大阪維新の会堺市議会議員まとば慎一オフィシャルブログPowered by Ameba

大阪維新の会堺市議会議員まとば慎一オフィシャルブログPowered by Ameba

堺市議会議員 まとば慎一のブログ 大阪維新の会

アメブロにてここ数年ずっとやってきましたが、

 

この度ブログを引っ越しすることになりました。

 

新たなブログは下記urlです。

 

http://www.ishin-matoba.com/blog/

 

今後ともブログを続けてまいりますので

 

宜しくお願い致します。

 

 

今朝は泉ヶ丘駅にて早朝の活動をさせて頂きました。

 

本当に寒い朝でありました。

 

沢山の方々が市政報告を手にとって頂いたこと感謝致します。

 

新年明けましておめでとうございます。

 

新たな年、2018年が始まりました。

 

元旦に断酒会さんの例会に参加させて頂きまして、

 

今年がスタートしました。

 

アルコール依存症の対策に向けて僕も微力ながら今年も

 

変わらず邁進していきます。

 

昨年から馬場代議士、今年は西林府議が参加してくれまして

 

とても嬉しい日となりました。

 

 

昨日は堺市、堺商工会議所合同の新年互礼会へ参列しまして

 

堺市行政の初日を迎えました。

 

 

新たな気持ちで今年も頑張ってまいります。

 

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

 

昨日は堺市議会定例会が最終日にて閉会いたしました。

 

大阪維新の会堺市議会議員団として

 

議員年金復活反対の意見書を議会提案しましたが、

 

今回も反対多数にて否決となりました。

 

 

地方議会議員の年金を復活させようという動きがあり、

 

一部公金の入る議員年金について僕たちは反対しています。

 

議員年金廃止前の人たちに支払い続ける議員年金は多額となって

 

おり、それだけでも向こう約50年間は払い続ける必要がある。

 

堺市議会において理解されないのは非常に残念ですが、

 

僕たちのようにご付託頂くのは決められた任期によるものと

 

考えるか、職業として考えるかの考え方の違いであると

 

感じています。

 

 

また、本日は堺市美原区にあります、

 

社会福祉法人美原の郷福祉会ワークセンターつつじさんへ

 

行ってきました。

 

ワークセンターつつじさんは堺市美原区にある施設で、

 

障害者の方々の作業場です。

 

小型家電を解体し、レアメタルなどを取り出して障害者の方々が

 

収入を得れる仕組みを作り、

 

自立していくために設立されています。

 

各メディアでも取り上げられている取り組みです。

 

弊社のパソコン13台、その他を持参いたしました。

 

全て手作業で丁寧に解体されていきます。

パソコンは様々なデータが入っています。

 

僕の会社でデータの消去作業は行なっていますが、

 

物理的にもしっかりディスクを廃棄してくれます。

 

 

左から

黒田堺市議会議員、私、施設のマネージャーの川田さん。

 

廃棄するパソコンや小型家電などを社会貢献へ活かす仕組み

 

として取り組んでおられる活動に

 

弊社も参加させて頂きました。

 

この取り組みが更に広がっていくように

 

私たちも協力してまいります。

 

ワークセンターつつじさんのページ

週末は地元三原台の文化祭へ。

 

三原台中学校吹奏楽部の演奏を堪能しました。

 

本当に三原台中学校の吹奏楽部の演奏は

 

地域に定着しています。

 

毎年、卒業・入学を繰り返してメンバーも入れ替わる中

 

素晴らしい演奏をいつも聞かせてくれます。

 

 

アンコールの演奏が終わって、会場から惜しみない拍手が

 

続きました。

 

それから、急いで日本維新の会臨時党大会へ。

 

 

今回の党大会の運営委員として携わっておりまして、

 

いよいよ開催となりました。

 

一般党員の方も含めてマスコミフルオープンの中、

 

自由に質疑して頂きまして、執行部も真摯に全て答えさせて

 

頂きました。

 

代表選挙は行われずとなりまして、松井代表の続投が決定。

 

片山虎之助さんが今後についての想いを話し、

 

吉村大阪市長が最後頑張ろうコールを行い、

 

来年の住民投票に向けて一致団結していこうという想いで

 

閉会となりました。

 

いよいよ堺市議会は昨日開会しまして、

 

初日に竹山市長の市長報酬50%削減、特別職報酬削減の

 

提案がありまして可決されました。

 

同時に我々維新の会堺市議団が提案しました、

 

市議会議員の報酬20%削減条例については否決という結果。

 

早速、初日から色々ありましたが今後大綱質疑、

 

各委員会質疑へと移っていきます。

 

本日は市議団の議員団総会を開催する予定です。

 

 

昨日は堺市南区ふれあい祭りが開催されまして、

 

僕も参加して来ました。

 

本当に毎回雨の多いお祭りなのですが、今年も晴れました。

 

各地域のブースが出店されて賑やかでした。

 

三原台のブースにて毎年餅つきをさせて頂きます。

 

 

以前は年末に自宅でも餅つきしていましたが、

 

年齢とともにきつくなり今では機械でしています。

 

久々の餅つきは腰にきました。

 

でもかなり楽しませて頂きました。ありがとうございます。

 

こういうイベントは各地域の取り組みが繋がりとなり、

 

南区全体の繋がりへと広げていく意味において

 

非常に大事な事業と思います。

 

もっと南区の方々にご参加頂ければと思っています。

 

午後からは

 

池田かつし議員の10周年パーティ会場へ。

 

 

その後、ビッグアイで開催されていたコンサートへ。

 

多忙な日曜日となりました。

 

 

昨日は地域の方と役所、そして僕と西林府議で

 

近隣センターの再生について意見交換を行った。

 

泉北ニュータウンは街の開発において

 

「近隣住区論」という考えから作られています。

 

各住民区に近隣センターを設けて、徒歩で地域の暮らしが

 

成り立つように考えられているわけですが、

 

その近隣センターが自家用車の普及、

 

ライフスタイルや住民の世代構成の変化もあって

 

いくつかの近隣センターは全盛期に比べ衰退しています。

 

建物の老朽化も進行しています。

 

近隣センターの再生について次世代に合った、

 

新たな動きを地域の方々と広く議論をして取り組んでいく

 

ことが必要です。

 

僕たちも行政と地域の橋渡しをしっかり行い、

 

掛け声だけでない、動きを出していくために全力で

 

取り組んで行きます。

 

またポッドキャストも第22回放送を行っています。

 

ポッドキャストアプリで「的場慎一」検索頂くか、

 

アプリでなくても下記、僕のホームページでお聴き頂けます。

 

http://www.ishin-matoba.com/podcast/

 

宜しくお願い致します。

先日、党大会の運営についての会議に参加。

 

堺市議会議員団の総務会長は本体の副会長となり、

 

一員として出席して来ました。

 

党大会は一般党員のみなさんにも公開して行われます。

 

僕はこういう時こそしっかりオープンにして

 

この政党の存在意義を発信するくらいの大会にと発言しました。

 

代表もそういう想いであるとのこと。

 

党大会は11月25日に開催予定です。

 

 

 

昨日は大阪維新の会全体会議に出席した。

 

ここ数日、ツイッターで丸山氏と橋下さんとのやりとりが

 

話題になっている中でしたが。

 

僕は昨日の会議の中でやはり一番重要と感じたのは

 

都構想や身を切る改革は手段であって、目的ではない、

 

手段を使って実現していく大阪の未来像、

 

その説明やご理解を頂く努力がもっと必要であったとの

 

松井代表の話だった。

 

僕も市長選挙、衆議院選挙と立て続きの選挙の中で

 

有権者の方からご意見なども頂き、感じていたので

 

非常に腑に落ちたし、僕の考えている問題意識などは

 

当然代表もわかっている。

 

また吉村さんがトップを務めることになる住民投票に向けた

 

対策本部の運営方針なども聞いて、

 

僕はこれからの大阪維新の会についてある意味

 

本格的にセカンドステージへの移行を実感した。

 

そういった意味において昨日の全体会議は

 

本当に有意義な会議となったと思う。

 

 

国政選挙が終わりました。

 

堺市、西・中・南区の大阪17選挙区では馬場伸幸が

 

皆様のご支援によって小選挙区にて勝利させて頂きました。

 

自民党が大勝となり国政の行方も大河のように流れていく

 

と思われますが、しっかりとピリリと辛い、国政の改革を

 

促すサイレンを鳴らし、ご付託に応える仕事を行うために

 

国政へとお送り頂きました。

 

今回の選挙で様々な新党の話題が色々あって、

 

右へ左への大騒ぎとなりました。

 

政治家の信念の脆さとメディアの影響力誇示との

 

戦いでもあった。

 

僕たち維新の会は在阪メディアには好かれていないのだから

 

カッコつけてもしょうがないし。

 

色々な波が来ても、あれがどうこれがどうではなくて

 

麻生さんが言っていたように

 

「オタオタせず」自分たちの歩んで来た道と

 

政治信念を持って有権者の皆さんも含めて強固な絆で

 

地道だけどもしっかりした歩みを進んで行きたい。