先般、今は情報断捨離&日常のシンプル化で
使用をしていない
 
とあるSNSに、一通のメッセージが届きました。
 
「香害を知ってください」
 
「日本に新しい公害が生まれています」
 
その名は…「香害」
 
シャボン玉せっけんの情報です。
 
 
この記事を書いている今もなお
今回のテーマである「香害」と言える状況は
 
私のすぐ側で起きていました。
 
その時、私は、電車を待っていました。
 
すると、ベンチの右隣に、30代と思わしき
女性が来られたのです。
 
シャンプーなのか、香水なのか、化粧品なのか…
化学薬品臭く、非常に耐え難い匂いです。
 
暫くすると、もう一人、私の左隣に
20代と思わしき女性が来られました。
 
同じく、酷い臭いが鼻をつきます。
 
シャンプーなのか、鼻をつく人工的な
強い臭いがするのです。
 
その後、私は特急列車に乗りました。
 
指定の席の隣には20代と思わしき
女性が着席していました。
 
またしても、そこでもシャンプーか整髪料か
香りの強い臭いが鼻をつき
 
私は、間もなく吐き気がしてしまいました…。
 
 
【香害を知ってください】
 
柔軟剤や、洗剤の人工的で
過剰な香りに苦しんでいる人が増えています。

香りに含まれる化学物質が、めまいや吐き気、思考力の低下を引き起こす
化学物質過敏症の原因の一つになるのです。

中には、友人や同僚の服についた香りにより、
学校や職場にいけなくなるといった
 
深刻な問題を訴える人もいます。
 

当社が行ったインターネット調査において、
「人工的な香りをかいで、頭痛・めまい・吐き気などの体調不良を起こしたことがある」

と答えた人がなんと5割を超えていました。
 
もはや、社会問題といってもいい
割合ではないでしょうか。

エチケットのつもりでつけていたあなたの服の香りが
だれかの健康を奪っているかもしれない。
 
そこまでして、香り付き柔軟剤や香り付洗剤を使う必要はあるのか。

過剰な香料や添加物を使う必要があるのか。
シャボン玉石けんは、あなたに問いたい。
 
                       ~シャボン玉せっけんHPより~
 
 
いつからでしょうか。
 
ナチュラルな食、化粧品、生活に移行してから
長い年月が経過。
 
ある時から、町中を歩いている若い女性や
男性も含む人々に対し

こんな事を感じるようになりました。
 
なぜ、こんなにも薬品臭いのだろうか…❔❗
  
私だって少なからず、“ある時期までは”
そうした生活をしていたというのに…。
 
⬆20代の前半のある時、図書館通いをしていた頃に出逢い衝撃を受け生活を変えた本。
 
特に町を歩いていて私が感じるのは
若者達が、特に変な臭いがする
 
という事です。
 
その傾向はいつから気がつき始めたのか
すれ違った際や近くを通った際に
 
「うっっ…」と、思わずなってしまう
異様な香りがするのです。
 
恐らく。
 
生まれた時…
いや、その前の、お母さんのお腹にいる時から
 
現代社会の暮らしの中で、薬品まみれに
なっていくストーリーが出来上がって
 
いるのだと思います。
 
今回、その方が送ってくださった内容が
以下の内容です。
 
 
市販の多くの製品が、どんな原材料で出来ているか
ご存知ですか?
 
それらの物が人体にどんな害や影響をもたらすか?
 
という事を知って以来
 
私は、限りなく化粧品や洗剤日用品を
自然なものを厳選して生活をするようになりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
食も然り、生活用品も然り、思考、人間関係
仕事、情報…
 
私は諸々を限りなくシンプルにして
暮らしています。
 
するとどうでしょう。
 
今まで、現代文明にどっぷり浸かり
“それが当たり前❗”
 
と思って生きていてすっかり鈍ってしまっていた
感性や感覚がどんどん開いてきて
 
“感じる感覚”が一段と増して
 
この世界にある、あるがままの姿
「自然」を感じられるようになっていったのです。
 
 
そして、対、人でも物に対してでも
「あれ?何かがおかしいぞ❔」

という「違和感」にいち早く気が付くようになります。

そうした「誰もが本来の持ち合わせている
本能的な部分」が

甦ってくるのですね❗

芳香剤、消臭剤、柔軟剤、漂白剤、洗剤…
 
現代の生活の中でありとあらゆるものが
工業的に作られていて、それらが発している
 
「異常な臭い」
 
その不自然さに気がつかず
 
イメージ洗脳&戦略の広告があらゆる媒体で
流し続けられ
 
人々の健康や地球の事など一切考えない製品を
大量に生産し、売ろうとする企業の策略
 
社会の仕組みにもまだ気がつかず
 
そうしたものが良いと思い使用している方たちが
 
どれだけ大勢いるのだろうか…。
 
そして、そのような生活が
“当たり前”になって暮らしている方達の
 
人の本来の五感やセンサー、感覚
 
いったいどこへ行ってしまったのでしょうか?
 
そのような液体や、製品が発している香りや成分が明らかに
不自然であり、人体に成分が入ると
 
人の体は拒絶する事を「感じる感覚」は
もう、すっかり無くなってしまったのだろうか…。
 
外出時、特に人混みや町中に出るときには
マスクは、欠かせないものになりました。
 
すれ違い様や、人が近くに来ると
その人工的な不自然な臭いで
 
頭が痛くなり吐き気がしてしまうからです。
 
その逆のケースで私はお仕事も含め
日常的にアロマテラピー(芳香療法)を
 
活用していますが「香り」が脳に
ダイレクトに働きかけ
 
身心に影響を及ぼすそのメカニズムについては
知識、体験共に知っているのでよく分かります。
 
何かがおかしい、現代社会と現代の人々…。
 
「本質」や「自然」から、ずれている事に
いち早く気が付き、目覚める人が
 
増えてくれることを願ってやみません…。
 

“このまま行くと地球はどうなってしまうの…❔

⇒MIRIA「環境問題」についての記事

 

 

↑心・体・魂が調和した、理想のライフスタイルバランス

=即ち、“ハートに繋がって生きる”こと。

 

⇒脱・洗脳❗「MIRIA」

今、読んでおきたいオススメ「開運本」

 

 

ご縁の皆様こんにちは(^^)b
今日は久しぶりのリブログ記事です☆

2016年に、思わぬシンクロセッティングが起こり
もう一人の沖縄の霊的な先生と一緒に

宮古島を巡って下さった

スピリチュアルカウンセラーの
佐久間裕樹さんの昨日の記事の

リブログです☆


と、言うのも、その前日(一昨日)も
熱海のとある神社でばったり出逢いご縁を頂いた

神戸在住のある素敵なスピリチュアルな方から
淡路島の「シオン山」の情報が入ってきて

その場所についてのお話を色々と聞くことになり

その翌日、佐久間さんからまたシオン山について
情報が届いたからです。

「そのような時、そちらの方向を意識するといい」
という宇宙メッセージであるケースが
多いようですよね❗

その他、「淡路島」傾向は続いていて

21日、夏至祭、レムリア魂135度の邂逅

アメリカのヒーラーディビッド等
15人のレムリア魂繋がりの方が集い

魂の浄化します。

MIRIAさんがこないほうがおかしい⁉️

と言ったお話をいつもお世話になっている
先生より伺ったり

夏至、レムリア、愛のエネルギーの情報など

このようにして、夏至を前にして

淡路島関連やレムリアの情報が
立て続けにやって来たのです。

私が、初めてこの淡路島のシオン山を訪れたのは
2013年のこと。

何の因縁か、沖縄の方で言われる
「神だーりー」と言われる❔

不可解な状態が身の周りで続き
余りの苦しさに一念発起して

巡礼の旅に出た途中での出来事でした。


⬆その時、訪れた淡路島のシオン山。


シオン山を案内をしてくださった
魚谷佳代さんと

お祈りのお仲間の皆様と…。

⬆古代イスラエル人の祭司場だったという場所。


シオン山の古代祭司場で皆様で
お祈りが終わった後に出ていた雲。


⬆このレイラインに何か秘密が…❔


この頃、と言うのは、古代ユダヤ、イスラエル
出口王仁三郎さんなどの傾向が続いていた頃。

現在では「そうしたよく分からない事」に
振り回されるのが嫌なので

日常生活に没頭し、その流れは消えたと感じ
穏やかな日々を送っていますが

折に触れ、何やら因縁めいたそうした情報が入ってきます。

もうすぐ夏至ですね❗

また何か、続きが出てきたら
書いてみたいと思います…☆

⬆佐久間さんと直近で訪れた奈良県の三輪山。


何の因縁か「物部氏」や「卑弥呼」の因縁がまだ出てくる時がある…?

【その後佐久間さんが現地(淡路島)より
            送って下さったこの日の日輪と水平虹】




先月より通い始めた漢方スクールの

「アボカドも美味しいですし
パプリカなんかも結構イケますよ♥」

「皆さんの感性で、色々な野菜を
漬けてみてください♪」

そんな先生のお話を聞き
家に戻るなり早速色々な野菜を漬けてみました(^^)/


教室で糠床を作ったビニールのまま
漬けてみた

トマト

トマトの漬け物って…❔
どんな感じ⁉

「くず野菜で糠床の菌の状態をまずは整える」

その作業を行うべく、「クズ」として扱っては
可愛そうだけれど

目の前にあったトマトを漬け込んでみたのです。

漬け込みから1日。

トマトのぬか漬け。
いざ試食。

未知との邂逅…。

先ずは一口、恐る恐る、かじってみることに。


葉っぱも飾って
見た目はとてもキレイです…❗

が、しかし。

気になるお味のほどは…

う~ん❗

トマト、そのまま❗

残念❗

トマトの皮がバリアとなって
糠が漬からず、トマトのままでした…(;o;)

続いて、冷蔵庫にあった
ほうれん草の茎とキウイフルーツ☆

(^^)/


このチョイスも無謀と言えば無謀ですが…

⬆の画像は1日半漬け込んで
取り出したところ。

流石にジップロックのビニールのままでは
風情が無いので

以前より持っていた青磁の糠床容器に
ぬか床のお引越しを…☆


そして、漬け込んだ野菜をきれいに水洗いして
ぬかを落とす。


トマトと同様、見た目はこんな感じで
なかなかキレイです❗

が、しかし。

( ̄▽ ̄;)

あぁ…なんだか
またしても嫌な予感…。

気になるお味のほどは…

うぅぅぅぅぅ…(>_<)

激マズ…❗

ドロドロに溶け出し
原型維持が大変になったキウイ。

その上、酸味が増したぬか味のキウイと来た。

この味…。

なぜ、漬ける前にその事を
想定できなかったのだろうか…。

自らの軽率さが、悔やまれた瞬間だった。

続いて、微かな希望を持って食した
ほうれん草の茎。

こちらの気になるお味のほどは…❔

………。

ただそこに苦みがあり
えぐみがあった。

若干の酸味と共に…。

初めて漬けた野菜が悉く失敗に終わり
分析不可能な味に、愕然とした初回。

トホホ(;´д`)

翌日。

気を取り直して❗
定番、キュウリにチャレンジ☆


ぬか漬けの定番。
中々いい感じです❗

約1日。
漬け込んで取り出したキュウリがこちらです❗


これぞぬか漬け
と言った風合い☆

水洗いをして糠を落としカット。


気になるこちらのお味のほどは…❔

うん❗
これは美味しい❗

やっぱりぬか漬けキュウリは最高ですね❗
(^^)/

この日以来、キュウリを買ってきては漬ける
の日々が始まっていくのでありました…。

続いて

アボカド(^^)b


「アボカドも結構美味しいですよ❗」

糠床先生オススメのアボカド。

「へぇ~」
「アボカドのぬか漬けかぁ…」

未知なる食べ方に、思いきってチャレンジ☆


漬け時間⇒1日。

(もしかしたら…キウイみたいに
ジュクジュクになってしまうかしら…)

そんな心配は杞憂でしかなく
思いの外、しっかりとした固さを残したまま

仕上がったのが意外でした。

そして、気になるお味のほどは…❔


「うん、なかなかいいんじゃない?❗」

「わぁ~これ、凄く美味しい❗」

とは言えないけれど

「うっ、マズっ」ではない。

ちょうど旅路の途中の居候さんが居たので
出来上がったばかりの

アボカドのぬか漬けを食べてもらうことに。

「これ、どう❔」
「アボカドのぬか漬け♥」

「う~ん…」

またしても嫌な予感…。

「アボカドはそのまま食べたいな」

( ̄▽ ̄;)

やはり無難な具材が一番なのだろうか?

という事で。

気を取り直して
今度はニンジンです❗


適度にカットをして1日。

のはずが…

暫く外出が続き
取り出すのを忘れてしまい

5日間。

うぅぅ、酸っぱい…(;o;)❗

強烈な酸味になってしまったぁ…❗

微生物の力でこのように味が
変化していくのだと言う事を学習する。

こちらのニンジンは今なお
少しずつ食し続けている。

続いて。

こちらは秋田の翁さんが送ってくださった

二十日を過ぎて30日くらいになった
三十日大根⁉とカブとミニ大根☆


先端部分も棄てずに漬け込む。


あーこれは美味しい❗

(T^T)❗

ようやく出逢えた心安らぐ、ぬか漬けの味…。


野菜のシャキシャキ感と程よい酸味が
たまりません…☆

漬けた野菜はいつもの
野田ホーローの保存容器に入れ

「♥ぬか漬け♥」
ラベリングをして冷蔵庫へ。

暫くの期間、旅路の途中の居候さんがいましたので
私が家に居る時は、色々と作ったものを

食べて頂きました。

⬆こちらはある日の夕食。キュウリのぬか漬けと
マコモダケの味噌漬け。屋久島の野生のヒメタケとワカメの炒め物に

秋田の翁さんが送ってくださった「コシアブラ」の白和え&酵素玄米&ヒメタケのお味噌汁…

と、いつも食べている私のお食事☆


⬆こちらは和食の定番。ヒジキの煮物。

容器の中の糠を下から上へ。

日々、せっせとかき混ぜる糠床のお世話が
なぜだか楽しくて仕方がない。

まだまだ、実験は続きそうです…。

 

*********************************************************

 

 

******************************************************


【トータルヒーリングスペース
                 「MIRIAM」でご用意している内容】

 

◆量子交換膜方式「水素風呂」
◆高濃度水素吸引体験
◆テラヘルツ照射
◆数値【700マイクロシーベルト】のラジウム水
◆美しさの為のオリジナルミックスハーブティー
◆「コシチャイム」による音のヒーリング

◆各種水晶を用いたクリスタルヒーリング

◆磁場エネルギー研究所の「アーシングクッション」

◆様々な階層の諸々の鬱滞を吹き送り情報をアースする

七沢研究所のゼロ地場コイル&アーシング装置「Nigi」

◆同じく、七沢研究所のマイクロカーボンコイルを使用したアイテムによる

結界・イヤシロチ化した空間の中でのトリートメント

◆七沢研究所の言語周波数発信装置「ロゴストロンL」による空間の波動調整。

◆某会社の皆様からの体験談が続々と届いている

不思議なミトコンドリア活性の「クリーム」の塗布

(※ネットでは情報一切非公開の製品)

◆高品質精油を使用したオイルトリートメント
◆希望者には各種オラクルカード鑑定
◆石のご相談
◆各種開運アドバイス

 

など

 

**********************************************

 

“トータルヒーリングショップ「MIRIAM」に

「美と健康」のサポートアイテム色々出ています❗”

 

*********************************************

 

♡「MIRIAM」オンラインショップ♡

♡みんなの「MIRIAM」体験談♡


♡「MIRIAM」過去の作品集♡

**********************************************

■ 「MIRIAM」 official web Site ■

 


ご縁の皆様、こんにちは黄色い花
 
地球が1億年近い悠久の時を経て育んだ
神秘の結晶、「天然石」をはじめ

 

最新技術(量子交換膜方式)を用いた「水素生成器」

ホルミシス効果の高い特殊な「ラジウム鉱石」

 「テラヘルツ照射」、植物の力

ボディートリートメントと、様々な方法を用いて

 

ご縁を頂いた方を内側から輝かせる

お手伝いをさせて頂いております

 

トータルヒーリングスペース

「MIRIAM」主宰

 

セラピストの「MIRIA」です黄色い花

 
便利な社会になった反面、一様にして
運動不足になりがちな現代の暮らし。
 
定期的に体を動かすと、程よい疲れと共に
体調や気分がスッキリし
 
波動も上がり運気アップするようです☆(^^)b
 
今なお続けている私の
フィットネスクラブ通いは20代の前半から。
 
20代の頃はずっと、都内で暮らしていたのですが
 
フィットネスクラブ(スポーツクラブ・ジム)
だけはどんな状況であっても
 
会員になり各種運動を続けていました。
 
⬆自撮りなので胸ばかりが強調されてしまっていますが…💦
 
老後に備えて大事なのは
“貯金より貯筋❗”
 
というのは、MIRIA blogでも度々ご紹介をしている
「船瀬俊介さん」の御言葉です☆(^^)b
私が好きなフィットネスクラブの
プログラムはダンス系のエクササイズ。
 
ヒップホップ、ラテンエアロ、サルサ
ベリーダンス…
 
近頃だとZUMBAというのも
楽しいですね❗
 
格闘技プログラムや、ダンベルやチューブを使用する
ウェイトトレーニングのクラスも
 
様々な筋肉を使う目的で出るようにしています。
 
ダンス系のクラスは踊りながら
夢中になって動いている内に
 
あっという間に一時間が経過し
有酸素運動や筋トレが出来てしまうので
 
マシーントレーニング嫌いな私にはピッタリ☆
 
⬆2013年 運動不足とスイーツ好きで巨大化。
その後「玄米菜食」に変え無理なく
僅かの間に-10kgの減量に成功☆
 
 
どちらかというと私は
 
黙々とランニングマシーンで走ったり
ジムエリアでストイックに筋トレをするのは苦手な方。
 
それでも以前は、鏡に映し出される自分の姿を見て
 
「ヤッター❗お腹に腹筋の筋が入ってきた❗」
と、喜んで
 
プロテインを飲みながら
マッチョなお兄さん達が筋トレをするエリアで
 
ハードなウエイトトレーニングを
していたのですが💦
 
今は、そのようなトレーニングは
いつの頃からか苦手になってしまいました…。
 
上記のようなフィットネスクラブの
愉しいエクササイズに合わせて
 
違う動きの運動の種類として
ホットyogaも平行して通っています。
 
 
妙齢?と言われるこの位の年になると?
日頃から体を意識していたり
 
身体を鍛えている人と
そうでない人の差が顕著に
 
出てきてしまいますよね❗
 
 
⬆私が理想とし目標にしていたのはこの方の身体❗
 
私の同級生位だと?もう、既に
白髪染めをしている人も多いようで
 
美容師をしている友人に
「えっ?白髪ないの?!」と驚かれ
 
ポツポツと出始めた白髪を
地道にコツコツと抜くレベルではなく
 
多くの方が「白髪染めをしている」と聞いて
驚いてしまったことがありました❗
 
「私はもう、そんな歳じゃないし…」
「今更そんな事をしてもね…」
 
そんな気持ちを抱き、女で居ることを
放棄してしまっている方、いらっしゃいませんか?
 
それは、とても勿体ないこと…❗
 
出来る事ならば…
 
いつまでも綺麗な体や姿を保っていられたら
それは理想的ですよね❗
 
そうしている結果、男性にも愛され
大切にされる女性になってしまうのですから…❗(^^)b☆
 
⬆彼や旦那様に愛され、大切にされるには、パートナーへの
文句や不平不満を言っているだけでなく
女性側にもある種の「努力」が必要…❗
 
いつかどこかでこのような一説に
出逢った事があります。
 
魂が宿る神殿である「肉体」が美しいのは
「内なる神性」の顕れである。
 
身なりを綺麗にし、女性が
(男性でも)美しく在ることは
 
それだけで「女神性(神性)」を地上界で
顕現している事になる
 
と…❗
 
レムリアン・カード レムリアン・カード
3,564円
楽天
⬆私のオススメ☆女神性の発現と意識進化が促される☆
マリディアナ・万美子さんの「レムリアン・カード」
 

*************************************************

 

“霊性(霊格・波動)が高まると自然と姿や声が

美しくなって来て、品が出てくるのだそう…❗”

 

**********************************************

 

それと…もうひとつ。
 
運動をしたりyogaをする事のメリットとしては
 
身体を柔軟にし
「エネルギーが通るしなやかな身体」
 
を作っておくと
 
「男性との交わりの際」にも
より快感が増して、“感じる体”を作ってくれる
 
働きをもたらしてくれるようですよ(^^)b
 
 
瞑想、内観で潜在意識・魂を浄化し
食・運動・良い男女の交流で
 
肉体の振動数(波動)を上げる☆
 
ある時からこうした事を
実践&実験&検証をしてきましたが
 
そうして周波数が変わると
投影される世界(現実)が
 
どんどん変わって来るようですよね(^^)b
 
⬆周波数と現実創造の仕組みが良く分かる動画
 
定期的な運動で周波数変換
&運気アップ❗
 
どうやら、可能でありそうです(^^)b
 
 

