クルキャリ・キャビンアテンダント絶対合格法&接遇マナー研修講師ブログ!!~美槻はるか☆

クルキャリ・キャビンアテンダント絶対合格法&接遇マナー研修講師ブログ!!~美槻はるか☆

キャビンアテンダント、客室乗務員に本気でなりたいあなた!元JAL(日本航空)CAでマンツーマンレッスン生 全員合格を目指すクルキャリ•美槻はるかが、横浜、大阪で航空業界への絶対合格法、教えます!接遇マナー研修ご依頼もお気軽にメッセージください!

EWS




クルキャリ代表 美槻はるか著「30日前からでも間に合う!CA採用試験スピード合格テキスト!  


JAL 鶴丸元JAL(日本航空)客室乗務員/ 国家資格キャリアコンサルタントの美槻はるかが運営するマンツーマンレッスンを基本としたエアラインスクール クルキャリ です。

大阪&横浜にてキャビンアテンダント、グランドスタッフを目指すあなたへ絶対合格のコツ、教えます!!


クルーアンドキャリアズ お問い合わせフォーム または LINELINEhttps://bit.ly/2LueCE6 まで。


星6/7UP! 【お問い合わせ】LINELINEhttps://bit.ly/2LueCE6 からお気軽にどうぞ。
星3/17UP!【限定受付】CA経験者さん用・キャリアカウンセリングを大阪校にて無料体験限定受付中!→詳しくはお問い合わせフォーム よりご連絡ください☆
星3/17UP!【内定者報告】エアアジアX、スカイマーク、新卒内定・エアージャパン、春秋航空日本、ジェイエア、PEACH 客室乗務員経験者、既卒内定、おめでとう!!内定者さんの声は →こちらをクリック★
星3/16 【受付中】クルキャリ・無料レッスン説明会受付中!(完全予約制)→こちらからお申込みください★  

 

テーマ:

☆CA経験者さん、エアライン就活のキャリアビジョンとは?第3章☆


みなさん、こんにちははーと

大阪・横浜でマンツーマンレッスン生、セミプライベート生・全員CA合格を目指す

クルキャリ・美槻はるかです ^^


 

 


さて先日から、既卒受験生さんの「キャリアビジョン」という言葉を使いながら、いろいろとオハナシをしていますが、あなたにとっての「キャリアビジョン」はすこーしイメージできましたか?


で、前回の続き。


既卒受験生さん、エアライン就活のキャリアビジョンとは?


の第3章。


完結編の今回は経験者さんの就活について。


元CAさんや現役CAさんというと「カンペキで、就活も自力でできて順風満帆」と思う受験生も多いと思うのですが・・・


美槻はるかの周りでは、内定された生徒さんでフライトを重ねて

2社目、3社目にチャレンジして転職(転社かな?トランスファーと呼ばれてますよね)する方もどんどん増えています。


中でもここ数年で多いパターンとしては。


★第2志望の国内系エアラインで2,3年フライト→JALへ

★考えてもいなかった現地ベースの外資系エアラインで2年フライト→JALへ

★最初は抵抗のあったLCCで1年フライト→エアージャパンへ

★もともと興味のあったLCCでCP(チーフパーサー)資格を早めに取得→ANAへ

★自分には外資系エアラインしか無理だと思っていた→エアージャパンへ

★自分に合っていると思っていた国内系エアラインで10年近くフライト→エアージャパンへ

★LCCは修行&経験値を積む場と思っていた→国内系エアライン→エアージャパンへ


などなど・・・


かなり多岐にわたるパターンのトランスファーが増えています^^

 





特に最近のCA経験者さんで多く聞かれるのは、やはりエアージャパン(AJX)を希望される方。


もともとエアージャパンは「経験者さんしか採用しないエアラインでもありますし、国際線からスタートする魅力もあって、トランスファー希望者も以前から多いです。


あとは年齢幅もさまざまで、過去には30代、40代の方が多い年度もありましたが、20代が多い採用年次だったり、比較的年齢のチャンスはかなり広い印象ですね。


なので、会社のカラーとしてもいろんなエアライン出身者や、先輩後輩関わらずバリエーションのあるメンバーとフライトしたい方にはピッタリな会社だなと美槻はるかは感じてます。


ただ、だからと言って経験者さんの転職は余裕かというと、意外とそうでもなくて。「何となくトランスファーしたい」という方は正直、経験者さんと言えどもなかなか厳しい結果の方も耳にしますね。



なので、行き当たりばったりで「他社に行きたい」というよりは、もともと先ほどのクルキャリ卒業生さんのように、CAになっても、自分のキャリアビジョンを1社目の入社前からある程度見通しをもっていて、フライトを通じて、どうやってCAとして成長して、今後ステップアップしていきたいかという点を理解している人が上手くいっているかな。



特に最近、AJXに入社されたAさんは、もともと今後のビジョンのことを考えていて、LCCで早めにCP(チーフパーサー)を取り、そこで得た経験を面接で伝えるつもりで頑張っていたそうです。


つまり、何となく毎日のフライトをこなしているのではなく、もちろんCP取得の勉強も、フライトをまとめるための努力も工夫も考えて、責任感を持った中でチームワークを取っていけるというPRにつながっていったのではないかなと思います。


経験者さんでトランスファーを考えている方は、そういった部分もクルキャリとしてはアドバイスしていますので、新卒さんや既卒さんと違う切り口でPRしていってくださいね。


そして今、新卒さんにとっては真っ只中でアップアップだったり、既卒さんもまだまだCAになることが目標の方も多いと思いますが、ぜひいろんな視点で就活のことやオシゴトのこと、探していってくださいねっ。

 


美槻はるかとクルキャリアドバイザーたちが

あなたを応援していますよ~ラブラブ

(END☆)

 

 


テーマ:

☆既卒受験生さん、エアライン就活のキャリアビジョンとは?第2章☆


みなさん、こんにちははーと

大阪・横浜でマンツーマンレッスン生、セミプライベート生・全員CA合格を目指す

クルキャリ・美槻はるかです ^^


 


こないだの出張では、私が個人的にファンのとある方にアポイントを取らせて頂き、めちゃめちゃお忙しい時間の合間をぬって、お会いいただく機会を作っていただきました^^


元々は、その方の選ぶ言葉や視点から「きっとこんな方じゃないかなー」と勝手に考えていたりしましたが(笑)、共通点や、尊敬できる部分が多く。あっという間の1時間半でとっても刺激を受けました。

 

やっぱりなんだか自分の気になる方や、「お会いしてみたい」と思う方って初めてお会いするにもかかわらず、話しやすい空気間になるんですかねー。


お会いいただいたY様、お忙しい中、本当にありがとうございました^^



さて、では前回のつづき。


既卒受験生さん、エアライン就活のキャリアビジョンとは?


の第2章☆


クローバー



・・・なので、なってもいないCAの、その先のキャリアビジョンなんてよく分からん!


という印象が正直なところだと思います。

ただ、美槻はるかとしてはどちらかというと、


「既卒の方こそココをしっかり考えてほしい!」


って思うのです。


ちなみに今年のANA2019新卒のエントリーシート内容は、こんな質問。


「将来の姿について想像した時に、あなたは人としてどうありたいですか。※ANA客室乗務職としてのキャリアビジョンではなく、大切にしたい考え方や価値観を記入してください。」


あえて、「ANA客室乗務職としてではなく」と書かれてて・・・・



なんで?


というトコロだと思うのですが。


これがつまり新卒さんと既卒さんのエアラインが求めている大きな違いなのかなーと。


新卒さんはアルバイトやボランティアでさまざまな経験や頑張ってこられたことはあると思いますが、「社会人」としてフルタイムでお給料をいただいて、福利厚生も含めた待遇を受けた方は少ないはず。


その面から考えると。

既卒さん(&経験者さんも含め)としてのキャリアビジョンは

「今の仕事を辞めてまで、うちのCAの仕事を選んで、将来どんな生き方をしたいの?」



という、かなり先々まで考えて答えなければならない・・・


特に。最近の「働き方改革」と言われている中で、今の会社でも十分活躍していたり、頑張っている方が


「わざわざ転職をして、わざわざ引っ越しの可能性もあって、わざわざ大変なことをして、CAになって、いったい今後どうなりたいの?」


という面接官の疑問を全部解消して、納得させられる説明や経験談が必要なんですよね。







・・・でも、既卒さんの場合特に。


「CAになることが目標」


としていて頑張っている方も多いので、その先の目標と言われても・・・と感じるのもすっごくよく分かるんです。← ワタシモソウオモッテタノデ。(;´・ω・)



まずは職業研究とも言えるのですが、絶対に忘れてはいけないのが各社のチーフパーサー、国際線昇格試験のだいたいの年度やタイミングなどはもちろん。その後、訓練教官になる方もいれば、機内販売商品の開発に携わる人もいるし、マイレージ部門と新しいサービスを考える人もいたり・・・



それぞれフライト以外で活躍している「地上勤務」の数々で自分が興味を持ちそうなモノは何か?と考えてみるコト。


フライトで安全を守って、お客様に満足頂けることは大前提なので、そこが出来ているとして、どんな道や活動に協力したいか、さらにどんなポジションとして成長していきたいか、というコトもかなり重要になってくるはず。


あと、分かりやすいのは今回のANA採用ページのブログ執筆とか、CSR活動として各地の地域活性化や、復興支援等、社会とのつながりを持つ活動などなど、もアリですよね。



で、できればこれまでやってきたお仕事やプライベートでやってきたコトも含めて、確実にそのエアラインのCAとしてメリットがある!というハナシにつなげていくことが大事。



じゃ、経験者さんがトランスファーしたい場合は?



(第3章へつづく→)

 

 


テーマ:

☆既卒受験生さん、エアライン就活のキャリアビジョンとは?第1章☆


みなさん、こんにちははーと

大阪・横浜でマンツーマンレッスン生、セミプライベート生・全員CA合格を目指す

クルキャリ・美槻はるかです ^^


 


昨日は東京出張でANA便で移動しておりましたが、新人さんらしきCAさんを目撃し・・・

勝手に親心のように、応援しておりました(笑)


さてKLMの締切、間もなく中国南方、さらにJTAなどの募集も増えたので既卒さんについても忙しくなってくる状況なのですが、


3月中旬現在募集中:エアラインあれこれ



よく聞く「CAになったあとのキャリアビジョン」ってどういうもの?



というコトについて今日はオハナシしてみたいと思います♪


面接やESでも「あなたのキャリアビジョンを教えてください」


という質問があると思うのですが。


私も過去、感じていたコトとして。


「CAになることを目指していて、そこも達成していないのに、その先のことなんて分かんないわー」


と思ってました(((( ;°Д°)))) ヒー






なので、なってもいないCAの、その先なんてよく分からん!


という印象が正直なところだと思います。


ただ、美槻はるかとしてはどちらかというと、


「既卒の方こそココをしっかり考えてほしい!」


って思うのです。



その理由としては・・・??



(第2章へつづく→)