mimico日記

mimico日記

ミミロータスの日々の日記を綴ります

ところでスコーンは、いちから洗い直しています。

スコーン。
mimiLotusは『紅茶屋さん』と言われるより、『スコーン屋さん』と言われる方が多かった。
鎌倉にお店を構えた2005年当時、スコーンは今より一般的に知られるものではなくて、英国の紅茶にあわせる粉の塊のようなモソモソしたお菓子=おいしくないというイメージの方が強かったと思う。

だから、スコーンを一番の売りとしてやっていくことは、最初はとても難しく、ティーウィズミルク(英国式ミルクティー)とあわせて初めて、おいしさを作り出せるという演出をするのに必死だった。

紅茶といえば、イギリス・ヨーロッパというイメージが一般的には強い。
けれど途中から私は、自分が発信したい紅茶文化はもっと土臭い、生活感漂うアジアの紅茶だということに気づいた。

そしてこれからは、チャイにあうスコーンをつくる。
イギリス式ではない、インドやネパール、アジア圏で飲まれているミルクティー。

スコーンは、生まれはスコットランド、そこからイギリス全土に広まったお茶菓子。
そのスコーンを、アジアで親しまれているがっつり濃ゆいミルクティーに、どう合わせるか…

いくら作り慣れたオリジナルのスコーンレシピがあっても、それはもう私の中では過去のものだ。
配合も材料も、焼く温度や仕上げの演出だっていちから見直す必要がある。

飲み物は、メインになる食べ物があるからおいしくなるし、食べ物は、飲み物があるからこそおいしくなる。
その部分は、変わらない。

とまあ、散々脳内自問自答を繰り返したあとで、
要するにうまいもんできりゃええやん、てとこに落ち着き、今日もとりあえず焼いてます。笑

*写真はバナナとカルダモンのスコーン。
このほか
・ベリー×ブラックペッパー
・チョコレート×ネパール山椒
・あんず×ミント
・プルーン×フェンネル
・金時豆×シナモン(改良)
・さつま芋×ジンジャー(改良)
・マンゴー×チリ
・りんご×ローズマリー

などがコンプリート🙌✨


アイスチャイは鬼門。

もう時効なので(何のw)暴露しますが、
今まで『アイスチャイ』は、納得いかずのまま放置してました。

鎌倉のお店では、アイスチャイは夏になるとよくでるオーダーだったのですが、それよりもシュワシュワ炭酸のスパークリングティーや、季節の生のフルーツを使ったアイスティーの方が人気だったので、
ま、いっかと それに紛れてさぼっとりました。はい。

だって本場インドでもネパールでも、チャイを冷たくして飲まないし!と、安易な言い訳をそこに加えておいて、
そのまんまにしてました。はい。

いやはや、次はチャイ屋なので、そうは言ってられないす!というわけで、
本気だして試作してます。

で。
ようやくええのが出来てきたような、気がします。

…………………
今まで作っていたアイスチャイのスパイスに、ブラックペッパーとミント、シルティムル(Sil-timur)を加えて、煮詰めて煮詰めて、煮詰める。
これはもう、魔女の作業。

シルティムルは、ネパール山椒・ティムル(timur)よりもレモングラスのような爽やかな香りが強い。
現地でもあまり目にすることはなくて、生のシルティムルとトマトのアチャールを初めて食べた時、その清々しい香りに衝撃を受けたのを覚えています。

大人な清涼感とスパイシーな香りが鼻腔に残る、アイスチャイ。来年の夏には、誰かに飲んでいてほしいなぁ。

#ハコづくり日誌 #試作 #信州 #mimiLotus #チャイ屋と旅


【イメージノート】

これからつくるハコのための、
浮かんだイメージを書き殴る、自由なノート。笑

つくりたい空間として浮かぶものは殆ど、旅の中で出会った風景。

ショッキングピンクの窓枠、
花柄のガラス、
ゆらゆら揺れる色褪せたカーテン。
朽ちた扉、
何度も貼り直されたポスターの跡が残る壁。

それを古い日本家屋と混ぜ合わせる。

ひとつひとつは断片的なパズルのピースみたいでバラバラだけど、多分、だいじょぶ。
自分の中ではひとつの絵になっている。

イメージするって、すごく大事。
妄想は、タダだから。笑

こういう時間が一番楽しんだわ。