皆様ご存知のように、私はかつて血縁関係のない日本犬を多頭飼いしていました



日本犬は気難しく、気性が荒く、他の犬と仲良くしない犬種ですので、牡牝つがいか、親子でないと、なかなか多頭飼いは難しいようです

動物学者の畑正憲さんのセミナーで、日本犬の多頭飼いは、なかなか素人では難しいと応援して頂いた事がありました

上のボス犬、真ん中の身体の弱い犬の介護を5年して、2頭とも死に水も取る事が出来ました

地頭の良い犬達で、特に厳しい躾をした覚えもありませんが、死んだボス犬は、私以外の人間がおやつを与えようとすると、牙を剝いて唸りました

私は犬が命令に従う事は当たり前だと、いちいち犬を褒めたりせずに飼育しました

最近の人間(特に殿方)は、やたらと褒めて伸ばされたい方々がいらっしゃるように感じます

子供も褒めて伸ばす教育が主流になりました

しかし、日常的に褒められた子供は、平気で嘘をつく傾向にあるという事が、最近の研究で立証されて来ているようです

簡単な事をして褒めてもらったところで意味はないように思います

甘えた環境では、人も犬もろくな結果を生まないです

今は捨てられたM男が、躾もせずに飼い散らかしていた犬達は、正真正銘の馬鹿でした

彼が褒めて伸ばされたいと言っていた事をふと思い出しました

いちいち褒められなくても、伸びる者は勝手に伸びるものですね



懐かしい衣装

テーマ:


今日は、思い出深い、貴婦人と組長 作品に出演した時の衣装で撮影に行って来ました

爽やかな好天に恵まれ、とても楽しい撮影でした




カメラマンから作品納品まで、しばらくお待ちくださいね

男と女5 遊女とラブドール

テーマ:


ノンケのお店にも遊びに行く老M男が
売れっ子の風俗嬢を指名し
ベッドインした途端、その女性が、いびきをかいて寝始めた、という事があったようです

酷くないですか?と、私に息巻くので

可哀相に、クタクタに疲れてたんじゃないの?

私が大笑いしながら答えると、驚いたような、不満そうな顔をしていました

先日から読んでいた、吉原遊郭のしきたりでは、遊女が客を待たせても、さんざん待たせた挙げ句、何もせず、いびきをかいて寝たとしても

それを、振られたと自嘲し、いちいち怒ったり、まして店にクレームを着けたりする事は、野暮で恥ずかしい事だったようです

親に売られ、嫌々仕事をしていたとは言え、遊女は性奴隷ではなかったように感じます

むしろ、現代の方が、女性をモノ扱いしてしまっているように感じます

いびきをかいて眠ってしまった女性も

老人に男性的魅力を全く感じず、気が抜けてしまったのかもしれません
 
生身の女性ですから、それも遊びのうちです


時間いっぱい、満足の行く、めくるめくようなプレイを、毎回必ず要求するのであれば

今後、人工知能を搭載したラブドールに
プレイなり調教なりをお任せした方が確実な時代がやって来そうですね

ターミネーター級の腕力のある、絶世の女王様ドールに鞭打ちを担当して欲しいもの 笑

人間とは、男も女も不完全で愛すべき存在です

ある男性にその寝落ちの話をしたら、それは良い格好する絶好のチャンスと言っていました

確かに、私は過去3~4回寝ています 

また寝に行ってやろう 笑

フィスラーには女王様の寝落ちは、ご馳走ですから