生キューティクルパテ!

テーマ:

梅雨に入ると湿気が多くなりクセが出てまとまらない、髪が決まらないなど、髪の悩みが多くなってきますね。


雨って本当に嫌ですね。



湿気に負けない髪になる事が出来るみたいです!





髪が湿気で広がってしまうのは、髪のダメージ部分に水分が留まるその部分が膨張してうねる。というのが起こっているみたいです。


 

結果、うねる、広がる、まとまらないが原因でスタイルが決まらないということになります。


ではどうすればその悩みが解消されるのでしょうか?


答えはダメージ部分を埋めてしまえばいいんです。


当店でのオススメはCuthicL の「シツド プロテクト マスク」


 

「生キューティクルパテ」成分がダメージの穴の部分に入り込み、ダメージ部分を均一に埋めてくれます。


なので水分の入る隙間がなくなるので、いつものようにまとまるんです!すごいですよね。


更に当店一押しのキューティクルオイルも使ってあげれば、更に効果大!


梅雨対策にオススメです!

シャンプーについて

テーマ:
「シャンプー」の語源はヒンズー語で、1762年には使われていたというとっても長い歴史があります。

もともとは「頭部マッサージ」という意味で、「洗髪」という意味に変わったのは1860年だそうです。

コスメーカーさんに聞いたお話です。

シャンプーがしてくれることは
「頭皮と髪をスッキリさっぱり洗う。」
ですね。


頭皮はTゾーン(おデコ&鼻)の約10倍もの皮脂を分泌するし
髪は自らを守るために油が大好きなので

頭皮の「皮脂」や、「汚れ」という油、空気中の「臭い(香り)」という油まで
たくさんの汚れを付着してしまいます。

汚れを落とし、清潔に保ってくれるのがシャンプーなのです。


シャンプーの中でも、やはりどんな物にもデメリットがあるもの。


「油を落とす」ということは
髪や頭皮に必要な脂も落としてしまうんです。

髪の細胞はバターのような脂でくっついているため
脂が取れれば髪がスカスカになってしまいます。

(ヘアカラーも油なので、色味も抜けてしまいます)


頭皮の潤いは皮脂が守っているので
皮脂が取れればフケや炎症が出やすくなります。


ここだけ聞けば、シャンプーを使わないほうがいい?と思ってしまってもおかしくないと思います。


ただ、シャンプー選びや洗い方を見直すだけで
髪のダメージや頭皮のトラブルを解消、美容院で染めたキレイなカラーの持ちも改善することが出来ます。


シャンプー選びで1番大切なのは「頭皮と髪の脂を取りすぎない」ことです。

{84AB9144-15A0-4C35-BCE0-271A43758F05}


当店で販売しています「CuthicL(キューティクル) クリーミー クッション シャンプー」は

ダメージケア、カラー退色に向いています。

また、低刺激で敏感肌にも安心。
(必ず全ての敏感肌に使用できるというわけではありません。)


退色が激しい方、髪のトラブルがある方。是非一度試して見てください。トラブルが解消されるかもしれませんよ!

ちなみにコスメーカーさんいわく、皮膚科の先生に良いシャンプー作ってくれないかなーって言われて作ったシャンプーみたいです。

なのでこれ一本で頭から身体まで全て洗えるそうです。

ジムやヨガなどに行かれる方にはオススメです!