敬天愛人「穏やかで調和した迷いがない人生にするために」(勝楽喜宇龍) 

敬天愛人「穏やかで調和した迷いがない人生にするために」(勝楽喜宇龍) 

スピリチュアルメンター(勝楽喜宇龍) スピリチュアルとは宇宙の成り立ちに根ざした本当に素晴らしい生き方です。あいまいでなく現実世界が変わります。なにかの望みがかなったというだけでなく「最高の人生を引き寄せ直す。」そんなミラクルな心をお伝えしていきます。


テーマ:

 

 

 

 


スピリチュアルメンターの勝楽喜宇龍です。

 

 

祈るということは、どんなことで、どんな意味があり、どんな風に捉えれば

良いのか。

 

私の言葉より、名著「道は開ける」に素晴らしい文章があったので、ご紹介

したいと思います。

 

ノーベル賞受賞者のアレキシス・カレル博士の論文 


「祈りは人間が発生させることのできる最も強力な形式のエネルギーである。

 

それは、地球の引力と同じ現実的な力である。医師としての私は、多数の人々が

 

あらゆる他の療法が失敗に帰してから祈りという厳粛な努力によって、疾病や憂欝

 

から救われた例を目撃している。
 

祈りはラジウムのように、輝かしい自己発生エネルギー源である。祈りによって人類
 

は、彼ら自身をあらゆるエネルギーの無限源へ呼びかけることによって、彼らの有限
 

エネルギーを増大することを求める。我々が祈る時、我々は宇宙を回転させる無尽蔵
 

の原動力と我々を結びつける。我々は、この力の一部が我々の必要に配分されるよう
にと祈る。
 

かく求めることだけで、我々の人間的欠陥は満たされ、我々は強められ、癒されて立
 

ち上がるのである。我々が熱烈な祈りで神に訴える特、我々は精神も肉体もより良き
 

ものに変化せしめる。わずか一瞬の祈りでも、必ず何らかの良き結果を祈った人々に
 

もたらすものである」

 

アレキシス・カレル(Alexis Carrel)
 

フランスに生まれる。ノーベル生理学、医学賞受賞。
 

医学の発展に不滅の足跡を残す。人間の本性と未来を考察した『人間 - この未知な
 

るもの』は出版数年にして18カ国語に翻訳され、今なお多大な影響を与えている。

 

インドの最大級の指導者マハトマ・ガンジーは「祈りがなかったら、私はとっくに気
 

が狂っていただろう」と語っている。ボクシングのジャック・デンプシーは試合を控
 

えてのトレーニング中も毎日祈り、また試合中も毎回試合聞始のゴングが鳴る前に祈
 

った。そしてモントゴメリー元帥も、ネルソン提督も、ワシントン将軍も祈った。


セシル・B・デミル
 

「神の思いを心に注ぎ入れてもらおう。そうすれば、より幸せになる。世界最大の力
 

は祈りの力であると、私は知った。それに疑いの余地はない。自分の経験から言って
 

いるのだ。」


《アメリカの映画監督。代表作は「十戒」。》
 

 

 

 

何か大きなことを成し遂げた過去の偉人たちが、祈ることによって天地の支援を

 

受けたお話をいたるところに存在します。

 

 

 

自分の求めるものを祈ってみられてはいかがでしょうか。

 

必ず、流れが変わるメッセージがあなたの周りにやってきます。

 

 

 

 

「今の人生を見れば、人生で本当に望んでいることがわかる。

 同じパターンから抜けよう。」  最高の引き寄せの法則

                    (原因と結果の法則)

 

 

メルマガを発行しています。

※メルマガ登録の方に「引き寄せの法則を諦めないための日々の8つのチェックシート」をプレゼントしています。

 

http://finetense.com/melmaga.html

 

 

勝楽喜宇龍(かつらぎうりゅう)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス