mizu-toshiのシングルへの道

mizu-toshiのシングルへの道

~シングルへの道~


シングル目指して、日々頑張る、気ままなゴルフ日記。

まだまだ遠い道のりだけど、こだわりを持ちながら楽しく頑張ってます。


テーマ:
お疲れさま!




12月になり、今年もあとわずか。
日々継続しているパッティング練習の
今年1年(1月~11月)まで結果をまとめた。


パターマットのカップ直径は60mmの極小。



パターマットのカップに対して真っ直ぐ
転がす、ストレートラインと、
パターマットの端からカップに向かって転がす、
斜めラインの結果。


【 ストレートライン : +0.2% 】
2017年 : 88.8%
2018年 : 89.0%
 

【 斜めライン : +1.4% 】
2017年 : 66.4%
2018年 : 67.8%


【 トータルカップイン率 : +0.7% 】
2017年 : 79.8%
2018年 : 80.5%






【 パッティング練習の目的 】

パッティング練習は、ただやれば良いと言うこと
では無いと思う。


ゴルフ場の芝生の上でしか出来ない練習は、
距離感や芝目、傾斜などを読むチカラをつける。


自宅なら自宅で練習する目的を、明確に意識して
やらなければいけない。


自分は、自宅での練習の目的は、
『 狙った方向(カップ)に正確にストロークをする
反復能力を高める 』
である。


パターマットのカップに向かって真っ直ぐ
転がすことで確かに狙った方向に転がす能力は
高められる。


でも、パターマットの真っ直ぐな端部がガイドとなり、
何度も転がしているうちに慣れてしまう。



そのため、自分はパターマットの端から斜めに
カップを狙った練習をしている。


パターマットの端から斜めにカップを狙うと、
ガイドとなるものが無いため、かなり難しい。


自分は、狙った方向に転がす精度の指標は、
この斜めから転がしたデータでチェックしている。

この斜めラインのデータは、昨年より
1.4%向上している。



【 ラウンドでのパット数 】
パッティング練習をすることで、今年のラウンドの
パット数はどうなったか。


【 2017年 (22ラウンド) 】
パット数 : 32.76 (1.82)
パーオン時のパット数 : 2.18


【 2018年 (29ラウンド) 】
パット数 : 31.50 (1.75)
パーオン時のパット数 : 2.04


昨年よりパット数で1.26打、パーオン時のパットは、
0.14打少なくなっている。



1年間、土日を除く平日は毎日練習をした。
土日のラウンドの時はラウンド前とラウンド後に。
毎日100球、ラウンド前後の練習も含めて
1ヶ月で3,000~4,000球。


1年間で4~5万球転がしても自宅練習での
カップイン率は、やっと1%上がる程度だ。


練習なんて、そんなものなのだ。
これだけやったと言っても、成果として出るのは
ほんのわずかなのだ。


でもその1%を、たった1% と取るか、
1%も上がったと取るか。

続けてやる中で、当然浮き沈みはある。

長く継続することでわずかではあるが
確実に成長が出来ていると言うことが
確認出来ただけでも、今年も毎日練習を
続けて来て良かったと思う。


目先の1ラウンドのパット数や3パットに
一喜一憂するのではなく、もっと長いスパンで
パッティングの成果を見ないといけない。



継続することでいつかはショット、パットが
噛み合い、自分の納得のいくゴルフが出来ると
信じている...



今まで継続してやって来たことに自信を持って、
今後もパッティング練習を続けていこうと
思っている...








それでは、また!




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス