ドレッサーに憧れて

テーマ:

子供の頃から、憧れの家具がありました。

 

 

それは、ドレッサー。

 

 

ドレッサーの鏡の前でゆっくり座ってスキンケアをしたり、ドライヤーで髪を乾かしたり、メイクをしたり・・・・

 

 

そんな場面に憧れていました。

 

 

いつか、素敵な大人の女性になれたら、ドレッサーを置けたらいいなあと思いながら、気が付けば十分大人の年齢に。

 

 

結婚して子供が生まれて、無我夢中で子育てをして、子育てが一段落したと思ったら、また再びフルタイムでの勤務開始。

 

 

う~ん、どうやら、ドレッサーの鏡の前にゆっくり座る生活は自分にはあまり縁がないな。

 

 

では、洗面台をドレッサー代わりにしよう!

 

 

ということで、洗面台の高さに合う椅子を家具屋さんに発注し、待つこと2ヵ月が経過。

 

 

 

本日ようやく届きました。

 

 

コンパクトで場所も取らないし、洗面台の鏡に高さも丁度合って、とても使いやすい。

 

 

お風呂上がりのスキンケアや、ドライヤーで髪を乾かす際にちょっと座るのに便利。

 

 

メイクは出勤時の車内で済ませています。

 

 

 

 

まだ、ドレッサーに憧れる気持ちはどこかに在るけど、自分にはこういう合理的な選択が合っているみたいです。