各業界がありますが、私の本業の業界は占いです。

 

ただ、私はどこにも属していません。一人で仕事をしています。それが私の望みであり私の意思の選択です。

 

業界といっても広いです。どこかに属しているからといって業界全体を統治していることにはなりません。そこで仕事を得られるから同業者全体を統括しているわけではないです。

 

組織人と私とは全く関係ない、当たり前です。何も提携していないのですから。それは別にいい事でも悪い事でもないです。

 

私にとって最も重要なのは、私と天との関係です。私が目的に向かって進み何かを達成することが天意と同じであれば私は、幸せです。

 

 

出生図に出ている「業界」は、天の創造的活動の一部です。世の全てではないです。世界中の全業界でもないです。その人が関わる領域のことです。

 

 

個人の出生図が、社会で必ず起こる流れ、天の創造を阻むことはありません。そのように見える場合、マンデン図と出生図で確認するといいでしょう。マンデン図の中にその人の役割をみることができます。

 

それで、私は業界の中にある企業とは関係ないです。私は属さない。隣のビルに彼らがいても単に同じ業種というだけです。

 

 

6月21日5時51分 太陽かに入り 夏至 晴れ

夏至は日の出後の第12ハウス。翌22日、やぎ1度7分で満月です。

健康と労働、収入のこと。自分の生き方、人との関わりなど身近なことと向き合います。

少しずつでも改善したいものです。大抵は生きるために働く、稼ぐ、食べるのであり、その逆ではないです。


日本にいると、毎年夏至の頃は、一日が長く感じられるでしょう。冬至の頃は、夜は長いのに夜型の生活をしていても一日が短く感じられます。その感覚は正しいです。

今年、夏至を過ぎた一週間ほどは太陽は一日に57分12秒、冬至後の年末年始は一日に1度1分10秒進むからです。しかし世界的に使用されている時計は、原子時計で地球の自転を考慮したもの。この辺りで時間の感覚に微差が生じるともいえるでしょう。

夏至といえば夜の12時間。夜の12時間は古代エジプトの星時計で生まれています。星空

 

2024年6月16日(日)13時30分掲載

------------------------------

ピックアップ鑑定はスターメディアのトップページに掲載しています。

天文データ:Placidus7,Stargazer占星暦2024年版参照。

 

鑑定のご依頼、古典占星術通信講座のお申込みは

スターメディアへどうぞ。

平日営業日にメールでご対応いたします。

 

普段、個人的な関係に関する体験は、誰にでもあります。

2024年の日本の春分図では次のような特徴があります。
社会のどこかでこの種の体験が増えるでしょう。

6月12日 個人的な繋がり
6月16日 個性を形作る 社会での現れ

だれかと繋がらないといけない意味はありません。
悪い関係を終えることもあれば、めぐり逢いもあるでしょう。
何気ないことが絆になることもあります。


6月9日13時37分 火星おうし入り
おうしの火星の特徴:優れた作業能力があります。耐久力、実戦力があります。所有権を獲得する衝動、頑固、頭が固い、強情、歩み寄らない、衝動的に動く、報復的、傷つけるつもり、などの悪意。好色です。

 

2024年6月9日(日)11時50分掲載

------------------------------

ピックアップ鑑定はスターメディアのトップページに掲載しています。

天文データ:Placidus7,Stargazer占星暦2024年版参照。

 

鑑定のご依頼、古典占星術通信講座のお申込みは

スターメディアへどうぞ。

平日営業日にメールでご対応いたします。

 

生活に必要なもの、自分の居場所を見渡すと、実に様々なものがあります。他の人が作ったから、そこにある物が多いです。

 

私たちは多様性の恩恵を受けています。

 

人間だけでなく、多くの生命や物質についても同様です。だからこそ、固有種の存続は尊い事でもあります。自然界を見ると消えるものもあれば、進化していくものもあります。

 

5月26日に木星がふたごに移動し、6月6日の今日は月と水星もふたごにあり、21時38分にふたご16度17分で新月を迎えます。火星と土星は他のサインにありますが、ふたごの中の天体と繋がりがあり、全天が創造的活動の中では一つです。

 

 

木星ふたご入りでは、集団の中で組み換えが起こります。

 

6月6-7日 会合図より


人生の目標を遂行する上で重要な日になるでしょう。
この日、人生の目標を修正する人、変える人、しばらく考えない、おとなしく見直すといった人もでてきます。どれでもいい、自然体で天命のままに生きましょう。

この日は2040年の日本の会合図から遡った日、今のみずがめ大会合で発生している日です。

この日に限らず、すべての日が大切なことに相違ありません。

あなたの出生図の太陽がどこにあるのかで人の優劣や優位性が変わるのではありません。太陽は一つであり、その側面が各サインに現れる、すべての人、大地の全てがこの地上の創造的活動に関わっています。

 

2024年6月1日(土)11時08分掲載

------------------------------

ピックアップ鑑定はスターメディアのトップページに掲載しています。

天文データ:Placidus7,Stargazer占星暦2024年版参照。

 

鑑定のご依頼、古典占星術通信講座のお申込みは

スターメディアへどうぞ。

平日営業日にメールでご対応いたします。