローバー絵本で子育て「絵本講座」

クローバー大人のための「絵本セラピー®」

クローバー絵本と歌とお話し会 byMother Moon

                     承ります。

 

   (詳しくはこちらから)

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚  

 

 

 

先日、あるイベントで

「遺伝子スイッチ・オンの奇跡」の著者、

工藤房美さんとお会いすることができました。

 

 

 

工藤さんは余命1ヶ月と宣告を受けてから、

一年以内に

 

全部のガンが消えるというご体験をされています。

 

 

 

 

そして今では、

本当にたくさんの方々からの依頼をお受けになり、

 

 

全国を飛び回ってご講演などをされています。

 

 




でもね、


「ありがとう」を言えばいいとか、
「ありがとう」を何回言ったから病気が治るとか、


決して
そういうことではありません!



・・・そうではないんですよね。





工藤さんは、


(どうせ)
このまま死ぬのなら
自分の体の遺伝子全てに
ありがとうを言ってから死のうと
本気で決めた  
そうです。



image

「人はガンでは死なないの。
  寿命で死ぬんです。」


ハッとさせられました。


詳しくは、ご本を読んでいただくとして・・・


私は工藤さんとお会いするたびに、
お声をかけていただくたびに
なぜだかもう・・・涙が出てくるのです。


それくらいほんとうに
あたたかくってあたたかくって・・・
キラキラ



エゴというものが一切、ないのでしょうね。



全力で
他のために生きてらっしゃる方なんだと思います。



ほら よく、
天皇陛下や皇后陛下のお姿を目の当たりにすると
涙が出てくる・・・なんて話を聞きますが、


きっと・・・


それに近いのだと、


私は思います。




~♡~♡~♡~

 

 

今日の絵本は・・・

 

「わたしはひろがる」

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わたしはひろがる (教室の絵本シリーズ) [ 岸武雄 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2018/11/7時点)

 

 

それこそ20歳頃に知り合った友達から

教わった絵本。

 

~*~

 

 

 

おやつのお菓子が、弟のより小さいと

 

怒ったり、わめいたりして

「わたし」「世界のすべてであった。」り、

 

いい点数をとって友達に勝つことが目標で、

仲のいい友達も、かたきのように思い

 

「テスト」が「勉強のすべてであった。」

 

そんな少女が

 

やがて弟や友だちと関わるうちに

 

「わたしの中へ 弟が入ってきた。」

 

「わたしの中へ 友だちが入ってきた。」

 

 

・・・と、

擦り合って、

受け入れることによってどんどん

 

「わたし」が広がってゆきます。

 

 

 

やがて勉強のほんとうの目的や、

地域のこと、社会のこと、

 

 

広島のことから人種問題、

世界のことまで視野が広がってゆきます。

 

 

 

私、個人的には

すこしひっかかる言葉もありました。

 

 

はじめて読んだ時は、

道徳の教科書のように感じられてしまって

あまり得意ではなかったのです・・・が、

 

 

 

長谷川知子さんの絵によって、

それらがうすっぺらに

机上をすべっていく言葉ではなくって

 

 

 

少女が体験していくところ、

いろいろ経験した上で、

徐々に実感していくところに説得力を感じました。

 

 

 

視点を上げて読み返してみて

なんだか改めて心に響いたわけです。

 

 

これ、

 

 

表紙の少女が目を閉じている絵より、

見返しの絵より、

 

扉に描かれている少女の顔が

とっても好きなんです。

 

 

少し上方の

遠くを見据えているようなまっすぐな瞳に

強い意志が感じられます。

 

 

 

ああ、子どもたちが

こうやって広い世界を知っていくって

素晴らしいなあって思います。

 

 

 

工藤さんのように

はじめから他のために生きる・・・なんてできません。

(大人でも難しいことです。)

 

 

でも、

ひとつひとつ、

知って、感じて、考えて・・・

 

 

力強く成長していける世の中を

 

 

大人がきちんと用意したいものです。

 

 

~♡~♡~♡~

 



工藤さんのことは
このときも書きました。

↓↓

 

 

 

今日も最後までお読みくださって

ありがとうございました。

 

~♡~♡~♡~

 

応援のクリック嬉しいですクローバー
励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 

 

クローバーNPO法人「絵本で子育て」センター所属 絵本講師

クローバー絵本セラピスト協会認定 絵本セラピスト®

 

『絵本』

あかちゃんのくにから

作:花梨 /  絵: 宮本さちこ

 

image
 
絵本のお問い合わせは
こちらからよろしくお願いいたしますピンク薔薇
↓↓
 
ひだまり絵本館 花梨

テーマ:

 

ドキッとするようなタイトルは

ひすいこたろうさんの著書

「あした死ぬかもよ?」

 

 

あなたが生まれたとき、

あなたは泣いていて

周りの人たちは笑っていたでしょう。

だから、

いつかあなたが死ぬとき、

あなたが笑っていて

周りの人たちが泣いている。

そんな人生を送りなさい。

 

 

そんな

ネイティブアメリカンの言葉ではじまっている本です。

 

 

 

ブログにかくのはどうかなと思ったのですが、

「だいじょうぶ」でしたのでね、

 

書きますね。

 

 

image

「あした死ぬかもよ?」

ひすいこたろう 著/ Discover

 

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

こんにちは。

絵本の力を綴ります

ひだまり絵本館の花梨です。

 

うさぎ絵本で子育て「絵本講座」

うさぎ大人のための「絵本セラピー®」

うさぎ絵本と歌とお話し会 byMother Moon

                     承ります。

 

   (詳しくはこちらから)

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚  

 

 

 

母が、

交通事故にあいました。

 

 

 

大丈夫です!

 

 

おかげさまで、

入院もさせてもらえないくらいの

軽傷ですみました。

 

ドキっとさせてしまってごめんなさい。

 

 

 

しかも もうね、

事故が起きたのは先月、

10月のはじめの出来事だったんです。

もう ひと月、経つんです。

 

 

 

ちょうど

長野市での絵本講座も控えていましたし、

みなさんにご心配をかけたり、

私自身、気弱になるのが怖くって、

誰にも言っていませんでした。

 

 

私自身はピンピンしてるのだしね。

 

 

 

でも、ほんと、

 

警察から連絡を受けた父から

電話があったときは

血の気の引く思いでした。

 

 

母は、お友達の運転する車の

運転席の真後ろに座っていたらしいのですが、

 

 

国道で、

信号無視の、

猛スピードの車と衝突して

車が横転したようです。

救急車で搬送されました。

 

 

 

 

動揺している父や、

半泣きの妹と比べて、

 

 

私は比較的冷静で、

 

病院の窓口との応対も

医師の説明を受けるのも、

荷物の処理も

送り迎えなんかも淡々としたのですが、

 

 

 

それでもその日はなかなか寝付けなかったので、

やっぱり私なりにショックだったんですね。

それはちょっと驚きでした。

 

 

そして夜中に急にものすごく怖くなりました。

 

 

ほんとに。

 

 

「生きててくれてよかった、よかった。」

と、

繰り返していた父の姿が目に焼き付いています。

 

 

そんな大きな事故だったにもかかわらず、

それくらいですんで、よかったです。

 

 

 

ただ、

肩の辺りを骨折してしまって、

それはやっぱり痛くってかわいそうだし

手が使えないので生活にも支障をきたしました。

 

 

平気平気と思っていた私自身も

少し体調をくずしてしまったりね。

つくづく、

心と体はつながっていますね~あせる

 

 

 

けれどまあ、

 

 

それまで全く家事なんてなんにもできなかった父が、

かいがいしく

母の着替えを手伝ったり、

食事の世話をする様子は

 

 

 

「悪いことばかりじゃないねえ♪」

なんて

妹と言い合ってますよウインク

 

 

 

 

寿命はだれにもわからないし、

人はいつか死にます。

 

 

 

あたりまえだとは思っていたけど、

やっぱりどこか他人事。

それは震災などでもおんなじですね。

 

 

 

生きているし、

生かされている。

 

 

 

「明日しぬかもよ」って

考えたら、

 

 

 

なにをしたいでしょうか?

 

 

 

なにを手放すでしょうか?

 

 

 

 

 

 

絵本

「すみれ島」

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

すみれ島 (新編・絵本平和のために) [ 今西祐行 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/10/31時点)

 

 

これは戦争の絵本。

特攻隊が描かれています。

 

 

色使いが、

悲しいほどに美しい絵本です。

 

 

 

なにをしたいか・・・なんて、考えられる今。

 

 

 

考えることすら

コントロールされていた時代があったのだと

 

 

忘れてはいけませんね。

 

 

 

クローバー  クローバー  クローバー

 

 

 

・・・って、

 

 

 

 

ちょっと~爆  笑

 

 

 

 

image

 

かわらずマイペースに笑わせてくれる

わんこちゃんハート

 

 

 

 

 

「はい?」・・・ってか。

 

image

 

はいはい。

お母さんが悪かったですね。

 

こんな、

床に絵本を置きっぱなしにしておいて・・・あせる

 

 

 

 

枕にちょうどいい高さだった?

 

image

 

でも、どいてくれません?

 

 

 

クローバー  クローバー  クローバー

 

 

 

今日も最後までお読み下さって

ありがとうございましたピンク薔薇

 

 

応援のクリック嬉しいですクローバー
励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 

【ひだまり絵本館】

花梨の

『絵本講座』

『絵本セラピー®』

『お話会』など

お問い合わせはこちらから♪こちらをクリックして下さいね。

 

NPO法人「絵本で子育て」センター所属クローバー絵本講師

絵本セラピスト協会認定クローバー絵本セラピスト®

「プレゼントに絵本」推進委員会クローバー会員

 

『絵本』

あかちゃんのくにから

作:花梨 /  絵: 宮本さちこ

 

image
 
絵本のお問い合わせは
こちらからよろしくお願いいたしますピンク薔薇
↓↓
 
子ども(未来)の笑顔が輝くために
もっと絵本の世界が広がりますように・・・虹
 
ひだまり絵本館 花梨