京 アロマ カンファレンス公式ブログ

京都で開催する日本初の香りオムニバス「京(みやこ)アロマカンファレンス」公式ブログです。


テーマ:

今年の第二回京アロマカンファレンスが予定通り、無事終了しました。参加人数、アンケート内容を見る限り、今年も盛況に終わったと思います。御協力をいただいた共催、後援、その他の方々には、厚く御礼を申し上げます。

 

アンケート、また当日の諸状況を見る限り、いろいろ課題もあります。来年は更なる発展をしましたイベントになりますよう、より一層努力を致しますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

京アロマカンファレンス開催まで、あと2日になりました。15日は天気予報では雨となっていますが、天気予報が外れて、当日、御足下が良い中、皆さんがお越しできることを願っております。

 

ティー・アール・エイ株式会社さん等、睡眠アロマに関連した出展をされる企業様があります。

 

睡眠アロマは、使い方と内容については考察する余地はありますが、非常に興味深いテーマだと思います。

 

私自身、企業の依頼で睡眠アロマを作り、大学で検証実験をした経験があります。この時の睡眠アロマは、特別なものではなく、学術的な論文等を参考に成分を確認したアロマオイルの種類の選定、また場合によってはブレンドして作りました。

 

大学で実験をしましたところ、睡眠に対する導入の効果、睡眠の深さともに効果が見られました。

 

作った私自身、アロマオイルは種類によって、経験上、鎮静作用のあることはわかっていましたので、大学での実験も、ある程度の効果は見られるだろうと予想はしていました。

 

驚きましたのが、実際、市場に流通した際の声で、睡眠時無呼吸症候群が治った、20年来の不眠症が治った等々の感想が上がってきました。作った私本人が本当??と疑問に思う内容でした。

 

使用される方のプラセボという思い込みの効果もあるかもしれませんが、私自身、無意識に関係してるところ大きいのでは思うところもあります。

 

出張が多い方は、宿泊先のホテルで、同じ香りを使い続けると馴れた香りで、安心して寝やすくなるかもしれません。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

15日に開催されます第二回京アロマカンファレンスの御講演者の方々の講演資料が届き、内容を拝見させていただいております。どの講演もとても楽しみな内容です。

 

私自身、10年前に比べて、アロマという言葉の認知度が上がり、アロマオイルの商品数がずいぶん増えたように思います。

 

香りを楽しむだけのライトな層の方も多いと思いますが、アロマセラピーとしての効果を期待する場合、使用するアロマオイルの質、正しい使い方が重要になってくると思います。

 

いろいろな会社のアロマオイルを嗅がせていただく中、アロマオイルの質について考えさせられるところがあります。

                                                   

海外のアロマ産業を見ますと、いかに生産コストを下げるかということで、偽和と呼ばれる抽出したアロマオイルに混ぜものをしたり、そもそも全く別の種類のアロマオイルを偽って販売したりすることはよくあります。ラベンダーのアロマオイルは抽出された量より、はるかに多くのアロマオイルが市場に流通している話を聞いたことがありますが、ラベンダーの偽和は、例えばラバンジンを再蒸留をすることでトップノートを飛ばしてしまい、その後、リナロールや酢酸リナリルを追加したものがあります。

 

植物を採取し、抽出する手間、流通コストなどを考えると、考えられないような安い価格で出ているアロマオイルがあります。

 

実際、偽和を見抜くのは難しいことが多いです。ただ自然の妙といいますでしょうか、人為的に何か手を加えた場合、その影響が何らか出ることがあります。

 

例えば、香りの微妙な違い、極端に品質の劣化が激しい、時間が経過すると後から足した合成香料の成分だけが目立つ等々あります。

 

私は、アロマテラピーで使用するアロマオイルについては、成分だけではわからない、自然の妙を感じるところがあります。ある意味、この自然の妙が、アロマテラピーの深さ、面白さではないかと思います。

 

私はアロマテラピーの専門家ではないので少し思いましたことを書かせていただきましたが、今回の講演では、バーグ文子先生が”アロマテラピーの新しいアプローチ”という内容で、私が日々思い、聞きたいと思っていた内容そのものを御講演いただけます。

 

アロマに関して初心者の方はもちろん、既にアロマセラピストとしてご活躍されている方にとってお役に立つ御講演だと思いますので、御関心のあられる方はぜひともご出席いただければと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第二回京アロマカンファレンスの開催まで、あと一週間となりました。

 

昨年は、香りに関する基本的な内容を、ある程度、時系列を踏まえたプログラムでしたが、今年は香りを楽しむ、香りを活用していただくため、講演、展示共にバラエティに富んだプログラムになっております。

 

御参加いただいた方は、多くの内容に触れ、きっと何か新しい発見があるカンファレンスになると思います。御関心のあられる方は、ぜひお申込みをされ、御参加ください。

 

現在の参加申込者は、アロマ関係者、化粧品会社、医療従事者、大学関係者、学生、その他一般企業と幅広い方のお申込みとなっております。今回は交流会の御参加をされる方も多いです。

皆様、交流会の方もお気軽に御参加ください。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

カンファレンスまで、一ヶ月を切りました。皆様の御協力の下、お陰様で内容の準備は着々と進んでおります。

 

本年のカンファレンスに、前理事となります塩田先生のご尽力もあり、日本アロマセラピー学会さんの後援が入ることになりました。

 

現在、カンファレンスのホームページのバナー等の手配をしておりますが、

近日中に日本アロマセラピー学会さんのホームページに掲載がある旨は聞いております。

 

日本アロマセラピー学会ホームページ

http://www.aroma-jsa.jp/

 

昨年同様、後援の学会員、学生の方は、講演会が無料となりますので、日本アロマセラピー学会さんの会員の方は、講演料が無料となりますので、ぜひ御参加いただければ嬉しく思います。

 

昨年、今年と”香り”をテーマに様々な方とのご縁をいただき、御協力をいただく方が増えております。

主催者側としまして、よりよいカンファレンスになりますよう努力いたしますので、よろしくお願い致します。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本年のカンファレンスに、ご遠方からお越しの予定の方がおられると思います。

 

宿泊が必要な方場合、お早目に宿の確保をお勧めさせていただきます。

 

京都は観光地ということもあり、年間通じてホテルの宿泊率が高いのですが、

10月という季節、また前日が土曜日ということもあり、宿の確保が難しい可能性が

予想されます。

 

ご遠方から御足を運びいただく方は、御宿泊先の御準備につきまして、

どうぞよろしくお願い致します。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私の経験上、香水の中などに日本の精油を少しでも入れておくと、嗅がれた方がその香りを何か認識する、しないに関わらず、好感をもたれたり、親近感を覚えられることが多いです。

 

日本の中でずっと育ってきた方は、無意識レベルで、その香りに馴れ親しんだ記憶が残ってるんだと思います。

 

カンファレンスは、日本の香りをテーマにしておりますので、今回は準備の都合上、難しいかもしれませんが、展示のところに、日本の精油を集めて体験できるコーナーがあればと考えております。

 

日本の精油は、海外で好評な事例は何度か見てきました。ドバイでは、ヒノキのアロマオイルは関心は高かったですね。

 

天然香料の生産で世界的に有名なロベルテでも、ヒノキや柚子の再構成したものが出ておりますので、需要はあるのだろうと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

カンファレンスの情報を発信していくために、京アロマカンファレンスホームページ内に報道関係向けページを一両日中に開設します。

 

昨年のカンファンレスの閉会の辞で、私がカンファンレスの情報を国内外に積極的に発表して行きたいお話をさせていただきましたが、本年より京都市や産経新聞社さんの御協力、また記者クラブでのプレスリリースの配布などを始めております。

 

今回、改めて香りの可能性、魅力をどのように伝えるか難しく感じるところがありましたが、様々なコンテンツから何を選択をしていくか、いろいろと検討していきたいと思います。

 

ある程度、内容がまとまりましたら、海外(12ヶ国を予定)に情報を発信していきたいと思います。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

”香り”は私たちの生活空間の至る所に存在するものです。これは今も昔も変わらないことです。

 

確かに香りは、人の心を華やかにしたり、癒す力はあります。例えば、花の香り、森林の香り、またお茶の香り等々あります。

 

しかし、”香り”に焦点を当てて、商品やサービスを作るとなると、実際難しいということが多々あるのではないでしょうか。

 

私たち自身も本カンファレンスの開催に向けて、多くの方々と香りの話をしますが、香りの活用について、いろいろと考えさせられます。

 

香りの特徴を理解しながら、生活習慣や文化などの背景を踏まえながら、使われる人々のこと、使う場所などを考慮して、商品を作るなら、非常に顧客満足度の高い商品を作れる可能性はあると思います。

 

カンファレンスを通じて、このような商品やサービス、またその背景となる研究や技術などを出して行きまして、その内容をいろいろと検討し、一つでも良いものが出てくれば幸いです。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本年のカンファレンスは、昨年第一回の内容を踏まえまして、より香りを楽しんだり、活用できるプログラムを中心に構成されております。

 

昨年は平日開催でしたが、本年は日曜日の開催になっております。今年の内容次第で、来年以降の開催日の参考にさせていただきたいと思います。

 

参加申込数が、現在40名となっておりますので、昨年同様、多くの方の御参加が見込まれます。

 

カンファレンスの主旨となります、香りをテーマとした社会貢献、新しい商品やサービスの創出の場となれば幸いです。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。