半年に一回通う場所。

病院。



心電図、エコー、診察。

時には、ホルスターってやつだっけかな。


24時間付けて、心電図とるやつ。

肩がけのでっかくて、テープで心音撮ってて、ジーーーーって音がなってる。


つけて学校なんかも行ったけな。


頭と肩の皮膚は、生まれつき白く、頭は髪の毛が白髪の部分もある。



「白髪ジジイ!!!」

と呼ばれていじめられていた。


馬乗りになられて「走れーー!」とか言われたっけな。

保育参観日だったのか親がたくさんいて、その中に親父がいた。

目を向けると、目をそらした。



保育園や学校。

集団生活って本当に馴染めない。


身体的に人と違うだけで、いじめられて。

先生なんかも見ていたと思うし。

なんなら、「センセイ」という人の言う事をなぜ聞かなければいけないんだろ?

と思ってた。


まぁ今もそうなんだが(笑)



1986年11月7日。

夜に私は田子町で産まれた。


ミルクは飲ませても吐いてばかり。

横にしておけば吐く子だったそうで、色白で痩せてた。


春先、家族全員が風邪をひき。

私だけが治りが悪く、病院へ。


もっと大きな病院で診てもらってください。



いろんな検査をしたところ。

「総肺静脈環流異常症」という診断。


分かりやすく言うと、心臓の4つあるうちの部屋に穴が空いていて、うまくポンプ機能が働いていない。


それからは入院し。

親父は実の姉(現在は看護師学校の先生)へ連絡し、心臓の名医を、教えてくれ!

そう言い、必死だったそうな。


たまたま田子町から車で1時間ほどのところにある八戸市立市民病院に心臓のいい先生がいるとのことで


生後6ヶ月で手術。


しばらくの入院生活とは言っても記憶にはない。


まだ動けない赤ちゃんは病室ではアイドルのようにみんなを笑顔にした。



↑の写真は立ってるから、退院後しばらくしてからだと思う。

自分で見ても色白だなぁと思う。

まぁ今も黒くはないけど(笑)



この世に生まれた時に、もう人とは違う。

それは誰しもそうだろう。

顔や背格好、性格が違うのだから。


個性なはずなのに、人はさらに人との違いを探して仲間から外そうとする。


一人一人が違う個性って素晴らしい事じゃない?


私は物心ついたころから、世の中に対しての不安感や不満があった。


保育園や学校に対して。

お金や大人たちのコミュニティに対して。


見えないルールや空気感で、誰かに言われてもいないのに、キツく命令されてるように動いてることに対して。



一言で言うと

【生きづらかった】


どうして周りの人と合わせなければいけないの?

どうして同じ行動しなきゃいけない?

どうして、

どうして、、

どうして、、、


そんな生きづらい人生を送ってきた。


最近になり気づいたことがある。

病院へは18歳になるまで定期的に通い。

検査をしてきた。


「先天性の心臓病の100人に1人の病気があなたの病気だった。

生後6ヶ月までよく生きた。

奇跡だよ。」


って先生に言われた。

生かされた人生。

この世に産まれやることがあるからこそ。

今この身体をお借りしてる。


人と違うことを背負って生きてきたなら

必ずや乗り越えてきたし

これからも乗り越えられる。



食べることは生きること。

そう強く想い、農家になるなんて。

私自身、思ってもいなかったし1番ビックリしている。


みやむらゆうき、みやむーとしての人生。

これから何をお伝えでき、誰かを楽しませて幸せにできるのだろうかと。





私の経験から【確実にニンニクは抗菌作用がある!】


 

みやむ〜のにんにく。宮村です。



 

1年ほど前コロナにニンニクが効くと言うことで海外ではニンニクの買い占めが起こった。

 

ニンニクの値段が高騰したというニュースがありました。

 


 

もう1つ、中国では生にんにくを15 kg 食べて病院に運ばれたと言う、さすがに1度に15kg は体を壊してしまいます(笑)

 

 

15kgってどのくらいかというと、↓の写真は1kgこれが15個、、、

 

 

 

もうこの方に聞いてみたい!

どうやって15キロも食べてたんだ?てね(笑)


 

話は少しそれちゃいましたが、にんにくには抗菌作用がある!?


 

私の経験からお話しいたしましょう!

 

農家になって毎日ニンニク料理を食べるようになりました。

素揚げで食べたり

 

 

焼き鳥にしたり

 

 

農家になる前は、季節の変わり目には風邪をひいていましたが。

 

今では、風邪を引いたのはいつか思い出せないくらい、ひいてません。



 

ニンニクは体を温める作用があり、その有効成分であるアリシンには、血行をよくして、体を温める働きがあります。


 

アリシンの殺菌・抗菌作用は非常に強力で、12万倍に薄めた液でもコレラ菌やチフス菌、赤痢菌などに対する抗菌力があるとの研究報告もあるほど!

 


 

体を温め、強い殺菌作用によって自然治癒力が高まり、かぜをひきにくくなります。

 

 

 

風邪をひきにくいということは、体の免疫が上がるということ。

 

風邪をひきにくいということ、いろんな病気に対してかかりにくい体になります。

 

毎日のにんにく料理から始められる、コロナ予防。

 

簡単にできるにんにく料理は過去のブログで紹介してます。

 

 


 

オンライン飲み会のおつまみは何を食べますか?
 

 

ジャーン!!!

 

私はこれです。


 

黒にんにくクリームチーズ(作り方は後半で)


 

コロナになってから在宅ワーク、オンライン飲み会当たり前になりました。

 

 

私も最初は「なんだそりゃ画面越しに飲んだって楽しいのかよ」と構えてましたが。

 

 

 

 

 

いざ参加してみると、

 

 

 

「なんだこりゃ、めっちゃ楽しいじゃん!!!」

 



何事もやってみなきゃわかりませんね。

 

お店と違って、出てくるお酒は濃いめだし(まぁ酔っ払いの自分なんですが)

 

お店と違って、ラストオーダー取りにこないし(自宅で2メートル先がベッドだから、飲みすぎちゃうし)


 

 


オンライン飲み会、飲みながら話していると 相手が何飲んで、何を食べているか気になる、、、

 

 

みんな美味しそうなの食べてるなぁ

 

 

 

パソコンの前に並ぶおつまみたちは。

 

スナック菓子、柿の種、するめ、、、、

 

 

あれ気付いたら乾き物しかない、、、


 

そこで


 

飲み物をおかわりついでに、すぐにできる

 

超簡単に素早く出来るにんにく料理を2つご紹介します。

 


 

 



 

まず一つ目。



 

時間にして約3分の乗せるだけの超簡単レシピ!

 

・黒にんにくクリームチーズ。

 

 

クラッカーとクリームチーズ、そして黒にんにくがあればすぐ出来ます。

クラッカーの上にクリームチーズをのせて、 皮を剥いた黒にんにくを乗せるだけ。


 

 

 

 

 

二つ目は。

お酒を飲んでいても甘いものを食べたい方にピッタリ。

 

・黒にんにくアイスクリーム。

 

 

こちらもただ乗せるだけの超簡単レシピ!

 

作り方は超簡単。

アイスクリームお皿に盛り、皮を剥いた黒にんにくを乗せるだけ。



 

どちらのレシピも黒ニンニクの甘さを引き立てるレシピです。

 

飲み物おかわりついでに、超簡単に作れるにんにく料理のご紹介でした!


 

 















 



 


 

 

にんにく農家が、にんにく料理をする時に気をつけていること。

 

 

 

それは

 

 

 

にんにくを焦がさずに、にんにくの持つ効果を最大限に活かせるか。



 

自然を感じ伝え幸せを追求する、次世代農家

みやむ〜のにんにく。宮村祐貴です。


 

 

にんにくが焦げてしまうことありませんか ?

 

 

私も料理でニンニクを焦がすことが多々ありました。

 

よく見るレシピなどには「ニンニクを細かく刻んで」と書いてあります。

 

細かく刻むとすぐに火が通ってしまい。

 

他の具材を調理する時にはもう黒く焦げちゃうことがあります。

 

一度は経験ありますよね〜

 



 

にんにく農家になり料理が趣味な私はたくさんの料理を作りました。

 

 

 

↑にんにくマシマシ会での写真。にんにく農家がにんにく料理を飲みながら楽しむイベントを都内で開催したときの一枚です♪

 

料理をいっぱい作ったことで、気づいちゃいました!!!


 

大事なポイント!

 

【にんにくを大きめにカット、もしくはいっぺんそのまま使って料理する】 


小さいから焦げちゃうんだ!じゃあ大きくしちゃえ〜!!


 

大きいにんにくを調理することでいいことが3つあります。


 

①臭いが少なくなる

②たくさん食べられる

③アホエンをとれる

 

 

 

①臭いが少なくなる

 

にんにくの臭いを生み出す酵素のアリイナーゼの働きが熱によって失われます。

そして、もうひとつの臭いの素のアリシンの発生が抑えられます。




 

②たくさん食べられる

大きいにんにくは調味料としてではなく具材として楽しめます。


 

③アホエンをとれる

アホエンという成分は、にんにくをそのまま食べても摂取できません。

加熱することによって初めて出てくる成分です。 

アホエンには細菌に対する非常に強い殺菌作用があります。

コロナ対策にもってこい。

 

 


 

みやむ〜のオススメにんにく料理を本日は2つ紹介しまぁ〜す!

 

まず1つ目は

チョー簡単、丸ごと素揚げ。


 

ポイントは皮をむかずにそのままあげること。

皮付きのままあげることによって、皮の中でむされる状態になります。

食べる時に皮を剥いて、そのままでもいいですし、少し塩をつけても美味しく召し上がれます。


 

 

 

 

2つ目は

にんにくゴロゴロペペロンチーノ。

 

 

準備するものは、オリーブオイル、ベーコン、パスタ、鷹の爪、塩、コショウ、大きめにカットしたにんにく。

 

大きめにカットしたニンニクは、火が通るまで時間がかかるので、オリーブオイルを引いてにんにくを入れます。火加減は弱火から中火。

 

くつくつと素揚げするような感じです。

3分ぐらい火にかけてからベーコンを入れます。

 

ベーコンもカリカリになったら、茹でたパスタを入れて塩コショウで味を調えます。

最後に鷹の爪を輪切りにして入れます。


 

ここでのポイントは、にんにくは焦らずにじっくりと火を通すことです。


 

今日のまとめ。

 

・にんにくを焦がさないようにするためには、にんにく料理は大きめにカットしたにんにくを使う。

 

火を通す時には焦らずじっくりと弱火で。



 

にんにくは小さくして食べるものという概念を変えて料理を楽しんでみてください。

にんにくゴロゴロ食べてコロナに打ち勝ちましょう!



 

 

コロナ対策で日常でマスクをすることが多くなり息苦しく、歩くだけでもはぁはぁと息が荒くなり疲れやすくなってませんか?




 

疲れやすい、ということは免疫が下がること。



 

どんなことにも言えますが、強そうな人には近寄りがたい。

 

 

一方で弱そうな人にはなぜか勝てそうな気がする。

 

 

 

ウイルスも風邪も、弱った時にやってきます。


 

マスクをしていてもしてなくても、疲れにくい体作りは

毎日のにんにく料理から始めましょう!

 

 

とはいっても毎日にんにく料理を作る時間がなかったり、料理を始めてからにんにくを忘れていて皮を剥くのがめんどくさくなる。

 


 

帰りが遅くなりニンニク料理ができない時。

 

 

 

生のにんにくを食べるのは刺激が強く臭いもきつい。



 

そんな時は



 

皮を剥いてそのまま食べられるニンニクがあります。

 

しかも匂いもほとんど残らず味は甘いんです。


 

それは

黒にんにく。

 

 

見た目はにんにくそのものですが真っ黒です。

 

皮を剥くと黒く柔らかい黒にんにくが出てきます。

 

これをそのまま食べられます。


 

私のおすすめの食べ方は

 

クラッカーの上にクリームチーズをのせて黒にんにくをのせます

 

 

黒にんにくの甘味とクリームチーズの濃厚さ、

クラッカーのサクサク感が良いバランス。


 

匂いはほとんど残らず、なんといっても手っ取り早く食べられる。


 

 

 

豆知識

 

黒にんにくは白いにんにくに比べてアンチエイジングの効果が 普通のにんにくの これから5倍になります。

 

黒にんにくは発酵食品と言われることがありますが、実際には発行しておらず、メイラード反応と言って熟成に近いです。

例えると、玉ねぎは生だと涙が出るほど辛い、しかし弱火でじっくり加熱すると辛味が抜け甘味に変わります。


 手っ取り早く皮をむいてそのまま食べられる黒にんにく、臭いも辛味もない黒にんにくは時間が無い方でも、翌日仕事の方でも食べられます。