商工会議所に所属する事業者を中心に、
保険の営業や企業の福利厚生、事業承継などを
総合的にサポートしている女性がいます。

 

9年前、がんの先進医療に関するシンポジウムが
行われることを知りました。

 

保険を販売する立場として先進医療の実態を知りたいと思い、
全て自費で参加。

 

講演の内容は衝撃に連続で、
この治療法をぜひ顧客に紹介したいと思いました。


 

その後、以前に保険を契約した男性が
前立腺がんとなったことから、先進医療を強く勧めました。

 

女性と本人、そして奥さまの3人で渋る主治医を説得。
 

結果、医療センターでの受診が決まり、
この方は無事に健康を取り戻しました。


 

その男性はとても喜び、
女性の事務所の会議で自らの事例を報告。

 

所長からも、皆の前で感謝と激励の言葉を掛けられたのです。



 

女性の信念は、顧客に関わり抜くことです。
 

用事がなくても小まめに顔を出しています。
 

顧客が病気になれば遠方でもお見舞いに伺い、
必要があれば病院の送迎まで行います。

 

これらは業務外のため、全て無償ですが、
女性は関わった人全員が幸せになってもらいたいと、
骨身を惜しみません。

 

また、こうした取り組みが営業成績に着実に

結び付いているのです。

 

女性は語っています。
 

「人の喜んでいただける時が、私にとって最高の喜びです。
これからも愛する郷土の人々のために尽くし抜きます」。







「言葉のちから」を信じて明るく、元気に。

ウキウキ、ワクワク、過去への拘りを捨てましょう。
過去への拘りを捨てて、未来を見つめて前に進みましょう。

そして、新しい自分を発見し、充実の人生を歩みましょう。
大丈夫!大丈夫!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォローしてね!