LA流★もっとGlobalに。私らしく子育ても、仕事も。
  • 17Oct
    • 英語でのコミュニケーションの秘訣は?

      こんにちは。先日、日本から来たばかりの方とお会いする機会がありました。アメリカに住んで長いと言うと「どうしたらアメリカ人の友人ができるの?」とか「どうしたらうまくこちらの人とコミュニケーションが取れるの?」と聞かれることがよくあります。私は、アメリカ、特にカリフォルニアに住んでいる人々をみるとつくづく感じることがあります。それは、「英語力」そのものよりも大切なことがあるな、ということです。皆さんは何だと思いますか?色々あるとは思うのですが私はその人自身の人としての明るさや元気さ、前向きな態度など人としての魅力、「人間力」が大きいのではないかなと思います。私には現在、幸いなことに同じ日本人の友人以外にもカナダ、オーストリア、イギリス、コロンビア、メキシコ、スペイン、中国、韓国、タイ、ベトナム、フィリピン、インドネシアなどさまざまなバックグラウンドをもつ友人がおります。留学していた頃にはブラジル人とトルコ人のルームメイトがいました。英語の文法や単語力などももちろん大切だとは思いますが「この人ともっと話したいな」とか「この人と友達になりたいな」とかの思いは意外と万国共通だな、と感じさせられます。私のメルマガにもその辺りの英語でのコミュニケーションが得意になるコツを書いています。ご登録がまだの方はぜひこのメルマガを読んで今日から、グローバルマインドをインストールしてくださいね!ただいま英語を勉強中、という方も英語はまだまだハードルが高い、と思われている方もどうぞ。きっと、こんな簡単なことなの?と驚くはずですよ<登録までたった1分!>『英語でのコミュニケーションが うまくなる秘訣がわかる7日間レッスン』メルマガのご登録はこちらから

      202
      テーマ:
  • 10Oct
    • 【現在ご提供中のメニュー】

      私のブログ、そして講座にご興味をもっていただき、誠にありがとうございます。【はじめましての方へ】私のプロフィールはこちら。海外生活はのべ20年。こよなく日本と日本文化を愛するハーフです。2005年に単身留学でアメリカ西海岸へ渡りました。今は二人の子供たち、そして夫に囲まれてロサンゼルス郊外の静かな住宅地に住んでいます。過去の経歴は、営業・マーケティング・経理・秘書…と多岐に渡りますが一貫して「日本と海外をつなげる仕事がしたい」と海外と関係するお仕事をしてまいりました。これからはもっと海外で活躍したいと希望する方たちのサポートができればと思い、独立起業いたしました。現在はアメリカのカレッジで日本語を教える傍らホームオフィスをベースにオンラインを中心としたコンサルティングを行っております。じっくりとお話を伺い個人のお悩みに寄り添いサポートすることがモットーです。【現在ご提供中の講座について】(1)「グローバルに活躍したいあなたへ」ビジネスコーチング〜将来、海外で活躍したいという夢があるもっと英語力を活かすお仕事をしたいグローバルな仕事について知りたい英語でもっと上手にコミュニケーションをとりたい海外移住・就職・留学について生の情報を知りたいというあなたへ〜じっくりお話をお伺いし夢を実現するお手伝いをいたします。*初回無料コンサルテーション1回が付きます。*あなたにぴったりのサービスをマッチングできると判断した場合にサービスをご提供させて頂きます。お申込はこちらをクリック❤︎(2)「グローバルに子育てしたい!」バイリンガル育児コンサル〜駐在の帯同で海外に来たばかり。日英バイリンガルに育てるための基礎知識をつけたい実際にバイリンガル子育てをしている経験談を知りたいというお母様・お父様へ〜それぞれのご状況をヒアリングさせていただきお子様をバイリンガルに育てるためのサポートをさせていただきます。$50〜/コンサル 1月あたり(継続コースもあり)*初回無料コンサルテーション1回が付きます。*あなたにぴったりのサービスをマッチングできると判断した場合にサービスをご提供させて頂きます。お申込はこちらをクリック❤︎(3)英語多読アプリを使用したオンライン英語レッスン〜とにかく効果的なオンライン英語ツールを使いたい!英語の多読ツールを探している子供に英語の本を読ませたいがやり方が分からないおとなでも英語の本が読めるようになりたい英語のリーディング、発音、語彙力の力をつけたい!というあなたへ〜アメリカの先生が開発したアメリカの小学生もが使用している高いクォリティの多読オンラインツールRaz Kidsを使用して英語レッスンをご提供しています。$50〜/1月あたり(※オンラインツール使用料、添削サービス込み)*初回無料コンサルテーション1回が付きます。*あなたにぴったりのサービスをマッチングできると判断した場合にサービスをご提供させて頂きます。*オンラインアプリのアカウントのみ使用したいというリクエストには残念ながらお応えできかねます。お申込はこちらをクリック❤︎(4)ママ・パパのための子育てコーチング講座すでに3万人のママが受講!経済産業省や大手企業も起業研修に取り入れているMother Coaching School認定ママのためのコミュニケーション講座「マザーズコーチング」〜子育てしていて、どうお子さんに声がけをすれば良いか知りたい、子供の自己肯定感を育てる方法を知りたい、後悔のない子育てをしたい、イライラを減らして楽しく子育てしたい〜パパ・ママと一緒に受けたいという方にもおすすめです。マザーズコーチングスクール認定のテキストを用いて、コーチングという手法を活用しママからお子さんへの声がけの仕方やお子さんの自己肯定感や心の安定を育てる方法、育児ストレスを減らしてママもハッピーになる方法をお伝えします。・グループ受講可能(2名〜4名まで)LA/OCの自宅またはカフェにてリラックスした雰囲気での講座となります。出張も可能(+$10〜)仲良しママグループで。一人じゃ不安という方。他のママさんの意見も知りたいという方へ。・マンツーマン受講 (オンラインまたは対面)スカイプまたはズームを使用します。他の人にはなかなか話せないこともじっくり話したいという方。講座料金:$145 合計4時間ほどの講座となります。(ベーシック講座$70 約2時間 / アドバンス講座$75 約2時間)❤︎マザーズコーチング講座のお申込みはテキスト郵送の都合上、希望受講日の10日前までにお願い致します。❤︎グループ受講 または マンツーマン受講のご希望をお伝えくださいませ。お申込はこちらをクリック❤︎お申込み以降のキャンセルについては、7日前までは受け付けます。それ以降は払い戻しを受け付けておりませんのでご了承ください。❤︎講座場所:<対面>ロサンゼルス・オレンジカウンティ近辺Cafe または オフィス<オンライン>SkypeまたはZoom❤︎お支払い方法:クレジットカードまたはPayPal❤︎すべての講座に関するお問い合わせはお問い合わせフォームからお願いします。❤︎いただいたメールには必ず返信させて頂きますが時差の関係で数時間ご連絡が遅れることもございます。万が一、ご返信がない場合はお問い合わせくださいませ。お申込はこちらをクリック<Testimonial>受講者様のお声Coming Soon...(近日 公開予定)

      112
      テーマ:
  • 09Oct
    • 【カレッジにて】アメリカ人は⚪️⚪️が高い!?

      こんにちは。今日はカレッジで日本語をマンツーマンで教えていた時の一コマをシェアしたいと思います「あと1時間で、ミッドタームなの!(※中間テスト)」と慌てて入ってきた生徒さんがいました。見ると、今にも泣きそうでパニック寸前…どうやら一時間後に、日本語のテストがあるそうなのですが週末は宿題をやったり飼い犬と遊んだり(!)して試験の勉強が思うようにできなかった模様。さっそく一緒に課題に取り組みました。課題のうちの一つの質問がこちらでした。*あなたの家族について4つ文章を日本語で作ってください。というもの。彼女は、「うーん」と言いながら"I guess I'll write about my brother first.."とさっそく文章を書き始めました。その文章は・・・「わたしの おにいさんは 背が高くて、 頭がいいです。」よく書けました。では、次に彼女が書いた文章はなんだったのでしょう。「おとうさんは、 おもしろくて、頭がいいです。」お〜。彼女が作ったこれらの文章を見てどう感じますか私は、なんだか素直な文章でいいな〜と思いました。「家族について書く」となると実際にどんなに大好きな家族でどんなに面白く、どんなに頭がいい家族であっても、つい控えめに表現しがちではないでしょうか。日本では、家族のことや子供のことをあまり自慢しませんよね。「うちの子、ほんとできなくて・・・」とか「うちの愚妻が・・・」とか「弟はなんの取り柄もなくて・・・」とか悲しい幼い頃、両親がほかの人に「いやぁ、この子は全然できなくて」と言っているのを聞いてひっそりと傷ついたことがある人も多いのではでも。これは日本人の美徳。自分のことや、家族のことを謙遜する。へりくだって言う。私は日本語の美しい響きや敬語、謙譲語も世界一美しいと思っています。謙遜語がはっきりとした形である日本語は、世界でも珍しいのではないでしょうか。だから、アメリカの大学生が、自分の家族のことを褒めているのを見て、なんだか改めて、新鮮な気がしました。どちらが良いか悪いかということはなく。ただアメリカ人のそんな、家族の良いところもオープンに話すところも良いな、と感じました。自己肯定感が高い。と言えるのかもしれません。アメリカの文化では「子供を褒めて育てるのは当たり前」。以前にもブログに書きましたが「私は、どこが、なぜスペシャルなのか」ということを幼稚園生の時から考えさせられ、学ばされます。毎年、こういうお題の宿題を持って帰ってくるのです。・・・のところを埋めるのがお題です。 I am special, because....(私はスペシャルだ。なぜなら・・・) I believe in myself because... (私は自分を信じている。なぜなら・・・)など。これは幼少期からのセルフコーチングアメリカにいる子は自己肯定感が高い気がします。でも、日本の文化の中ではあまり自己を肯定しすぎるのは良しとされないんだよ、と。時には自慢をしているように聞こえるから気をつけてね、と、一応母としては教えています。難しい。自己肯定感は高く育てたいけどあまりにひけらかすことはしないんだよ、と。周りの人の気持ちも考えられる思いやりを持ってね、と教えたい。日本の教育も今後変わり自己肯定感を育てる教育が主流になると思っています。そしてまさにそれはマザーズコーチングの中心コンセプトで。 自己肯定感を育てること。 それぞれの国の社会、文化や美徳を重んじることそれがこれからのグローバルな時代に求められるマイ・スタンダードなのかな。そんなことを考えさせられた本日の日本語セッションでした「アメリカのカレッジ生」という子供達と接することで私自身の視点の数も増えているような気がします。こんな機会を与えてもらったことに感謝です。それにしても彼女、セッションの終わりありがとう〜助かった〜〜ととびきりの笑顔を見せてくれましたよThank you for reading!Arini xoxo

      15
      テーマ:
  • 08Oct
    • アメリカで人気の日系美容院

      先日、誕生日を迎えました。FBなどでもメッセージを頂きありがとうございます。幾つになっても「おめでとう」の言葉は嬉しいものですねさて、自分へのプレゼントとして久しぶりにヘッドスパを受けてきましたこちらの美容院は、もう5、6年以上お世話になっていますARUKAS HAIR RESORThttp://arukashairresort.com/cal/何が好きって、技術はもちろんですが、何よりも・・・アメリカで日本の最高級のサービスを受けられるということこれが私にとっては本当に大切なポイントです。東京に居た頃はKAKIMOTOARMS(銀座店&六本木店)がお気に入りでずっとお世話になっていたのですがアメリカに来た当初(今から13年前)はなかなか良い美容院に巡り会えずにいました。実はアメリカの有名美容院にも行ったことがあります。でも、、、なんとシャンプーの後、背中がびっしょりに。。。あとは希望の髪型に・・・ならない(なぜ〜〜〜)だからこそ、アメリカに住んでいる方は日本に里帰りする機会に必ず美容院に行くんですよね〜やはり日本の美容院を知っていると日系の美容師さんが安心という方、多いですよね…。アジア人の髪質が欧米人と異なるからという理由もありますよね。そんなきめの細かい日本のサービスを求めてくるお客様は日本人だけではありません。アメリカ人、とくにアジア系の若い女性のお客様が大勢店内にはいらしています。そしてここ数年でもARUKASは全米に何店舗も拡大、来月にもまた移転拡充されるそうです〜地元の方へ〜来月(2018年11月以降Costa mesaのTokyo Central向かいの大型ショッピングモールに移転するそうですそうそう、もう一つすごいなと思った点。今日ヘッドスパを担当してくださった美容師さん、なんとアメリカに来て2ヶ月だそうですどういうことかというと日本で実際に活躍されていた美容師さんがアメリカにて採用されているのですだからこそザ・ジャパン・クオリティが保たれているんですね〜ぇ。彼女は渡米直前の一週間前まで日本の美容院で働かれていたそう。休み期間を入れてしまうと腕が鈍るから、とすぐに渡米されたそうすごいですよね、そのスピード感っこれからも変わらず通い続けますっARUKAShttp://arukashairresort.com665 Paularino Avenue Costa Mesa, CA 92626714-505-393※オンライン上で予約できるのも便利※Ipadが全席完備で雑誌が読み放題です※テキサス店、シカゴ店もあります。テキサス店にはNHKの取材も入られたそうですよ〜(※お写真はすべてARUKAS websiteよりお借りしました)それにしても・・・ヘッドスパ、気持ち良かったな〜〜〜

      23
      テーマ:
  • 02Oct
    • 【アメリカのカレッジ】多種多様な学生との出会い

      〜「もっとGlobalに!」私らしく、仕事も子育ても。〜今日はカレッジにて日本語セッションの日でしたセッションは申し込み制なので毎回どんな生徒さんが来るかはその日にならないと分かりません新しい生徒さんとの出会いも楽しみの一つです。今日来てくださった生徒さんは中国出身の女子学生、大学1年生(Freshman)ともう一人全盲の生徒さんでした。全盲の生徒さん、なんと19ヶ国語も学んでいるそう中でも一番好きなのはロシア語とか。日本語も、とってもお上手でしたたくさん、質問をして会話をしてくれました。中国出身の女子学生さんもまだ日本語を学び始めて1ヶ月ほどとは思えないくらい。上手に日本語を書いていました。お二人ともとにかく学ぶ姿勢が真剣そのもの。私の教えているカレッジでは600人もの日本語学習者がいます。南カリフォルニアでも最大規模。高台にある広大なキャンパスで敷地内には緑が多く点在しています。世界各国から、色々な生徒さんが集まるコミュニティカレッジ。キャンパス内を歩いている学生さんを見ているとこれぞ、人種のるつぼ、アメリカならでは、という光景です。今日日本語を学びに来た生徒さんのように体の不自由な学生さんもいて学校側のサポート制度も充実しています。だからこそ、先ほどの彼のようにとても明るく学ぶことを継続できるのだなと思います。多種多様なバックグラウンドを持つ生徒さんとの出会いは私自身の人生の枠を広げてくれています。今後もどんな生徒さんに出会えるかと、ワクワクしますあなたには最近、どんな人との出会いがありましたか?人生の枠を広げられるようなそんな出会いはありましたか?こちらをポチっとしていただけると嬉しいです❤︎にほんブログ村にほんブログ村◆現在ご提供中のメニュー◆ ビジネスコンサル 「もっとグローバルな舞台で活躍したい!」「よりグローバルな視点をもちたい」という方へ 約20年間の海外生活と異文化コミュニケーションをメインとしたノウハウをもとにコンサルテーションさせて頂いています。※Skype またはZoom (LA近郊にて対面セッションをご希望の場合はお問い合わせください)♡Facebookへのリンクはこちら※プライベート投稿満載!!※お友達申請リクエスト募集中!!英語に関心のある方はもちろん前向きに人生をエンジョイしている女性の方からのお友達申請大歓迎です♡申請の際にひとこと頂けたら嬉しいです。♡「英語学習、バイリンガル育児を応援するSakura」ページフォローはこちらからいっしょに海外子育て情報、バイリンガル教育について盛り上げてくれる仲間を募集中お気軽にお問い合わせください。★ロサンゼルスからお届け★英語が「好き」から「得意」になる!英語でのコミュニケーション力がアップする!!7Days 無料メールレッスン★ご登録はこちらからブログより5倍濃いノウハウがギュッと詰まったArini(Sakura)のメールマガジン。あなたの英語へのブロックをはずし、私が実体験から得た異文化コミュニケーションのコツを伝授します! ♡【お問い合わせ全般はこちらから】お問い合わせフォーム英語学習 ・バイリンガル育児 ・海外留学 ・海外生活などのお悩みなどお気軽にお問い合わせください。

      87
      テーマ:
  • 29Sep
    • 【アメリカのカレッジにて】トレーニングDay①

      実は、、、数週間前より、新しくお仕事をさせて頂くことが決まりましてそのためのトレーニングをカレッジで受けていますブログで、英語教育や、グローバルに活躍することなどについて書いていますが今回新たにアメリカのカレッジで「日本語を教える」という機会を頂くことになりました。今回お仕事が決まったのはとある方からのご紹介で。とんとんとお話しが進んだので挑戦してみることにしました。といっても、私にとっては青天の霹靂!ということでもなく。以前からやっぱり海外で日本人として働くこと、ということを考えたときに日本語教師という選択肢は当然あったもので。子育てとのバランスをとりつつ仕事をすることをめざしていたので今回ちょうど最適なタイミングでお話しをいただき、引き受けることにしました週に数時間というありがたい待遇なのでそれほど忙殺されることもなく。これまでどおり 英語学習、子育て英語コンサル ママコーチング セミナーや講座などは継続してやっていきますが、、、何年かぶりに受ける英語でのカレッジでの講義。これが、めちゃめちゃアクティブなんです、実は。教授からの一方通行のレクチャーではなくまさに「双方向型」「当てないで〜。。。」何て思っている暇はなくどんどん発言してどんどんクラスに参加していることを求められる。グループでのプロジェクトワークもあるしシミュレーションもあるしアサインメント(宿題・課題)でジャーナル(論文のような)も書かないといけないんっすまさに、学生時代にさかのぼり年齢はともかく。でも、不思議なことにですねなんとか着いていけてるんですよ、これが。しかも課題のジャーナルなんて毎週新しくトピックが出題されるから一週間で書き上げないといけない。でも、なんと、なんと「ながら、ジャーナル」ともはやわたしは呼んでいるのですがwネーミングセンスはおいといて「こどもと遊びながら」とか「洗濯物をたたみながら」とか「お皿洗いをしながら」頭はフル回転で、「こんなことを書こう!」と課題への回答と文章を組み立ているもんで30分ほどで書き上げられてしまっているんですこれはわたしにとっての新たな経験、まさに新境地です。なんだろう。「生きた勉強」というのかな。もうアラフォーともなると豊富な人生経験に照らし合わせて学術的な考え方をさらっと当てはめられてしまえるのだ。年の功ってやつそんなわけでなんとかかんとかやっています。内容については、また追ってご報告しますねいつも読んでいただきありがとうございます皆様からのイイネ、はわたしの励みになっています。

      67
      テーマ:
  • 19Sep
    • 【ニュース】世界初の宇宙旅行に日本人が決定!

      2023年に計画された月への宇宙旅行、日本人が決定、というニュース、驚きましたね!人類初の宇宙旅行は「ZOZOTOWN」を運営する前沢友作社長に決まりました。今回のロケットを開発するSpace Xの創始者と前沢氏が昨日サンタモニカで会見を開きました。(時同じくしてほど近いLAダウンタウンで前田健さんのセミナーに参加していた私…すぐ近くにいたという奇跡にこれも感動)いったいどういう経緯で決定したのかプロジェクトの概要はカンファレンスでの、彼のスピーチを聞き感動して涙が溢れました。前沢氏が今回立ち上げる宇宙旅行を通して実現したい想いについて前沢氏は英語のスピーチでこんなことを語りました(うまく訳せていますように。。)・芸術には世界平和を実現する力があると信じていること・6、7人のアーティストと共に月に行くこと・この宇宙旅行の機会を「世界平和」に繋げたいという強い想いがあること・この素晴らしい機会を人類のために「シェア」したいということ・マイケルジャクソンやココシャネルとベートーベンといった、今は亡き人類に大きな影響力を与えたアーティスト達が「もし、月に行けたなら」と想像したことがきっかけになったこと・月から地球を見たアーティスト達が未来のこどもたちをインスパイアすると信じていること感動しました日本人だからこそ、の発想だと感じました。ご自身がアートを愛する心、世界平和を実現したいという想い、そしてビジネスによって築き上げてきた富をそのために貢献すること。豊かさを共有すること。自分に課せられたミッションを世界平和につなげること。きっとその想いは日本人のみならず世界中の人々を感動させると思います。スペースX(SpaceX)を開発したElon Muskによると・我々が前沢氏を選んだのではなく前沢氏が我々を選んだということは誇りあること・彼がこの宇宙プロジェクトの発展に貢献することは素晴らしいことだし、Average Citizen(一般の市民)を月に連れていくことは素晴らしい試み・これは危険なミッションであり前沢氏は世界で最も勇敢でベストな挑戦者であることと語りました。【サンタモニカで9月17日に開催されたSpace X BFR Missionについてのフルムービーはこちら】https://www.youtube.com/watch?time_continue=2826&v=zu7WJD8vpAQ*Space X BFR Mission 前沢氏のスピーチは 55:00~くらいから始まります。5分ほどです前沢氏のプロジェクト #dearMoonhttps://dearmoon.earth2分半ほどの映像です。音楽も映像も、ナレーションも美しい。ぜひプロジェクトの概要を見てみてくださいね人類に夢と感動を与えてくれるこのプロジェクト、本当に楽しみですね。(注:映像、画像はすべてSpaceXそしてdearMoonよりお借りしました。)

      112
      テーマ:
  • 18Sep
    • 【セミナー】本田健さんシークレットセミナーinLA!!!

      こんにちは!LAでグローバル育児と女性のグローバルな活躍を応援しています。あ〜〜〜〜〜〜すごかった!!!なにがって、本田健さんのオーラが・・・!そして、お話が!!!約2時間半、まるで夢のようで、あっという間に過ぎてしまって、もっともっとお話聞いていたかったです。私は今日、「本田健さん シークレットセミナーin LA」に行ってきました直前に急遽、秘密裏に決まったというこちらの企画。初めは4、5人のお茶会の予定が本田健さんがいらっしゃると聞けばそんな規模では収まりませんよね。本田健さんといえば日本でも海外でも有名なベストセラー作家。昨夜はドキドキしてなかなか眠れず今朝もワクワクしながら、ずっと本田健さんの本を読んでいましたそしてそして、午前中の仕事を終え、LAのダウンタウンまで車を走らせること30分。とうとう、LAの高層ビル群に到着しました東京でいやというほど見飽きたはずの高層ビルはなぜだかLA Downtownのビル群を見るとワクワクします特別なことがあるときにだけ来るからかなはやる気持ちを抑えながらセミナー会場に向かいます。途中、素敵な女性とエレベーターで同乗。お互い、ドキドキしているのが伝わり自然とお互い笑顔になりますすると、いらした!本田健さん・・・。ピンクのワイシャツがお似合いです。緊張でご挨拶もすることができず会場に入ると、3、40人くらいのゲストの姿。そして始まりました。シークレットセミナー。本田健さんのお話には一瞬たりとも、一言も聞き逃したくないくらい引き込まれました。私に大きな衝撃を与えてくれたこの本。その著者がこんな近くにいらっしゃるなんて・・・。途中何度も、こんな場所に自分がいられることにこれは夢じゃないかとほっぺたをつねりたくなりました。笑つねりませんでしたが…。笑あっという間に講演が終わり、質問ターイムここで私は、このセミナーのために自分に課した3つの約束事を思い出しました。1、何が何でもこのセミナーに参加すること2、一言も聞き漏らさずに耳をダンボにすることそして・・・3、質問をすること普段私はセミナーなどに行っても大抵は質問はしません、、、というかできませんでも今回こそはっと、勇気を振り絞って手を挙げました。しかも2つも質問をしてしまいました私のしどろもどろな質問に対する本田健さんの温かい眼差しと優しいご回答。。。き、来て良かった〜〜そして、な、なんと・・・最後にはプレゼント企画がっっっお誕生日が近い人だけに特別に贈られる『ペン』を幸運なことにも!!頂戴してしまいましたそして、持参して行った愛読書の本にも直筆のサインか、家宝にしますっ日本では大ベストセラー作家である本田健さん。これからLAはじめ、世界へと益々ご活躍の場を広げられるそうです。今回お会いさせて頂き著書だけではなく周りを包み込むようなお人柄にもすっかり魅了されました。これからも、たくさん著書を読ませて頂き、人生を豊かにする素晴らしい考え方をインストールして行きたいと思っていますそして、そんな豊かさをアウトプットすることで世に還元して行ければ最高です。LAでこんな素敵な企画を開催してくださった本田健さんとJuneさん、そしてママがちゃんと好きなことに行けるよう協力してくれた夫とムスメとムスコにこころから 感謝です今年「好きなことだけする」と心に決めてから、次々に起きている奇跡的なスパイラル周りに感謝を忘れず一歩一歩、自分らしく登って行こう。◆現在ご提供中のメニュー◆ ♡個別オンライン英語・バイリンガル育児コンサル海外で育ち、留学、就職、子育てをする中で培った異文化コミュニケーションをメインとしたノウハウをもとにコンサルテーションさせて頂いています。※Skype またはZoom (対面希望の場合はお問い合わせください)♡Facebookへのリンクはこちら※プライベート投稿満載!!※お友達申請リクエスト募集中!!英語に関心のある方はもちろん前向きに人生をエンジョイしている女性の方からのお友達申請大歓迎です♡申請の際にひとこと頂けたら嬉しいです。♡「英語学習、バイリンガル育児を応援するSakura」ページフォローはこちらからいっしょに海外子育て情報、バイリンガル教育について盛り上げてくれる仲間を募集中お気軽にお問い合わせください。★ロサンゼルスからお届け★英語が「好き」から「得意」になる7日間無料メールレッスン★ご登録はこちらからブログより5倍濃いノウハウがギュッと詰まったArini(Sakura)のメールマガジン。あなたの英語へのブロックをはずし、私が実体験から得た異文化コミュニケーションのコツを伝授します! ♡【お問い合わせ全般はこちらから】お問い合わせフォーム英語学習 ・バイリンガル育児 ・海外留学 ・海外生活などのお悩みなどお気軽にお問い合わせください。

      11
      テーマ:
  • 15Sep
    • 大阪なおみ選手の優勝とアメリカ内の反応

      ロサンゼルスより、グローバルな教育や女性のグローバルな活躍を応援しています。先日、US Openでの大阪なおみ選手の🎾初優勝、おめでとうございます日本人としての初快挙に日本中が湧きましたね。私もテニスをずっと続けていた身としてそして一テニスファンとして、画面を食い入るように見ていました。たまたま試合のライブ中継の時間帯は出かけていたのですが出先で幸運にも、ある方のご好意で一緒に試合を拝見することができました。ほんとにラッキーでしたさて、ご存知のようにその決勝戦で大きなハプニングがありましたね。アメリカのテニス界の女王セリーナ・ウィリアムズが、三度の警告を受けて、大きく罰則を受けました。TV画面では、セリーナが主審に罵声を浴びせていた場面も多く見られたと思います。後から聞くと多くの人が、一体何が起きているのか分からなかった…そうです。私も実はそうでした。ただ、会場内で大きなブーイングがわき起こっていたこと、セリーナが、声を荒上げてラケットを投げ割ったこと、そして、大阪ナオミ選手が優勝にもかかわらず泣きながら、複雑な表情のまま試合後のインタビューで"I am sorry"と言ったことだけは分かりました。実は、私は最初から試合を見ていたわけではなくこのような場面から見ていたため、「女王セリーナが感情的になり主審にたてつき、大阪ナオミ選手が謝っていてかわいそう」と思ったのです。でも後から色々なニュースを見て、3度の警告が下記の理由からなるものだったことを知りました。<<警告1>>、観客席に座っていたセリーナのコーチが試合中にサインを出すなど「coachingをしていた」ということでpointを失った※試合中コーチは観客席から指示を出してはいけないというルールがあるそうです。※実際は、コーチは親指をあげたgoodサインをしたらしいのですが、コーチ曰くはセリーナはそれを見ていなかった。だからcoachingをしたとは言えないと主張しています。それにそのコーチ(Patrick Mouratoglou)は過去の試合でも毎回「そのくらいの」行為はしたことがありこれまでに咎められたことは一度もなかったということ。「この最後の決勝戦で咎められるのはおかしい」と言っています。下記のニュース記事にあるように試合直後のインタビューではコーチは、「正直に答えると、僕はcoachingをしていた。」と答えました。しかしそれはどのコーチもコーチである限りツアー中はすること、と。Patrick Mouratoglou admitted he was coaching Serena Williams from the stands — as does every other tennis coach on tour. “Everybody does it — you all know it,'' Mouratoglou said following Williams' controversial loss in Saturday's U.S. Open final against 20-year-oldNaomi Osaka.(By NY posthttps://nypost.com/2018/09/08/patrick-mouratoglou-i-was-coaching-serena-during-match/)セリーナはこの判断に対し、'I never cheated!!'となんども叫びました。Cheatというのは嘘をつくとかズルをすること、という意味なのですが「自分の娘の正義のためにも私は絶対に嘘をついていないし(coachingを試合中に受けた)というずるもしていない!」と主張。私が考えるに、コーチである限り、選手を応援することは当然のこと。ましてや「いいね」のサインを指示と取られてしまったことやセリーナがそれを見ていなかったという事実、どうしてこの決勝戦のGrand Slamで?という疑問は拭えません…警告は警告なので、主審に従わざるを得ないのでしょうが、最低限主審からの説明があっても良かった、と感じざるを得ません。<<警告2>>セリーナは試合中にラケットを投げて壊したことによる、警告で15pointを失なったこれはどんなテニスプレーヤーもイライラしたり感情的になることはありますよね。ただこの感情を表に出してはならない、とコーチも常にセリーナには伝えていたそうです。実際テニスはメンタルスポーツです。(どのスポーツもそうかもしれないけれど)ラケットを投げ出したくなることは誰にでもあるでしょう。ただ、決勝戦で「女王」が、そのような態度をとるというところが一観客としては少し残念な気もしました。<<警告3>>主審に"You are a lier! You are a thief!! "(嘘つき、盗人だ)と叫んだことに対して主審から厳重な警告3を受け、なんと異例の1ゲームを失いました。これによりセリーナは大きく動揺、レフリーを呼び入れました。(※私も知りませんでしたが主審(アンパイア:umpire)は所定の位置でジャッジを下す人、その他にもコートの進行を守るレフリーという方がいるんですね)この決勝では2名のレフレーが入りセリーナは必死に訴えかけました。その時のビデオを後から見たのですがセリーナは「女性差別や、マイノリティーへの差別」についてもこの時かなり言及していたのです。『男性はコート内でももっとひどい態度(罵声)をしても警告を受けないが私がこんなに厳しい警告を受けるのは私が女性だからでしょう』など。これまでも色々と不当な扱いを受けて必死にここまで上がってきたセリーナの歴史を考えると、彼女の涙に対しても最初とは違う印象を受けた私です。そして、最後の最後まで試合後も主審と握手する時にもセリーナは主審と握手せず"You owe me an appology"(私に謝罪をすべきだ)と言っていました。試合後のインタビューで大阪ナオミちゃんは"“I know that everyone was cheering for her and I’m sorry it had to end like this.”会場が彼女(セリーナ)を応援していたことは知っていたしこんな結果になってごめんなさい、と言いました。このI'm sorryを、彼女が「私が優勝してごめんなさい」の意味で言ったのか、またはネイティブの英語表現で使う「こんな結果になり残念です」と言いたかったのか分かりません。でもとにかくも私には、二十歳の若きホープが勝ってしまったことを申し訳なく思うなんて、、、と涙が止まりませんでした…。すごい快挙を成し遂げたのだから堂々として欲しいし、若い人のホープであって欲しいと思います。アメリカでは彼女の奥ゆかしさにファンになる人も多いそうです。もし、彼女じゃなかったからあの時なんと答えたのだろう、と世界が注目する中であのようなコメントが出せるのは素直でピュアな心、以外になんといえば良いのか。日本人も、「戦ってくれてありがとう」とぴょこんとセリーナに頭を下げる大阪選手に胸がキュンとなった人も多かったと思います。NY postではこんな記事もありました。It’s shameful what US Open did to Naomi OsakaByMaureen CallahanSeptember 8, 2018|8:35pm|Updatedhttps://nypost.com/2018/09/08/its-shameful-what-us-open-did-to-naomi-osaka/’Osaka earned her moment as victor at the US Open,one that should have been pure joy.If anything was stolen during this match, it was that.’USオープンで大阪は勝者としての瞬間を勝ち取った。そしてそれは純粋な勝利の喜びであるべきだった。この決勝戦で何か盗まれたもの(セリーナが訴えたポイント以外で)が唯一あるとすればそれだった。この記事は、こんな文章で締めくくられていました。後日、主審連盟は主審の判断は間違っていなかったとの見解を示しセリーナは$17,000(約170万円)の罰金を課せられたそうです。一方で「アメリカのスポーツ界で根強く残る性差別」問題が浮き彫りになり、今大きく問題になっています。長くなるのでこの問題については改めて別の記事で考察したいと思いますが記事のリンクだけ貼っておきますね。Cosmopolitanコスモポリタン(老舗の女性雑誌)の記事です。こちらの記事については私自身も興味があるトピックなのでまた次回書きたいと思います最後までお読み頂き有難うございました!!

      41
      テーマ:
  • 14Sep
    • 涙が出そうになった、夫へのセッション

      とある晩、夫にあるセッションのオリエンテーションを受けてもらいました。それは「マザーズコーチング」夫にマザーズ?いえいえ、マザーズは「ペアレンツコーチング」という名で男性向け(父親向け)にも同講座を開いているんです!夫には大まかにこそ話していたものの実際の内容を話すのは初めて。実は、まだ、夫には うまく伝えられるかわからず 詳細は話していなかったのです。最近の私と夫の関係はと言うと。。。いつも私が何やらPCやらノートやらに書き込んでは資料を作ったり、誰かに会いに行ったりクライアントさんとのアポを入れたり、という行動を何も言わずニヤニヤと見守っている夫。ついに、先日、ふと聞いてみたことがありました。「”私っていったい何してるんだろ?”って思ったことない?」すると帰ってきた答え。「まぁ、思うこともあるけどあんまり聞かない。だって楽しそうだったらそれでいいから。君の人生だからね。」と。「ふ〜ん」と平静を装った私。ですが内心は、結構感動してました。結婚10年目。まだまだお互いのこと、知らないこと ありますそんなやり取りがあって数日後、「マザーズコーチングのこと、話すね。」と自分の心の準備ができたことを機に強制的にオリエンを開講。(笑)いくつかワークをしてもらい、「ふんふん」とか「えー?!」とかの夫の反応。それを見ながら実感したことがあります。『これってやっぱりママさんだけでなく、パパさんにも受けてもらいたい!』夫に対して、意外とこういうところあるよね、と思ってたところが見事に見えてきて、そしてやっぱりそれって子供の頃の経験だったり育った環境に影響されているんだよね、と。何が悪い、何が良いと、一概には言えないけれどそのことさえ知っていれば、子育てに迷いも、減るよね、と実感。あとは意外にも、私がこうだと思っていたところを本人は無自覚だったり、全然ちがう答えを出してきたり。オリエン終了後、これからの方向性に向けての話し合いを少し。子供達の将来のこと、私が今後していきたいこと、そして何をライフワークにして行きたいのかを説明。私の抽象度の高い話や熱意に圧倒されたのか・・・夫は、うんうん、と相槌を打ちながらそのままソファにてうとうと・・・Zzzz... おーい。金曜日の深夜0時のことでした。一週間お勤めご苦労様です。ま、こんなもんよね。笑私は自分の想いを涙がでそうなくらい熱く語ってるのに・・・。以前なら「ちょっと〜聞いてるの??」と言うところが「ま、いっか」で済む自分。これって、自分で自分を肯定してあげられるようになったってことなのかな?他人からの承認が必要ない、っていう、、。自分の心の声に耳を傾けてあげられてるのかな。さぁ、あとは行動を積み重ねるのみ。【マザーズコーチング・ペアレンツコーチング】〜子供のコミュニケーション能力は0〜6歳までに決まる〜いのちより大切なこどものためにお母さんとお父さんが学ぶコミュニケーション講座です。ー子供とどう接したらいいのか分からないーなんだか毎日子育てでイライラしているーほんとはこんなことを子供に言いたくないー毎晩子供の寝顔を見ながらゴメンと呟いているー子育てに自信を持てるようになりたいこれはすべてマザーズコーチングに出会う前の私です。マザーズコーチングに出会い、「子育ての正解を探すのではなく私らしい、我が子のための子育てをできるように」なりました。❤︎全国で既に3万人が受講!❤︎公的機関、大手企業でも研修として導入実績続々!公式HP:http://motherscoachingschool.com受講のお問い合わせはこちら

      23
      テーマ:
  • 08Sep
    • グローバルな教育ってセレブだけのもの?

