【「MIRIAM」について】

 

ミリアム(מִרְיָם Miryamは
ヘブライ語系の女性名です。

ラテン語・英語・イタリア語などでは(Miriam)
ドイツ語・オランダ語などでは(Mirjam)

フランス語では(Myriam)
ギリシャ語ではマリアム(Μαριαμ (Mariam))と表記し

マリア(Maria)、マリー(Marie)、メアリー(Mary)
などの名前の語源でもあります。

その意味としては、「苦さの海」「反逆的」「子供を願う」
「エジプト語の女性名(mry・mr、愛)」

など諸説あります。

*********************************************************************

【「ミリアム」という人物について】


「ミリアム」・・・旧約聖書の人物。

イエスの母マリア。

「マリア」という名前は
ラテン語化された名前です。

ミリアム(ヘ מִרְיָם (Miryam), 拉・英 Miriam)は
旧約聖書に登場するモーセとアロンの姉で

女預言者であります。

マリアという女性名は
ミリアムのアラム語読みに由来します。

 

 



民を率いてモーセがエジプトを脱出した時
追いかけてきたファラオの軍勢が

 

紅海に飲み込まれた後で

ミリアムは小太鼓を手にとって

神を賛美する歌を歌いました。

荒野を放浪した民がヘツェロトにいたとき
ミリアムとモーセの兄アロンはモーセが

クシュ人の女性を妻にしたことを非難します。

ところが、モーセは反論しなかった。

ミリアム、アロン、モーセは神の臨在の幕屋の前に呼ばれ
雲の柱の形であらわれた神はモーセを非難した

アロンとミリアムに対して怒りを表して去っていきます。

ミリアムは瞬時にして重い皮膚病にかかり

全身が白くなる。


アロンとミリアムは自分たちの行いを悔いました。

アロンがモーセに許しをもとめたため
ミリアムは神の指図によって

1週間宿営から隔離され元に戻ることができました。

そんな逸話が残されている名前です。

                             
                      ~Wikipedia参照~

 

*********************************************************************

【「MIRIA(美里亜)」の名前について】
 
「美里亜」という名前には

「美」しいふる「里」が広がる
「亜」細亜(アジア)の国

という漢字の意味合いが込められています。

2010年頃から「弁財天」「瀬織津姫」「奴奈川姫」などに
あわせて「聖母マリア様」の
 
メッセージ現象が続くようになりました。

そして、2013年、日本の各地を巡る旅の途中から
再び「マリア様」のメッセージが続出。
 
2015年には、マリア様にご縁の深い方から
天然石と14kgfを使用した「ジュエリーロザリオ」や

天然水晶を使用した
「天使のサンキャッチャー」等の依頼があり

ロザリオ、メダイ、天使をテーマにした
新たな作品を作り始めるようになりました。
 
上述した、「MIRIAM」の名前の
由来である「マリア」

そして、本名の漢字である「美」を合わせ
「MIRIA(ミリア・美里亜)」と命名致しました。
 
*********************************************************************

【「MIRIA」(ミリア・美里亜)】

「美里亜」の名前には

「美」しいふる「里」が広がる
「亜」細亜(アジア)の国

 

という意味が込められてます。


「世界の平和」には
まず自身の一番身近な所を

「平和な世界」にする事が
世界平和の第一歩です。

我が国、日本の美しさや、素晴らしさ
古き良き日本の文化、習慣、生活を

もう一度、思い出して
 
「日本から世界へ、愛の光
平和の光を広げて行きたいですね」


そんな意味合いを込めて名付けました。

*********************************************************************