午後暖かな陽気に誘われて

山菜園の奥の様子を見に行ってきました。

奥はフキノトウの盛りでした。

こごみもまだですね。

中心部の川沿いで、少しとってきました。

 

 

一昨日とは違った山の様子。

杉の木が路肩に横になっている。誰かが様子を見に入った。

とても心強く思いました。

 

夜、亡き主人の同級生、山菜園のスタッフに電話したら、

やっぱり見に入ってくれていました。

ありがたいです。なくなって20年から立っていますが、

主人が、そばで見守っているような気がして元気が出ます。

 

上の広域農道が除雪され、車が入るようになったとのこと。

 

下の農道の木が倒れているのは、基本は地主の管理。

管理できなかったり、管理者が地元にいなかったり

山菜園でするしかない様子。

除雪も農道も狭く無理とのこと。今までは、善意で

小さな除雪車を借りてしてくれていた方が、

今は病気で無理。

 

山の作業をしながら、開園に向けて準備を始めます。

コロナ禍の中、大自然の中でいい時間を過ごしていただきたい。

山の大好きなおばあちゃんは、この山を人の集まる山に

したいと、今年も頑張ります。

 

昼食は、山でいただくととても気分が良いです。

安心、安全でもあります。

能生名物、笹寿司を斡旋しています。

25日開園です。変異株のコロナ

収まってほしいと願いながら、来園お待ちしています。

 

 

昨日も杭をもらいに行ってきました。」

 

有刺鉄線を切って、杭を抜いて90本ほどいただいてきました。

貴重な杭、ありがたいことです。

山菜園でも、昨年安く分けていただいたのと、前回頂いたので

間に合いますが、畑で使用することに。

 

すごい意欲のある方なのに、猿軍団で中止せざるを得なくなって。

 

山菜園に遊びにいらしてくださいね。

ありがとうございました。

 

新しいハザードマップが配られた。

 

見てびっくり!

 

全く前と変わらない。

 

この団地の一番危険と思われる区域が

 

一番安全地帯になっている。

 

隣地に住む者は、

 

近い将来 危険がすぐ近くまで迫っていると

感じて、バカが叫んでいる!

 

見ざる! 聞かざる! 言わざる!

周囲は 役人のすることに黙っている。

 

そのほうが生きやすいから。

 

穴が開いて 土嚢袋が4,5年前からいくつ埋めても

なくなっているのにだ!

 

対象家屋は一軒。他は道路より高く水は下に流れ

自分たちは、関係ないと思っているのか!

 

上では水の流れが、2年半前から変わっている。

 

 

 

10年近く前、バカのした仕事!

 

我が家の安全対策

 

それでも、見て見ぬふりをしていられなく

声を上げている馬鹿がいる。

 

 

 

 

 

 

 

駐車場入口で仕事をしてから

山の様子を見に行ってきました。

このところ 5月を思わせるような陽気に

急激に雪解けが進んでいます。

農道の木は雪にやられ相当折れていましたが

心配した土砂崩れは大したことはなくほっとしました。

 

 

 

 

 

川沿いの路肩の穴が、大きくなっていました。

 

 

こごみが顔を出しています。

初物です。嬉しい収穫でした。

 

 

 

 

 

雪消えの山から、ふきのとうがたくさん顔を出しています。

湧き水の出る所では、ふきが青々してきました。

 

 

 

 

春の小川はさらさら行くよ♬

大地が歌っています。

 

 

 

 

 

 

雪消えの大地から次々山菜が顔を出します。

これからは、山にせっせと通いたいと

もう山から目が離せません。