株式会社ミナミ自動車鈑金

株式会社ミナミ自動車鈑金

静岡県浜松市の(株)ミナミ自動車鈑金です。
鈑金塗装・全塗装・フルエアロ・エアロ加工など
カスタムカー製作や日々の出来事をお伝えします。

当店のGWが終わり本日5月7日より営業開始しました。

 

GWはいかがお過ごしでしょうか?

家でまったりしている方が多いのではないでしょうか?

 

私のGWは家族でほそぼそとBBQやったり実家の裏山登ったりといつもとは違う過ごし方でしたが

しっかりと自粛は出来たと思います。

 

そんなGWでの出来事。

BBQの買い出しで、子供が真剣に野菜コーナーを見ているんです。

すごい真剣に見ているので何が欲しいのか聞くと

 

「コレ買って」  ん?これはネギだぞ?好きなのか?

「うん。ネギ買って!」

 

まぁ買う予定でしたので迷わず買い、車に戻ったときです。

 

ふと、後を見てみたら・・・

 

ん? これは?!・・・

 

これかぁぁ!

これがやりたかっただけなのか!

 

言うまでも無くネギは大人しか食べませんでした。

そんなGWでした。

(マイクラ)

 

 

さて・・ 現在進行中のツインをご紹介します。

これが↓

こうなってます。

ビンテージグリーン FIAT500の純正色です。

ブース内なので色が明るく見えてしまっていますね。

明日より内装加工に入っていきます。ダッシュボードをワゴンRのダッシュボードに・・

 

 

 

さてこれはなんでしょうか?

これは何ですか?とよく聞かれる車です。

HPには載っていますが知らない方も多いでしょう。

ジムニーサンタモニカ 

 

それでは明日8日より仕事の方頑張っていきたいと思います。

 

株式会社 ミナミ自動車鈑金

いかがお過ごしでしょうか?

全国的に自粛モードとなり当店も多少なりとも打撃はあります。

GW前のため仕事はセーブするので比較は難しいのですが

3月下旬~4月上旬の問合せは減っていた気がします。

 

ですが、数日前から大変多くのお問合せがあり少しだけ活気を取り戻してきているような印象です。

これからGWでまだまだ自粛モードですが、いつもお出かけになられてる方もいると思いますが、

この機に家の掃除や日曜大工、日曜車いじりなどしてみてもよいかと思います。

私はGWを毎日庭でBBQをしようかと考えております。

肉破産する可能性があるのでキノコ類を中心に焼く予定ですきのこ

 

こんな時でも当店の常連様方達は次の作業計画をコソコソ考えており、日々意味の分からないことを言っております。

頼まれたら頑張りますけど、もう少し、もう少しだけ、絵を綺麗に書いてくださいね笑い泣き

 

 

GWは4月30日から5月6日迄お休みで、5月7日より営業再開となります。

 

今現在スモーク塗装、ヘッドライト塗装、部品加工等のお問合せ多々がありますが

作業開始は5月7日からとなります。4月作業は締め切っております。もう一度言います。4月作業は締め切っておりますガーン

当店へは5月7日着又は5月7日以降で発送頂ければ順次作業の方させていただきます。

現在未予約でご検討中の片はメール又はラインにて受付しております。

 

お問合せ・質問・見積りはGW中も受付しておりますのでお気軽にお問合せください。

お取引の流れはスモークページの下記を御参照ください。

 

https://minami-car.com/smorktosou.html  

(スモーク塗装・お取引の流れ)

 

それでは皆様、何事もポジティブに頑張っていきましょう。

 

株式会社 ミナミ自動車鈑金

 

 

 

久しぶりのブログ♪

日産リーフでのカスタムは珍しいので遂UPしてしまいました。

 

ノーマル純正バンパーが!?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ここまで変貌メラメラ

 

<加工内容>

純正バンパーの左右へ立体ダクトを製作。

元々2cm幅のLEDディライトがあり、寂しいダクトだったのですが

4倍程切り込み大型ダクトへ。

ボテっとした感じから鋭くスリムになった気がします。

そこへIPF製の75φフォグをインストール。

上下の光軸調整が出来るよう+ビスで右回り左周りで調整可能。

上向きフォグは対向車へかなり迷惑をかけますからね。

 

次にセンターの(ナンバーの付いている部分)グレーに塗られている部分をカット。

スポーティーにするなら開口部は大きめが印象を変えてくれます。

最後にバンパーの下に付くアンダースポイラーを製作。

汎用品も考えてたのですが、結局形が違うわけで加工となるため

一から製作することに。

この形もデザイン次第ではインパクトが変わってきます。

ただ出っ張ってればいいものではなくスタイリッシュに且つ違和感のない形状と

丈夫さが必要となってきます。

ほとんどの純正バンパーでは多少前上がりとなっている事が多くそのまま下にポン付けだと

前上がりとなってしまいます。

なので・・・・

サゲサゲ↓サゲサゲ↓サゲサゲ↓サゲサゲ↓サゲサゲ↓サゲサゲ↓

このように同じ高さになるように製作しなくてはいけません。

これで同じ高さの地上高14cm。サイドスポイラーは15cmですので1cm差となり

横から見てもフロントだけ低いとはあまり分からなく違和感ありません。

次にスポイラーの強度を高めるのに必要な柱。

3本の柱を製作。

高速でも耐えれるよう設計・取付。

取り外し可能なのでボルトナットは9SETで脱着可能。

 

(おまけ)次にフロントのアブソーバー取付部のカバー作製。

見ての通り水が上から流れてきます。

カバーを外せば真下。錆びてしまっている方も多いかと思います。

ここへFRPで製作したカバーを装着びっくり

振動では外れないが、廻して引っ張ると外れる仕組み。

 

完成クラッカー

次回はホイール交換とレカロシートの納品待ち!!

 

 

株式会社ミナミ自動車鈑金

静岡県浜松市西区白洲町3306

電話053-487-2683

http://minami-car.com/