先日、katsu塾での学びを共にしている かずこさん

 

〜もっと軽やかに 私を生かす〜 Precious代表 島田和子さん

とオンラインでお話しました!

 

 

 

一緒の写真が、塾では遠巻きの写真しかなかった^^;

今度一緒に撮りたいと思います。

 

こちらは、まさるさんのトークライブに参加した時のものです♪

 

 

かずこさんが書いた、katsu塾生のブログの記事

塾生のブログジャック

 

 

を読ませていただき、とても引き込まれ、一緒に毎月学んでいることもあり

思い切って頼ってみよう!とメッセージをさせていただきました^^

 

 

 

女性に対するセッションをお仕事にされているかずこさん。

今までの私だったら「お金を払わず話をするなんて失礼...!」尻込みしていました。

 

嫌な顔なんてひとつせず受けてくださり、ポンポンとお話は進みました。

 

 

今までの、個人・会社問わずの社会人経験で、

こんなことが共通していました!

 

感情でなく事実、を意識してあげていきます。

 

 

 

*大学卒で入った会社。やる気満々で飛び込んだ世界がいわゆる

「男性の職場」で、ここになぜ女子が?と場違い感があった。

 

*色々と、自分に合う仕事や場を探してセミナーや講座を受けてきた。

世の中遊び時?の大学でも真面目に学ぶタイプで「学ぶ」のが好き。

緩む、頭で考えず楽しむ、実践が苦手。

 

 

*これ!と思うメンターを見つけると、その人一筋!となり

違うことをしようとしてもなかなか教えが抜けきれないところがある。

 

 

 

 

katsu塾に入った時の心境と、私の今の心境も似ていて。

 

いわゆる、「でも」「だって」「そうは言っても」

 

など理由をつけて受け入れららないところがあります(あったそうです)。

 

 

 

 

そんな中、どうやって、学びを素直に取り入れられるようになったか?

 

とお聞きすると。

 

 

事実、うまくいっていなかったことを受け入れた

 

 

ということでした。

 

どうしても、焦りが出ると、見て見ぬ振りをしてしまう。

 

「こんなはずはない、次頑張れば一発逆転するはず!」

 

寝るまも惜しんでSNSの更新、ブログ投稿やメッセージを送る。

 

こんな「頑張る」行為をしがちな現代人ですが、これを辞めたかずこさん。

 

周りにも「今の方がいい」とフィードバックを頂くそうです!

 

 

 

 

そして、言葉として印象的だったのは

 

 

katsuさんからのアドバイスでも、「それは場が違う」というお言葉があり、

 

思い切って以前のコミュニティと別れ、katsu塾で学ぶことを決意されたそうです。

 

 

 

 

起業塾や色々な学ぶ場は世の中溢れていると思いますし、

 

私が受けてきたセッションや講座も、「本質」を教えてくださっていると思います。

 

ただ、自分がその場でいきるのか。

 

自分がその場でどんないい影響を与えられるか。

 

ということを考えて、自己中心的でなく、

 

周りへの影響も考えて 場を変えることって大切だなと思いました。

 

そして、それを行動に映しているかずこさんは素敵です!

 

私も行動を加速しよう。

 

頑張るのではなく、本質を知りながら、アウトプットしよう!

 

 

12/17 月 13:00-  こんなイベントがあるそうですよ。

頑張っているな〜 と思う方、かずこさんと一緒にいかがですか?^^

https://www.facebook.com/events/739111906487734/?ti=icl

 

先日 福岡で 田中まさるさん
のまっさるセッションを受けました。



こちらの写真は直後のunearthcore忘年会会場です。


当日突然場所を変更、まさるさんのオススメカフェで、ランチをご一緒してその後にセッションの流れでした。


同じ存在領域B
過保護に育てられた
おっちょこちょい
愛されキャラ


など共通点の多い私とまさるさん。


僕は良くも悪くも正直者!


