タイトルのないミステリー

タイトルのないミステリー

おもにミステリー小説を書いています。
暇つぶしにお読みいただければ嬉しいです(かなりの長編ものです)
またこちらのホームページで電子書籍化した本の紹介をしています。
https://mio-r.amebaownd.com/
併せまして宜しくお願いします。

ご訪問ありがとうございます。

こちらは私が趣味で書いている小説をUPしています。


掲載されています小説はタイトルをクリックしていただくと 

その物語の最初のページに行きます。


途中、誤字脱字あるかと思います。

(気がついたところは直していますがそうでないところもあります。)

そこは流してください・・・あせる


*注>ここのところ自動と思われるコメントが多く入ってきます。記事内容に全く関係の無いコメントはスルーさせて頂きます。

 

☆リンク ~棘~  (2010年7月~2012年10月連載)
こちらのお話は2019年1月に電子書籍化致しました。


リンク ① リンク ② りんく ③ リンク 完結編

Amazon にて販売中です。

☆ゲンと源太 (2012年10月~11月連載)
こちらは短編物です。

狼と人間の切なくも悲しいお話です。

只今電子書籍として販売中です。



ゲンと源太

Amazon にて販売中です。


羅刹(らせつ)の囁(ささや)き (2012年11月~2015年5月連載)
かなり超がつく長編です。

人と人とが何処でどう繋がっているのかを解き明かしていくミステリーです。

複雑怪奇に繋がった人物関係を楽しみながら読んで頂けると嬉しいです。


魍魎(もうりょう)たちの誘(いざな)い

(2015年6月~ 2018年2月)
 全二十話 ★目次

 
 こちらは短編構成です。1話が20~40回くらいの連載でお話が完結しますが一話から二話、三話、もしくは何話目かと関係ない中にもどこか関連があったり、違うお話の登場人物が出てきたりします。


短編でありながら長編?みたいな。

構成を楽しみながら読み進めて頂ければと思います。

 

深層の滓(しんそうのおり)  連載中

 (2018年2月~)


長編連載物です。別々に起こった全く異なる事件が人と人を通してどこかで繋がっていく・・・どこで誰が、どんな風にかかわっていくのか、そしてその渦中の人物の真意とは?色々想像を巡らせて読んで頂ければ幸いです。


★尚、ここに掲載されている全ての物語はフィクションです。

登場する人物、団体名は実在するものとは一切関係が有りません。






 

「え?」

「あ、私、もう行かなきゃ。次の電車の時間だし。遅くなるとお母さんがまた心配するから」

和が今の花音の言葉を聞き返す間もなく花音はその場から走り去る。和はその後姿を呆然と見送るようにしていた。ハッと我に返って追いかけようとしたが手を伸ばしたところで足を止めた。今、聞き取れなかった言葉の口の動きが気になった。あれは――。

(そんな事…)

和は頭に浮かんだその言葉を打ち消す。そんな事ある筈がないと。きっと自分の中に秘めた思いがそんな言葉を連想させたのだ。

「和!」

顔を上げると目の前に寧々がいた。

「紫苑さん…」

「やっぱり、和は早いなあ。まだ待ち合わせ時間まで間があるよ」

「あなただって、早いじゃない」

「私は講義が一つなくなってしまったから。でも家まで帰るには時間足りなさそうだしと思って」

「そうなんだ」

「ねえ、今、花音ちゃん一緒じゃなかった?」

「あ、うん」

「偶然?」

「うん、急に声掛けられて吃驚した」

「何喋っていたの?なんか随分と真剣に話していなかった?」

和は今の花音の話を寧々にしようかどうしようか少し迷った。まだ半信半疑だ。でも今更寧々に隠す事でもない。妹がいる話は前にしている。

「うん…それが」

「あの子が和の妹って?」

「何?聞いていたんじゃない」

「二人を見付けて近寄ったら聞こえてきたの。そしたら何か、声掛けそびれちゃって」

「そう、どう思う?」

「どうって、和はどう思ったの?」

「よく分からない、全然実感湧かないし」

「ま、そりゃそうだね。いきなりだもんね」

「うん…」

「それより、さっき変な事言っていなかった?」

「変な事って?」

「あの子のお母さんが浩太のお母さんを殺したとか」

「ああ、その事」

「何、それ?私、全然聞いていないけど。確かに浩太はおばあさんが犯人ではないとか言っていたように覚えているけど。それが何で花音ちゃんのお母さんって事になるの?花音ちゃんと浩太って知り合いなの?あっ…」

そこまで言って寧々は何か思い出したかの様な顔をした。

「何?」

「前に学校の帰りにあの子と会った時、浩太があの子を見て知っている子に似ているって言っていたような記憶がある」

「あ…」

確かに和にもそんな記憶がある。

「でも確か、名前聞いて違うとか言っていた。名前、変わったのかな」

「養子に行くと下の名前も変わるの?苗字だけじゃないの?」

「さあ…それはよく分からないけど。そういう事もあるのかも」

二人は首を捻るが花音があの女の子供であるならば浩太の家に出入りしていた女の子と同一人物という事になるだろうから、浩太が言っていた子はきっと花音の事だ。

「あの子の母親って和のお父さんの浮気相手って事でしょう。それでどうして浩太のお母さんを殺した犯人って事になるの?さっぱり分からないんだけど」

「まあなんか色々ややこしいんだけど…」

「ややこしいって?」

「掻い摘んで言うと元々上條君のお母さんが好きだったのよ。うちのお父さんは上條君のお父さんに振られて憂さ晴らしに付き合っただけ。でもまた上條君のお父さんのところに戻ったの。よっぽど好きだったんでしょうね。それで、」

「それで邪魔な上條君のお母さんを殺したって事?何それ?推理小説かなんか?それで何で捕まらなかったの?どうして上條君のおばあさんが逮捕されてしまったの?」

「そこまで聞いていないし、詳しい事は私も知らない。でも上條君はあの女が自分のお母さんを殺したと思っているって言っていた」

「なんか、複雑。頭ン中こんがらがりそう。なんでこんなに繋がっているの?」

それはこっちが聞きたいと和は思う。

「あの子の母親は浩太のお父さんが好きで、邪魔な浩太のお母さんを殺した。でも和のお父さんとの間にあの子を産んで。あの子と和は姉妹で、それでもって和のお父さんはあの子の母親を殺したって事でしょう。なんか、ぐるぐる回っているみたい。こんな事ってあるの?」

「そう言われても…」

「正に現実は小説より奇なり、だね」

確かにそう思う。整理すれば余計ややこしく感じてしまう。それにまだ心の中では何一つ整理しきれないでいる。

「でも本当なのかな?」

寧々が改めて疑問を口にする。寧々も花音が和の妹って事がぴんと来ないのだろう。

「さあ…でもそんな嘘吐く必要もないし、嘘だとしたらそんな事をどうして知っているのって事になるわ。私に妹がいたなんて紫園さんにしか話していないもの。おばさん達でさえ知らないのよ」

「それもそうだね。でも、何か、あの子、変わっているし。それにイメージしていた感じと全然違う」

「イメージって、花音ちゃんが?」

「それもあるけど、ほら、なんか、姉妹として初めて対面したわけじゃない。なんか、こうドラマチックな展開とか、なんか、そんなのあるのかなって」

「ああ…」

和だって思っていた対面とは全然違っていた。まるで日常の一コマのような感じだった。何の感慨もなく、まるで世間話でもしているようだったと思う。

 

 

      <弐百質拾参(二百七十三)へ続く>

 

麗 未生HP←こちらも宜しくです。