上山光広の幸せ感染ブログ!

上山光広の幸せ感染ブログ!

※【読むな危険!】幸せウイルスに感染します!





誕生日ポストカード注文はコチラ




女子会が盛り上がるポスカ!





「○○ちゃんの誕生日の言葉は○○やってぇ~。」「めっちゃ当たってるぅ!」




このポストカード、当たるんです!女子会のオープニングで使えばつかみはオッケー!













テーマ:

俺、

 

てんつくマン、

 

超えます。

 

 

この記事にも書きましたが、

 

拝啓、15年前の僕へ。

 

てんつくマンは、僕が書き下ろしを始めるきっかけになった、言わば、師匠のような存在。

 

その師匠を超えるなんて、なんとも大胆不敵で、恐れ多いんですが、

 

僕は思うんです、

 

弟子は師匠を超えてなんぼやろ!

 

というわけで、

 

俺、

 

てんつくマン、

 

超えます。

 

超ピンポイントで!

 

この超ピンポイントで!っていうのが今回のミソで、

 

正直、現在の自分では、人としての器の大きさや魅力、アイデアや面白さ、書き下ろしまで、すべての面において、てんつくマンに勝てる気がしません。

 

ですが、的を絞りに絞れば、絶対に勝てる部分がある!という算段です。

 

みなさん、この本は持ってるでしょうか?

 

 

右側にある、

 

【感動無き続く人生に興味なし】

 

僕の人生を変えたバイブルですが、

 

ここに、

 

1カ月連続フルマラソンの挑戦について書かれてあります。

 

※1998年5月、映画の資金集め、宣伝として、一ヶ月連続で毎日フルマラソンをしながら、映画のチラシを配る。

 

僕はここで、てんつくマンを超えます!

 

てんつくマンが記録した1カ月連続フルマラソンを超えて、僕は1カ月と1日連続フルマラソンにチャレンジします!

 

要は、てんつくマンが31日連続フルマラソンなら、

 

俺は、32日連続フルマラソン!

 

42.195kmを32日連続で1350.24km!

 

ちなみに、一ヶ月で1300kmは、オリンピックで金メダルを取る選手がオリンピック前に走り込む距離と同じくらいです。

 

未知すぎて毛が抜ける(笑)

 

でもね、

 

これも、

 

必ず、

 

やればできる!

 

朝の4時に起床して、5時から走り始め、遅くても42.195kmを5時間でゴールすれば、10時過ぎには帰宅して、そこから仕事に取り掛かれます。

 

日々のルーティンを変えることなく、このチャレンジに挑めるんです。

 

今、僕が目標にしてるのは、4deserts(4大砂漠マラソン)でトップ10!

 

これをマジで実現するなら、これくらいのチャレンジを笑って達成できる実力が必要なんです。

 

まだ、日程は決まっていませんが、準備を整えて、早ければ年内、遅くても来年の春までに、これに挑戦します!

 

もうね、

 

なんかね、

 

完全に、腹、括りましたよ。

 

僕のミッションは、自分の命を使ってチャレンジし、その姿を通して人に勇気を届けること。

 

命尽きるまで、このミッションを徹底するのみ。

 

超ピンポイントですが、

 

俺、

 

走って、

 

走って、

 

走って、

 

みんなに勇気を届けて、

 

てんつくマン、

 

超えます。

 

今日もあなたの人生が絶好調に幸せでありますように☆ 

 

☆★☆★☆
 
出張書き下ろしに興味がある方は、タイトルを【出張書き下ろし】にして、お気軽に僕までメールください。
 
msw.mitsu@gmail.com
 
詳細をメールさせて頂きますね☆
 
言うならば、
 
舞の海が、技のデパートなら、
 
 
上山光広は、言葉の百貨店。
 
 
泣ける言葉、勇気が出る言葉、ありとあらゆる言葉を取り揃えて、あなたをお待ちしています。
 
☆★☆★☆
 
 
※なか見!検索でまえがきを読めるから、それ読んで、それでも欲しい人は買ってね。1426円もあれば、いくらでも素晴らしい本は買えるからね。
 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

気づけばメルマガ登録者数75人!

 

うれしー!

 

幸せ感染メルマガ、登録はコチラ

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

 

【お願い】

 

読者1000人!

ふざけてるようで実は、ブログも作品やと思って書いてます!

 

一人でも多くの人に肩の力が抜ける言葉を贈りたいと思っています!

 

応援するよ!っていう方は読者登録、シェアやイイネという形で応援してください☆

 

 

注意!読者登録!幸せに感染します!

 

どくしゃになってね!

 

お願いします☆

 

 

テーマ:

そういえば、

 
人生を変えた一言は、
 
「うるさい!だまれ!」
 
やった。
 
小学校の時、そこそこ強いサッカーチームに入ってた。
 
週末2日の1日2時間の練習がほんまに嫌やったし、試合で遠征とか、もっと嫌やった。
 
ずっと辞めたいって思ってたけど、辞めた後のことを考えると、
 
いじめられるんじゃないか?
 
っていうことが心配で、言い出せなかった。
 
そんな感じで、我慢我慢で続けたサッカー。
 
基本、定位置はベンチ。
 
なので、試合に出ることはなかったが、メンバーが足りず、試合に出た時は地獄やった。
 
一回、失敗しただけでボロカスに言われる。
 
「どこに蹴ってるねん!ボケ!」
 
「アホか!下手くそ!」
 
「サッカー、辞めろ!」
 
その言葉がキツくてキツくて、とにかく、失敗しないように、試合終了のホイッスルが鳴るのを、怯えながら待つだけやった。
 
でも、ある日を境に、僕の人生が変わり始める。
 
その日は、大切な公式戦にも関わらず、レギュラーがケガをして試合に出れなくなり、自ずと僕に出番が回ってきた。
 
その日の試合は、相手チームとの実力が拮抗し、緊張感のある試合に。
 
そんな中、僕はいつものように、失敗しないように、存在を消して、試合終了のホイッスルが鳴るのを、ひたすら、怯えながら待ってた。
 
でも、不思議なもんで、
 
「ボール、こっちに回ってくんな!」
 
と、思えば思うほど、ボールが僕の足元にやってくる。
 
でも、怯えて体が強張ってる僕には、足元にあるボールでさえも、まともに蹴れない。
 
なんとか出した足に当たったボールは、明後日の方向に飛んでいく。
 
すると、速攻で、チームメイトからボロカスの言葉が飛んでくる。
 
「どこに蹴ってるねん!ボケ!」
 
「アホか!下手くそ!」
 
「サッカー、辞めろ!」
 
ここで、いつもなら、僕は、下を向いて黙るか、静かに、「ごめん。」と言うかの二択しかなかった。
 
が、
 
その時は違った。
 
なんか、このままじゃ、あかん気がした。
 
なんで、ここまで言われて、俺は、黙ってるんやろう?
 
俺は、いつまで我慢し続けるんやろう?
 
その時、ふと思った。
 
言い返そう。
 
そして、僕は初めて、勇気を出してチームメイトに言い返した。
 
「うるさい!だまれ!」
 
僕は、チームメイトから、さらにボロカスに言われるのを覚悟したが、
 
チームメイトの反応は意外なものやった。
 
いつもは、下を向いて黙るか、静かに、「ごめん。」と言うだけの僕が、言い返したことに驚いたのか、
 
チームメイトは少し沈黙した後に、
 
静かな声で、
 
「なんやねん、、。」
 
と、言うだけだった。
 
明らかに、この瞬間、僕の中で何かが変わった。
 
言葉で言い表すのはすごく難しいねんけど、確かに何かが変わって、
やられたらやり返すようになったし、言われたら言い返すようになった。
 
それが道徳的に良かったかどうかは分からないけど、
 
僕は、自分の中の大切なものを守るために、嫌なことがあれば闘うようになった。
 
その辺りから、チームメイトとの関係も変わり、サッカーが楽しくなった。
 
それから、中学校に進学した後も、サッカーを続け、100名を超える部員の中で、15名だけのAチームに入り、試合に出ても失敗を恐れずサッカーを楽しめるようになった。
 
今、思い返せば、あの時のあの一言、
 
「うるさい!だまれ!」
 
が、僕の人生を変えた。
 
驚くことに、僕の人生を変えたのは、
 
愛や平和といった道徳じゃなくて、自分を守るために放った反道徳的な一言やった。
 
あの時、僕が我慢を選び続けてたら、多分、今の僕は、ここにはいない。
 
愛や平和や調和といった道徳に縛られてたら、
 
今でも顔で笑って、心で泣いてたと思う。
 
これはあくまで僕が人生を変えたきっかけであって、人に適用できるかどうか分からないし、自分が言ってることが正しいなんて思わないけど、
 
人が人生を変えるとき、いつだってお手本通り行かないし、頭で理解してることなんてこれっぽちも役に立たないし、
 
ただひたすら、必死でかっこわるくて、混沌としてて雑多。
 
でも、そんな中で当たって砕けろの精神で、自分の中の秘めたるものを爆発させて動くとき、人生は変わる。
 
なんかね、まとまりのない文章になったけど、
 
強引にまとめるならば、
 
時に、
 
道徳から飛び出せ!
 
