[Photoshop]切り抜きの追加オプションの設定を見てみよう | アドビ認定インストラクター・まきのゆみの Adobeデザインソフト マスター教室
新型コロナウイルスに関する情報について

[Photoshop]切り抜きの追加オプションの設定を見てみよう

みなさんこんにちは。

まきのゆみです。

 

 

本日2本目の記事です。

 

 

Photoshop しっかり入門の読者の方より、

[切り抜き]ツールのオプションバーの

[切り抜きの追加オプションの設定]についての

ご質問がありましたので、

こちらについてまとめたいと思います。

この度はご質問ありがとうございます。

 

 

 

[切り抜きの追加オプションの設定]は、

[切り抜き]ツールを選択し、

オプションバーの歯車のアイコンを

クリックすると表示されます。

 

画像の周りに表示されるのは、

指定した範囲と切り抜いて削除される範囲の境界となる

切り抜き境界線です。

 

 

 

[切り抜きの追加オプションの設定]は、

切り抜き時の画面表示に関する設定になります。

切り抜きの結果が変わるのではなく、

切り抜き時の画面表示が変わります。

 

こちらは下記の初期設定を変更しなくても、

本書での操作上影響がないため、

そのままの設定で進め、詳細は割愛しています。

各項目のチェックの有無で、

切り抜き時にどのように変わるか試してみると良いでしょう。

 

 

 

なお、各項目の設定については

以下の通りです。

 

 

クラシックモードを使用

旧バージョン(CS5 以前)の

切り抜きツールと同様の切り抜き方になります。

旧バージョンにはない切り抜き境界線は非表示になります。

 

 

チェックを入れると、

[切り抜き範囲を表示]と

[自動中央揃えのプレビュー]は

選択できなくなります。

旧バージョンの切り抜きに慣れている方は、

チェックを入れて使う場合もあるようです。

 

 

切り抜き範囲を表示

切り抜き範囲を表示します。

チェックを外すと、

切り抜き後の範囲のみプレビューされます。

チェックを入れた方が、

どこが切り抜かれて削除されるかがわかりやすいですね。

 

〈チェックを入れた場合〉

 

 

〈チェックを入れない場合〉

 

 

自動中央揃えのプレビュー

カンバスの中央にプレビューを配置します。

こちらは切り抜きサイズによっては、

違いがわかりにくいかもしれませんが、

チェックを入れると、

カンバスの中央にプレビューが表示されます。

少しキュッと中央に寄る感じがあります。

こちらはご自身で画面で

操作感をチェックしてみましょう。

 

下記の例では、赤線を揃えの目安にしてみて下さい。

 

〈チェックを入れた場合〉

 

 

〈チェックを入れない場合〉

 

 

切り抜きシールドを有効にする

「切り抜きシールド」とは、

切り抜き範囲に着色して重ねたものです。

指定範囲と切り抜いて削除される範囲が

色で区別できます。

 

 

 

切り抜きシールドを有効にすると、

カラーと不透明度を指定できます。

 

■カラー

〈カンバスカラーと一致〉

切り抜きシールドがグレーで表示されます。

 

 

 

〈カスタム〉

切り抜きシールドが

指定したカラーで表示されます。

カラーはカラーピッカーで

指定することができます。

 

 

 

 

■不透明度

切り抜きシールドの不透明度を指定します。

値を下げると、透明度が上がります。

 

 

■不透明度を自動調整

切り抜き境界線をドラッグして編集時、

切り抜きシールドの不透明度が

一時的に下がり薄くなります。

 

 

 

みなさん、今一度チェックしてみてみて下さいね。ニコニコ