今年も多くの皆様に支えられ、本当に有難うございましたニコニコ

 

ブログも更新できず・・・「ブログを更新待ってます!」「頑張って!」の応援メール、

有難うございました。そして、申し訳ありませんでした。

 

とても、忙しく・・鼻血が出そうなスケジュールをこなし??

きつかった。。。ウエストもきつかった。。。(笑)

知識と知恵の蓄積とともに、脂肪の蓄積も。。。

 

令和4年1月1日から 「眼の障害」の認定基準を一部改正されます。もう多くの方がご存じだと思います。診断書とともに、リーフレットが送られてきたという方もいらっしゃいますね。

 

https://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/2021/202111/shougainintei.files/2021.pdf

 

診断書は、こんな風に変わるみたいですよ。

https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/todokesho/shougai/shindansho/20140421-22.files/01.pdf

 

12月30日、脳脊髄液減少症の第一人者でいらっしゃる篠永先生の病院へ行ってきました。

新幹線から富士山がとてもきれいに見えて感動しました。

とてもお顔も明るく、ニコニコされていて、先生とお話をして、私自身が、心が元気になれた気がしました。

先生も、30日が仕事納めだそうです。お疲れ様でした。

 

そして、今年、最も心打たれ、涙した本です。

「おかあちゃんこんな僕やけど産んでくれてありがとう」

日本福祉大学教授の青木聖久先生が書かれた本です。

精神障害を持たれた方のエピソードをまとめたものです。

 

 

障害年金を通して感じることは、病気をしたと言っても、何ら人として劣ることもありませんし、普通の人となんら変わらない。

みんな豊な感情があり、想いがあり。。。大切な存在であるということ。

障害ではなくで、特性なんだと思います。

 

年明けは4日から仕事です。皆さま、来年もどうぞ宜しくお願い致します。

良いお年をお迎えくださいね絵馬門松

 

 

 

とっても久しぶりのブログです。

 

なかなかブログの更新ができず。。。何人もの方から、ブログの更新まだですか??とメールを頂きました。

 

すみませんでした。

線維筋痛症、化学物質過敏症、慢性疲労症候群及び重症筋無力症
についての初診日の取り扱いの決まりが出来ました。

内容は、脳脊髄液減少症の初診日の取り扱いに準じているという感じですね。
ここでも6か月というキーワードが出てきています。
半年、医療機関の未受診があり、継続的に症状がある方は書類を作成される時は注意が必要ですね。


脳脊髄液減少症の初診日の取り扱いが配信される時に
新聞記者の方が、他の疾病についての初診日についても疑問を投げかけてくださったこと、
そして何より、山本かなえ先生が動いてくださったことに
感謝でしかありません。

興味がある方は👇をポチっとして下さいね。

 

https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T210825T0050.pdf


さて・・・最近2件、同日に再審査請求の書類が届きました。

 

令和3年10月12日と10月14日という日程になっていました。
いつも疑問を感じるんですが・・・
代理人が一緒なら、一緒の日にしてくれるよう配慮してくれたっていいのにな。。

もっと言うなら、なんで、コロナ禍で国は出勤を7割削減!と言ってるけど
厚生労働省は、審査請求、再審査請求をリモートにしない訳??と思うのです。
前々から思っていたのですが、もし、一言、言いたい!という人がいたとしても
沖縄とか九州、北海道など、距離的にも経済的にも大変な人たちの配慮がないな・・と・・・


今後もコロナ禍の中での生活は続く訳ですから、この点についても
色々と動いていこうかな・・と。。

皆さん、コロナワクチンの接種、終えられましたか?
1回目は、その日を含め2日は、身体がだるくて仕方なく、トイレに行くにも
限りなく遠く、身体が鉛の様というのはこのことだ~としんどかったです。
2回目は、解熱剤と飲んでも熱が下がらず、2日間、完全にダウンで仕事もお休みでした。
こんなにきついワクチンは初めてでした。
ニュースで3回目のワクチン接種のことが流れ。。。2回目が、あまりにもきつかったので、正直、怯えております。
2回目を打ったので、自分へのご褒美に、イルミネーションを夜に見てきました。
周囲、若いカップルが多くて、う~~~ん、ちょっと場違いか?と思いつつ。。でも、とっても心が元気になりました。

皆さん、コロナに十分、気を付けてお過ごしくださいね。

 

 


 

 

5月にブログが更新できず、6月になってしまいましたあせる

5月、厚生労働副大臣の山本博司先生へ「障害年金の改善について」の説明と要望書の提出を行いました。

いくつか制度改善事項について要望書を提出しましたが、今回の主な訴えは、脳脊髄液減少症の初診日の問題です。

多くの方の熱い想いと活動で、やっと初診日の取り扱いについての規定が作られたとしても

その運用が上手くいかないと、一律に6か月の未受診期間により初診日の変更を余儀なくされる人が出て、

その新しい規定によって、涙を流す人が出てきてしまう。

副大臣への説明には、その規定を実際に作られた厚生労働省の方も同席して頂けました。
 

厚生労働省から年金機構に対して、

「個別事案ごとに提出書類等を総合的に考慮して、丁寧に判断を行っていく必要があります。こうした点も含め、厚労省の担当部署から年金機構に対して、指導してまいります。」とのお話から

令和元年12月事務連絡の内容に沿った丁寧な対応を行うよう指示を行って頂けました。


進みは遅いかもしれませんが、一歩、一歩、前進あるのみです。

 

未来を少しでも変えるには、過去の延長線上にはない新しい経験を積み重ねていく事が必要。

 

その原動力は、自分の信念だったり、譲れない想い、ある種の怒りだったり様々です。

 

諦めることはいつでもできるから、だから、自分の気持ちに正直に精いっぱい生きていきたいと思います。


脳脊髄液減少症と出会ってから今年で10年になります。家族支援協会の中井代表とも、もう10年!

あっという間に駆け抜けてきた年月です。

その、脳脊髄液減少症で、今、激震が走っていますアセアセ

5月24日から、事務所へメールと電話のお問い合わせが続き、その対応に追われています。

7月いっぱいで篠永先生が熱海病院を退職され、別の病院へ移れること、そして

広島県の福山医療センターの守山先生の来年のご退職。

家族支援協会で、この件の専用の相談サイトを立ち上げています。

 

 


現在は、協会の会員さん優先で行われています。その後、8月以降で一般の方へも公開される予定だそうです。

国への働きかけや、情報、相談など頼りになるのは家族会だな・・と感じます。

脳脊髄液減少症だけでなく、私は、精神の方への活動も行っています。

愛家連ニュースで障害年金について連載しています。もしご興味がある方は、

 


こちらへお問い合わせくださいね。

 

さて・・・

先月、「令和3年経済センサス・活動調査」という書類を受け取りました。(総務省・経済産業省による統計調査)

何度も事務所へピンポン!ピンポン!もちろん、手渡しでビックリマーク

でも、よ~~~く見ると、回答は

コロナウイルス感染防止のためインターネットで!と書かれています。

 



これって、書類を手渡しする意味あるのかな??と…疑問を感じました。

感染防止なら、手渡しでなく郵送でいいんじゃないかと。。。_?

今日は、この辺でニコニコ