------------------------------------------------------------
【残席1】11月21日(火)紹介営業マスターセミナーin広島
------------------------------------------------------------
最新の紹介営業をマスターして
毎月5件の定期清掃を自動操縦で
開拓する方法を学びたい方はこちら↓

(お申込みフォーム)http://bit.ly/dsp2018f

(ご案内)http://soujiseminr.web.fc2.com/nagoya.pdf
(音声案内)http://bit.ly/dsp2018
(実践者の推薦)http://soujiseminr.web.fc2.com/takahasi.pdf
------------------------------------------------------------



■■お掃除ビジネス★成功通信 2017/10/19号■■
=================================================
【今日のテーマ】:あなたの会社を年商一億円にする方法
=================================================


いつもお読みいただきありがとうございます!
ダントツ掃除屋プロジェクト・宮本です。


清掃起業家であれば、誰でも漠然と「年商一億」
という数字を夢に描くものです。


そして、実際に会社を経営してみて、
年商一億なんて絶対に到達できないと
現実の厳しさを味わうことになります。


しかし、やり方さえ知っていれば
あなたの会社も年商一億に到達できると言ったら
信じてもらえるでしょうか?


実は、年商一億に到達するのは
それほど難しいことではありません。


多くの清掃起業家が、年商一億円に到達できない理由。
それは、どうすれば年商一億に到達できるのか?
その具体的な方法を知らないだけなのです。


具体的な方法を知らないからこそ、
何をやれば良いのかが分からないだけ。
けっして才能がないとか、チャンスがなかったわけではなく、
方法を知らなかっただけなのです。


では、年商一億円を達成するために必要な行動とは
何なのでしょうか?


それは、毎月5件の定期清掃を積み上げていくだけです。
そして、それを約20年続けることができれば、
どんな人でも、会社を年商一億円規模まで
成長させることができるのです。


あなたの周りにもいませんか?
「そんなにパッとしない社長なのに・・・」
と感じる掃除屋なのに、会社は結構儲かっている。


実は、そのトリックはとても単純です。
定期収入の発生する定期清掃、もしくは日常清掃を
毎月少しずつ積み上げていっただけなのです。


にわかに信じられない人のために
数字を使ってお話します。


毎月5件の定期清掃を20年間積み上げると
約1200件の物件数になります。


そして、小規模定期清掃の平均施工回数は年に4回。
つまり、年平均4800回の施工回数となります。
それに小規模定期清掃の平均価格20,000円をかけると
合計9800万円、おおよそ一億円の売上となるのです。


もちろん、この計算には失注率を加味していませんし、
単純に一番小さな顧客層だけをターゲットにした場合の数値ですので、
数値の正確性という点では参考にしかならないかもしれません。


しかし、ここで重要なのは、この数値の正確性ではなく、
ほとんどの清掃起業家が、地道な顧客開拓さえやっていれば
たった20年で驚くような結果を残すことが誰にでもできるということ。
そうであるにも関わらず、ほとんどの起業家は、その理想値の
10分の1の結果すら手にすることができていません。


チャンスは十二分にあり、やることはとても単純なのに
それを手にしている人がほとんどいないという現実に
気付いていただきたいのです。


「でも、5件の定期を取っていくこと自体が難しいんだよ」
と思われたかもしれません。


しかし、それは間違いです。
毎月5件の定期を獲得するために唯一必要なのは
既存客から「ご紹介」をもらうスキルだけで十分なのです。


自分ひとりの力で定期を開拓しようと思えば、
それは一筋縄ではいきません。


見知らぬ相手に契約を促す技術をマスターする必要がありますし、
忙しい現場作業の合間を縫って営業時間を確保しなければならないという
マネジメントの問題も発生してきます。お客が増えるほどに顧客開拓が
どんどん難しくなっていくのです。


これが、多くの掃除屋が伸び悩む原因です。


しかし、紹介営業をマスターした清掃起業家は
この問題を簡単に乗り越えてしまいます。
なぜならば、紹介でやってくる見込み客のほとんどは、
『あなたのことを信頼している状態』であなたの前に現れるからです。


説得の必要も、関係構築のための時間も、ほとんど必要ありません。
定期清掃を契約できるまでの時間が圧倒的に短いのが
紹介営業によって獲得した見込み客の特性だからです。


しかも、紹介営業は、既存客があなたの代わりに営業をしてくれる仕組みです。
つまり、あなたは既存客に無給の営業マンとして働いてもらいながら、
やってきた見込み客をクロージングをするだけ。


あなたが仕事をしていても、休暇を楽しんでいても、寝ている間にさえも、
見込み客開拓は既存客がやってくれるのです。


これを実行したダントツ掃除屋プロジェクトの会員さんの多くが、
「営業の自動操縦」という言葉をよく口にされます。


まさに、自動操縦状態で顧客があなたに向かってどんどん流れ込んでくる。
あとは、あなたが出向いて契約を促すだけ。
この営業をやっているだけで、一億とまではいかなくても、
間違いなく、地元ではダントツの業績を誇る掃除屋になっているのは間違いないでしょう。


やり方さえ分かれば、人は結果を出せるものです。
しかし、やり方が分からないからこそ、最初からできないとあきらめてしまう。
掃除屋にとって年商一億というのは、とても大きな結果の一つだと思います。
それを達成する方法は、とてつもなく大変なことのように思えるものです。
しかし、そう思っているだけで、真実はそれほど複雑なものではありません。
たった5件の定期を、ご紹介によって積み上げていくだけなのです。


しかも、無理な力を加えた上での急成長ではなく、
今やっていることに、あとほんの少し力を加えてやるだけなので、
じっくり腰をすえて取り組むことができる。
地に足をつけて成功したいと考えている人には、ピッタリの方法だと思います。


たった5件の積み重ねが、20年後には一億の会社をつくります。
あなたに必要なのは、既存客から紹介をもらうスキルだけ。
その仕組みさえ作ってしまえば、あとは時間の問題です。


そして、以下で毎月5件の定期清掃の開拓を実現させる
紹介営業のすべてを学ぶことができます↓

※あと一名で受付終了 http://soujiseminr.web.fc2.com/nagoya.pdf

(お申込みフォーム)http://bit.ly/dsp2018f
(音声案内)http://bit.ly/dsp2018
(実践者の推薦http://soujiseminr.web.fc2.com/takahasi.pdf


たった5件の定期清掃を積み上げていくことができるかどうか。
清掃業の成功は、その小さな違いにあるのです。



-ダントツ掃除屋プロジェクト・宮本




★【只今、書籍を無料プレゼント中!】--------------------------------------------

▼売り込まずに定期清掃の契約を獲得する方法(シービー出版 A5版 134頁 第10版増刷中)
http://soujiya.sakura.ne.jp/teikikakutoku.pdf
---------------------------------------------------------------------------------

 

 

AD

 


11月21日に広島でやります!
紹介営業をマスターして、毎月5件の定期清掃を自動操縦で
開拓する方法を学びたい方はこちら↓

------------------------------------------------------------
【本日より受付開始!】広島会場:11月21日(火)10名限定
------------------------------------------------------------
(ご案内)http://soujiseminr.web.fc2.com/hiroshima.pdf
(音声案内)http://bit.ly/dsp2018
(実践者の推薦)http://soujiseminr.web.fc2.com/takahasi.pdf
(お申込みフォーム)http://bit.ly/dsp2018f
------------------------------------------------------------



■■お掃除ビジネス★成功通信 2017/10/14号■■
=================================================
【今日のテーマ】:増え続けている老健施設の定期を開拓する簡単な方法
=================================================


いつもお読みいただきありがとうございます!
ダントツ掃除屋プロジェクト・宮本です。


定期清掃の営業を、とても楽に進める秘訣があります。
それは、『契約を目的にするのではなく、
友人を紹介してもらうことを目的にする』ことです。


正直な話、これはあなたの人生を劇的に変化させる魔法のアイディアです。
なぜならば、契約を目的から外し、紹介をもらうことを目的にするだけで、
あなたは簡単に定期清掃の契約を増やすことができるようになるからです。


ではなぜ、契約を忘れ、紹介を営業の目的にすると
定期清掃が増やせるようになるのでしょうか?


その最大の理由は、『契約を取らなくても良い』という安心感にあります。


私がセールスのトレーニングを行うとき、
一番最初に取り組むのが、『営業=契約を獲得すること』という誤解を
クライアントの頭の中から消すことです。
この誤解がある限り、絶対に定期の契約が増えないことを
これまでの経験から知っているからです。


しかし、やってみたら分かります。
売り込むこと、契約して欲しいという気持ちを消すことが
起業家にとってどれほど難しいことか。


お金を稼ぐために起業した人に
お金を稼ぐことを忘れろと言っているのですから、
人間に『息をするな』と言っているのと同じくらい
とても難しい作業なのです。


その難しい課題を乗り越えるために考え出したのが
『契約獲得から紹介獲得へ目的を変更する』
という解決策でした。


紹介をもらうことを目的にした瞬間、あなたの心の中から一気に
『契約をもらわなければ!』というプレッシャーが消えて無くなります。
お客がもっとも嫌う『売り込みの匂い』が大幅に減退したことに気づくでしょう。


さらに、紹介をもらうことを目的にした瞬間、
その取引には、最低限のお金、もしくは一切お金が絡んでいないため、
お金を要求する罪悪感がないことにも気づくことでしょう。


契約が欲しいという欲望と、
お金を要求する罪悪感がなくなる。
つまり、ほとんどの人が営業を苦手だと感じる
『二大悪』を完全に消し去ることができるのです。


そして、その二つが消えると同時に
あなたの心の中には
『どうすれば友達を紹介してもらえるくらい、お客に気に入ってもらえるだろうか?』
という、売込みとは違った『貢献』の視点が芽生えてくるのです。


例えば、老健施設の定期清掃を開拓したいとします。
普通ならば、目当ての施設に赴いて、
『弊社は安全なんで』『安くしますんで』という営業をやるでしょう。


しかし、紹介をもらいたいという目的を果たすならば、
目当ての施設に赴いて
『老健施設の運営を裏方で支える職人ホットライン』の
チラシを配布すれば良いのです。


老健施設や介護施設では、女性中心の組織であることが少なくありません。
そこで困るのは、水漏れや設備のトラブル、簡単な内装の補修など
『誰に頼んで良いのか分からない』という問題。
しかも、トラブルごとに職人を確保しなければならないという面倒くささ。


それを、あなたの人脈を使って、知り合いの大工や内装屋、
設備屋や電気屋を組織化し、あなたが窓口になってあげて
『どんなトラブルガ起こっても、私にお電話いただいたら
問題を解決できる人をご紹介します』と問題解決の一元化を
提案していったら良いのです。


そしてポイントはここから。


そのチラシを他の施設でも配布させて頂きたいので
ご紹介をお願いできませんでしょうか?とお願いすれば、
同様の問題を抱えているであろうグループの施設や
関係のある施設のご紹介が得られるのです。


アポイントすら獲得するのが難しかったキーマンに、
ダイレクトでつながり、しかも迎えられての営業ができるのですから
これ以上簡単な営業はありません。


実はこれこそが、『顧客視点』の正体。
商売を成功させる上で、最も大切なスキルである顧客視点を
紹介を目的にした瞬間に、誰でも簡単に手に入れることができるのです。


お金や欲望が絡むと、人は相手の視点に立つことが難しいのですが、
お金や欲望が無いところでは、誰でも簡単に相手の視点に立って
物事を考えられるようになります。


これが、紹介を目的にする最大の効果なのです。
とくに、契約を目的とした営業が苦手な清掃起業家は、
まず友達を紹介してもらうことを唯一の目的にした営業をやることです。


あとは同じ要領で紹介を連鎖させていくだけ。
これで、圧倒的な数の『未来のお客』を無尽蔵に増やしていくことができます。


では、どうやったら友人に紹介してくれる最初の提案を
見つけることができるのでしょうか?