という資質? が
鈍感、天然な私にとっていい気づきでした。




私も含めて、他の人から見て信じられないほど

えっ?そんな風に思い込んでるの?!

という

勘違い、思い込み


ってありますよね。

私にそれは多々あり。

頭では勘違いと分かるけど、腑に落ちていない

それがまさるさんにはお見通しでした。




私の勘違い発言のあと、まさるさんの表情が


えっ!何言ってんだこの人は!ガーン


みたいになっていたのに、勘違いな私でも気づきました。



私が分かりやすいように、
いかに矛盾してるか、
紙にも書いて下さり分かりやすかったです。



勘違いはこんなこと。


*色々なことが出てきて決断を迫られる時。
感情的になって諦めるのではなく
事実を見てどれにすればいいか
決めればいいだけ。


自分の意見意外にも、意見はたくさんある。
色々聞いた上で、小さな頭で感情に流されて決めるのではなく、

事実を見て受け入れる、
ということが、今は器の小さい私には苦手なところです。





*起こったことについて、自分スタートじゃない悪い意味づけをやめること。

例: 
❌katsu塾生だから、気にかけてもらえる
❌同じ部署のマネージャーとして注意する

⭕️私だから気にかけてもらえる。katsu塾生は結果論

⭕️私に良くなってほしい、成長してほしいから注意する。たまたまマネージャーだった



うーん、、そうなのかなぁ。
まだ、半分は外側のおかげでしょ!
とざわざわします。


ホテルの仕事をしていても、
チェックインなのに社名から名乗る日本人や、
領収書を社名でとする日本人。

対して

外国人は、同じものは一つもない
パスポートで思い切り自分スタート!


と普段から、組織が前、自分は後の光景を特に日本人はみがちだと思います。




せっかく産まれてきた一度きりの人生。

自分スタートにして、理由付けなく受け取れる私になります!


まさるさんの三ヶ月の修業の様子


お読み頂きありがとうございました。

いかに稼いで楽をするか、な現代人

その途中で死んだら周りの人は大迷惑

by katsuさん





塾の録音を聴き、そうならなくて良かった、と思えた私です。



と同時に、今の私で精一杯しよう!と思えることも浮かんできました。






そもそも、仕事というものを勘違いしていた私。



仕事イコール苦しいものイコールよくない

楽しい時間イコールいい



みたいな感覚でした。




リストラされて

正社員を目指していたけどなれなくて

世の中を知らないまま安易に考え

縛られないことがいいことと思っていました。




満員電車に乗らずに

オフィスにもいかずに仕事できるのが嬉しくて

好きな時に働いて食べていけるなんて最高!と

自分勝手なフリーランスを目指した私でした。




そのお先は、、



口ではいくら夢、目標!など言っていても



副業にしかならない、

OLの月収くらい稼げたのは一ヶ月のみ。



1人ブラック起業(どなたかのブログで拝見して使わせてもらってます;)でした笑






マイナスの前提で動いていたこの2年間。





今まで自分を突き動かしていたものが

こんな前提だったと気づけてよかった。






皆さんに助けて頂き、

色々手放し、ずれた軸を立て直しています。





欲しい!やってみたい!と思っても一旦よく考え、行動は焦らず。




英語のことで力になれそうなことも我慢。






今は大学生のような若い人に混じりアルバイト、本当に一から出直し、

いや、マイナスからのスタートです。



でも、明らかに


リストラされる前より私らしく働けている。


だんだん時間も増えてきて。

フロントにいて欲しい、と言われることも増えてきました。



縛られることは、ありがたいことなんですよね。



そんな中でも、こんなことは熱意を注ごう!と思えることができました。



それは



時代の声を届けるフリーターであろう



自分で事業をされていて、

私も含めて、あれ?勤める世界はどうだったっけ?



と忘れそうになる時、あると思います。



クライアントが勤め人になることもあると思います。





また、勤め人のこちら側としては


色々ブロックがあり、発信できない



という閉鎖的な世界もあります。

(私のバイト先ではそうです)




私は発信も抵抗ないし

一度失敗したけど、事業も経験している。

いわゆる、レアな存在だと思うのです! 



なので



そんな方々をつなぎ、


個人事業主と勤め人の架け橋のような存在でありたい。



そんな中で、文書力も磨いていきたい。



大目的がまだグラグラな私。


そりゃあそうですよね、今までずれてたんだから、そんなすぐに建て治ると怖い。

欠陥住宅は建てたくない笑



なので、当面の私の中くらいの目的です!



塾の学びで 「壁」もありますが


これも熱くなりそうなので別の記事に書きます。


長文をお読みいただきありがとうございました!




昨日のkatsu塾のレポートを書く前に

塾のお昼休みでの一コマで印象的だったことを書きます。

左 中井ななさん 右 katsuさん



当たり前の人には当たり前かもしれませんが、

上司やビジネスパートナーへの報連相。


簡単に、スピーディーに、数字だけ重視


こんなこと重視な現代では、ついつい


メール送ったし

メモ置いといたし

何かあれば連絡してくるでしょ!


こんなことになってしまい、

コミュニケーションが希薄になってしまう
ことがあると思います。私もあり、最近失敗しました。

改めて昨日、学び終えて思ったのが、


仕事は対人対人の関係なんだな、ということ。



何気なく中井ななさんが、タイミングを見計らってkatsuさんに声をかけていた姿に


とても敬意とお二人の信頼関係があり


さすがだな!としょうもない感動屋さんになってしまった私です。


お2人にとっては当たり前のことなんですよね。


最初、セブ旅行などでご一緒したとき、


katsuさんのお部屋に行くのがとても恐れ多かった私。


katsuさんにどう絡んでいいか分からず。

変な劣等感の塊でした。


ななさんやお弟子さんならまだしも私が!
お金を払ってないのに話していいのか?


という気持ちでした。

このとき大事なのは、


いかに普段連絡をとって親しくしているか

いかにお金を払って講座を受けているか

などではなくて


声をかけようとするタイミングを含めたその人の姿勢

なのですよね!







頻度や関係でなく、
礼儀にこのときは自信がなくて
そんな気持ちになったのだと思います。


これからは、自信なんてなくても、
対人対人なんだ、ということを意識して、話したいことがあったら恐れずに、
タイミングはみながら声をかけようと思います。




それで、タイトルになっている

昔の日本人のように

ということに、最近体感したエピソードを付け加えて書きます。



katsuさんはおっしゃいます。


昔の日本人は、近所のおじさんレベルで、たくさんの人が文明を築いてきた。






このことは、本当だと思いますし、
いかに前後の日本で教育や仕事の仕方が変わってきたか、が読み取れると思います。


ただ、

私は昔の人じゃないし!


と自分にそんなことができるはずない、
と思う人、、🙋‍♀️はーい、私ですね笑


昔の日本人のようなDNAがあるのかも?と信じたいですか?


そこで、最近体感したホテルの仕事でのことを書きます。

現代でもある


外国人と日本人の違い


について体感しました。


アジア系の外国人のご夫婦とそのお母様、
いわゆる親戚の旅行で2部屋、
3泊ほど滞在していた方が、なんと


お母さんが救急車で運ばれて即手術
になってしまったことがありました。





膵臓?だったかな。
USJのフライングダイナソーに乗った後、体調を崩されたようです。



そこで、ホテルのスタッフとしては

延泊の手配や体調を伺う

など心配してお声がけをしていました。


ところが、その外国人のお客様は
プライバシーに触るのが嫌なのか、
あまり聞いて欲しくなさそうで。


フロントに寄っても、宿泊の手続きをするのみ。
あまり触れて欲しくないそぶりでした。


なので、私たちも力になりたくてもあまりなれず。


病院に案内などしたのに、あれ?という感覚でした。




人にもよるのかもしれませんが、このとき感じたのはプライバシーの価値観の違い。



日本人は皆で力を合わせて乗り越えていく


katsuさんの言われるこんなことが思い浮かびました。


コミュニケーションが不足している

関係が希薄になっている

プライバシープライバシー言いすぎる!

