キャッチボール屋

テーマ:


ボールを投げ、ボール受ける。ただそれだけ。
【紹介文】
『殺し屋1』の大森南朋が10分百円の“キャッチボール屋”に扮する異色作。全編にほのぼのとした空気感が漂う風変わりな作品に仕上がっている。『…エヴァンゲリオン』の監督・庵野秀明が先代“キャッチボール屋”役で登場。
【ストーリー】
リストラされ途方に暮れるタカシは、とある公園でひょんなことからキャッチボール屋を受け継ぐことに。何となくキャッチボール屋を続ける彼のもとに、毎日変わった客が訪れる……。


【データ】
2005 日本 105分
監督: 大崎章
脚本: 足立紳
出演: 大森南朋 キタキマユ 寺島進 松重豊 光石研 水橋研二






野球しようよ!
【私的感想】
残念ながら私には合わなかったけど、こういうの好きな人もいるだろうなぁ。いい役者さんがいい味だして演技しているので、とくに可もなく不可もなく。ただ、キタキマユさんが美人って設定は納得し難いです。美人ではないだろ、個性的だけど。あと、全く野球が得意そうに見えない先代キャッチボール屋の庵野秀明さんが個人的にはツボ。
【私的満足度】
5.5Full-StarFull-StarFull-StarFull-StarFull-StarHalf-StarBlack-StarBlack-StarBlack-StarBlack-Star

AD