宮崎留美子のソロ活動

宮崎留美子のソロ活動

最近「ひとりで活動する(ソロ活)」ということがちょっとしたブームになっています。
以前だったら「ぼっち」なんていわれていたのですけれどね。ただ、私はずっと以
前から、ひとりで行うことが好きでした。その私のソロ活を紹介します。参考にして
ください。

絵になるような景色を背景にして撮れた写真

 

これまでに撮りためた写真のなかで、夏をイメージする風景で、色鮮やかな光景とともに撮れた写真を紹介します。

 

  偏光フィルターをつけて撮ったということもあるのですが、背景に古宇利島(沖縄)をのぞむ、この海はとても鮮やかです。

 

  沖縄の離島、竹富島で撮った写真です。1枚目は竹富島のビーチです。2枚目は竹富島内の道で、真っ白な砂地の道とブーゲンビリアの花の鮮やかさが、いいと思いませんか。

 

  ギリシャのエーゲ海に浮かぶミコノス島というところ。エーゲ海の真珠などといわれています。1枚目は、エーゲアンブルーの海の色が鮮やかに出ている1枚です。2枚目は、ミコノス島の真っ白い家々の光景です。私のブルーの服とのコントラストを鑑賞してください。

 

  この写真は、見ようによってはどうということはない写真なのですが、石垣島で、全く観光地化されていなくて、遊泳者も誰もいなかったビーチで撮った写真です。

 

-----------------------------------------------------------------------

私は、2つの女装関連のランキングに参加しています

下の2つのバナーをそれぞれポチッと押してくだされば幸いです

        にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ

   人気ブログランキング           にほんブログ村

竹富島でのゆったりとした休日

 

 沖縄の海の色には癒やされる。そう考える方も多いかと思います。そして、沖縄本島よりもさらに南、離島の海はさらに美しさを増します。そして、離島での時間は、ゆっくりと過ぎていくという感じなのです。
 沖縄の離島の石垣島から、比較的船便も多くて行きやすいところが竹富島なのです。そしてここの海には感動します。私の竹富島での休日をごらんください。

 

  竹富島を代表する光景といったら、やっぱりこれ。水牛車ですね。

 

  ほとんど車が通らない道路。竹富島の亜熱帯の樹林の中に、こんな島を周回する道路がつくられています。

 

  竹富島には、あの超高級ホテルの「星のや」があるのですが、1人で泊まって、1泊20万円ぐらいになるかもしれません。そんなところにはとても無理ですから、民宿のような個人経営の旅館に泊まりました。でも、その旅館の庭でもまったりとできました。

 

  竹富島は、やっぱり、海。竹富島で出会ったすてきな海を紹介します。

 

-----------------------------------------------------------------------

私は、2つの女装関連のランキングに参加しています

下の2つのバナーをそれぞれポチッと押してくだされば幸いです

        にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ

   人気ブログランキング           にほんブログ村

ちょっとセクシーかなあ、バックショット

 

 最初は、ちょっと恥ずかしくて勇気がいるけれど、シースルーのトップスって、ちょっとかわいいしエロティック。トップスが透けてブラジャーを見せるというファッションもありだと思って、いろいろと検索すると、「見せブラ」「シースルー」のファッションも、しっかりと確立しているのだなあと思いました。
 でも最初は、恥ずかしかった。シースルーにする以上はすてきな着こなしをしなければならないのかなと思いました。そんなこんなで、私のシースルーファッションで、バックショットの写真をアップします。

 

  ★ 新宿御苑で撮った写真です。池に枝垂れてかかる桜、そして、私のバックショット。お気に入りの1枚です。
★ これも新宿御苑での1枚。八重桜を背景にしてのバックショットです。

 

  ★ 奥多摩湖で紅葉の時期に撮りました。シースルーのトップスというわけではないのですが、白いセーターなのでわずかに透けています。この程度の透け感の方がいいのかなあ。

 

  ★ 水戸の偕楽園で撮影しました。白いブラジャーが透けているというのも、ファッションとしてどうかなあ。

 

  ★ この写真の背景は神代植物公園。このトップスには、白いブラジャーよりも黒のブラジャーの方が合うみたいです。

 

  ★ 東京タワーをのぞむショットなのですが、これはけっこう透けているなあ。

 

  ★ この写真は、本土寺というところで、ここは紫陽花で知られているお寺です。この角度だとパンチラになってしまいがちなのですが、この写真はパンチラにならずに撮れたみたいです。

 

  ★ このトップスはそれほど透けるというほどではないのですが、白地ですから、黒のブラジャーはけっこう透けますねえ。

 

-----------------------------------------------------------------------

私は、2つの女装関連のランキングに参加しています

下の2つのバナーをそれぞれポチッと押してくだされば幸いです

        にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ

   人気ブログランキング           にほんブログ村

女子学生?の頃の私、3様

 

 こんな組写真を編んでみました。それぞれの写真はこれまでにアップした既出です。いずれも、私が若いときの写真で、フィルムカメラで撮りプリントされた写真を、イメージスキャナでとりこんでいます。

 写真に写る表情は、そのときの光の加減、撮る方向、そして私自身のポーズのとりかたで、ずいぶんとイメージがちがってきます。どの写真がお好みですか?

 

  もちろんおわかりだと思いますが、19歳ごろの写真の姿で高校に通っていたということではありません。この写真はコスプレみたいなものです。


 

 

  女子学生風のスタイルですね。こんな姿で街を歩いていたら、けっこうナンパされたものでした。ナンパしてくる男性は、若い人ではなくて、オジサマが多かったです。

 

  この当時、ニューハーフのバーでアルバイトをしていました。そこで知りあったお客さんで、私に夢中になってくださる方もいて、お食事に誘われたりしました。

 

-----------------------------------------------------------------------

私は、2つの女装関連のランキングに参加しています

下の2つのバナーをそれぞれポチッと押してくだされば幸いです

        にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ

   人気ブログランキング           にほんブログ村

 

ホテルハイアットでデートしたとき

 

今の私ではなくて、私が若かったときの写真です。新宿にあるホテルハイアットでデートしたときに撮影したもらった写真を集めました。

 

  ちょっと洒落たレストランでお食事するときの前に飲むお酒。確か、キールというカクテルだったかなあ。キールは、カシスと赤ワインをベースにしています。

 

  いよいよコース料理です。なんだか高そうなコース料理です。

 

  お食事も終えて、レストラン階にあるロビーで写真を撮ってもらいました。

 

  このローズピンクのコートは、プレゼントされたものなんですよ。


-----------------------------------------------------------------------

私は、2つの女装関連のランキングに参加しています

下の2つのバナーをそれぞれポチッと押してくだされば幸いです

        にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ

   人気ブログランキング           にほんブログ村

女装を始めて女性として開発されていく

 

 数ヶ月前に女装を始めたとか、女装を始めて1年になったとか、メイクはまだできなくて下着女装なのです・・・こんな方にときどき出会うことがあります。
 今はもうなくなってしまいましたが、エリザベス会館というところがそうでした。男性の普通の姿でその場所に出かけていき、その会館には専門にメイクしてくれる方がいて、メイクをしてもらいレンタルの服を選び、会館内だけで女装して楽しむというところなのですが、女装のなんの知識もテクニックも必要なくて、手軽に女装をさせてくれる場所がエリザベス会館でした。


※1980年頃でしょうか。エリザベス会館では、こんな感じでロビーに集います

 

   そういう場所があることの知識もなく、女装をさせてくれる場所があるのは、東京や大阪といった大都会だけで、私が学生時代を過ごした札幌には、そのような場所はありませんでした。どうしても女装して人前に出たいという場合、自室で自分でメイクして女性の服をまとい、そして、街をひとりで歩く以外にはありませんでした。でもそれでは、だんだんとつまらなくなっていきます。
 そこで、私は一大決心をして、札幌にあったニューハーフがホステスとしてもてなすお店(当時はゲイバーと言っていた)に行き、「私をアルバイトさせてください」と頼みこんだのでした。2つ返事でOKとなり、そのお店で働くことになりました。
※    そのときのことは、ここで書いていますのでごらんください。https://ameblo.jp/miyazakirumiko/entry-12743515429.html

 

   その当時は、人前で女装しているというだけで、もうワクワクドキドキだったのです。男性から自分がどう見られているのかなんていうのは考えも及ばなかったのです。男性とデートするなどということも、自分の想像の外にありました。
 ところが、私の想像を超えて、私を誘ってくる男性がたくさんいることに徐々に気づいていきます。ニューハーフのアルバイトを始める以前であれば、街中で男性から声をかけられたら逃げていたのですが、ニューハーフのアルバイトを始めていたので徐々に慣れていったのでしょうね。あるとき、意を決して「お茶しよう」という誘いに乗って喫茶店に入ったら、意外に、私が男だということがバレないで、そして、私を女性だと思って口説いてくることを知りました。 慣れは恐いもので、経験を重ねるにつれて、私もだんだんと大胆に図々しくなっていきます。女性は男性によって開発されるなんていう「昭和の考え方」であったにしても、そういう実感をもったのでした。
 男性としてずーっと生活している人にとっては、女性を触ったり口説いたりすることはあっても、自らが、口説かれたり触られたりする体験はないでしょうからわからないことかもしれませんが、私は、女性のポジションで生活するようになると、男性が、いかにして口説くのか、そして触りたがるのかということがよくわかってくるのです。そうすると、
「いやーーん、だーめよ」「それ以上触るのはだーめ」「そんなこと、まーだ、だーめ」とか、自然と口に出てしまうので不思議でした。
 ニューハーフのお店で、私をニューハーフとして(男性だとわかっていてということ)、私的にデートに誘う男性がけっこういることにも、ちょっと驚きながらも知っていくことになります。こういう男性は、私を食事に誘ったり、プレゼントを買ってくれたり、私の気を惹こうとしてくるのです。最初の頃は『申し訳ないなあ』なんて殊勝に思っていたのですが、慣れというのは恐いもので、男性が私につくしてくれることが普通の感覚に思えるようになっていくのでした。

 この頃だったのかなあ。私は、自分の脚が、男性には魅力的にうつっているのだと気づかされたのです。脚フェチというものが、この世に存在するということを知ったのもこのときです。いくらかの男性が、私の脚を愛おしそうに触ったり、なかには、「ああ、すばらしい、いいよ、いいよ」なんて言いながら、脚を愛撫してきたりするのです。こういうことを何回か経験すると、愛撫してくるときに、男性のアソコが怒張していることに気づきます。こんな体験が、私が、男性に脚を思い切り晒すミニスカートを好むようになっていくことにつながったのかもしれません。
 脚フェチの方も含めて、私に夢中になってくれる男性がいたりして、そういう方は、私をチヤホヤしてくれますから、私もとても快感になっていったのでした。 

 

 

   あるとき、そういう男性の1人とデートしていたとき、欲しいバッグがあったこともあり、申し訳ない気持ちを持ちながらも、「ねえ、おねだりしていいかなあ・・・欲しいバックがあるのだけれども、いいかなあ」と甘えたら、いとも簡単に「いいよ、買ってあげるよ」と言うのです。びっくりでした。このころから、男性は女性にプレゼントしたがる人もけっこういるのだなあということを知りました。それからは私も、だんだんと深みにはまり込んでいきます。

 男性と腕を組み、男性の肩に頭を預けたりしながら、鼻にかかったような甘え声を出して「ねえ、コート、賀ってえ」とか、自分では行けそうもない高級なレストランに「美味しそう、連れてってえ」とかということも、意図せずに口に出るようになるので、女性のポジションって、男性によって開発されてしまうのですね。
※上の写真は、男性に食事をごちそうになったときの写真です。私もまだ若いでしょ。

 

-----------------------------------------------------------------------

私は、2つの女装関連のランキングに参加しています

下の2つのバナーをそれぞれポチッと押してくだされば幸いです

        にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ

   人気ブログランキング           にほんブログ村

 

 

那須のつつじ群落をハイキング

 

 新緑もまぶしく、高地では気持ちのいい気温のこのごろ、那須の高原はつつじが見頃を迎えます。那須岳に行く途中、八幡のつつじ群落があって、群落には木道もつくられていたりして、ハイキングにはもってこいの場所です。リュックを背負って行ってきました。
 デニムのショートパンツで軽快にお出かけです。

 

   那須塩原駅から那須岳ロープウェイ行のバスに乗って、つつじ吊り橋というバス停で下車します。そこから八幡の群落までは1kmぐらいあるのですが、途中にもつつじの群落があったりして楽しめます。
 歩き始めてしばらくは、こんな新緑の中をすすんでいきます。

 

 

   途中にも、こんなつつじの群落があったりします。

 

 

   しばらく歩くと、木道がずっとつくられているので、低~中であれば、ヒールのあるサンダルでもどうということはありませんでした。

 

   途中には展望台みたいなものがあって、そこから、景観として、つつじの群落と那須岳とのコラボになって、写真撮りのスポットになります。

 

私の那須八幡のつつじ群落のハイキング写真はいかがでしたか?

 

※読者の方から、ここの写真が送られてきましたので、掲載させていただきます。

 

-----------------------------------------------------------------------

私は、2つの女装関連のランキングに参加しています

下の2つのバナーをそれぞれポチッと押してくだされば幸いです

        にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ

   人気ブログランキング           にほんブログ村

 

ニューハーフのホステスをしていたころ

 

  今回、掲載している写真は、いずれも、私が20歳か21歳ぐらいのときの写真です。
 私の出身は熊本市なのですが、親元を離れたくて、札幌市にある某大学に通うことにしたのです。卒業後は、東京に出てきて就職しました。
 学生になり、ある程度時間的な余裕もできたこともあって、女性としてアルバイトをしてみたいという願望がつのって、札幌市のすすきのという歓楽街にあるニューハーフのお店で、ホステスとしてアルバイトすることになりました。そのときの話を、少し紹介します。

 

   華やかなホステス稼業ですから、こんなドレスが制服みたいなものになります。純白のドレスで、お客さんの横に侍るのです。水割りをつくってやったり煙草に火をつけてやったり、飲み客のサービスをするわけですが、少しばかりのエッチなシーンもありました。
 こんな純白のドレスを着て、お客さんとチークダンスをしたりします。ふくらんだ私の胸が、お客さんの胸におしつけられます。男の方ですからどうしても興奮してしまうのでしょうね。なかには、私に夢中になってしまう方もいました。

 

  ときには、こんなミニドレスでお店に出ることもありました。純白のドレスの方が豪華な雰囲気なのですが、なんてったって、このドレスはミニスカート。いささか興奮してちょっとばかりエッチな気分になったお客さんにとっては、このミニドレスの方がいいみたいです。
 このころ、ニューハーフのお店でアルバイトしていました。この写真は自分の部屋です(生活感があるでしょ・笑)。たぶん午後7時ぐらいかなあと思います。メイクも終わって、「今日はこのドレスでお店に出勤だあ」と、服を着てみたときにたまたまカメラで撮ったものです。
 こんなミニドレスでお店に出ると、お客さんにモテたんですよお。「あの子を呼んで」なんていうことで、自分の横に侍らせたりするんです。男の人ってエッチですから、ミニドレスの下の方から、そのお客さんの手が滑り込んできたりするんです。そのときに、どうぞ触って触ってなんて反応をしたら、お触りバーになってしまいます。「やーーん、触っちゃだめえ」なんて軽く睨みながら(でもお客さんが私を気に入るようにと、そのかねあいには慣れなくてはなりません)、「ねえ、私を触るよりも、飲もうよ」と言って、水割りの追加をつくったりするのです。そして、「ねえ、私、ジンフィズを飲んでいい?」なんて甘えたりして、お店の売り上げに協力するのがホステスのテクニックなのでした。

