B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-

テーマ:
にわかファンだけれども、
実はB’zのライブ行くのは、今回で4回目。
最近は、ネットにセトリが出るから、今回のライブに備えて、事前に曲を聴いたり、昔のライブDVDを見ることによって、
いつも以上に楽しめて、今までで1番最高のライブになった。

ファンなら誰でも振り付けできる恋心も、
今回初めてできるようになった。
今まで知らなかった、おつかれー!も言えるようになった。


CDやラジオで1番音楽を聞いていた中学時代に、B’zの金と銀のベストアルバムを買って聞いていたこともあり、馴染みの曲も多くて、
そして、90年代のB’zの曲は今聞いても最高で、
それが生で聞けて感動した。


ライブ行ってから2週間たったけど、
まだ熱は冷めず、家にある昔のライブDVDを見て台風の日を過ごそうと思う。

B’zは私が小学生の時からスターだったのに、
今更大ファンになって、
でも、B’zがライブできるのはあと何年だろう。
終わりが近づいてるのが、少し寂しい。
5年後、pleasureツアーがありますように。

以下、思い出にウェブから引用してきたセトリ
1.ultra soul
2.BLOWIN'
3.ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~
4.裸足の女神
5.Wonderful Opportunity
6.光芒
7.月光
8.恋心 (KOI-GOKORO)
9.OH!GIRL
10.イチブトゼンブ
11.ねがい
12.ALONE
13.LOVE PHANTOM~HINOTORI~LOVE PHANTOM
14.Real Thing Shakes ~ juice
15.BAD COMMUNICATION
16.Pleasure 2018~人生の快楽~

17.Brotherhood
18.ギリギリchop
19.RUN

少女漫画大好きだった

テーマ:
当時、りぼんとなかよしが愛読書だった私。
高校生になっても、ファッション雑誌を読むより、漫画を読んでいた私。

大人になってからも、たまーに読みます。
今回読んだのは「青夏」

いやー夏休みだけで、8巻まで引っ張るなんてすごいね笑
でも、8巻まで一気読みだったから、イライラももどかしさも飽きもなく。

少女漫画の鉄板、ヒーローはイケメンに限りますね。
吟蔵は煮え切らない態度でヘタレだった時もあったけど、主人公よく頑張ったね。

今回は都会の女の子と田舎の男の子
という設定でして。
最近は、先生と生徒や、金持ちと貧乏とか、優等生と不良とか、
身分違いの恋にはあまり共感しなくなりました。

なぜかというと!リアルに結婚して思うのです!
価値観大事!育ってきた環境大事!

とかいいながら、ロミオとジュリエットは名作だと思うし、
ふしぎ遊戯なんか、本の中の人と生身の人間なのに、あれも名作だと思う!笑

話は戻して、今回の青夏の都会女子と田舎少年は、上手くいくと思うよ。←最終回後。私の妄想の中で。
どっちの生活でも、お互い合わせられそうだし。
だからよかった。

あと、このお話は、登場人物みんないい人だったから、みんなハッピーになってほしいね。
青夏というタイトルだけあって、ドロドロせず、
爽やかに読めました。

タトゥー問題

テーマ:
芸能ニュースで取り上げられていた、りゅうちぇるがタトゥーを入れたことを受け、
タトゥーに対して思うこと。

タトゥー入れることに賛成か反対か。
賛成でも反対でもなく、個人の自由にしたらいい。
外国の人のタトゥーはカッコイイと思うのに、
日本人が入れてると、うわっ‼︎と思う私は偏見なのだろうか。
(ちなみに日本人でも、芸能人がタトゥー入れていても何も思わなかった。安室ちゃんや浜崎あゆみとか)


ただ、クリスティアーノ・ロナウドが、献血のためタトゥーを入れていない話を聞いてから、
彼の考え方が1番カッコイイと思った。