▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 
やっぱり、花よりダンゴ…なのかなぁ。
このプレジデント社で出版している
『dancyu』という雑誌は好きで、
たま~に購入することがある。
たとえば
 
載っているレシピを真似して
「ソレ風のもの」を作ってみたり。
 
--------------
 
何も関係なく、2年前のちょうど今ごろ。
暑くて寝苦しい夜はベランダに
クレートを出して、私も窓辺で
一緒にウトウトした。これはまだ
早朝、目が覚めきっていない顔。

このごろの週末は大抵、ミニの

霊園にお参りしてショッピング

モールに寄ってお昼を食べ…、

フードコートの五目焼きそば。

 

買物のあとアイスクリームで仕上げ。

 

霊園の駐車場にいた立派な

カマキリ氏。

ミニが見たら大騒ぎだろうね…と、

母とちょっと笑った。

 

 

9月8日のおシャチさん詣で

さすがに長すぎるので今日で

終わりにするけれど…。

今回は、おシャチさんのパフォー

マンスと7月に生まれたベルーガ

の赤ちゃんを見ることが主な目的

だった。オトナになると白いベルーガ

赤ちゃんは灰色なの。

 

午前中のパフォーマンスのあと、

イルカを見たり

ペンギンを見て…。

 

レストランが混み始める前に!

エビとマッシュルームのドリアと

コーヒーをいただく。

奥に四角く光っている窓は

シャチの水槽ね。

 

午後からもう一度、おシャチさんの

パフォーマンスを見て帰り支度をする。

 

このおシャチさんたちのおかげで

心豊かな休日を過ごせたのだ。

次回はいつ行かれるかなぁ?

 

 

 

 

9月8日のおシャチさん詣で

まだ続けちゃう。

 

この日10時半からの部は、客席側

から4頭そろってのスタートだった。

4頭ともメスのシャチで、みんなこの

シーワールドで生まれて育った姉妹、

母娘の関係だそうだ。

 

4頭の区別は、このごろ大体わかる

ようにはなってきたけれど、イマイチ

自信が持てずにいるので記載なしで。

 

さて、座る席によってはずぶ濡れに

なると書いたけれど、こういう

ジャンプならその心配はほとんどない。

 

たとえば、バックビートといわれる

シャチの背中から落ちるジャンプ

だと

こんなふうになる。

で、ポンチョを着るなどの装備が必要

なのだけれど、中にはこのような…

ただし、このかたはハンパない常連さん。

 

あと、「うがい」といわれる技。

口からピュー!

かわいくて大好き。

 

トレーナーさんのスタイルのよさが

際立つリフティングバルーン。

 

もうちょっとつづく。

 

 

9月8日のおシャチさん詣で

つづき。

 

10時半からのパフォーマンス

開演前、高らかな笑い声が聞こ

えてきそう。

 

パフォーマンス中、こんなふうに

海水のカタマリが客席めがけて

押し寄せる。座る席によっては

全身ずぶ濡れになるので、覚悟と

装備は万全にして臨むべし。

 

プールの向こうの方から横向きに

泳いでくるおシャチさん、シッポで

水をバッシャンバッシャン、容赦なく

飛ばすのだ。(テールバースト)

 

正面にやって来て…!

こんなふうにオミマイされる。

 

まだまだつづく。