グローバルなので外国にあわせることが必要、スピードと成果重視!


に違和感を感じるあなたは。

昔の日本人の血が間違いなく入っていて、それで、全て欧米化した現代に苦しさを感じているかもしれませんね。


私の経験したことはつい数日前の話です。

あれ、なら。私にも日本人の自覚が?


今は小さくても、大きく磨いていけるのかな!


近所のおじさんレベルだったら、何かできそうな気がしてきましたね^_^

もっと食について実践で学びたい。


この料理はどこ料理でどんなお酒が合う
メニューのカタカナを見てもカンで選ばず、意味を理解して注文できる


こんなことができる人に近づきます。



何の目的で場所を選んだか?
ということを考えて、

じっくりゆったり時間を味わうのって大切かもしれない!





家で10分で食事を済ませる

早い安いうまい?居酒屋

だけがスタンダードな私の思考回路

考えてみたら人間っぽくなく動物の餌みたい。

ランチタイムはまあいいとして、夜くらいはね。




なんのために来たか

目的に合わないことをしていると

みっともない欲の塊な自分が見える。



例えば。いつもと違うワンランク上のいいお店に行って食事を楽しむつもりが、
行動はいつもの庶民の私は、一貫していない。



居酒屋のノリでがっついて注文、
お酒も値段の安いものを組み合わせ関係なくガブガブ頼む。



本来ゆっくり食べるものなのに、
来てすぐたいらげてまだか、とイライラしながら食べ物を待っている。


すんませーん!と大声でウエイターを呼ぶ。


犬か!笑
 と思ってしまいました。



個室からはバカみたいな大きな声。
メンバーの到着時間もバラバラで、そのたび個室を開けたら大声が拡散!
他の店内の人やお店の人に迷惑でしかない。


コスプレガールズバーとか聞こえてきた。
中学生並み笑


馬鹿騒ぎするなら、居酒屋いけば?笑


そんなことをしている人を見かけました。




でも。ひょっとした瞬間、自分もそうなりがちで、ついつい楽しい会だとエスカレートするので、人ごとではないと思いました。


渦中にいる時は客観的に見えないものだから。



今日から少しずつ見れるようにしていこう!

人として大切な仕事。

なぜ会社などで、はい!これして下さい。

と簡単に決められるんだろう?



こんなことに疑問を持ち、


同じ英語を活かすでも、より自分を活かす仕事を追求してきた

吉安ゆきさんとお話しました。





皆が、薄々と感じている感覚だけど


みんなしてるから


それが生まれた時から普通だから

と、見て見ぬ振りをしている。



そうせずに、疑問を持ち20代の頃から行動してきたゆきさんは素敵です。



考えてみると、


お金をもらうから指示に従うのはしかたがない、とか。
 

雇われているから意見は言えない、とか。


お金を理由に、疑問をもたないように世間に思い込ませられている。


そんな現代。


社会の声の話から、マインドのお話まで。



英会話講師、長女、留学、メーカーの勤務経験などたくさん共通点があり、あっという間の時間でした。


自然にお話は、この先のことや、
お互い学んでいることへ。



さらにお互いのフィードバックとして

こんなことしてそうじゃない?なども!




個性、資質に普段から着目されているこの視点でお話できるのがまた愉しい! ^_^






ゆきさんと話していると、

未来にはこうしてたい!こんなのいいね!

が浮かんできます。


とてもいいオーラーで心地いい時間でした。



以下は、私たちの

こんな風になったらいいな!

こんなことがしたい!


です。





どちらが思い描いていることなのかは、ご想像にお任せします。



働き方が自在に選べる世の中へ


女性の自立


講師業の精神面と経済面のサポート


自分の生まれ持った役割を生かして仕事


個人起業家で行く海外ツアー英会話レッスン


田舎の山奥に自然に触れるホテル兼
セッション・講座むけレンタルルーム


女性のライフワークバランスを整える環境づくり



ダブルワークのフリーランスの働き方サポート


新卒の中に起業するという選択肢を持つ人が増える





最後にこれを書いていて疑問が出てきました。



働いている時の話で、会社などは、なぜ


働く人を所有物化したがるのだろう?


意向をきかない人事異動や

希望が出せないシフト

強制参加のイベント

などなど。



自分たちで育てたから?

愛着がわくから?

代わり探すのが大変だから?


そしてこれらは


親子関係でも同じ?
(代替えはきかないですが笑)


掘り下げていきます!


私の職場(ホテル)に、

子リスみたいで愛らしい、

可愛い女性がいるんですよね。

 

 

本人は別にブリブリはしてなくて、

敬語もきちんと使えている、

英語もできる社員さんなんですが、

 

 

最近よくクレーム対応で

泣いているのを見かけます。

 

 

 

 

私は話だけ聞いて、顔は合わせていないのですが、今回怒られた相手は予想するに、

 

 

 

40代の部下に厳しい、論理的なビジネスマン。

 

 

その方から

 

 

ちょっと意地悪で細かいな〜

と思うような清掃の不備に対する苦言や、

 

 

ホームページに書いてはあるけど

 実際は機能してないサービスを見つけ

「なっていない」と目ざとく指摘がありました。

 

 

 

(画像はイメージです)

 

 

 

自分の枠の外を認められない

 

正しさ 器の小ささ

 

 

 

など、

その男性のお客様に対して言えることは

こんな面だと思います。

 

 

ただこれだけを言うのは

愚痴をいうオバハンになってしまうので笑

 

 

今回は女性スタッフの言動を

掘り下げようと思います。

 

 

 

 

 

 

その後、お客様の外出先に別の男性スタッフが出向いて謝りに行き、事態は解決。

二人は意気投合してしまったとか!

 

 

 

他にもそのお客様の対応をした女性スタッフがいたけど、

お客様は、いずれも女性スタッフの対応には不満足だった、とのことでした。

 

 

 

お客様の指摘は、ただのミスだけでなくて、

 

ナヨナヨしたその女性スタッフの対応と、抽象的な表現。

 

 

 

 

 

*名指しで電話があったのに、話しているうちに

 

「では、責任者に代わりましょうか」

 

 

など、

自分がどうしたいかでなく、

相手にお伺いを立てているところ。

(本当に自分では無理!と思うなら「代わります」でいいのでは?)

 

 

 

 

*「郵便が届いたら部屋に入れておいて」のお客様からのリクエストに対して。

 

前日の外出時間(この時も清掃のことでクレーム対応中)が遅かったので

 

 

朝早い時間に電話するのは怒られたら怖い!

 

とその女性スタッフはとっさに思い、

気遣いも含めて

 

 

「朝早い時間に到着してもお部屋にご連絡してよろしいですか」

 

 

ここで、その男性ゲストは「?」となり立腹。

 


「朝早い、遅いはあなたの価値観で話しているだけだから、

お客様の言葉をストレートにとって「分かりました」でいいんでは?」

 

 

 

やりとりは一部しか聞いていないんですけど、

 

なんだか、お客様とスタッフという関係でなかったら、感覚的ではあるけど

 

 

夫婦のモラハラ、すれ違いみたい?