そして、
 
時に、
 
自分の中の大切なもののために、
 
闘え!
 
なんかね、僕はそんなメッセージを届けられるアーティストでありたい。
 
 
今、闘おうとしてる、あなたに勇気を届けられるアーティストでありたい。
 
あなたが、立ち上がった、その先で、
 
本当の愛と平和や調和が両手を広げて待っている。
 
今日もあなたの人生が絶好調に幸せでありますように☆
 
☆★☆★☆
 
出張書き下ろしに興味がある方は、タイトルを【出張書き下ろし】にして、お気軽に僕までメールください。
 
msw.mitsu@gmail.com
 
詳細をメールさせて頂きますね☆
 
言うならば、
 
舞の海が、技のデパートなら、
 
 
上山光広は、言葉の百貨店。
 
 
泣ける言葉、勇気が出る言葉、ありとあらゆる言葉を取り揃えて、あなたをお待ちしています。
 
☆★☆★☆
 
 
※なか見!検索でまえがきを読めるから、それ読んで、それでも欲しい人は買ってね。1426円もあれば、いくらでも素晴らしい本は買えるからね。
 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

気づけばメルマガ登録者数75人!

 

うれしー!

 

幸せ感染メルマガ、登録はコチラ

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

 

【お願い】

 

読者1000人!

ふざけてるようで実は、ブログも作品やと思って書いてます!

 

一人でも多くの人に肩の力が抜ける言葉を贈りたいと思っています!

 

応援するよ!っていう方は読者登録、シェアやイイネという形で応援してください☆

 

 

注意!読者登録!幸せに感染します!

 

どくしゃになってね!

 

お願いします☆

 

 

テーマ:

「久しぶりに味わった敗北の味は、想像以上にエグかった、、。」

 
IMG_20171220_102502890.jpg
 
15年前、22歳の僕は、路上詩人として路上に出てた時、しょっちゅう悔しい思いをした。
 
「ほら、やるわ。」って、100円玉を投げつけられたり、
 
「こいつカスや!」って、酔っ払いのおっちゃんに、いきなり言われたり、色んなことがあった。
 
でも、コツコツ努力を積み重ねていき、路上に出たら人だかりができるようになって、新聞や雑誌に取り上げてもらい、自分の活動が認められるようになると、
 
馬鹿にされる立場から敬われる立場になり、いつの間にか、お客さんから「先生。」と呼ばれるようになった。
 
イベントに呼ばれたら、行き帰りは、車で駅まで迎えにきてくれて、僕の荷物を持ってくれて、昼御飯から晩御飯まで全部用意してくれて、
 
僕がお金をもらってるのに、さらに、「忙しい中、来てくれて、ありがとうございました!」と頭を下げられるようになった。
 
めっちゃ、ありがたかったし、自分が認められたようで、うれしかった。
 
でも、同時に僕は、「若くして、ほんまに、これでいいんか?」って悩むようになった。
 
そして、悶々と悩みながら、みんなの優しさに甘え、長い時間を過ごしたが、
 
今から2年前、ポエトリーリーディングっていう表現方法に出会った。
 
※音楽に乗りながら詩を朗読する、新しい詩の表現方法。
 
IMG_20170501_120545954.jpg
 
有名どころを言うと、MOROHAや不可思議/wonderboy、狐火で、
 
初めて聞いたとき、彼らの表現に、心臓をぶん殴られた。
 
そして、思った!
 
「俺も、やりたい!」
 
そして、路上詩人を始めて、初めて路上詩人の世界を抜け出して、ポエトリーという、別世界に飛び込んだ。
 
僕の初舞台は、ポエトリースラムジャパンっていう、ポエトリースラム。
 
※観客が各アーティストに点数を付けて順位を決める詩の朗読競技会。
 
曲がりなりにも、言葉を書いて飯を食ってきた自分。
 
それなりに自信はあった。
 
が、
 
まさかの、
 
一回戦敗退。
 
路上詩人の世界で、「先生。」と、呼ばれてた僕は、筆を置くと、何もできない、ただの弱男だった。
 
そして、そんな時に、友人である孝一に声をかけてもらい、それがきっかけで、ペルー、イカ砂漠250kmマラソンに挑戦することになった。
 
学生時代、サッカーをしていたこともあり、脚力には自信があった。
 
が、
 
まさかの、
 
2日目でリタイア。
 
IMG_20171224_154410609.jpg
 
ここでも、路上詩人の世界で、「先生。」と、呼ばれた僕は、筆を置くと、何もできない、ただの弱男だった。
 
久しぶりに味わった敗北の味。
 

「久しぶりに味わった敗北の味は、想像以上にエグかった、、。」

 
悔しかった、
 
惨めやった、
 
でも、
 
でも、
 
うれしかった。
 
「挑戦するって、こういうことやろ!」って、生きてる実感を味わうと共に、内なる闘志に火が付いた。
 
今、思えば、僕は、先人たちが築いてきた、書道のイメージに守られてきただけだった。
 
なんかね、そこら辺にいる、ただの兄ちゃんでも、頭にタオルを巻いて作務衣を着て、筆と墨を持って、うまへたな文字で、それっぽい言葉を書いてれば、それなりに見えるっていうね。
 
でも、SNSが当たり前になったこの世界において、こういった演出力って本当に大切な力で、絶対に学ぶ必要はあると思う。
 
確かに、美味しいより美味しそうが勝つし、面白いより面白そうが勝つし、凄いより凄そうが勝つし、みんな、本物かどうか確かめることなんてしないし、それにまつわるイメージでその物事を買うかどうかを決める。
 
でも、それらすべてを理解した上で、僕は演出力や見せ方、イメージの力に頼りたくないと思った。
 
シンプルに、
 
人から選ばれなくても、
 
「本当の本物でありたい。」
 
と、思った。
 
そう思い僕は、難しいけど、ポエトリーの世界と、砂漠マラソンの世界で生きることに決めた。
 
そして、先日、ペルー、イカ砂漠250kmマラソンのリベンジで挑んだ、モンゴル、ゴビ砂漠250kmマラソンで完走を果たし、ようやく自分が納得する結果を残すことができた。
 
 
めっちゃ、うれしかった!
 
この世界においては、演出力もイメージの力も見せ方も、一切、通用しない。
 
分かりやすく、的確な努力を重ねたものが勝つ世界。
 
その世界で、自分が重ねた努力が結果になったことが、とにかく、うれしかった。
 
 
そして、ゴビ砂漠250kmマラソンから、少し時間がたって思うのは、
 
確かに、
 

「久しぶりに味わった敗北の味は、想像以上にエグかった、、。」

 
けど、
 
あれでよかった。
 
エグい敗北の味が、
 
見せかけだけの勝利の味が、
 
教えてくれなかった、
 
自分が本当に生きたい人生を教えてくれた。
 
これからもきっと世界はイメージで回る。
 
だから、僕みたいな不器用な人間は、世に出ることなんてないんやと思う。
 
でも、それでも、僕は今歩くこの道を選ぶ。
 
生身の自分でどこまでやれるか?
 
僕は、それだけが知りたい。
 
周りを納得させるための人生でなく、どこまでも、自分を納得させる人生を歩んでいきたい。
 
これからも、みっともない姿を晒すことになると思うけど、仕方がない。
 
それが俺やからね。
 
ほんでね、最後に、言わせて。
 
新しい世界に挑むようになって、情けない自分を晒したり、弱い自分を晒したりして、人に勘違いされたり、笑われたりしたけど、
 
今の気分は、
 
最高に、清々しいです。
 
100%、生きたい人生を生きてると言い切れる。
 
これからも、どんな自分を晒そうとも、
 
そうやって生きていこう。
 
今日もあなたの人生が絶好調に幸せでありますように☆
 
☆★☆★☆
 
出張書き下ろしに興味がある方は、タイトルを【出張書き下ろし】にして、お気軽に僕までメールください。
 
msw.mitsu@gmail.com
 
詳細をメールさせて頂きますね☆
 
言うならば、
 
舞の海が、技のデパートなら、
 
 
上山光広は、言葉の百貨店。
 
 
泣ける言葉、勇気が出る言葉、ありとあらゆる言葉を取り揃えて、あなたをお待ちしています。
 
☆★☆★☆
 
 
※なか見!検索でまえがきを読めるから、それ読んで、それでも欲しい人は買ってね。1426円もあれば、いくらでも素晴らしい本は買えるからね。
 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

気づけばメルマガ登録者数75人!

 

うれしー!

 

幸せ感染メルマガ、登録はコチラ

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

 

【お願い】

 

読者1000人!

ふざけてるようで実は、ブログも作品やと思って書いてます!

 

一人でも多くの人に肩の力が抜ける言葉を贈りたいと思っています!

 

応援するよ!っていう方は読者登録、シェアやイイネという形で応援してください☆

 

 

注意!読者登録!幸せに感染します!

 

どくしゃになってね!

 

お願いします☆

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス