先日、事実だけを羅列しました。

 

 

 

 

 

知り合いは数億円分の時短協力金が

国から未払いでした。

 

 

数億円分の時短協力金があるということは

数億円分の支払いがあるというとこです。

 

 

休業しようか何をしようが

固定費はかかるので。

数億円の赤字ということです。

 

 

所得税も住民税も

消費税も遅れなく払いますが・・・

 

 

ほぼ強制的に営業を禁止にされ

補償するからと言う言葉を信じ

支払いは続けながら、6ヶ月間1円もなく

なんとかしのいでいる。

 

 

個人だとしたら、会社から

半年分の給与0円だけど、粘れ。

って言われたら粘れます?

 

 

でも、会社が借りてる

社宅家賃は必ず払ってね。

ルールだから。

 

 

いつ給与払うかわからないけど

ルールは守ってがんばってね。

 

 

って言われて

従えます?

 

 

明日のご飯すら買えなくなりますよ。

これ、いい悪い、正しい正しくないではなく

事実です。

 

 

そんな中、知事が発表したことは。

「時短協力金が振り込まれるまで借り入れなどを活用してください。」

 

 

でした。

 

----------------

給与は補償するし、いつか払うので

それまでどっかからお金借りといてね。

それと、くれぐれも仕事はしないでね。

 

あっ、でも社宅の家賃はちゃんと払ってね。

ルールだから。

----------------

 

 

ただの事実です。

誰も正解は分かりません。

 

 

自分の事は

自分の目で見て

自分で考えて

自分で判断して決めるしかありません。

 

 

 

 

image

 

 

 

 

高知は8月中旬オープンです。

【高知県高知市帯屋町2-2-16】

 

 

それぞれの企業、自分たちの道を信じて

みんなで頑張っていきましょ。

 

 

もう少しです。

もう少しで外食バブルが来ます。

 

 

ホントにもう

ほんの少しです。