      こんにちは。ロサンゼルスから、英語教育、海外育児を応援するブログを書いています。今日のタイトル、グローバルな教育ってセレブだけのもの?を読んで、「」と頭にはてなマークが出た方いらっしゃいますかたまたま私の大好きなマガジン「エル・ジャポン」で大好きなモデルさんのSHIHOさんが海外に移住される、というニュースを見てふと思ったことがあったので書きたいと思います。SHIHOさんは昔からそのナチュラルな魅力がとても好きで私はファンだったのですが今年の4月から、お嬢様の教育、そしてご自身への挑戦のためにハワイへ移住されたそうです。こんな風にママになってからも子供の教育への考え方も素敵で共感できるところ満載です。記事のリンクはこちらからどうぞhttps://www.elle.com/jp/culture/maman/a22694317/shihos-my-life-theory-18-0816/(※画像:ELLE Japanよりお借りしています。https://www.elle.com/jp/)さて、結論から申し上げますが、タイトルの問い。私は、グローバルな教育って、セレブでなくても可能だと思っています意識さえすれば、誰にでも始められることだと思うのです。英語が苦手だから子供に教えられない、とか子供に将来留学をさせたいけどなかなかね・・・とかのお声も良く頂きます…でも、たとえ留学をしなくても、ましてや海外移住をしなくてもグローバルな教育を始めることって家でも可能だと思うのです。お家でほんの小さなきっかけを一つ見つけただけで子供ってそこから夢を見られるんだと思います。身近な例でお話しますね。私の父は、まさに「グローバルな舞台で活躍する」ということを絵に書いたような仕事人生でした。仕事で訪れた国は数知れず、実際に住んだ国も様々、そして、仕事先からの派遣で留学、研修も海外で、そして、その研修先で私の母と出会いました。子供心に、素敵だな〜 なんて思っていましたが、父がどんな環境で育ったか、私は大人になるまであまり考えたことはなかったのですがグローバルとは決して言えない環境で育ったのです。何をきっかけにその仕事を志すようになったかいずれゆっくり聞きたいなと思いますが何はともあれ、超ドメスティックな環境の中でも「海外で働く」という「夢」をもちコツコツと努力をしたそうです。そんな父も戦争を体験した世代。もちろん幼いころの経験ではありますが私や、私の子供達にせがまれてその頃の話をしてくれることもあります。子供達には刺激が強いかな?と思いつつも、子供達は自分たちなりに見たことのない「戦争」、「日本とアメリカの関係」などを一生懸命に理解しようとします。私自身、アメリカで育っていないのでアメリカに生まれて日本とアメリカ両方のカルチャーを持つ子供達にとって戦争の話はどう映るかわかりません。でも遅かれ早かれ学ばないといけないことだと思います。父がそんな環境でもグローバルな仕事をめざしたように、何がきっかけで子供が英語に興味をもったり海外で留学したい、働きたい、と思うかはわかりません。セレブのように、海外移住をしたり毎年お正月はハワイで過ごしたり、などしなくても、お家でできることがあるなと感じるのです。地球儀を一緒に眺めて、妄想してみたりオリンピックを見ながら海外の国について学んだりどんなささいな事でも良いと思うんですよね!そして私は、そんなグローバルな教育をしたいという方のヒントになるようなことをお伝えできたら良いなと思っています。『グローバル教育をしなくてはいけない!』と訴えているのではなくて将来子供達が、広い視野をもって人生の選択肢を広げられるように海外からの新しい視点をお伝えできたら、と思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

      72
      テーマ:
  • 06Sep
    • 【音声あり!!】”英語多読アプリを活用した英語レッスンのご案内”

      みなさん、こんにちは!ロサンゼルスより、ハッピーになれる英語学習&英語育児をお伝えしています。今日は、先日お伝えして大好評だった「英語多読アプリ ラズキッズを活用した英語レッスン」のご案内の続きです♡より、視覚的に分かりやすくするために初挑戦の♡ 動画にチャレンジしてみました〜〜〜英語多読アプリ ラズキッズの使い方と英語レッスンについての解説動画となります。なるべく短い動画にしたかったのですが8分くらい(しかも早口…)となってしまいましたが💦ぜひごらんください動画を見るにはこちらをクリック動画をご覧いただければお分かりかと思いますがRaz-Kidsの特徴としては 英語の本が4000冊も読める A~Z+ まで英語のレベル分けがされている 音声が聞ける(これ大事) 文字が音声に合わせてハイライトされている 自分の音読も録音できる前回のブログでも書いていますがこれは何個もの英語学習アプリを見比べた結果すごく良いアプリだと感じました。実際、アメリカの現地校に通う私の子供たちも活用しています。◆英語多読アプリ・ラズキッズの使い方と私の英語レッスンについての解説動画はこちらから動画を見るにはこちらをクリック実際のレッスンについて詳しく聞きたい、という方は無料コンサルテーションをさせて頂きます。下記問い合わせボタンよりお問い合わせください。※無理な押し付けや販売は一切致しませんのでご安心ください。※英語に関するお悩みをコンサルテーションをさせて頂いた上で、こちらの多読アプリが有効であると判断させていただいた場合のみ、おすすめさせて頂きます。無料コンサルテーションのお申込はこちらをクリック今回の動画では時間の都合上、録音機能まではお見せできなかったのですがご希望の方は無料コンサルテーション内で録音機能の使い方について解説させて頂きます。※なお、無料コンサルテーションはオンラインのみとさせて頂きます。ご了承ください。(面倒なアプリのダウンロードなどは必要なしのZoomというアプリを使用します。)◆現在ご提供中のメニュー◆ ♡個別オンライン英語・バイリンガル育児コンサル海外で育ち、留学、就職、子育てをする中で培った異文化コミュニケーションをメインとしたノウハウをもとにコンサルテーションさせて頂いています。※Skype またはZoom (対面希望の場合はお問い合わせください)♡Facebookへのリンクはこちら※プライベート投稿満載!!※お友達申請リクエスト募集中!!英語に関心のある方はもちろん前向きに人生をエンジョイしている女性の方からのお友達申請大歓迎です♡申請の際にひとこと頂けたら嬉しいです。♡「英語学習、バイリンガル育児を応援するSakura」ページフォローはこちらからいっしょに海外子育て情報、バイリンガル教育について盛り上げてくれる仲間を募集中お気軽にお問い合わせください。★ロサンゼルスからお届け★英語が「好き」から「得意」になる7日間無料メールレッスン★ご登録はこちらからブログより5倍濃いノウハウがギュッと詰まったArini(Sakura)のメールマガジン。あなたの英語へのブロックをはずし、私が実体験から得た異文化コミュニケーションのコツを伝授します! ♡【お問い合わせ全般はこちらから】お問い合わせフォーム英語学習 ・バイリンガル育児 ・海外留学 ・海外生活などのお悩みなどお気軽にお問い合わせください。

      22
      テーマ:
  • 05Sep
    • アメリカの小学生に人気のKARATE CLASS

      こんにちは。ロサンゼルスは秋の気配が近づいてきていますがまだ日中は暑い日が続いています。さて、今日はアメリカの小学生に人気の習い事の一つ「空手」について書いてみたいと思います。映画、KARATE KIDSもアメリカでは一時人気を博しました。私の住むエリアでも町の至る所にKARATE CLASSの看板を見かけます。格闘技はアメリカでは一般的にMartial Artsと呼ばれ、日本生まれの空手、そして韓国生まれのテコンドーなどが人気です。近所のショッピングモール内に評判の良い空手クラスが拡大・移転してきたのでさっそく子供達と覗きに行ってきました。初回体験クラスは無料で道着も貰えます。息子はすっかりはりきって、体験レッスンに参加しています。日本人から見ると、アメリカの空手クラスは、ちょっと違います…レッスンはもちろん英語、でも型を決めるときの掛け声は”ニホンゴ”です。🇯🇵「イッチ、ニー、サン、スィー・・・」他にも、「センセイ」「センパイ」「シハン」などの呼び名はニホンゴ。ただ、「センセイ」に何か言われた時の返事は、「Yes, Sir!!!」。あとは、なぜか、技を決めるときの掛け声が「ハッ」とかではなく「KIAI  !!」(気合い!)と叫んでいます。小さい子供たちが一生懸命に型を習うのを、大勢の親御さんたちが見守ります。一体なぜアメリカでこんなにも空手の習い事が人気なのでしょうConfidence,Focus & Respect これがキーポイントのようです。Confidence=自信。技を磨き、鍛錬を重ねることにより自信につながります。Focus & Respect=集中力と尊敬の念。目上の人に対して「アメリカでは握手をするが空手の世界では、尊敬の念を込めておじぎ(Bow)をします」とセンセイが教えていました。自分自身を律する心をSELF DISCIPLINE(セルフ ディスィプリン)と呼びますが、空手などのマーシャルアーツを学ぶことにより身につくと考えている親も多いです。英語混じりの空手レッスンに多少の違和感を感じつつもジャパニーズアメリカン(アメリカ生まれの日本人)としては一つくらい日本の伝統技能を身につけてほしい、そして自信をつけてほしいと願う親の私たち。息子もすっかりはりきって次のレッスンを楽しみにしているようです。さて、どうなることやら。◆現在ご提供中のメニュー◆ ♡個別オンライン英語・バイリンガル育児コンサル海外で育ち、留学、就職、子育てをする中で培った異文化コミュニケーションをメインとしたノウハウをもとにコンサルテーションさせて頂いています。※Skype またはZoom (対面希望の場合はお問い合わせください)♡Facebookへのリンクはこちら※プライベート投稿満載!!※お友達申請リクエスト募集中!!英語に関心のある方はもちろん前向きに人生をエンジョイしている女性の方からのお友達申請大歓迎です♡申請の際にひとこと頂けたら嬉しいです。♡「英語学習、バイリンガル育児を応援するSakura」ページフォローはこちらからいっしょに海外子育て情報、バイリンガル教育について盛り上げてくれる仲間を募集中お気軽にお問い合わせください。★ロサンゼルスからお届け★英語が「好き」から「得意」になる7日間無料メールレッスン★ご登録はこちらからブログより5倍濃いノウハウがギュッと詰まったArini(Sakura)のメールマガジン。あなたの英語へのブロックをはずし、私が実体験から得た異文化コミュニケーションのコツを伝授します! ♡【お問い合わせ全般はこちらから】お問い合わせフォーム英語学習 ・バイリンガル育児 ・海外留学 ・海外生活などのお悩みなどお気軽にお問い合わせください。

      12
      テーマ:
  • 04Sep
    • 素敵なレイバーデイ&家族の過ごし方

      ロサンゼルスからこんにちは。今日はアメリカのレイバーデイホリデーです。レイバーデイ(Labor Day)とは、「労働者の日」としてアメリカ連邦政府(フェデラル)の定めた祝日で9月の第1週と決められています。夏休みが終わったばかりでBack to School、つまり新学期が始まっていきなりの祝日ではありますが現地校で緊張ぎみの一週間(といっても3日間)を過ごした子供達にとっては良い休息になるかもしれません。(早すぎ)そして、親たちにとっても、「休息の日」・・・と言っても子供達が家にいるとなかなかのんびりもしていられません。アメリカで祝日と言えばすっかり恒例のBBQ...スーパーでの"Labor Day Weekend BBQ"の文字やショッピングモールでの"Labor Day Weekend Sale"のサイン。さて、休日をどう過ごそうか、と考えます。オプションとしては、 日帰り旅行 ビーチ遊び 山遊び 家族や友人達とBBQ 家にこもってのんびり 家で断捨離 プール 遊園地 博物館 ボーリングなどの室内遊び今年はなんと夫が、『パパが子供と釣りに行く』という素敵な企画を立ててくれましたつ・ま・りママたちは束の間の休息日やったーーーぁ夫よ、ありがとう友人パパを含めてパパ3人、子供6人で釣りに出かけて行きました。そんなことで、このブログも一人ゆったりとハワイアンボサノバを聴きながらコーヒーをいただきながら書いていますありがたや〜定期的にチリンチリンと夫が写真でメッセージを送ってくれるので(笑)子供達が自然を満喫している様子も見れます。息子は前日からはりきっていて、眠れないとワクワクしていました。娘は釣りにはまったく興味はないのですがお友達とちょっとしたキャンプ気分でワクワク男の子たちが魚釣りを楽しむ間女子が、キャンプごっこを楽しめるようにポップアップテントもたせました(夫は要らないと言っていましたが、意外に大活躍)Amazonで数年前に購入したテント。今やビーチやキャンプなど、家族のアウトドアのイベントには欠かせない存在です。ごろんと寝転びたいときはもちろんビーチでの風除けや、荷物のための日陰作りそして簡単な着替えなんかも。赤ちゃん連れには授乳時に役立つかもしれませんね!私も授乳していた時代(・・今から6年前。。)持っておきたかった!ポップアップテントは簡単にポンッと開き、たたむときも簡単なのでおすすめです。子供達にアメリカの大自然をたくさん肌で感じ楽しんでほしいものです魚はキャッチアンドリリースなので持ち帰ることはできませんが、戻ってきてからのお土産話が楽しみ夫と子供達は大自然でのんびり妻たちはお家でのんびりたまにはこういう祝日の過ごし方も良いものですね。皆さんは、どんな祝日の過ごし方が好きですか

      27
      テーマ:
  • 30Aug
    • Back to School! 新学年の始まり

      いよいよ、というかようやく新学期が始まりました!我が家の子供達も、3年生と1年生に進級といっても始業式もなく、開会式もなく、すっかり慣れた普通な感じの朝です前日の夕方6時頃に親にEmailが学校から飛んできて担任の先生と教室が発表されます。その時間になると、携帯のメールがチリンチリン「担任の先生、誰だった」と親同士の連絡が始まります。そして、「あ〜⚪️⚪️ちゃんと一緒だー!」とか「また離れちゃった〜!」などのやり取りが。翌朝、First Day of Schoolは、我が子たちの学校は7:50にベルがなるのでそれまでに校庭に整列します。初日の、車の駐車場争奪戦も毎年の恒例行事パーキングが見つからず、遠くに駐車し、ダッシュで学校へ向かうはめになりました。。「明日からはもう少し早めに出ようね・・・」1年生のクラスに入ると、早速担任の先生の挨拶が始まり、そして、いきなりの・・・集合写真こんなことは初めてですが担任の先生によってクラスのカラーも十人十色。ま、これも記念になりますね。一方で長女の3年生のクラスはあっさりしたもの。先生から親への挨拶もなく親は教室への入室もできずバタンま、こんなものか・・・さ、これから一年間、また忙しい日々が始まります子供達もまた英語漬けの日々で、たくさんのことを学び吸収してほしいものですこのブログでも、アメリカの学校の様子などお伝えしてきますねぜひ引き続き、お読み頂ければ嬉しいです◆現在ご提供中のメニュー◆ ♡個別オンライン英語・バイリンガル育児コンサル海外で育ち、留学、就職、子育てをする中で培った異文化コミュニケーションをメインとしたノウハウをもとにコンサルテーションさせて頂いています。※Skype またはZoom (対面希望の場合はお問い合わせください)♡Facebookへのリンクはこちら※プライベート投稿満載!!※お友達申請リクエスト募集中!!英語に関心のある方はもちろん前向きに人生をエンジョイしている女性の方からのお友達申請大歓迎です♡申請の際にひとこと頂けたら嬉しいです。♡「英語学習、バイリンガル育児を応援するSakura」ページフォローはこちらからいっしょに海外子育て情報、バイリンガル教育について盛り上げてくれる仲間を募集中お気軽にお問い合わせください。★ロサンゼルスからお届け★英語が「好き」から「得意」になる7日間無料メールレッスン★ご登録はこちらからブログより5倍濃いノウハウがギュッと詰まったArini(Sakura)のメールマガジン。あなたの英語へのブロックをはずし、私が実体験から得た異文化コミュニケーションのコツを伝授します! ♡【お問い合わせ全般はこちらから】お問い合わせフォーム英語学習 ・バイリンガル育児 ・海外留学 ・海外生活などのお悩みなどお気軽にお問い合わせください。

      35
      テーマ:
  • 24Aug
    • アメリカで子供と映画を観るときの注意点

      今日は私が実際に子供と映画を観に行って改めて考えてみたいと思った「アメリカで子供と映画を観る時に、是非注目したい「映画のレーティングシステム」について書きたいとおもいます。子供たちの、夏休みもいよいよ数日。二ヶ月半という長い長い夏休み。自由な時間もたっぷりありました。そんな終盤戦に、久しぶりに子供たちと映画を観に行きましたストーリーはとても作り込まれていて迫力満点のSFアクションストーリーでした。映画館に行く前にもしっかりレビューを確認して行き高評価だったので期待をして出かけました。が・・・6歳の息子が途中で怖いと言い出すハプニング、、確かに音も大きかったし所々、スリリングな場面が…。「ディズニー映画だから」とか「アニメーションだから」といって「親が子供に安心して見せられる映画か」というとそうでもないことも多いですよね。親になったから、余計になのか意識して観ているとディズニー映画やアニメーションにもかかわらず戦う場面が多かったり耳や目を塞ぎたくなるコンテンツだったりすることもあるような気がします。映画を観るのは家だったり映画館だったり色々ですが大抵はもう映画が始まった後なので子供に見せないようにしようと思っても『ときすでに遅し・・・』画面の前で凍りつくしかありません今日のアニメ映画も同じく…(それでも見続けたい、と言っていたので)過去には、夫に下の子を連れて途中退席してもらったこともありました…帰宅してよくよく、この日見た映画について調べてみると、やっぱり、ありました。。。Rating = PGていうか、PGって一体なんのことだっけ改めて映画のレーティングについて調べてみて、レーティングをきちんとチェックしなかったことを親として猛反省 皆さんは毎回子供と映画を観る時にこのレーティングのところはチェックしますかHollywood映画には、必ずつけられるこのRating、現在は下記のように5段階にランク分けがされています。 Rated G: General Audiences – all ages admitted (すべての年齢に適応) Rated PG: Parental Guidance Suggested – some material may not be suitable for children (親のガイダンス推奨:子供にふさわしくないコンテンツも含まれている可能性あり) Rated PG-13: Parents Strongly Cautioned – some material may be inappropriate for children under 13(親は要注意:13歳以下の子供には不適切なコンテンツが含まれている可能性あり) Rated R: Restricted – under 17 requires accompanying parent or adult guardian(Rー指定17歳以下は親か大人の同伴がないと鑑賞が規制される) Rated NC-17: No one 17 and under admitted(17歳以下はすべて鑑賞不可)<参照:Wikipedia-https://en.wikipedia.org/wiki/Motion_Picture_Association_of_America_film_rating_system>つまり、アニメだろうとディズニー映画だろうとPGとレーティングされている限り親のガイダンス、注意が必要ということなのです日本でも、「R指定」とか「PG-13」とかはよく耳にしていたのでこれらを子供たちに見せない、ということはもちろん注意していたのですが…。実は、上の二つのGとPGの違いについて私自身、あまり着目していなかったのです でも、今回改めて、思いました。「子供映画こそ、このGとPGに注目すべきだ」と。Hollywoodのレーティングシステムはそもそも1920年代に始まったそうです。当時のハリウッド映画のスタンスとしては「観せる映画の幅を狭めるのではなく観客に選択の自由を与えよう」ということでレーティングシステムを始めたとか。なので、本当に親がそこをしっかりチェックして、子供にみせるかどうかを決めないと、いけないなと感じます。余談ですが、現在では室内禁煙が大多数のアメリカでは「タバコのシーン」も2007年から規制の対象になったそうです。結構最近ですよね。改めて調べてみると、アニメーションと言ってもPGの映画ってものすごく沢山あるんです2018年公開の映画だけ調べてみても、すべての年齢に可とされているGレーティングの映画がたった4本、に対して、親のガイダンスが必要というPGレーティングの映画は33本!!また過去のPGレーティング映画のラインナップを見ると驚くのは私だけではないはず。子供達の大好きな「アナ雪」や「モアナ」「ミニオンズ」まで。。。実は親の判断の元で子供に見せてくださいという内容だったのです。他にも子供に大人気のSF映画シリーズでも実はPG-13なんていうこともあるのですよね。神経質になりすぎる必要はないけれどせっかくあるレーティングのシステムを一度改めて注目してみる価値はある気がします。子育てのスタンスは家庭によってそれぞれ。「観せてはいけない」ということではなく「観せるかどうかは、親が判断してね」ということです。なので、今回のように映画が始まってから、しまった、という事にならないように、これからはレーティングのところはしっかりチェックしてから子供と映画館に行こうと思います。皆さんは「G」だけ見せたい派ですか?それとも「PG」も、内容によっては見せますか?お子さんの年齢にもよりますしなかなか線引きが難しいところですよね。ただ、これだけ、Gの映画よりもPGの映画が多いということは、それだけ子供の繊細な感性が刺激にさらされることが多いということ。そして、それを守ってあげられることが親の判断に委ねられているという事実。。。皆さんはどう感じますか?今回の記事がお子さんと映画を見に行く際に少しでもお役に立てば嬉しいです。(※ちなみに今回の記事はアメリカで、英語で映画をみる際の注意点として書かせて頂きました。日本で「吹き替え版」や「字幕」で鑑賞する際には必ずしもセリフのいい回しなどオリジナルとは同じとは限らないのかもしれません。その点はご了承ください。)◆現在ご提供中のメニュー◆ ♡個別オンライン英語・バイリンガル育児コンサル海外で育ち、留学、就職、子育てをする中で培った異文化コミュニケーションをメインとしたノウハウをもとにコンサルテーションさせて頂いています。※Skype またはZoom (対面希望の場合はお問い合わせください)♡Facebookへのリンクはこちら※プライベート投稿満載!!※お友達申請リクエスト募集中!!英語に関心のある方はもちろん前向きに人生をエンジョイしている女性の方からのお友達申請大歓迎です♡申請の際にひとこと頂けたら嬉しいです。♡「英語学習、バイリンガル育児を応援するSakura」ページフォローはこちらからいっしょに海外子育て情報、バイリンガル教育について盛り上げてくれる仲間を募集中お気軽にお問い合わせください。★ロサンゼルスからお届け★英語が「好き」から「得意」になる7日間無料メールレッスン★ご登録はこちらからブログより5倍濃いノウハウがギュッと詰まったArini(Sakura)のメールマガジン。あなたの英語へのブロックをはずし、私が実体験から得た異文化コミュニケーションのコツを伝授します! ♡【お問い合わせ全般はこちらから】お問い合わせフォーム英語学習 ・バイリンガル育児 ・海外留学 ・海外生活などのお悩みなどお気軽にお問い合わせください。

      60
      テーマ:
  • 17Aug
    • 英語多読アプリを活用した英語レッスンのご案内

      先日、メルマガ読者様のみに先行案内させて頂いた「子供&大人のための多読英語レッスン」早速お申し込みを頂いています長い長い夏休みでのラーニングロスを防ぐため、我が家の子供達にも活用している英語の多読アプリを活用した英語レッスン。このアプリ、本当によく作り込まれていて素晴らしいのです。このアプリを使い始めてから子供達が自ら、本を音読し始めました本当に使い始めて良かった!!先日のブログ、『夏休み中のバイリンガル育児の心得』でも書いたように、日本に長期でバケーションで行ったり、家庭内でも日本語メインで生活していると英語を忘れてしまいがち・・・9月に新学年が始まるとついていけないなんて現象が、たとえネイティブの子供でも起きているとアメリカでも深刻な問題になっています。今現在、この多読アプリを活用してくれている生徒さんが何名かいます。中でもSくんは、最近レッスンを始めてくれた生徒さんで9月からはアメリカの現地小学校のキンダー生。さすが5歳、耳から入ってきた音をそのまま発音できるのは天性、まさに英語耳をもつ、ゴールデンエイジ現在は、フォニックスの本の音読からスタートし、徐々にレベルを上げていっています数週間でここまで進んでくれると、本当に、この先のSくんの英語力アップが楽しみです本人もとっても素直でかわいい男の子どんどん吸収してくれるので今後もSくんの発音、読解力、リスニングももっともっとアップしていくはずです。お母様から頂いたレッスンの感想は別記事でご報告しますね「アメリカの先生による先生のための英語多読アプリレッスン」まずは「相談してみたい!」という方無料コンサルテーションをご希望の方は、こちらからお申し込みください【現在、3名様の枠を募集しています】   残り2名様無料コンサルテーションお申し込みフォーム◆現在ご提供中のメニュー◆ ♡個別オンライン英語・バイリンガル育児コンサル海外で育ち、留学、就職、子育てをする中で培った異文化コミュニケーションをメインとしたノウハウをもとにコンサルテーションさせて頂いています。※Skype またはZoom (対面希望の場合はお問い合わせください)♡Facebookへのリンクはこちら※プライベート投稿満載!!※お友達申請リクエスト募集中!!英語に関心のある方はもちろん前向きに人生をエンジョイしている女性の方からのお友達申請大歓迎です♡申請の際にひとこと頂けたら嬉しいです。♡「英語学習、バイリンガル育児を応援するSakura」ページフォローはこちらからいっしょに海外子育て情報、バイリンガル教育について盛り上げてくれる仲間を募集中お気軽にお問い合わせください。★ロサンゼルスからお届け★英語が「好き」から「得意」になる7日間無料メールレッスン★ご登録はこちらからブログより5倍濃いノウハウがギュッと詰まったArini(Sakura)のメールマガジン。あなたの英語へのブロックをはずし、私が実体験から得た異文化コミュニケーションのコツを伝授します! ♡【お問い合わせ全般はこちらから】お問い合わせフォーム英語学習 ・バイリンガル育児 ・海外留学 ・海外生活などのお悩みなどお気軽にお問い合わせください。

      72
      1
      テーマ:
  • 07Aug
    • 【メルマガに関する業務連絡】

      今日は久しぶりになってしまいましたが現在配信中のメルマガについてのお知らせです。少しずつメルマガのご登録者も増えてきていて嬉しい限りです。有難うございます。「英語が好き」から「英語が得意!」になれる7日間レッスン引き続き読者様を募集中ですが、先月ご登録頂いた数名の方にメルマガが届かずにエラーで戻ってきてしまっていますもしもEmailを登録したはずなのに7日間レッスンの内容が届かない、という方は再度メールアドレスをご確認頂きご面倒ですが再登録を頂けますと幸いです・・・。また、万が一ですがスパムメールの箱に届いている可能性もございますのでそちらも合わせてご確認くださいね近々、英語レッスンに関して、そしてマザーズコーチングに関しても新規のトピックを配信予定です日本帰省や子供達の夏休みなどが重なったことや、新規の生徒様のレッスン策定のためメルマガ配信が少し遅れています現在新規記事を準備中ですのでもうしばらくお待ちくださいませご登録いただいた方は、本当に有難うございます。どうぞ、宜しくお願い致しますマザーズコーチングスクール認定マザーズティーチャー★英語・日本語講師Arini★ロサンゼルスからお届け★英語が「好き」から「得意」になる7日間無料メールレッスン★メルマガのご登録はこちらをクリック★ブログより5倍濃いノウハウがギュッと詰まったArini(Sakura)のメールマガジン。あなたの英語へのブロックをはずし、私が実体験から得た異文化コミュニケーションのコツを伝授します! ※7日間レッスンが終了後も、新規メニューやレッスン内容などはご登録者に優先的にご案内させて頂きます。〜こどものコミュニケーション能力は0歳〜6歳におかあさんがどう接するかで決まります〜マザーズ(ペアレンツ)コーチング近日開講予定。ご予約受付、マザーズコーチングってなに?という方はこちらから。オリエンテーションのご案内をお送りします。https://ws.formzu.net/fgen/S42972988/

      79
      テーマ:
  • 01Aug
    • バイリンガル育児、夏休みの心得

      先週、一ヶ月以上滞在した日本から戻り、私が最初にしたかったこと。それは、子供達の英語力の復活!!!え〜アメリカに住んでるんだから大丈夫でしょ〜もうネイティブの英語力が付いてるでしょー英語は簡単に忘れないでしょう〜と、お思いのアナタ(ドキっ)実はそうではないのです今アメリカでは、ネイティブの子供だって、「夏休みの間の学力低下」が、心配されているのですっ。これは、昨今アメリカでは「Learning loss:ラーニングロス」といわれています。(Google先生で「ラーニングロス」と日本語検索しても何も出てきません。。。まだ日本語では浸透していないようですネ)※ということは、これを日本語で提唱した第一人者ということ)それはさておき本題へ。アメリカの小学生の夏休みは、平均して2ヶ月半もあります。せっかく、新学期の9月〜翌6月までみっちりと英語漬けにして読み、書き、話し、聞き、をしていたのに2ヶ月半も間が空くと英語力はみるみる低下します。なぜかアメリカの学校の夏休みって・・・・・・宿題が無いのですこれって、結構恐ろしいことのように聞こえて、当たり前のことなんですよね。アメリカの新学期は9月から始まり6月中〜下旬に終わります。つまり夏休みというのは一年の学習がちょうど終了した時期なのです。つまり「アメリカの夏休み」って日本で言うところ「春休み」なんです。日本は4月から新学期が始まり3月に年間の授業が終了し春休みがありますよね?そこに宿題って無いですよね。もしも2ヶ月半も春休みがあったら・・・ましてや何も勉強をしなかったら・・・新学期で学年が上がる時、子供はめちゃめちゃ困りますなので夏休みこそ、前の学年の復習をしたり次の学年の準備をしたりそれも「自主的に」しないと9月に新学年に上がる時にガクンっと学力が落ちてしまうのです・・・。でも、私たちバイリンガルの親は夏休みってつい、わーい、夏休みだ!日本に帰省して、日本語で家で話して〜日本語のお友達と遊んで〜と、してしまいますよね。。我が家も実は毎年その部類ですでも、今年は上の娘も小学3年生…日本で教育を受けた母親の私が聞きなれ無い単語がチラホラ聞こえるなぁと2年生の後半くらいからうすうす感じていたのですがいよいよ危機感を感じて・・・今年は少し本腰入れて自宅でワークをやらせることにしましたとは言ってもどの参考書がいいのか、KUMONに入れるべきかはたまたインド人やアジア人の子供が多く通う数学塾に入れるべきかそろばんをやらせるべきか悩みますよね。でもご家庭それぞれの事情があるのでそれは各家庭の教育方針で決めたら良いと思います。私は、+αの英語のワークブックと英語の本の多読に力を入れることをお勧めします。(※具体的な方法を知りたい方はいつでもご相談ください。)新学期まであと一ヶ月。良いスタートダッシュが切れるようこれから助走するぞっ。<追記>とはいえ、日本語補習校の夏休みの宿題は盛りだくさんサマーキャンプもあるし旅行の予定もあるし、、、なので、子供も親もストレスにならない程度に頑張るのが一番ですよー9月の新学期を迎える頃には息切れ、なんてことにならないようにバイリンガル育児、夏休みの過ごし方の心得いかがでしたか具体的にもっと聞きたい、個人的にレクチャーして欲しいというご要望・お問い合わせはこちらからhttps://ws.formzu.net/fgen/S42972988/(我が家が厳選したワークブック)(日本語補習校の山盛りの宿題…)(子供の読書力を上げるには工夫が必要ですね!)◆現在ご提供中のメニュー◆ ♡マザーズコーチング ベーシック・アドバンス講座近日中に開講予定♡個別オンライン英語・バイリンガル育児コンサル・英語レッスン計20年の海外生活と8年の海外子育て生活をもとにコンサルテーションさせて頂いています。※初回コンサルテーション60分(対面またはオンライン:無料)※2回目以降のコンサルテーション、またはレッスンは各個人の英語レベル、お悩み、今後の教育方針に沿って策定し料金もご案内させて頂きます※使用テキストも相談可♡Facebookへのリンクはこちら※プライベート投稿満載!!※お友達申請リクエスト募集中!!英語に関心のある方はもちろん前向きに人生をエンジョイしている女性の方からのお友達申請大歓迎です♡申請の際にひとこと頂けたら嬉しいです。♡「英語学習、バイリンガル育児を応援するSakura」ページフォローはこちらからいっしょに海外子育て情報、バイリンガル教育について盛り上げてくれる仲間を募集中お気軽にお問い合わせください。★ロサンゼルスからお届け★英語が「好き」から「得意」になる7日間無料メールレッスン★ご登録はこちらからブログより5倍濃いノウハウがギュッと詰まったArini(Sakura)のメールマガジン。あなたの英語へのブロックをはずし、私が実体験から得た異文化コミュニケーションのコツを伝授します! ※7日間レッスンが終了後も、新規メニューやレッスン内容などはご登録者に優先的にご案内させて頂きます。♡【お問い合わせ全般はこちらから】お問い合わせフォーム英語学習 ・バイリンガル育児 ・海外留学 ・海外生活などのお悩みなどお気軽にお問い合わせください。

      65
      1
      テーマ:
  • 29Jul
    • ”VERYと同じように、私もあなたの背中を押したい。”

      私がマザーズコーチングを受けたい、マザーズティーチャーになってママ、女性の背中を押したい、と思ったきっかけになったななゆかさん。素敵な記事を過去に書かれていたのを拝見したので2年越しですが、、リブログさせて頂きました。私が母になって8年。母という仕事は尊く時に辛くでも最高に幸せで大切な時間。毎日毎日一緒にいても、まだ時間が足りない。もっと一緒にいたい、もっと成長を見守りたい。(時には自分の時間も欲しいけど・・・)そんな母の想いをよそに子供達はどんどん大きく成長していく。いつしか、私の助けを借りずにできることがどんどん増えて行く。母はそれを喜び、一方でちょっぴり切なく思う。自分の未熟さゆえについかけてしまった心無い一言・・・冷たい対応・・・寝顔を見ながら、ゴメン・・・とひたすら後悔の嵐。キャリアを捨てて子育てに一心不乱に集中した5年間。社会に取り残されたと感じた孤独感。周りが、夫が、先に進んでいるような気がして感じた焦り。思い切って社会復帰した3年前。育児と仕事の両立に悩み罪悪感と葛藤とで、苦しんだ。そして会社員を辞める決意をした。自分で自分の時間を創り後悔のないように子供との時間を過ごしたい。母として妻として女性として生まれてきた個人として、自分ができる精一杯のことを全うしたい。そして、周りを幸せにしたい。・・・そのためにはまず、自分が幸せにならないといけない。自分すら幸せにできない人間が周りを幸せになんかできない。自分が幸せで、笑顔で過ごすことが家族や周りに幸せを運んでくる。そしてそれが波及してさざ波となって幸せを蔓延させる。「ママとしての幸せを考える子供との幸せを考える」私はまずはそれをしたい。そう決めた時、胸の中で何かがストンと腑に落ちた気がした。ななゆかさんの投稿を読んで、そんなことを改めて思い出した。『子供のコミュニケーション力を上げるママのためのコミュニケーション講座』マザーズコーチング♡近日、募集を開始します♡お問い合わせはこちらからどうぞ↓https://ws.formzu.net/fgen/S42972988/『VERY』・・・雑誌を読まない私も毎回日本に帰るたびに必ずチェックする雑誌です

      46
      テーマ:

プロフィール

Arini (アリニ)

お住まいの地域:
海外
自己紹介:
海外生活20年。 アメリカ・ロサンゼルスで活動中の二児の母。 現在カリフォルニア州最大級の コミュニ...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス