世田谷線若林 青森地酒居酒屋「酔処-yoitokoro-みね」のブログ

世田谷線若林 青森地酒居酒屋「酔処-yoitokoro-みね」のブログ

青森地酒と青森県十和田の食材をメインに青森料理のお店です。世田谷線若林駅すぐ横でアットホームな雰囲気で家庭料理やっとります!
営業時間は18時~24時(ラストオーダー23時)
定休日は日曜日他ブログもしくは店頭にてご案内しています。

酔処みねのみねです!

本日は少し早起きして、発酵デザイナー小倉ヒラクさんが手がけるイベントへ。
青森県十和田市の最強発酵食品【ごど】のワークショップにきました!

http://www.hikarie.jp/event/detail.php?id=4976
(発酵食品好きにはたまりません。入場無料是非!)

地元の十和田市から十和田大好き矢部ちゃんが【ごど】の先生として上京!30名の参加者の前で楽しく【ごど】の作り方を教えてくれました(*´艸`)


【ごど】は青森県南部地方とくに奥入瀬川流域旧十和田湖町あたりで作られている発酵食品。

地元十和田市の開拓の祖、新渡戸傳&十次郎(新渡戸稲造のおじいちゃんとおとうさん)が稲生川という人工河川をつくるまでは
青森の十和田湖に近い内陸部はヤマセが吹き「三本木原(三本の木も育たない)」と呼ばれ作物の育たない土地でした。

稲作の盛んではなかったその土地で主として食べられていたのは大豆。その大豆を納豆にしようとして失敗したものをアレンジしたものが【ごど】の始まりとのことでした。(昔は保温機なんてないし食料ももっと大事にされてた時代ですものね)






材料は
大豆(ゆでて保温し納豆にしたもの)


この3つを麹菌、乳酸菌、納豆菌によりがっつり発酵させたものが【ごど】でございます。
甘み、酸味、旨味、独特の香りをお楽しみください♪ちなみに、みねの祖母が作っていて食べた記憶がありますが子供の頃は酸味が苦手であんまり食べませんでした!が、お酒飲むようになってから最高に好きな味に(笑)
お酒は怖いですね(笑)

みねでも提供したことはございますが、これではれてみねも十和田郷土料理【ごど】の継承者となりました。







来週には多めに仕込むので近々お楽しみに!
【ごど】に関する質問等もお待ちしております!

みね
酔処みねです!

GWは

28日通常営業
29日通常営業
30日お休み
↓お休みいただきます
6日お休み

7日から通常営業いたします。


何卒よろしくお願いいたします。


【ご来店の皆様へ】
日頃より御愛顧ありがとうございます。
酔処みねのみねです。

(早い時間のお子様のご来店は大歓迎ですよ!)

当店では今後、
22時以降のお子様(18歳未満)のご入店、
ご滞在を御遠慮させていただくことにいたしました。

これまでは「もしかしたら今夜は特別な日なのかな?」とか、「家庭の事情で仕方ないのかな?」など、考慮をしてまいりました。しかし、当店は居酒屋であり、お酒やお料理をゆっくりと楽しみたいお客様もたくさんいらっしゃいます。なによりも、遅い時間にお子様が酒場にいることを、一個人として推奨できないと思い至りました。

わたしも子どもを持つ親ですので、そのあたりのお気持ちもわかっているつもりではおりますが、特別なご事情がある場合は事前に店主にご相談いただたらうれしいです(宴会などの貸切の場合も別途お知らせください)。


もちろん早い時間帯の
ご家族でのご来店は大歓迎です。
お子様連れのお客様にはまわりのお客様へのご配慮を、まわりのお客様はあたたかい目で見守ってくださるよう、何卒よろしくお願いいたします。お客様にとってより居心地のよい空間になるよう、わたしも努めてまいります。

店主みね