↑心・体・魂が調和した、理想のライフスタイルバランス

=即ち、“ハートに繋がって生きる”こと。

 

 

*************************************************

 

 

 
2018年6月3日。

今日は岐阜県の美濃加茂市で
自然栽培のお米の田植えの日。



「岐阜県にある田んぼの一区画を自分用として振り分けて頂き、自然栽培のお米を育てられる」

という、某社が主催する愉しい企画☆

その「お知らせ」が届いた時
私の方では、前日に「あるmessage(サイン)」が

来ていた事もあり、直ぐにピン❗と来て
いつもの直感&即決コースで申し込みをしたのです。


名古屋経由で美濃加茂市に入り
美濃太田駅前の宿に前日入りで宿泊。

朝8:55
美濃太田駅集合。

初めて訪れる美濃加茂の町。
天候、快晴。

参加者の皆さんとの
待ち合わせ時刻の少し前

今回の田植えに、愛知県から来て下さった
助っ人「Iさん」から電話が入りました。

「あの~SDカードはピンクと青
どっちがいいですか?」

これが、Iさんと「初めて交わす会話」だった。


集合時間になり、今回のプロジェクトの
参加者の皆さんとスタッフさんと合流。

「初めまして~」
「本日は宜しくお願い致します♥」

暫くすると、Iさんがやって来た。

「初めまして~」
「Iさん、初めまして~」

「今日はお忙し中、来て下さって
本当にありがとうございます❗」

これがIさんとの初・顔合わせ。

ちょんまげスタイルで颯爽と登場したIさん。

Iさんとは、今から2か月程前。

広大なインターネットの海の中から私のblogを
見つけて下さりご縁を頂きました。

そんなIさんとは、この日まで
お電話でお話をした事もなければ

お顔も一度も拝見したこともないまま
メールとヴォイスメッセージだけで

やり取りを続けていたという関係。(^^)💦

Iさんから初めてメールを頂いてから
暫くすると、Iさんが

御自身で発明されたという「あるもの」を
送ってくださった事がありました。


それが「フィボナッチ数列」に基づいて
作られたIさん自作のオリジナル曼荼羅☆

(※こちらの詳細はまた後日…)

その後も、Iさんとはメールのやり取りを
させて頂いていたのですが

その時、頂いたお手紙や普段のメールのやり取りでも
Iさんは、とても丁寧で、美しい日本語で

その上、謙虚な姿勢でいつも応対を
してくださるのが印象的でした。

そんなお人柄のIさんだからこそ、信頼が出来

「この方と関わりたい❗」
と、自然に思ったものです。

(※そうでない方が多くいらっしゃる
ということ…)

集合後、先ずは今回の田んぼのオーナーである
素敵な御夫妻の御宅へ移動。



ピアニストであられる奥様のコンサートホール
&ギャラリーにもなっている「凰庵」


私の憧れである木と漆喰で出来た
素敵な和風の邸宅。

先ず、室内に上がる前に玄関先で
火打石を切り「祓いのお清め」

そして、その後は全員で
「祓いの祝詞」を上げる所から。

(田植えなのに何故、祝詞やお祓い?)

読者の皆様は
ちょっと疑問に思いませんでしたか?

そうなんです…。

実は、今回の「MY田圃」
その名も「蓄米プロジェクト」

今から2年半前。

様々な面で苦しい状況が続き、その状態から
脱却しようと「ある物」を持ち始め

それから、諸々の課題が超スピードで変化してき
あらゆることが「最適化」され

ユーザー体験談集にも掲載されてしまった
ロゴストロン㈱の母体

七沢研究所が主催する
プロジェクトだったのです(^^)b



平安時代より天皇家の祭祀を司る
白川伯家神道の「4種の祓い」

の祝詞奏上の後

日常を送る中で誰もが遊離してしまう
「五魂」というものを静める

「鎮魂」という日本式瞑想を皆さんで15分間

円形の座卓の中央に置いた
黒曜石を見つめながら行う。


↑皆さんでの「鎮魂」の際に使用する黒曜石(オブシディアン)
(※2016年ロゴストロンフェスティバルより)

「トホカミエミタメ」の「三種祓」に始まり
「身禊祓」
「大祓祝詞」(中臣祓)
「ひふみ祝詞」

を一通り上げるのが通例。




↑ロゴストロンLでの言霊周波数発信のデジタル×
祝詞&言霊奏上のアナログのダブルの実践が
スピード変化のポイント☆

長い大祓祝詞。

2016年にロゴストロンLに縁が出来
ある時から自身の禊

(先祖供養や、因縁解脱他)の為にと

毎日、欠かさず4種の祝詞を上げていたら
いつの頃からか紙を見なくても

暗誦が出来るようになっていました。



(いきなり祝詞奏上に鎮魂(日本式瞑想)なんて…)

(ロゴストロンも何もよく分からずに
来てくださったIさん…
ちょっと驚かれてしまったかしら…❗)

そんな心配が一瞬頭を過るも
それはIさんには全く不要❗でした。

日頃から、毎朝神社へ行き「朝のお祈り」として
皆様と一緒に祝詞を日々、奏上されているというIさん。

スッと背筋を伸ばし、美しい姿勢で椅子に腰掛け
良く通る大きな声で、微動だにせず堂々と祝詞を

上げられていたIさんのお姿を見て

(ホッ…)
少し、安心をしました。

(なんて頼もしい方なのだろう…❗)

Iさんは、今時、中々お見かけしない
精神性と霊性の高さや徳を伺わせる好青年です☆


今回の田植えプロジェクトの田圃を提供して
下さったオーナー御夫妻の素敵な御自宅。

元々、波動の良い土地であった土地に
さらにロゴストロン製品を用いて

「磁場調整」を行い、室内の各所にも
ロゴストロンシステムを導入され

神社や聖地と同じ「イヤシロチ」の状態に
作られています☆

それはパワースポットや聖地と同じ周波数なので
居るだけで心身が鎮まり、心地よい

波動空間になっているのです。

“目に見えない「場」や「波動」の影響が
人の精神や健康状態、運命と様々な面に
影響を与える大きな要因となっている”

そんな事をある時、知ってから
自宅を常に綺麗にし

ロゴストロンシステムを導入するなどをして

自宅の「神社化」「イヤシロチ化」を目指し
自分の出来る所からコツコツと行っていました。

⬆こちらは、中国の「風水」とも異なるドイツの「バウビオロギー」という建築環境学の考え方を、日本の「イヤシロチ」の考え方と統合した「宅理学セミナー」のメモの一部。

⬆こうした良い磁場の空間と
木と漆喰の洗練された家は私の理想の家…❗☆

スタッフさんによる案内の後
近くの田圃へと移動。


美濃太田駅隣にある静かな町。
田んぼまでは歩いて向かいます。


こちらが今回田植えを行う田圃。



この田圃を今回の申し込み者5名で分けて
使わせて頂きます。

⬆蛙の合唱が鳴り響く田んぼ。
田圃の正面にはピラミッドのような山がある。

 
こちらが今回、植える苗。

機械ではなく今回は「手植え」なので
先ずは苗を植える場所の目印となる線を

紐を使って引いていきます。


棒に釘が刺してあり
30㎝間隔で、紐を張っていく。


「引っ張りますよ~」
「はーい❗」

「もうちょっと引っ張って❗」
「この位でいいですか~?」

対岸の方と共同作業。

(確か…)

(以前、秋田の翁さんの所に大豆の移植のお手伝いに
行った時にもこのようなやり方をしていたっけ…)


目印となる紐を張り終えたら

スタッフさんによる
苗の植え方のレクチャーです☆


苗の塊から4・5本ずつ苗を取って
植えていく。


苗を入れるプランターをIさんに、紐で
腰に括りつけてもらい、田植えの準備は完了❗

作業用の「ほっかむり」はMIRIA blogでもお馴染み

みちのく秋田の翁さんのお母様に頂いた
手作りのもので

長靴も、翁さんの田圃に以前お手伝いに
行った際にプレゼントをして頂いたもの。

↑その時の写真

 



こちらが今回、助っ人で来てくださった
Iさん☆

子供に苗の植え方を教えているところ。

元々、農業の勉強をされていて
現場での経験も豊富なIさん。


私のこれまでの「お米作り体験」は

2014年に滋賀県で自然栽培の農家さんの
お手伝いをした事があり

そこで、稲刈りや脱穀、袋詰め、皆さんの
お昼御飯担当のお手伝いをした事があったのと

もう一件が、2016年にみちのく秋田の翁さんの所で
同じく自然栽培のお米の田植えを少々

行わせて頂いた位。

ですので、助っ人Iさんが来てくださったお陰で

どれだけスムーズに愉しく
事が進行したことでしょうか…❗

⬆お昼までの前半で植え終えた苗


子供たちも泥んこになりながら
田植え体験です❗

初対面でも直ぐに仲良くなって
その場で自由に遊びを考えて

「今、この瞬間」に即座に没頭できる子供たちって
素晴らしい才能ですね❗

Iさんと色々なお話をしながら無心になって
苗を植えていたら

お昼の時間になりました。

⬆オーナーさんの御母様が用意をして下さったお昼ご飯。

皆さんで他愛のない話をしながら
肉体を使った程よい疲労感を感じ

太陽の下で頂くご飯って、本当に美味しい…❗

こうした感覚って、日常生活を送っていると
忘れてしまいがちではないですか?

暫しの休憩の後、午後の作業開始☆

Iさんやスタッフさんの助けもあって
大分、作業が進行しました。

初めはガイドラインの紐があっても
中々真っ直ぐには植えられず

ガタガタになってしまったり
間隔も、当初の25cm目安から

大幅にずれて行ってしまったりしていたのですが
苗を植えていく内に、徐々に「コツ」が分かってきて

段々と、綺麗に植えられるようになってきました。

「性格が出るんですよ~(笑)」
とスタッフさん。

「この数時間で大分、性格の歪みが
矯正されましたかね?」等と言いながら

田植えをする。

Iさんが作業途中である「コツ」を生み出し

その方法を試してみたら
なんと作業の効率が劇的にアップ❗

その他、田植え時の「体の使い方のコツ」も
参加をされていた整体の先生が見つけ出し

伝授して頂いて、あれこれ工夫をしながら
行った後半戦☆

そして、ついに…


田植え、完了❗

Iさんが来て下さったお陰で、時間内に
終えることが出来ました。

もしも、これが一人での作業だったら…

分からない事だらけで、作業も遅く
タイムオーバーになってしまっていた事でしょう…。

また、肉体的にもハードで途中で
挫けてしまっていたかも知れません…。


こちらがこの日、植え終えた田圃。

(※中央の空いている所はこの日、お休みをされた方の区画)

畦道を歩き、再びトラックの前に集合をすると

今度は「あるもの」を田んぼに植える
という作業があるとのこと。

ある「アイテム」が配られました。

それが、こちら…☆


「カグツチ」(^^)b


この不思議な六角形のアイテム「カグツチ」とは
ロゴストロン㈱が提供をしている

磁場調整のアイテムです☆

「炭素埋没法」による磁場調整や
場のイヤシロチ化の「デメリット」

(周囲の電子を奪い、バランスを崩してしまう等)を
カバーした上に

さらに「豊穣」や「よい稲が育つ為の祈りの言霊」その他
取り出した後も使える「情報(言霊)」を

入れたマイクロチップが入った
最新の優れものです❗


私の実家にも「カグツチ」を四隅に埋めましたが

そのお陰か、ロゴストロンLの家族調和の
言霊発信効果もあってなのか

いつの間にか家庭の平和が訪れ
家族仲良しになりましたよ(^^)b

Iさんとの協力作業で「カグツチ埋没」も
無事完了❗

気が付けば、辺りは夕暮れ時に…。

(ふう…)

1日の作業が終わり一息ついて
空を見上げると…


空には雄大な雲が…☆



(わぁ…キレイ…❗)

「あれ?」
「あそこ…見て❗」

「あの雲、龍の顔に見えない?❗」
「わぁ…❗本当だ…❗」

※この続きは次回「神秘の空の写真館」にて。

最後に皆さんで記念撮影。


パチリ☆

田植えの後は、奥様おすすめの温泉へ皆さんで行き
旦那様も合流され残ったメンバーで夕食time。



Iさんとの出逢いや

田んぼのお仲間さん
スタッフさんたちとの出逢い

そして、手植えでの田植え体験…
と、有意義な一日となりました。

これから数回に渡る「雑草とり」「収穫」
「脱穀」と

秋まで岐阜県通いが続きます…☆(^^)b

つづく