または、紹介でやってきた見込み客から、どうやって定期清掃の契約を
もらうことができるのでしょうか?


そのすべての仕掛けと手順を以下のセミナーでご紹介します。

【11/21 広島会場】 http://soujiseminr.web.fc2.com/hiroshima.pdf
【お申込みフォーム】 http://bit.ly/dsp2018f

------------------------------------------------------------
【本日より受付開始!】広島会場:11月21日(火)10名限定
------------------------------------------------------------
 紹介営業をマスターして
 毎月5件の定期清掃を自動操縦で
 開拓する方法を学びたい方はこちら↓

(音声案内)http://bit.ly/dsp2018
(実践者の推薦)http://soujiseminr.web.fc2.com/takahasi.pdf
(お申込みフォーム)http://bit.ly/dsp2018f
------------------------------------------------------------

 

 

AD

 


【テーマ】:『薄利のお客からしか声がかからない時の対処法』



今回のポッドキャストは、会員さんからお寄せ頂いた
『利益の取れなさそうな小規模のお客さんからしか声がかかりません』
というお悩みをもとにお送りいたします。




■強みは『薄利のお客』がつくる?


掃除屋で成功するために絶対必要な定期清掃。
しかし、一口に定期清掃と言っても、
利益の取れる定期清掃もあれば、
利益になりそうにない定期清掃もあります。


もしあなたが営業していて、
床も狭く、どう見ても美味しい仕事に見えない
見込み客から声がかかったらどうしますか?


そして、営業をやっても、やっても、
儲かりそうな仕事はライバルが押さえてて、
自分に声がかかるのはいつも『薄利のお客』だったら。


きっと、多くの方は「定期清掃を狙ったって
どうせ儲からない仕事しか回ってこないんだから
頑張っても意味がない」と投げ出してしまうことでしょう。


確かに、営業をスタートしたばかりの頃は、
営業をやっても、声がかかるのは『薄利のお客』ばかりです。
ライバルが『儲からない』と判断して素通りした、
もしくは、契約を断ったお客しか声をかけてくれないからです。


しかし、ここでけっして腐ってはいけません。
間違っても、『安いお客しか残っていないダメな客層』
などと見切ってはいけないのです。


なぜ、そのように断言できるのか?
それは、強みや特徴をもって、思いのままに顧客を
開拓しまくっている清掃起業家は、
必ずと言ってよいほど
この『誰もが見捨てた市場や客層』を顧客にして
そこから伸し上がってきた方ばかりだと
知っているからなのです。


ではなぜ、ライバルが無視していった客層を大切に拾いながら、
顧客にしていった清掃起業家たちが、
一様に秀でた強みや特徴のある会社に育っていくのでしょうか?


実はそこに、他に秀でた強みや特徴をつくる
『秘密の教育』があるのです。


今回のポッドキャストでは、あえて薄利のお客と契約することで
得られるメリットをご紹介いたします。

 

 

 


■今週の放送はこちら・・・ http://soujiya.sakura.ne.jp/pod20171007.mp3

■バックナンバーはこちら・・・ http://ameblo.jp/miyamoto-ryo/theme-10009716907.html

■140文字で学べる『掃除屋成功の掟』・・・ https://twitter.com/miyamotoryo




★【只今、書籍を無料プレゼント中!】--------------------------------------------

▼売り込まずに定期清掃の契約を獲得する方法(シービー出版 A5版 134頁 第8版増刷中)
http://soujiya.sakura.ne.jp/teikikakutoku.pdf
----------------------------------------------------------------------------

 

 

AD

 

【テーマ】:『本を読んで得た知識を結果に変える方法』


今回のポッドキャストは、会員さんからお寄せ頂いた
『本を読んで学習したことを実践するのが苦手で困っています』
というお悩みをもとにお送りいたします。



■苦手な方に見合う結果しか手に入らない


商売で成功するためには、
インプット(学習)とアウトプット(実践)の
二つを絶え間なく継続していく必要があります。

 


そしてこの二つを、より大きな規模で実行していくことで
あなたが得られる結果を大きくしていくことができます。


例えば、1冊の本を読んでアイディアを1つ実践するよりも、
10冊の本を読んでアイディアを10実践する方が
得られる結果が大きくなるのは、当然の摂理です。


では、インプットとアウトプットの量を増やせば良いと分かって、
誰もがそれを実行することができるのかと言えば、
けっしてそう簡単な話ではありません。


問題になるのは、多くの場合、インプットかアウトプットの
どちらか自分の得意な方に傾倒してしまうということ。
そして、片方だけでは結果につながりづらいというのが
インプットとアウトプットの関係なのです。


得意な方を伸ばしても、必ず苦手な方が足を引っ張り
苦手な方に見合う結果しか手に入れられないのです。


ポイントは、両方同時に伸ばすこと。
とくに苦手な方に力を入れて底上げすることが
得られる結果を大きくする秘訣なのです。


ではどうすれば、インプットとアウトプットを
同時に伸ばすことができるのか?
今回のポッドキャストでは、その解決策をご紹介します。

 

 

 


■今週の放送はこちら・・・ http://soujiya.sakura.ne.jp/pod20170930.mp3

■バックナンバーはこちら・・・ http://ameblo.jp/miyamoto-ryo/theme-10009716907.html

■140文字で学べる『掃除屋成功の掟』・・・ https://twitter.com/miyamotoryo




★【只今、書籍を無料プレゼント中!】--------------------------------------------

▼売り込まずに定期清掃の契約を獲得する方法(シービー出版 A5版 134頁 第8版増刷中)
http://soujiya.sakura.ne.jp/teikikakutoku.pdf
----------------------------------------------------------------------------



 

 


【テーマ】:『相性ピッタリのお客だけが反応してしまう集客法』



今回のポッドキャストは、会員さんからお寄せ頂いた
『販促すると、気の進まないお客さんばかりが集まってしまいます』
というお悩みをもとにお送りいたします。



■集客のプロは反応率を無視する?


営業や販促を行なうことは、
お客を増やすために欠かせない仕事です。


そのため、営業や販促を行なう私たちは
より多くの反応、より高い反応率を求めてしまいがちです。


しかし、この『より多くの反応』『より高い反応率』を
目指して営業や販促をやってしまうと、決定的な失敗を
引き寄せてしまうのです。


それが『招かれざる客の反応』です。


確かに、営業や販促では反応があった方が嬉しくもあり、
より多くのお客を獲得できた方が『成功』のような気がするものです。


しかし、営業や販促の本当の成功は反応を拡大することではありません。
本当の成功は、自分の強みで問題を解決できる『相性の良いお客』の
反応を得ることなのです。


ではどうすれば、そのようなお客の反応だけを集めることができるのか?
なぜ自分の販促は、『招かれざる客』を引き寄せてしまうのか?


今回のポッドキャストでは、その解決策をご紹介します。

 

 


■今週の放送はこちら・・・ http://soujiya.sakura.ne.jp/pod20170923.mp3

■バックナンバーはこちら・・・ http://ameblo.jp/miyamoto-ryo/theme-10009716907.html

■140文字で学べる『掃除屋成功の掟』・・・ https://twitter.com/miyamotoryo




★【只今、書籍を無料プレゼント中!】--------------------------------------------

▼売り込まずに定期清掃の契約を獲得する方法(シービー出版 A5版 134頁 第8版増刷中)
http://soujiya.sakura.ne.jp/teikikakutoku.pdf
----------------------------------------------------------------------------