読者からのご質問:選択範囲内へ画像をペーストし、サイズを調整する | アドビ認定インストラクター・まきのゆみの Adobeデザイン系ソフト マスター教室

読者からのご質問:選択範囲内へ画像をペーストし、サイズを調整する

みなさんこんにちは。

アドビ認定インストラクター・まきのゆみです。

 

 

梅雨が明けて8月に入り、

猛暑が続きますねあせる

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

夏バテなどには気をつけて、

元気で過ごしたいものですねニコニコ

 

 

さて、本日は、
Photoshop しっかり入門の読者の方より、
以下のようなご質問がありましたので、
回答したいと思います。
このたびは、「Photoshopしっかり入門」をご購入頂き、

誠にありがとうございました。

 

 

 

?6 Lesson5-9

選択範囲内へ画像をペーストし、サイズを調整する

 

P137の合成画像の調整ですが、

バウンディングボックスを使って

風景の画像を全部綺麗に

端から端まで額縁の内に

納めたいのですができません。

上下だけでなく斜めを使って

調整しているのですができません。

どうやったらできますか?

 

 

ご質問ありがとうございます。

P137(Lesson5-9)では、

「選択範囲内へペースト」の機能を使って

額縁の選択範囲内に、

風景画像をペーストする作業をしています。

 

 

お伺いした内容を元に、想定できる点を考え、

ご確認頂きたい点・お試し頂きたい

3点をまとめます。

ぜひお試し下さい。

 

 

1

サイズ調整前に、[ズーム]ツール(Lesson2-4)で

画面を縮小し、引き気味にして、

画像全体がよく見えるようにする

 

 

ペーストした風景画像が、やや大きめであるため、

画像全体がよく見えるようにすると、

風景画像に対して表示される

バウンディングボックスがよく見え、

操作しやすくなります。

 

 

2

[移動]ツールを選択し、

オプションバーの「バウンディングボックスを表示」に

チェックが入っているか確認する

 

 

チェックが入っていないと、

バウンディングボックスは表示されません。

 

 

3

[レイヤー]パネルの風景画像のレイヤーに注目する

 

ペースト後にできる風景画像のレイヤーには、

2つのサムネール(小さな窓)があるはずです。

 

左がレイヤーサムネール(風景画像のアイコン)

右がレイヤーマスクサムネール(白黒のアイコン)

と呼ばれるものです。

※サムネールにカーソルを合わせると、

名称が表示されます。

 

ここでは、風景画像のサイズ調整を行うため、

左のレイヤーサムネール(風景画像のアイコン)をクリックして

選択されている(サムネールに白枠が付きます)ことを

確認して下さい。

※通常、ペースト直後は、

左のレイヤーサムネール(風景画像のアイコン)は

選択されていますが、念のため確認しましょう。

 

 

 

 

なお、右のレイヤーマスクサムネール(白黒のアイコン)が

選択されていると、

マスクの変形になりますので、注意しましょう。

 

 

 

 

サイズ調整をする際は、

バウンディングボックスの

コーナーハンドル(角のハンドル)をドラッグしましょう。

最新バージョンのPhotoshopCCですと、

shiftキーを組み合わせなくても、

縦横比を保持して変形ができます。

 

 

 

サイズ調整後、バウンディングボックス内をドラッグすると、

位置調整もできます。

 

 

整ったら、オプションバーの○マークをクリックするか、

return(Enter)キーを押して確定します。

 

 

 

確定後、[移動]ツールのオプションバーの

「バウンディングボックスを表示」のチェックを外しておくと、

バウンディングボックスは非表示になるので、

誤って変形することを防ぐことができます。

 

 

なお、ここで使用したサンプル画像は、

選択範囲の幅・高さと

風景画像の幅・高さは、

同じ寸法ではないため、

風景画像の一部はマスクによって隠れてしまいます。

この辺りの加減は、お好みで調整して下さい。

 

 

ぜひお試し下さい。

こちらの回答で問題が解決できますと幸いです。

また、本書がPhotoshopの学習において

お役に立ちますと嬉しいです。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。