と思ってしまったんですよね。

 

 

疑問形で投げかけるのに、疑問形で返すという「自分軸」がない話し方。

私も結構してしまいます;

 

 

 

 

 

 

 

 

男性ゲスト目線、そのゲストと仲良くなった男性スタッフ側からは

 

 

「主語、動詞など文法が成り立つ会話をしてくれ!」

(クレームの引き継ぎの用紙に対しても、女性スタッフの記載が分かりづらい!と男性スタッフからの指摘)

 

 

 

私も、今日のブログは主語、動詞を明確にするように心がけています笑

 

 

つい、感情的になったり、感覚的になるタイプの人の場合は、

 

 

「相手には自分と同じ映像は見えていない、一から伝えよう」

 

と心がけることが大切ですね。

 

 

 

こういう時自分を持つことの大切さを知らされますし、

 

 

ゲストが怖いから常にお伺いを立てる ⇨NG

 

 

感情を抜いて、一人の人間として1:1で話す。

疑問には断定的に答えるなど「事実を見る」 ⇨OK

 

 

クレーム対応に困っている人。

 

自分はなよなよしていると思う人に参考になれば嬉しいです!

 

 

私も、書きながら、事実だけを見て

 

女性はだめ!の誤変換を振り払うことができました。

 

(ただ、そのお客様の「女性スタッフの」という一括りにする発言は、誤変換を招くから撤回して欲しいかな;)

 

 

事実だけを見るために。アウトプットは大事ですね。

 

 

katsu塾 で課題の映画、漫画などを見ることがありますが、

 

好きなこと、自分からしたいこと以外 拷問!(は言い過ぎかな)

 

「興味ないのに見るのは辛いんです!!」

 

と本気で塾生の前で半泣きだった私が。。爆  笑

 

なんと、今日は映画を見てレポートを書いていますよ。

 

映画を見ることが目的でなくて、自分の世界を広げられたらそれでいい!

 

ちょっと、「私でもやったらできるやん♪」と思えました。

 

 

 

 

食について五感を磨きたいな〜と思っている私は、ちょっときっかけがありまして。

 

二ツ星の料理人(字幕版)

 

 

amazon prime会員に登録したので、何気なくレストラン系の映画を探していて見つけました。

 

katsu塾での学びである、他力の世界。

 

「もっと頼れ」

 

本当の意味での頼ること。これが一番私には刺さったことでした。

 

まず、ストーリーから学んだこと。

 

セルフでグッと来たこと(私の聴き取った予想英語つき)の2本立てでご紹介♪

 

 

 

 

1.姿からの学び

 

 

*どんな状況からでも好転できる(のかも)!

 

*自分が柔らかくなれば周りも柔らかくなる!

 

 

*借金があろうが、完璧主義で人間として欠陥だらけだろうが、変化することはできる!

 

 

*変化できない自分がだめ、でなく変化するといいことがある!をどんどん知るといい(のかも)!

 

 

*地位が高くなったから、給料などが高くなって安泰するのではない。

大きくなれば大きい色々試練がある。

 

 

*男性は殴り合いしようが傷があろうがなりふり構わず。私にはできない。

男性と女性の違いが知れたかも!

(現代人の男性はそんな人が少なくて盲点になってるかも笑)

 

 

 

 

 

2.セリフからの学び

 

 

過去は忘れなさい

Whatever it was or whoever it was in the past. It's the time to get on this.

 

 

前を向くには協力が必要

You can't do this alone.

 

 

強いから頼れる 弱いからではない

The strength is needing others, not weakness.

 

 

自信がない。

I don't know if I can do it.

 

 

一緒に料理するの、お互いを助け合うの。

We cook together. We take care of each other.

 

 

一人ではできない。みんなそう。

You can't do it alone. No one can.

 

 

私たちを信じて、いいわね。

You have to trust us. Okay?

 

 

やることをやるだけみんなで。

Do what we do. We do it together.

 

 

 

 

 

 

いかがでしょう?ちょっと映画嫌いの人も見たくなったかな。

 

 

去年は、映画でかっこいいセリフとか、短いフレーズとか記事にしてたなぁ。

ちょっとは、内面が成長できたかしら♪

 

 

映画嫌い、苦手な人に。私のような好きなことしかできない人に。

こんな風に姿での見方を伝えられたらいいなぁ。

 

 

次に見る映画はどんなんだろう笑 課題だと見れない私ですが。

不定期更新をお楽しみに^^

 

 

 

最近寒くなってきて冬まっしぐらですね。

 

春や夏の方が好きな私は、レッスンなど自分の活動を中止して、色々捨てて、

 

必要なものは蓄えて。春目安に動き出すことの準備期間。

 

冬眠のように体は休めつつ肥料となるものは良いものにしていきたいな。

 

と考えております。

 

 

 

 

なんだかね、、アルバイトでいると。飲み会とかお茶の誘いなどで

 

自分軸でなくただ共感して欲しい、ただ仲良くなりたいというようなものもあるんですが

 

そういう場に引っ張られる時間はない。心からそう思えて。

 

反面教師じゃないけど、それは違うな、と思っていて。

 

今の私にその相手をして枠を広げる余地はないので、ごめんなさい。

 

枠の狭い中でうだうだ言うなら、本気で解決したいなら一度プロに相談してみようよ。

 

そのお金が、時間がない!とか言うなら愚痴らず諦めて。と厳しいですが思います。

 

 

 

 

断れるように、上手に世渡りもできるようになってきた実感が最近あって。

 

じゃあ、今はアルバイトの私でも、空き時間を使って、

 

自分の時間。大げさにいうと命を燃やしてできることが、英語レッスン以外にもあるんじゃないか?

 

そんな感覚なんです。

 

 

 

 

自分がしたいことを優先せず、自分と周りに必要なこと

 

こんなことを自分の時間に使い、さらにそれが周りにいい影響を与えられたら、と思うのです。

 

 

こんなことを思ったのは、去年に引き続きするクリスマス会の場所決めや招待など

 

以前は苦手としていたことをするようになってから。

 

 

まず。会費や場所の詳細を言わずに、、この日のこの時間します!とお誘いすると、

 

参加します!と言ってくださった方が12名もいらっしゃったこと。

 

 

去年は、一人で全部背負ってネットで場所探し、値段や誰を招待するかも決めてから発信や招待をしたけど。

 

今年は、時間も場所もすっと、レッスン生さんと一緒に決めていき。

 

場所も相談して方向性を絞って決めていくことができました。

 

 

 

 

大げさかもしれないけど、これって

 

 

「私と一緒に過ごす時間」に「来ます」と返事をいただけた。

 

以前だったら、「会費はいくらですか?」などの質問があってから参加表明いただいていたこともあったけど

 

それが決めるまでなかったこと。変化を感じられました。

 

 

この影響力、英語以外の見えないもの、資質?を使って。

 

来年はどんな影響を人に与えられるかな^^

 

 

 

 

昨日は、お茶会、講座などで知り合った方々と アウトプット会 を行いました!

 

左から 私 鳥原サユリさん 高内のりこさんと娘さん 須崎寛子さん

 

 

ホテルの隣の高層ビルのラウンジで スイーツを食べる

 

一見周りから見ると キャーキャー言ったり愚痴を言う会にも見えるかもしれませんが

 

そうではありません。お話しした内容は。

 

 

 

そもそもどういう思いでそれぞれ活動を始めたか

 

過去、最近の活動と今後について

 

自分の性格 小さい頃からの傾向について

 

恋愛 星座 など

 

 

年齢も、住んでいる地域も、同じ職場な訳でもない。

 

一般的な社会や両親の世代目線だと理解できないような集まりですが

 

こうやってSNSやブログからご縁をいただいた方とオンラインだけでなく続いているのは

 

文字通り有難いことですし、生産的な時間を過ごせました。

 

 

 

 

 

*仕事が回り回って結局以前していたことをしている

 

とおっしゃるサユリさん

 

カラーの資格を生かした仕事から、現在は名刺やチラシ、ホームページの作成の仕事へ転向して活動されています。

 

そうですね、人は何か道がそれても、一時期それが目的だと思い込んで

 

本来向いていないことに集中したとしても、もやもやが残ってしまい、ある程度止まり。

 

回り回って、文字にすると軽いですが「好きなこと」「適性のあること」に仕事が戻ってくるんだな。

 

このことにはすごく私も共感し、そう進んでいるな、を実感しました。

 

先日受けた、まさるさんの修行のトークライブでも「道」についてのお話がありましたし、この話はタイムリー。

 

私も、大学時代にしたかった接客業に今は戻ってきています。

 

そうして、戻ってきた時って、何かしらレベルアップはしているのですよね!

 

 

 

 

 

星読みママ ひろ子さんは、こういう傾向があるから、この星座なんですね!

 

と星読み大好きがお話の隅々にまで出ていて。

 

目に見えないものが苦手な私にも面白く説得力があるのです。

 

(私も何もかも英語に絡めて話す癖がありますが、聞いているとこんな感じなのかな笑)

 

蠍座の話は特に印象深かったです。さらに、おーっとなったのは

 

 

人は一人一人違って、全く同じホロスコープの人は双子だったとしてもいない!

 

 

物質的なことがよしとされる現代。私も麻痺している一人です。

 

目に見えないことを信じよう、と色々な場に参加している私にも刺さりました。

 

私が教えてもらっているkatsuさんも、人は一人一人違う。72億通り個性がある。とおっしゃいます。

 

自分を知り、自分を活かし、目に見えない「個性」を大切にする。

 

英会話はどちらかというと物質的な面があるけど、

 

もう一つ、何か目に見えないようなことで私が周りの方に役立つことで活動していきたい

 

と薄々感じていたのが確信になりつつあります。

 

 

 

 

すごく嬉しかったのが、5月ごろ企画していた「私と海外に行く企画」に興味を持っていた!

 

と告白してくださったひろ子さん。

 

あ、英会話の生徒さんだけが必ずしもお客様でなかった、視野が狭かった!と知れたことです。

 

うん、、英会話をすることは私の大目的を叶える手段ではあるけど、それありき、に今年はちょっとなっていたのかな。

 

 

 

場所が代わり、高内のりこちゃんと私の家へ。

 

3歳の娘さんKちゃんとは講座やお茶会などで何度か一緒でしたが、

 

お家でハッスルしている、いつも見ない可愛らしい姿に癒されました^^

 

 

寝かしつけて、のりちゃんとも 学びについて 最近の活動について お金について

 

などなど語ります。

 

のりちゃんは、私も含めて色々な方のブログを読み込んでくれて勉強熱心な方。

 

こういう時はこうしてきた、など私が経験していないことも背中でアドバイスをくださったり。

 

いつも、私は自分のダメなところばかり見てしまうな〜と実感しました。

 

 

 

以前なら一人悲劇のヒロイン、だったのが今は周りに話せる。気づける環境ができてよかった!

 

人を家に泊めるのに気を使いすぎている私も発見できました。

 

 

 

今年の活動は、英会話ありき、人を集めなきゃ、とか。

 

レンタルルーム借りたから元を取らなきゃ、とか。

 

コラボ相手に顔が立つようにしなきゃ、感が少し出ていた私。

 

去年以前は、少ない人数でもブログからの申し込みがあったり、

 

英会話レッスンでもそれ以外のものを受け取った!とご感想を頂いたり。

 

英会話で集まってくださった生徒さんと、

 

ブログ経由で目に見えないもの(具体的には模索中です;) 両方が

 

私を経由していい影響を受け合っている。

 

そんなイメージができた、昨日から今日にかけてでした。

 

道にそれるようなことが起こっても。壁や、マナーの悪い人がやってきたとしても道にそれない私。

 

そうなるために。今はkatsu塾で学んでいる。今はこれでいいんですね。

 

いい循環が作れる人間になっていきます!