 

 

   私に夢中になりかけているお客さんには、ちょっと個人的なおねだりをしたりもします。最初は、お店が終わってからのアフターのとき、「お腹空いちゃった。お食事に連れてってえ」なんておねだりして、そのあと、そういうことを何回か繰り返したあと、お店が始まる前に一緒にデートして、デパートなんかに行って、コートをやバッグのプレゼントを買ってもらったりするまでになったら、そのお客さんは私に夢中になっているということになります。お店では私を指名してくれることになるわけです。

 

 

 

 こんなカジュアルな服でお店に出ることもありました。こんなカジュアルな服のときには、超ミニのスカートです。ソファに座っているお客さんからは、私が立ってお酒などを運んでくるとき、たぶんパンチラが見えているかもしれません。そんなパンチラに興奮してくる方もいます。そして、チークダンスのときには、お客さんの手は、私の肩にではなくて、私のお尻に這ってきたりするのです。「やーーん、エッチい」と言いながら、そのお客さんと仲良くなっていくと、「私はカクテルがいいわあ」なんて、お酒をおごってもらうことで、売り上げにもつなげていくことになります。 こんなホステスとしてのテクニックを、1年2年とたつうちに身につけていきました。

 

 

-----------------------------------------------------------------------

私は、2つの女装関連のランキングに参加しています

下の2つのバナーをそれぞれポチッと押してくだされば幸いです

        にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ

   人気ブログランキング           にほんブログ村

 

私のポートレイト写真

 

 私の全身像ではなくて、半身または胸から上をアップして撮ったポートレイト写真を集めてみました。最初の若い頃の写真は、フィルムカメラで撮ったものをイメージスキャナで取り込んでいます。背景がうまくボケていると、人物が浮き出るようにみえます。

 

私の若い頃、札幌で学生生活を送っていました。このころはすでに女装を始めて数年になっていました。自分の部屋で撮った写真です。

 

 

上の2枚の写真よりも、さらに1年ぐらい前に撮ったような記憶があります。モノクロの写真です。

 

 

この写真は、卒業して東京で就職し、ずーっとあとになって、自分の母校を訪れたときのものです

 

同じ茶系のセーターで撮っています。このセーターは胸の膨らみがきれいに撮れるので好きなんです。1枚目は東京の浜離宮庭園、2枚目は別府公園で撮っています。3枚目は錦秋の京都府立植物園です。

 

この写真は奥多摩湖で撮ったのですが、このときに着ていたトップスがとても伸縮性があったので、とても巨乳に撮れてしまいました(笑)

 

同じトップスで撮っていますが、撮った時期はちがいます。1枚目は富岡八幡宮、2枚目は、横浜の港が見える丘公園で撮りました。2枚目の横浜で撮った写真が最も最近にとった写真になります。

 

-----------------------------------------------------------------------

私は、2つの女装関連のランキングに参加しています

下の2つのバナーをそれぞれポチッと押してくだされば幸いです

        にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ

   人気ブログランキング           にほんブログ村

3枚のコーディネイト写真を比較する

 

 同じようなスタイルで、コーディネイトがちがった写真を3枚並べてアップするというようなことをしたことがあります。今回、その3枚シリーズの写真を集めたブログをつくってみました。
 どの写真がお好きですか? メールなどでコメントをいただければうれしいです。

 

トップスは同じブラウスで、ボトムスや脚のファッションを変えた写真です。別のときに撮っています。

 

 

3枚ともニーハイソックスをはいていますが、コーディネイトがちがっています。

 

 

 

階段を下りるシーンです。それぞれちがったコーディネイトです。

 

ニーハイブーツをはいたスタイルです。コーデイネイトは変わっています。

 

うしろから撮ったバックショットです。

-----------------------------------------------------------------------

私は、2つの女装関連のランキングに参加しています

下の2つのバナーをそれぞれポチッと押してくだされば幸いです

        にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ

   人気ブログランキング           にほんブログ村