モアオーガニックなスキンケア通販の「ぷろろ健美堂」を運営する白樺じっちゃんこと八幡です。

 

 

 

化粧品や美容液をつけた瞬間に肌が潤う魔法のような化粧品。なめらかで使い心地がよく、お肌はたちまちぷりぷりに。そんな化粧品の広告がよく目に入ります。便利で手軽で、瞬時に美肌が得られるのであれば女性受けするのは当然です。でもそこには、それなりのカラクリがあることをご存じでしょうか。合成ポリマーという化学成分が使われて、肌の表面にビニールの膜をつくり、水分を吸着してつややかな肌にみせますが、肌が塞がれることで内部では劣化が進行し乾燥肌がすすみます。

 

 

合成ポリマーはほとんどのケミカル化粧品に配合されています。その理由は簡単で、効果を演出できて、天然ポリマーに比べて圧倒的に安価だからです。水溶性の合成ポリマーは水との親和性がよく、たくさん水を抱え込むことができるので、化粧水、乳液、クリームなどによく使われます。塗ってしばらくすると肌の表面に薄いビニールの皮膜をつくり、さらっとした質感のハリ肌を演出します。またかぶれにくいので、気づかないうちに内部の乾燥がすすんで、敏感肌用の化粧品が手放せない肌になります。

 

 

 

合成ポリマーの便利さは、油や乳化剤を使わなくても乳液やクリームを作ることができることです。さらっとした使い心地と、つるりとした感触で、肌がきれいにみえます。ファンデーションや口紅に配合すると伸びがよく、落ちにくいうえつやつやになります。ただ、それはあくまで見た目の錯覚で、素肌そのものがよくなったわけではありません。化粧品でそう見えているだけで、化粧を落とせば元の肌のまま。使いつづけると肌環境はじわじわと悪化し、肌トラブルにつながります。

 

 

 

 

 

 

 

 

合成ポリマーは、水分をいっぱい含むことができる高分子樹脂なので、瞬時にしわが消えたようにみえます。しかし、肌の内部はどんどん劣化するので、これを補う化粧品に依存せざるを得なくなります。ポリマーの分子は非常に大きいので肌の表面にとどまり、中に入り込むことはありません。しかし、単独で使用されることはなく、合成界面活性剤といっしょに使われるためバリア機能が破壊され、アレルギー物質の侵入や水分の蒸発しやすい肌になります。

 

 

また合成ポリマーは皮ふを密封して皮脂の分泌を阻害するため、皮脂をエサにする常在菌が生息できなくなります。常在菌は肌表面のバリア機能を担う大切な微生物ですが、常在菌がいなくなるとバリア機能はどんどん低下していきます。

 

 

水を吸着して膨らんだりしぼんだりを繰り返すことで、肌はしわができやすくなります。そのしわを消すために合成ポリマー入りの化粧品を使いつづけなければなりません。するとメーカーは乾燥肌用、敏感肌用、しわ取りなどの化粧品を用意しておいて、「こんな症状はありませんか?」と問いかけて売りこみ、売り上げを確保します。肌を傷めて困るのは消費者です。

 

 

 

 

                    甘い言葉に惑わされず成分を確かめることが大事

 

 

よく使われる合成ポリマーは、ジメチコン、シクロメチコン、カルボマー、シロキサン、アクリル酸、メタクリル酸、メチコン~、セルロース、ポリオキシ○○、○○ポリマーなどがあります。合成ポリマーによるビニールの膜で皮ふを密封したままにはできないので、寝る前には強いクレンジングで必ず落とさなければなりません。クレンジングで毎日強く擦って肌を傷める可能性が高くなります。ある調査では、現代女性のほぼ8割が自分は乾燥肌だと答えており、このことを裏付けた形になっています。

 

 

乾燥こそは、あらゆる肌トラブルの入り口にです。酒さや酒さ様皮膚炎で悩みながら、原因を知らないためケミカル化粧品を使いつづけているケースが非常に多くあります。敏感肌の人は、ケミカル化粧品の使用には十分注意しなければなりません。もう一つの重要な問題は、オーガニックや自然化粧品、敏感肌用を名乗る大部分の化粧品に、防腐剤や合成ポリマーなどが使われていることです。炎症を起こしている肌にとって、ケミカル成分は刺激要因です。広告のムードやコマーシャルを鵜呑みにせず、全成分に何が使われているのか、しっかり自分の目で確かめることが重要です。40歳を過ぎると急激に老け顔になる人を見かけますが、年齢を重ねても素肌そのものを美しくぷりぷりに維持したいものです。

 

 

 

白樺樹液を使った天然・国産100%のモアオーガニックコスメ通販サイトはコチラ

白樺ドリンク(ホワイトバーチウォーター)の通販サイトはコチラ