エンディングノート

昨年60歳を迎えたのを機に

一般財団法人「日本尊厳死協会」

(本部・東京)の会員になり

「病気で回復の見込みがなくなったら、

                         延命治療はしないでほしい」

と家族らに意思表示しました。


これまで十分に充実した日々を

送ってきたので

安らかに旅立つのが私の望みです。


介護や看病のことで

娘に負担や心配をかけたくない

という思いもあります。


エンディングノートも用意して、

葬儀や遺品の処理などについて書き始めました。

 読みドクター記事(秋野陽子さん) 引用



    お借りしました


次女にかけていた

学資保険が満期になりました

(春の進学までの準備の為に今になります)



途中で不登校になった娘に

おりた学資保険は

幸か不幸か

これと言って使い道はありません


大した額ではありませんが

月々の保険料が

ひとつ減るのは有り難い




まだまだ子供については

これからも心配は尽きないし

親として見守ることは永遠だと思います


ただ一つの節目だなと思い、

自分のこれからの人生について

家計のやりくりも

いろんな意味で見直そうと思います



浮いた保険料は

口座においておけば知らぬ間に

使ってしまうのがオチ


特に私は認知症保険に入って。


自分達の葬儀代の積み立てなどに

回そうかと考えています 



母が去年

葬式代ちゃんと残してあるから

心配はせんでいい!


と言うので積み立てしてある通帳を見たら

毎月二千円の積み立て額

10年かけてたった20万ほどでした




元気な頃母は

よく旅行に行ったり

好きな着物や帯や‥

結構、贅沢なものも買っていました


それを思えばもっと葬儀代の積み立て額に

回せたと思います


今更母に言ってもどうにもなりませんが 



私は私の終活について

今からよく考えて準備したいと思います


最低限、子供に迷惑をかけないように‥







 祭壇のお花は菊以外の季節のお花で🌸

 月命日にはマンスリーでスイーツを🍰

 お彼岸にはおはぎもいいけど

                            私は蕎麦饅頭がいいな♪



母はお供えは甘いものなら何でもいいそう





かえって面倒な

自己中ノートになりそうです‥






今日も読んでいただきありがとうございます