たたき上げ中国語通訳みのさんの日記

たたき上げ中国語通訳みのさんの日記

15年に渡る中国語通訳を経て現在は講師をしています。心臓の手術、Ⅽ型肝炎の治療を通じ、今はおまけの人生(^_-)-☆。
これからは一生かけて皆さんに勇気や信念を与える、ライブ感のある活動をしていきます!!

NEW !
テーマ:
にほんごサポートひまわり会主催の【外国人と一緒に学ぶ防災教室】に中国語通訳で行ってきました。
ひまわり会に行くのがとても久しぶりでした!!あっ実は通訳も久しぶり(/ω\)




前半は、「やさしい日本語」有志の会 花岡正義氏より、レクチャーを受けました。



「少し日本語がわかる外国人に、わかりやすい表現にして伝える」言葉を教えていただきました。


防災の言葉は専門用語とのことです。
たとえば…

避難する
貴重品
常備薬
緊急時

これをわかりやすくすると

避難する→逃げる
貴重品→大切なもの
常備薬→いつも飲んでいる薬
緊急時→助けが必要な時、とても危ない時

になります。
「避難」という単語は日本語検定1級レベルの難しい言い回しなのですね。

そして、このやさしい日本語にしたものを通訳すると、通訳しやすいなあ~と感じます。

これからの行政は、「やさしい日本語」がキーに
なっていきそうですね。


そして、防災教室の後半は、地域の外国人を交えて、地震が起きたらどうするかや、地域の地図を使って、自分の家と避難所の確認、防災グッズの確認などを行いました。
私は中国語グループです。
あっそうそう、本当に久しぶりのウイスパリング通訳やってきましたが、じんわり…思いました。通訳楽しいですね。

現在は、
地震発生→テーブルの下に入る→地震が止まったら火を消す→ドアを開ける…の順番になっているのですね。

おみやげに、お湯か水を入れると五目御飯。
保存用ビスケット
簡易トイレをいただきました~

久しぶりにボランティアに行ったら、5歳だった子が大きくなっていたり、懐かしの中国人の方もいらっしゃり感動でした!
私の原点ですので、大切にしたいな~(^^♪




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス