実家での過ごし方

テーマ:

浜松の実家に帰ってきて、はやうん週間。

いっこうに生まれる気配なく、39週に足を踏み入れようとしているところです。


両親からは、まだーーー?と、プレッシャー。

友達からは、まだまだ遊びたいから安静にしていてね。と言われ・・・・。

しゅんたっちは、ますます甘えん坊将軍になり、ままーままーとかわいく

私を呼んでくれます。


そんな私、毎朝かかさず見ているテレビがありんす。



じゃじゃーーん。

ちりとてちん。

朝の連続テレビ小説なんて・・・・って思っていたのですが、前々ドラマの

「いもたこなんきん」からはまりだし・・・・・。

3作目。


前回のドラマは、あんまりおもしろくなかったのですが、

今回は、おもしろいかも。

お父さんと毎朝見ています。


笑いあり、涙ありの人情ドラマです。

ドラマの中では、主人公の女の子より(名前忘れた)和久井映見の方が、

いい味だしていて、おもしろい。

半年続くので、まだまだ見つづけるわよーー。





なるべくテレビをつけないようにしているのですが、朝の連続テレビ小説だけは

勘弁してもらって・・・・。

しゅんたっちは、その間一緒に見たり、雨戸をあけるのを手伝ったりしています。




それが終わると、じいじが仏様に食事をあげてお経を読むので、

一緒にしゅんたっちも同行。

いつか、お経の本もやぶれるような気がします。

じいじが

「まかはんにゃーはーらーみーたじーー・・・」

と言い出すと、

しゅんたっちも

「むーにゃーむーにゃーーー」

と同じトーンで読み出します。

オリンも

「チーン」と上手にならしたりしてますね。





そして、皆がかかわりたくないプラレール新幹線


これって、男の子ならではの遊びですよね。

最近では、線路も組むことができるようになってきて、面白みも

できたようです。


でも、電車の連結は自分でできないので、列車同士が外れると

怒ってもってきます。

ガタンゴトンって、音のでる電車があったり、踏切を通ると

チンチンって鳴ったり・・・。トンネルの中に入れば、ガーーーって

音は出るし、とりあえずいろんな音がでる。

みんな、この音のせいでノイローゼ気味。


最近、感じるのは、この音って作られた人工の音なんですよね。

当たり前なんだけど、それがずっと鳴り続けていると、頭の中をグルグル

まわって、ストレスになるんです。


それより、たいこの音や木琴の音、木の音など自然が作る音って本当に

心地よい。


いまさら、遅い!


誰もが、しゅんたっちにプラレールを与えたことを後悔している

今日この頃・・・・。



胎教にも悪い気がします・・・。





時々、高校のお友達とお茶したりします。

やっぱり、地元の友達っていいです。

いつになっても、変わらず友達でいられる気がします。

バイキングに行ったり、こども館に行ったり、喫茶しに行ったり・・・。

今週は、動物園にも行くつもり。

遊びすぎ???

トトさんには、半分くらいしか報告せず・・・。

普段の生活費からは、外食代はほとんど捻出できず月末に残っていれば

ちょろっとうどん食べにいくぐらい。


それが、週に数回もお友達とランチやらホテルバイキングやら喫茶・・・・。

もちろん私が、昔働いていた貯金を崩して使っています。

だんなの給料からは出せません!

そして、この貯金は、一部マル秘。



お友達の子、なっちゃんは3ヶ月遅く生まれたんですが、

やっぱり女の子で、言葉の発達は早いしませてる。

服もかわいいのを着てるし、つくづく女の子っていいなあーって

感じる。

服を選ぶのもほんっと楽しそう。

次の子は、女の子・・・・なんだけど、しゅんたっちのお古があるので、

買えず・・・・。




へんなところで、貧乏根性がでてしまい、財布がかたくなる。