第5章利子と信用…時間とフェティシズム

「座りこむ者」と「放浪する者」…商人資本、商業資本、金融資本

産業資本に寄生する存在としての商業資本

商業資本の産業資本への寄与はなにか

商業資本の不可避性、ならびにその可能性への問い

商業利潤、生産価格、一般利潤率

商業資本と市場経済の脆弱性…恐慌はまずどこで生起するか?

貨幣取引資本(貸付資本)の問題への移行

資本の運動、貨幣取引資本、利子生み資本

利子生み資本の概念と「資本の商品化」

利子生み資本の合理と不合理㈠…時間のフェティシズム

利子生み資本の合理と不合理㈡…利子率、地代、土地の価格

資本のフェティシズムの完成形態としての利子生み資本

イギリス経験論とスコットランド啓蒙…利子と地代をめぐって

貨幣経済、支払手段、信用経済

資本制的生産と信用制度の展開

手形の発生をめぐって…原型としての「商業信用」

商業信用の限界と銀行信用の登場

銀行とは信用制度自体であり、その欠陥自身である

銀行制度という賭博と詐欺のシステム

信用恐慌と「はじけ散るバブル」

擬制資本から架空資本への転換㈠…銀行信用と銀行券の意味

擬制資本から架空資本への転換㈡…架空資本における「現蓄」

擬制資本から架空資本への転換㈢…株式制度と証券市場の成立

イデオロギーとしての「市場経済」

資本制のかわらぬ合言葉…「わが亡きあとに洪水は来たれ」