健康に◎心も体も元気印になる魔法のエネルギー【UE】アルティメット・エナジェティクス & イオン化ミネラル
こんにちは!
ご訪問、ありがとうございます😊


コロナ禍の経験から、健康を守るために免疫力を高めることを重要視する方々が増えていると思いますニコニコ


コロナやインフルエンザなどの感染症以外で
昔よりも増えている病や身体の不具合というと
皆さんは何を思い浮かべますか?



やはり、日本人の死因の第1位である
悪性新生物(がん)や

食事の見直しも必要な
糖尿病

などでしょうかおにぎ



そして、難病と呼ばれる
クローン病、潰瘍性大腸炎、パーキンソン病などの様々な病

あとは、昔の子どもには少なかった
アトピー性皮膚炎や発達障害など…

また、精神疾患である
うつ病や統合失調症…


いろいろな病名や呼び方が
身体の不具合に対して名付けられています。



さて、これら
現代に増えた身体の不具合に対して
今の西洋医学では投薬などを用います。

がんには、抗がん剤
糖尿病には、血糖降下剤や
ホルモンであるインスリン

難病には、それぞれの症状に合う薬
アトピー性皮膚炎にはステロイド剤

精神疾患には、不安を落ち着かせたり興奮をおさえる成分の薬など💊




病院や様々な医療現場で投薬を受けている人々を看させていただき抱いた疑問、それは


『身体の不具合の原因って、何?』

ということ。


全てのことには原因があります。
原因があるからこそ、その結果になる…


後天的な身体の不具合ならば、原因を改善すれば変化が期待できるのではないでしょうか?


原因は外的・内的要因など
いくつかが考えられますが、

その中のひとつに
ミネラル不足があります。

この飽食の時代、現代人は
なぜミネラルが不足してしまうのでしょうか?


昔は、農法が自然の摂理に基づくもので
野菜や米にバランスの良いミネラル分が含まれ、また、微量ミネラルたっぷりの山からの湧き水を豊富に飲めていました。


昔は簡単に自然にミネラルが摂れていたのです。


牛糞などの肥料を使い栽培した野菜、玄米等を食べ、湧き水で喉を潤していた時代の方々は
がん、糖尿病、アトピー性皮膚炎や難病、精神疾患等の不具合とは縁遠かったと思います。


現代人のミネラル不足に
警笛を鳴らしている様々な本があります。
これらの本には上記の内容が詳しく書かれてあります。

『現代病・生活習慣病はミネラル不足が原因だった』 医学博士 野島尚武 著

『難病を癒すミネラル療法』
医療ジャーナリスト 上部一馬 著
医学博士 沼田光生 監修






『食べなきゃ、危険!食卓はミネラル不足』
『食事でかかる新型栄養失調』
食品と暮らしの安全基金
小若順一・国光美佳 著



これらの本には【食生活の落とし穴】の部分が細かく書かれてあります。


ミネラル不足が
現代の栄養失調と言われています。
そのミネラルとは
一体何で出来ているのか?


ミネラル=鉱石
です。

ミネラルは日本語で『石』のこと。

石はそのままガリガリ噛んで
食べるものではありません(^^;)

噛んで食べたとしても
鉱石はそのままでは体内吸収しません。
水に溶けた状態で、はじめて身体に取り入れられます。

水に溶けたミネラルが主に含まれているのが
農作物、山の湧き水、魚介・海藻類などです。



ミネラルが簡単に摂れなくなった原因として

農作物については
戦後から農法が変わり農薬・化成肥料を使用した為、植物が根っこから根酸を出し土壌の鉱石を溶かして吸収するという自然の過程が疎かになってしまったと同時に、化成肥料に主に入ってる窒素・リン・カリウムでミネラルバランスが昔とは異なる不自然なものとなりました。
野菜の含有ミネラルは50年前の
10分の1などのデータが出ています。



山の湧き水については
水道の普及で衛生面重視となり、塩素が多めに添加された上に、フッ素やトリハロメタンや亜硝酸態窒素などが入った、これも自然そのものでは無いお水が蛇口から出てくることになりました。とても便利にはなりましたが、天然のお水の状態ではありません。




また、知らないうちに体内に入った不要な化学物質を身体から出すためにはミネラルが必要となります。

現代の加工食品には防腐剤などの食品添加物、いわゆる化学物質が入っているものが多くあります。
それらを食べる事で体内にあるミネラルを奪う為、更にミネラル不足が助長されてしまっている結果となっています。


また、
皮膚を経由して体内に知らず知らずに入り
(経皮吸収)、身体に影響を及ぼしているもの
があります。
シャンプーや化粧品等に添加された界面活性剤などの化学物質がそれにあたります。


体内に不要な化学物質を、皮膚や身体から出そうとする際にもミネラルを必要とします。汗からミネラルが出ていきますので、その分ミネラルを補充することが大切です。


更に
ミネラル不足は神経の伝導・伝達に対して影響を及ぼします。

『イライラはカルシウム不足』と広く認知されていますが、カルシウム以外にもマグネシウムやリチウム等が不足する事で、精神に影響を与えます。不眠症はじめ、多動の子どもやキレる大人も多種類の微量ミネラル不足が原因のひとつとして考えられます。ストレスも体内ミネラルを奪う要因となります。


体内のミネラルバランスが保てるとことで、神経伝達がスムーズになるばかりか酵素やビタミン、ホルモンも正常に動きやすくなりますアップ


食生活、口から入るものに氣を配った上で、ミネラルを意識して摂っていくことは、健康な身体作りへの第一歩になりますにんじ


コロナ等の感染症や
現代病から身を守るために
本来持っている自身の力を活かし
自分の免疫力を信じる心を大きくもって
イキイキと爽快・元氣に日々を暮らしていきましょうウインク




****************
お読みくださり
ありがとうございございました✨
****************
 
大切な、あなたの心と身体✨
 
ご自身の
心の声と身体の声を
毎日、聞いてあげていますか?
 
 
まず一番に
ご自身の心と身体を大切に
愛してあげてくださいね
 
 
あなたが日々健康に、
そして
幸せにご活躍できますよう
心から応援しています
 

このブログをお読みいただくと
アルティメット・エナジェティクス【UE】の 
「愛と祝福のエネルギー」
が自動的に流れます
****************
 
☆心と体をデトックスして至福の人生を♡
UE:ナースエナジー大阪
ホームページ


ブログランキングに参加しています