先日のはるき君以外にも、それぞれに成長が感じられています。津田沼の年長のしょうま君は春の小学生になると言う自覚が芽生え、見違えるようになりました。また、はるき君の奮闘を聞いて、少し南船橋の生徒も活気が出て来た感じです。


私は内弟子と言う経験で、色々学びました。能動的に動く事で生き方が変わると思います。

先日、師と話した時、

「自分のやって来た事を信じてやるだけだよ。」

と話していました。

50歳を前に20年以上続けて来た事を流行り廃りはあっても通う生徒にとって能動的な生き方の一つになればと思いました。

殴る殴られる間合いは受動的では分かりません。

その駆け引きが仕事や学校生活にとって生かされたらと考えます。

でも、その考えも多様性を重視する社会の中では勝手な思い込みでしょうか?


偉大な空手家に学んだ町道場は、師の母国で故郷の千葉で三浦首席師範の技術、人間性を伝えられたらと思います。

アメリカで培われた「KARATE」を一人でも多くに伝えていきたいと思います。

今週は

26日(月)ゴールドジム津田沼 通常稽古

27日(火)ゴールドジム南船橋 一部変更

29日(木)ゴールドジム津田沼 一部変更

3/2日(土)ゴールドジム幕張ANNEX 通常稽古


今週はクラスにより、一部昇級審査となります。

基本的には「基本と型」です。

右も左も分からずに始めた内弟子時代。お金貯めて、即アメリカに行ったので帯は青帯でした。ほぼ三浦師範(当時)の元で修行をしている中、半年後に内弟子に来たのは現三浦道場東京の西尾師範、そしてその頃アメリカで活躍していた兄弟子にあたる埼玉所沢で活動している大津道場の大津先生。アメリカの空手トーナメントで優勝するなど憧れや尊敬を持っていました。


そんなお二人と合同稽古を行いました。この日の関東は冷え込み厳しい連休初日。



大津先生から小学6年生1人、西尾師範が1人と千葉から4名と少ない人数では有りましたが熱い時間となりました。


この6年くらいは、感覚を戻す為のトレーニングややってなかった息を上げるトレーニングを開始して、少しずつ病気前の自分に戻れるようにと頑張っていますが、歳を取り反応も身体にも老いを感じます。この日、駆け出しの頃の目標だった大津先生と西尾師範の動きを観ながら、頑張る活力をもらえた気がしました。


いつもとは違う空気感や相手との稽古での緊張感。また、次回参加して貰えたらと思います。


大津先生と西尾師範、それぞれの門下生寒い中足元悪い中ありがとうございました。 

今でも、その背中を追いかけていますのでいつまでももカッコ良い背中見せてください!

今週は

19日(月)ゴールドジム津田沼定休日

20日(火)ゴールドジム南船橋 通常稽古

22日(木)ゴールドジム津田沼 通常稽古

23日(金)ゴールドジム幕張ANNEX

三浦道場&大津道場合同稽古 14:30〜16:30

24日(土)ゴールドジム幕張ANNEX 通常稽古


今週は「受け技」です。

連休中の今週は

12日(月)ゴールドジム津田沼 通常稽古

13日(火)ゴールドジム南船橋 通常稽古

14日(水)ゼウス西船橋 19:30〜21:00

15日(木)ゴールドジム津田沼 通常稽古

17日(土)ゴールドジム幕張ANNEX 通常稽古

今週は「蹴り技」です。