昨日から群馬県は高崎市に来ておりまするチェリストミヤケ。

コロナ禍以降、はじめてよそのオーケストラにお邪魔です。


昨年できた高崎芸術劇場はなかなか良きホールで、お客さんの集中力も高い気がします。
この写真だけみたらブロードウェイみたい?
さすがに持ち上げすぎか。。

昨日は高崎酒場というところで後輩チェリストと延々6時間話し込み、ちょっと一杯の生ビールのつもりがそのあと生レモンサワー三杯ふわんのメガなるものを一杯のはずが、なんと四杯も飲んでしまいました。
都合12杯?? あちゃー。
さすがにホテルの部屋に戻ったら酔っぱらいでした。

今夜は反省して、ひとりで孤独のグルメを敢行。
あ!そうだれ昔群響時代によく行っていた街中華でビールと餃子!と決めて店の前まで行ったんだけど、常連さんでいっぱいでした。繁盛街中華はさすがです。

今日は食事のお供でアルコールは軽くと

決めていたので、居酒屋は自習。結局フラフラと歩いて駅前のきれいめ中華。

中国人のかたがやってる真面目な店。
餃子がなかなか来ないので、聞いたら
「最初ちょっと焼きすぎてやり直してます」

まぁいいでしょう!



よそのオーケストラにいくと、自分のオーケストラの良いところ、足りないところがよくわかります。

仙台フィルに一番足らないのは。。

ホールだ!!!!

昨日、今日と仙台フィルは定期演奏会。
例のコロちゃんのせいで、プログラムやソリストが大幅に入れ替わっている今シーズンの定期演奏会。
日本中のオーケストラで大編成の曲目はかなり制限されており、(たぶん世界中ですね)、ちょうどアニバーサリーイヤーということもあり、ベートーヴェンが取り上げられることが多いですね。仙台フィルも今回はピアノ協奏曲第4番と交響曲第7番というペートーヴェンプログラム。
ベートーヴェンも天国で、(あるいは地獄で?)今年はおれの曲、よくやるなー、世が世なら楽譜の使用料や印税でガッチリ儲かるのに。。と思ってる?

夢のない話はやめましょう。

今日の指揮者はわれらがマエストロ飯守泰次郎さん。ピアノは野平一郎さんです。

野平さんは6月の定期で指揮者&ピアノで登場していただく予定でした。今回のベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番の弾き振り、そしてご自身の曲で僕はヴァイオリンの神谷さんたちと一緒にソロを弾くことになっていましたが、コンサート自体がキャンセルに。。

今回はそのときのコンサートとのハイブリッド公演?でした。

客席も、まだ半分しか入れることはできない状態ですが、昨日も今日も早々とソールドアウト。感染防止のため、マスク着用、ブラボーのかけ声も禁止など、制限は多いのですが、それでも来て下るファンの方々にはただただ頭が下がります。

前半のピアノ協奏曲4番は、5曲あるベートーヴェンのピアノ協奏曲のなかでも室内楽的で霊感に満ちた素晴らしい曲です。野平さんの作曲家らしいアプローチ、作品の本質を探すような演奏スタイルと、飯守マエストロのドイツ愛、ベートーヴェン愛との交わりがとても面白かったです。飯守さんはいまだに音楽が進化しており、メインの第7番交響曲もそうですが、音を軽く、ヴィヴラートも浅めにという方向に向かっています。

交響曲おわったあとのお客様のスタンディングオベーションや、お手製のプラカードなど我々楽員の心に染みました。

ベートーヴェンイヤーはまだ終わらず、来月あたまのせんくらの代替公演では、ソナタ第3番とトリオ「街のうた」を弾きます。
こちらはまだチケットもあるようですし、なんと配信もあるのでチェリストミヤケいつもにましてさらっております(笑)

https://sencla.com/yell/program/3034/

日本を代表する名手伊藤さんとの共演も楽しみですし、ピアノの倉戸さんとの名曲へのアプローチもすごく面白そう。ベートーヴェンファーストのなかなか斬新なものができそうな予感です。


当日の客席には東京在住の大物チェリストがわざわざ仙台まで聴きに来るという未確認情報もあり、とにかくさらわない理由がありません。

例年とは違う形ではありますが、芸術の秋はそりなりの形でやってきます(笑)









気がついたら9月じゃないですか!なにか騙された気持ち(笑)

先週、ライブ配信でオケ伴奏でソロを弾くという、よくよくかんがえると危ない橋を渡り



そのあと茫然自失のままに? この暑いのに無謀な芝刈りに出かけました。

奇跡的に涼しい日だったのですが、暑がりのチェリストミヤケ、よせばいいのに半ズボンでプレー。大量の防虫スプレーを塗布したのにもかかわらず、悪質なブヨにやられ、翌日は刺された所が腫れてちょっとした筋肉痛並みの痛さでした。(見苦しいので写真割愛)

なんでもブヨは本当に暑いときには現れず、ちょっと涼しいときに血をすいまくるらしいです。失敗したわ~。


ところでこの夏は、チェリストミヤケは何をしていたか?疑惑でございますが、改めて会見の場をもうけましてですね、キチンと対応をですね、させていただくということで、いいんだろうとおもいます。

to be continued 

coming soon !

really????