南印度洋行 社長と社員のつぶやき

南印度洋行 社長と社員のつぶやき

仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。


テーマ:

今日から愛媛県の服部です。


「グリーンみきゃん!グリーンみきゃんがほしいの。グうううリーンっ!」

愛媛県のキャラクター みきゃん にどハマりしている2歳の娘が

僕が愛媛に行く準備をしている事を知り父の背中をパシパシと叩きつつ騒いでいたのが昨日の夜。


ん?ああグリーンみきゃんね。

そういえば、なんかサングラスみたいなめ目で悪そうな緑のみきゃんいたね。

空港かどっかで。

「あいよ。もし見かけたら買ってくるね。グリーン。でも、見かけなかったらごめんね。」

と勝手にテンションマックスな娘を残し布団に潜り込み翌朝。

で、娘に甘い父親は松山空港に着いてもしっかりと忘れずにいるわけです。

グリーンみきゃんの事を。

空港でグリーンみきゃんを捜索して10分。

オレンジみきゃんはアチコチで見つかってもグリーンみきゃんは見つからず。

うーん(恥ずかしいので)気は乗らないが仕方がないか


お土産屋のお姉様に

「あの緑色のみきゃんのぬいぐるみってありませんか?」と聞いてみたところ

「えっと、緑色のみきゃん?」と店員さん。

「はい。あのチョット悪い感じの緑の

。あああ。はいはい。二階に売ってます。」


はい。ようやくゲットしました。グリーンみきゃん。

正式名称はダークみきゃんだそうです。


なんとなく覚えていた印象より現物はもっと悪い感じ。



娘よ。父ちゃん、だいぶ時間使ったぞ。大事にしろよ。

電車とか砂場とかに置きっぱとかにすんなよ。


服部


テーマ:

ある事から愛媛県のゆるキャラ みきゃん をとても好きになってしまった

娘はどこに行くのにもみきゃんの小さなぬいぐるみと一緒でして…

ところがもはや梨きゃんと呼ばなくてはいけないほど薄茶色くなった

その大事なぬいぐるみを旅行先で電車に置き忘れ、嫁がアチコチに電話を

かけまくり、奇跡的に宅急便で帰ってきたという服部家本年度NO1の事件が解決した翌日。


殺人的な暑さのベランダのクーラーの室外機に向かって

自分で作詞作曲した歌を歌い出す娘(声がゆれて面白いらしい)

「みきゃんはねえ~でんしゃから~ママちゃんがでんわしたらねえ~

もどってきたのよお~よかったねえ~みきゃん~」

ふむふむ。よほど嬉しかったんだなあ…みきゃん戻ってきて。

嫁は大変だったが、なんにせよ良かった良かった。 などと思いつつ

「それ、なんて歌?」   と聞いてみると…


「リスのうた」    と娘。


なんでえっ!?


服部


テーマ:

バンガロールの服部です。

インドに来ている間に大阪も北海道も大変なことになってるようで

なんかもう日本のアチラコチラがなんと言うんでしょう

とにかく早く普通の平穏な日々が送れるよう祈っております。


そんな中まことに恐縮ですが

昨日の僕の1日はこんな感じ。


6:00 チェンナイのホテル出発



移動



7:458:15 朝飯 



移動



11:1512:10 A工場



移動



12:3013:00 B工場



移動



15:1016:10 昼飯



移動



17:2018:20 C工場

(花輪が長いのか僕が短いのか。てか首が重い。)



移動




18:30 車を止めて暗くなる前に石の整理。

(売人?)



移動



18:4018:55 電車通過待ち



20:00 バンガロールのホテル到着




20:30 晩飯

(マサラピーナッツ)


以上、「移動」が殆どのインドでの普通の1日でした。


服部


テーマ:

SI野球同好会

blog報告がこの活動の条件のようです

 

特に応援しているチームがないのですが

球場巡りも楽しみの1つです

 

3回目のSI野球同好会は

マリンズ×オリックス戦@千葉マリンスタジアム

メンバーが増えたはずなのに・・・立地なのかな?

会長:平川&隊長:本宿(仕事で遅刻)の3名での観戦です

 

実はこの日、台風20号横断

関東は直撃はありませんが船の入港が遅れるほどの強風です

会長平川より「強風の中の楽しみがある」と聞いていた通り

通常ヒットにならない打球がヒットになったり

ボールが風で押し戻されたり

普通では見れない動きがみれました

 

試合の方も

追いつかれたあとの逆転というとても面白いゲームです

逆転で喜ぶオリックスファン平川

パリーグならマリンズファンという本宿はがっかり中

 

はじめてグラウンドも歩きました

 

 

出店もいっぱい出ていたし

美味しく・楽しく観戦をすごし解散

 

 

・・・・

 

のはずが、若干1名

「寝ちゃだめだからね」とダチョウ倶楽部のような振りをされ

案の定、寝過ごし通常ルートで帰宅ができなくなり

更に乗り継いだ電車も寝過ごし

千葉→東京→千葉に戻ってきてしまった人間がいるのはナイショです

 

 

記:柳田

 


テーマ:

さて 俺の石 第3話

2日目 手術日

手術日なので朝食は有りません。

空腹と睡魔と軽い戦いをしながら、手術着に着替えます。

11時になり、手術室まで歩いて向かいます。

医師に自分の姓名と病名を伝え、いざ手術台に。

横になったらマスクと付けられます。

「これが全身麻酔のヤツね」

と思ったとたん。意識が落ちそうになります。

深酒して、横になって目をつぶると平衡感覚が無くなる感じ。あれに似てます。

で、左手に注射針を刺されるのを認識したところまで。

はい。落ちました。マスクを付けられて5、6秒くらいかな…?

で、

「終わりましたよ」

の声で意識を取り戻します。

「早っ!!」

後から聞いたら1時間半程度だったようです。

意識を戻されてから、徐々に体の感覚を取り戻してきます。

病室に戻り、はっきりと意識が戻った時、激痛が走っていることが分かります。

何って?

「尿道カテーテル」

これ、ものすごく痛いです。尿道の奥が。

仰向けでしたが、寝返りをうてないです。いや、マジで。

軽く体をよじるだけでも、激痛が走ります。

大人用オムツを履き、カテーテルがベッドの脇へ。その先は姿勢を起こせないので見れません。

左手には点滴。中身は生理食塩水で、どんどん排尿させて、尿管内を綺麗に…

カテーテルが痛く、体も動かせず、オムツは蒸れ...もう前日の水1.5リットル飲むのなんて可愛いもんです。

まずは、カテーテルの良い感じのポジション探しです。

手術で取れた結石をもらいましたが、そんなの後回しです。



試行錯誤の上「少し膝を曲げる」と激痛→痛いに代わります。これがベストポジションであろう。仕方ない。痛いけど。

次にオムツの蒸れ。これ結構きつい。

少し膝を曲げているので、膝を軽く開閉します。するとオムツの隙間から空気が入り、新鮮な空気が入ってきます。

前側は空気の流れが起きるので、少し冷えます。ふぅ…

問題はお尻側。軽めのブリッジすると空気は入りますが…、カテーテルが痛いです。長時間のブリッジも無理。諦めるか…

正直、全身麻酔だから余裕じゃんって思ってましたが、色々と半端無い。

看護師さんに「この尿道カテーテルっていつ取れるんです?」に「明日9時ごろの回診の時に取りますよ」

明日朝9時かぁ…長い…

ベッドが電動リクライニングで、少しだけ上半身の起こしと膝曲げができます。

痛みに耐えつつ、やり過ごすしかない…

18時になり食事。移動式テーブルの上にトレーを載せられる。それをやや下から眺める。

体起こせない。どうする?

左手の点滴、手首に針が刺さっているので手首を動かせない。動かせるのは右手だけ。

とりあえず箸を持ち、何が入っているか分からないまま、器に箸を突っ込む。

箸で掴めるモノは何とか食べられる…汁物は無いようだ。

食後の後はただ寝るだけ。ってか痛くて寝られないし。

1時間位ごとに看護師さんが点滴の残量を確認しに来ます。

消灯後も確認しに来ます。毎時間。痛いです。

ただただ、痛みとお隣さんのイビキに耐えるだけ。とても長い夜。

空が白けてきたのか、少しずつ部屋が明るくなっくる。午前4時。尿道カテーテルが取れるまであと5時間。

3日目へと続く…


 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス