名古屋・熱田を元気に!『あつた宮宿会』公式ブログ

名古屋・熱田を元気に!『あつた宮宿会』公式ブログ

名古屋・熱田の食の老舗(あつた蓬莱軒・宮きしめん・きよめ餅・亀屋芳広・妙香園)や
大学(名古屋学院大学)、地域NPO(堀川まちネット)を中心に2014年4月に発足。
地域とともに熱田のにぎわいまちづくりを推進します!
公式HP: http://atsuta-miyashuku.com/


テーマ:

平成30年4月1日(日)「あつた朔日市」(熱田神宮)にて

『あつた宮宿会』制作によるオリジナル『名古屋あつたカルタ』が、

初お披露目(販売開始)しました。

 


名古屋・熱田の食の老舗らが結成した「あつた宮宿会」が、

熱田の誇りを次世代に継承していく目的で、

「名古屋あつたカルタ」を制作しました。

 

名古屋熱田の歴史的な人物や場所、イベントなどをモチーフとしたカルタで、

一年半以上の調査と取材を行って作り込みました。

 

内容物には絵札41枚、読札41枚、解説書が含まれます

(宮宿が東海道五十三次41番目の宿場のため41にこだわりました)。

 

特徴は、①熱田のエッセンスを細部に入れ込んだ絵札のイラスト
②熱田に由来する七七七五の都々逸のリズムでつくられた読みの句

 

定価2,000円(税込)で、販売場所は、熱田神宮境内にて開催される

「あつた朔日市」会場内で、4月1日「あつた朔日市」から販売を開始しました。

 

 

今後は、あつた宮宿会協力店舗

(あつた蓬莱軒、エクセルイン名古屋熱田、白鳥庭園など)や

インターネット(Amazon)でも販売を行う予定。

 

また、「名古屋あつたカルタ」を使ったカルタ大会を、

4月1日「あつた朔日市」会場内にて開催しました。

 

 

いつも、あつた宮餅の販売応援に駆け付けて来てくれる

名古屋学院大学「Project758」のメンバーが、

カルタ大会をうまく仕切ってくれて、子供たちも大喜びでした。

 

 

これらについては、翌日の中日新聞に記事として

掲載されました。

 

 

平成30年4月のあつた宮餅月替わりバージョンは、

羽二重餅の中には桜餡が入っていました。
表面には焼印で桜を表し、塩漬けした桜葉を載せてありました。

 


テーマ:

平成30年(2018年)2月1日(木)

今年も「あつた朔日市」が始まりました。

 

 

今回名古屋学院大学の学生が、南蛮甲冑を纏って信長役を担当し、
「信長攻路」PR活動を行いました。

 


この南蛮甲冑を作ってくださったのが、
清洲城おもてなし城代柴田勝家公!

 

今日は学生信長の「初陣」のために、応援に駆け付けて来てくれました!

 

平成30年2月のあつた宮餅月替わりバージョンは、

「梅」を表現しています。

 

 

柔らかな羽二重餅で中は白味噌餡を炊いて包んでいます。


テーマ:

名古屋・熱田の食の老舗

(あつた蓬莱軒・宮きしめん・きよめ餅総本家・亀屋芳広・妙香園・大矢蒲鉾)、

名古屋学院大学、NPO法人堀川まちネット等が、

 

地元熱田神宮へのご恩返しと熱田のにぎわいまちづくりへの貢献のために、

 

「あつた宮宿会」を平成26年(2014年)4月に結成、

 

平成27年(2015年)10月1日に、「朔日(ついたち)参り」の風習を、

 

多くの名古屋の方々に知っていただき、習慣化していただけるように、

熱田文化(食や芸能)でのおもてなし「あつた朔日市」を神宮境内参道にて開催。

 

「あつた宮餅」を始め、大好評を得ました。

 

これを受けて、平成28年(2016年)3月より定期市化することになりました。

 

現在、あつた朔日市は、

あつた蓬莱軒をはじめ、熱田の老舗企業を中心に20店舗以上出店しており、

開始時間10時、終了時間は14時で行っていますが、

お店によっては、売り切れ次第終了する場合がありますので、ご了承ください。

(あつた宮餅は原則11時販売開始ですが、詳細については下記を参照してください)

 

 

また、熱田神宮境内での朔日市で開催されている「あつた芸能広場」では、

11時15分からと、12時30分からの2回、

熱田の歴史を紹介するあつた宮宿会オリジナルの紙芝居(15分)や

 

武芸日本秀堂流真気合宗家である草薙典龍(くさなぎてんりゅう)先生による

「あつた歴史小話」(15分)を上演しています。

 

(2018年は、3月~6月の間は、あつた芸能広場をお休みします)

 

 

紙芝居は、普段あつた宮宿会メンバーが担当していますが、

熱田区おしゃべり大使でもある講談師・旭堂鱗林(きょくどうりんりん)さんが

担当するときもあります!

 

また、草薙先生は、詩吟の師匠でもあるので、万葉集にある「年魚市潟(あゆちがた)」を

詠った歌や、信長が最期に舞ったといわれる「敦盛」を吟じるときは圧巻です。

 

 

平成30年(2018年)も、
2月、3月、4月、7月、8月、9月、10月、12月は、熱田神宮にて

 

 

5月、6月、11月は、秋葉山圓通寺にて開催する予定です(正月はお休みします)。

 

 

 

 

あつた朔日市は、熱田神宮・圓通寺だけではなく、

徐々に熱田区内に広がってきました。

 

 

平成28年(2016年)10月からは、

神宮前商店街や名鉄神宮前駅西ビルのパレマルシェでも、

朔日市が開催されています。

 

 

また、平成29年(2017年)3月より、イオンモール熱田でも朔日市が開催されており、

イオンモール熱田と神宮前とのシャトルバスが、

翌月から朔日市に合わせて運行されています。

 

 

さらに、金山総合駅南口広場でも、

平成29年(2017年)5月より、朔日市を実施してます。

 

 
さて、毎回大好評を得ている「あつた宮餅」は、

11時より販売開始しますが、混雑時には整理券を配布させていただく場合や、

発売時間を早める場合もあります。

 

(あつた宮餅販売開始前には、毎回このような行列ができます!)

 

「あつた宮餅」は、熱田ブランドを担う食の老舗4社

(あつた蓬莱軒・きよめ餅総本家・妙香園・亀屋芳広)共同プロデュース。

あつた朔日市会場のみ販売しています(1箱1,000円)。

 

現在は1箱には、5個お餅が入っており、

3個は、レギュラーバージョン
2個は、月替わりバージョンです。

 

レギュラーバージョンは、
妙香園のほうじ茶を使った亀屋芳広のほうじ茶餡をきよめ餅の羽二重餅で包み、
最後に蓬莱軒の特製ダレを付けて食べるお餅です。

 

平成28年(2016年)4月からこのスタイルになっています。

 

また、平成28年10月からは、わずか数箱ですが、金粉入りも

登場しています。

金箔入りをゲットされた方はきっとご利益があると思います!

 

さらに、平成29年10月からは、

レギュラーバージョン餅のひとつ(左下)に、

熱田ブランドマークの焼き印が入るようになりました! 

 

 

このブランドマークは、

一昨年から、熱田客区役所、名古屋学院大学、あつた宮宿会が

中心となって活動してきた

「熱田ブランド戦略プロジェクト」事業の一環として作り上げたものです。

 

 

平成28年(2016年)から月替わりバージョンは、以下の通りです。

 

 

4月:備中白小豆(あずき)と桜葉を使った桜餡(あん)を淡い紅色の羽二重餅に包んだもの

 



 

5月:ヨモギを使った草餅。あやめの焼印付き

 

 

 

6月:葛(くず)を使い、中は白小豆の粒餡(あん)に刻み栗を入れてたもの

 

 

 

7月:黒糖の葛を使い、小豆こしあんを包んだもの


  

 

8月:漉し餡(こしあん)でお餅を包んだものの上に栗と羊羹(ようかん)製の葉を載せています

 


 

 

9月:栗きんとん


 


10月:栗きんとんを使った餡子をこしあんと小麦粉で作った生地で包んだもの


 

 

11月:わらび粉と葛を使った生地に備中白小豆のつぶあんを入れたもの。紅葉をかたどった焼印付き


 

 

12月:羽二重餅に北海道産小豆の粒あん、まわりには氷餅が付いています

 

 

 

2月:つぶ餡をピンクの羽二重餅で包み、梅の焼き印付きです。

 

 

3月:ひなまつり和菓子「ひきちぎり」。下はよもぎ餅に粒餡入、上は伊勢いもを使った餡を金団にして載せたもの。紅白1対でした。

 

 

平成29年4月:道明寺でさくら餡を包み、桜の焼印を押したものでした。


 

平成29年5月:中は甘さ控えめの白あんとまわりは淡く染めた
ういろの生菓子「青梅」でした。

 

 

これ以降の「あつた宮餅」については、各月のブログを参照願います!

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス