9月から続々と語学講座が始まりましたよ。

英語・ハングル・中国語の全部で9講座!

新型コロナ感染症の影響で6月開講はできませんでしたが、なんとか開講が出来て一安心。

今年は換気や、マスク、手洗い、検温のお願いなど生徒さんにも様々なお願いをしての開講。

安全、安心をこころがけて楽しく学んでいただければ嬉しいです。

 

さて、今日は外国から来た留学生のPさんからこんな声が届きました。

「日本語のスラングがわからなすぎる」

 

日本語のスラングとはいったい・・・

日本も外国もスラングと言ったら「若者」が作り出す新しい言葉であることが多いです。

英語で「BAE」とか言っているのを聞いて、「は?それなに?」となったのも記憶に新しいです。

(でも、恐ろしいのが、この記憶に新しい・・・も、若者の中ではもう古くなっている可能性があること)

※BAE・・・Before Anyone Else の略で恋人とか大切な人を差します。一番優先するべき人という意味

 

そしてPさんの分からない日本語スラング・・・。

はい、私もわかりませんでした。

日本人ですけど、若者ではない私は

「まずスラングの意味を調べる」→「それを英語に訳す」という非常に手間のかかることをしたので、

みなさんとそれをシェア。

 

ひとつめ「ぴえん」

何だこりゃ。ピエン・・・。あれかな?アレルギーとかで鼻水が出るやつかな? 誰か…それは鼻炎!と突っ込みを…。

意味・・・泣きたい気持ちをあらわす語。 例)バイト遅刻した。ぴえん

これを上手に英語に訳すとどうなるのか…。悲しくって泣きそうな状態だから 要するに悲しいってこと?I'm sadみたいな・・・

うーん。これはどうだ。

「boo hoo」

英語でシクシク泣いているってスラングです。 Late for work...boo hoo...

 

ふたつめ「ワンチャン」

犬のことではありませんよ。

これは、英語のOnce chanceから来ていて、そういうチャンス・可能性があるよ、という意味だそうです。

例)明日の試合、あいつが出るならワンチャン勝てるかも

可能性があるっていう意味なら possibly と訳せるかもしれないけど・・・。

possiblyっていうと可能性が70%くらいありそうな気がする。

ワンチャンっていうと 可能性が50%くらいのニュアンスな気がするので、英語で言うと「Maybe」のほうが

いいかもしれません。 Maybe we can win the game!!

 

最後「盛れる」

お茶碗にモリモリとつがれたご飯を想像したそこの人。違います。

これは「実際よりいい感じに写真を撮れそう」ってことなんです。例)このアプリのフィルターめちゃくちゃ盛れるよ!使ってみて!

これを一言で言える英語はないものか・・・と考えました。英語圏の女の子たちも、きっとこの言葉の意味めちゃくちゃ分かってるはず。

インスタグラムもアメリカ発のアプリではなかったのか・・・。でも見つかりませんでした。

英語で言うと Use this app! It will make you look prettier!みたいな感じでしょうか。

ぜひ「盛れる」を一言で説明できる英語、考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Black Lives Matter の運動とレイシズムにいて日本人の私たちは知らないことが多いなと改めて思います。

act.tvというチャンネルの動画でとても分かりやすく現在のレイシズムについてまとめているものがあったので、紹介します。

今一度、差別について考えてみるきっかけにしてみてください。

さあ、みなさん。言葉を覚えるときどんな風に覚えますか。

私はスペイン語の入門書をたくさん持っています。

これを開いて机に向かえばいいんじゃないのか?

さあこの心の声聞こえますか。

「とにかく、わしは本で勉強するのは嫌なんじゃ・・・。」

 

なぜ、おじいさん風に言ったのかはさておき。

 

学生時代、世界史の試験範囲をすべて替え歌メドレーにして歌うだけという覇道一本で覚えた私。

そして替え歌にする努力こそ、書いて覚えるのの8倍ほど大変だったけど、書いて覚えるくらいなら

そんな努力は意にも介さない!というくらい机につくのが嫌いな私。

とにかく机について書いたり、読んだりして覚えるのが嫌いで仕方ない。

なので、なんとかしてペンも本も持たずに勉強を始めたいのです。

ということで、初回はこれ。

身の回りの物をとにかくスペイン語で言ってみましょう。

 

まず目の前にある

パソコン computadora ほう、ほとんど英語のコンピューターだな。ドラってなんなんだ。

水 aqua なるほど、ここはウォータードラじゃないわけね。アクア!!

はさみ tijeras ティヘラス!ここはもう、英語の片鱗がないな。ティヘラス、ティヘラス。ねえ!そこのティヘラスとって!

ペン boligrafo ほう、ここもなんだか、複雑だな。ペン短いから、ペンで良くないか。わざわざボリグラフォとか言わなくても。まあいいや、

電話 telefono おお!!これは覚えやすい。テレフォノ!!

机 escritotio エスクリトリオ!なんとなく、scriptとかそういう感じの「書く」的な意味が入っているのか。書くところ?みたいな。

ノート curadernoおおおお。まったくつながりがないぞ。クアデルノ!

窓 ventana  OKベンターナ。ちょっとベンターナ開けてくれない?暑いから。これから使っていこう。

ドア puerta また全然違うな。 ベンターナ開けて!じゃなかった。プエルタだった!今荷物いっぱいだからさ、そのままプエルタあけといて。

コーヒー cafe これはもう、覚えなくてもいいじゃない?

ほら、こうやって色々覚えて、毎日使えば、きっと忘れない・・・。

 

というわけで、なんともあほっぽく超スローペースな 「スペイン語の道」が始まります。