モアオーガニックなスキンケア通販の「ぷろろ健美堂」を運営する白樺じっちゃんこと八幡です。

 

 

 

あるショッピングセンターのイベント会場で、地方のおいしそうな物産がところ狭しと並べられていました。手に取って裏面のラベルをみると、どれも原材料名のほか、トレハロース、膨張剤、増粘剤、着色料、香料、安定剤、乳化剤、酸化防止剤などなど、たくさんの添加物が列記されていました。辛うじて添加物が使われていない、煮干し、黒砂糖、柚子茶のみGETすることができました。その足で化粧品売り場へ回ってみると、相当広いスペースに、さまざまなメーカーの化粧品が整然と並んでいます。商品のラベルに目をこらすと、どれも合成界面活性剤や合成ポリマー、保湿剤、防腐剤などのカタカナやアルファベットがびっしりと書かれています。ポップ広告の「乾燥性敏感肌用」「植物がくれた透明感」などの言葉に誘われて、若い女性たちが手に取り真剣に選んでいました。やがて肌トラブルの予備軍になる可能性もあるというのに。

 

 

時代の流れとはいえ、私たちの生活は合成化学成分から逃れられないのだとつくづく実感します。合成添加物の怖さを知ってしまった身には、お土産品もつい裏返して成分をみるくせができ、ほとんど買えるものがなくなってしまいました。知ってしまった不幸とでもいうべきでしょうか。

 

安部司さんといえば、「添加物の神様」ともいわれるほど有名人です。「何を食べたらいいの」など、食品添加物に関する著書もたくさんあります。昨今では、合成添加物の白い粉を混ぜ合わせると、カニ味、マツタケ味など、どんな味でも自由自在に調合できてしまうそうです。ある日の夕方自宅に帰ると、孫娘がスーパーで買ってきた肉団子を美味しいおいしいといって食べていたそうです。それをみた安部さんはゾッとしたといいます。廃棄処理寸前のクズ肉をミンチにして添加物の白い粉を加えると、色も味も抜群の美味しい肉団子ができ、全国で飛ぶように売れたヒット商品でした。まさに自分が開発した肉団子だったのです。それをみた安部さんは、そこから人生を180度転換して、会社を退職し、添加物の恐ろしさを説く、まったく逆の立場になったのです。いまでは全国を飛びまわって添加物の恐ろしさを伝える実験や、講演活動に奔走しています。

 

 

 

「食品添加物の神様」といわれる安部司氏の本

 

 

 

賢い消費者は、買い物で食品添加物をなるべく避けようと日々努力しています。合成添加物が有害であることを知っているからです。厚生労働省は安全としながらも、配合量を規制しています。基本的に人体に有害なものだからです。化粧品では、薬事法化粧品基準に「ネガティブリスト」と「ポジティブリスト」というものがあります。それにしたがって化粧品の開発・販売、輸入するときは届け出しなければなりません。ネガティブリストとは、化粧品に配合することを禁止するものなどを定めています。ポジティブリストでは、多種多様な防腐剤、紫外線吸収剤、タール色素で100 g中にどれだけ配合できるかを定めています。それらにそもそも毒性があるからです。たとえ微量でも合成成分は分解しないので、長い年月に体内に蓄積し、肝臓や腎臓に負担をかけ、活性酸素を発生して細胞を傷つけて、様々な病気やガンの原因になったりします。

 

 

 

 

                    化学成分の安全性はこう説明されている

 

 

 

 

全国に展開するコンビニの数は、いまや58,000店にものぼるとされています。この膨大なコンビニで食中毒が発生したというニュースを聞いたことがありません。梅雨時や真夏でも食中毒は発生しないのです。陳列した食品が腐らないように、大量の防腐剤が練りこんであるからです。1年間放置しても腐らない食品がほとんどだともいわれています。店舗に陳列されている間だけでなく、家庭に持ち帰ってからも、簡単に腐敗してはいけないのです。この食品を食べたらどうなるでしょうか。皮ふから入る化粧品とて同じことです。陳列している間に、もし化粧品が腐敗したりしたら大変です。購入したあとでも、腐敗して使えなかったら大問題になるでしょう。このため大量の防腐剤が入れられているのです。

 

 

 

 

食品や化粧品が腐るということは、細菌が繁殖して酸化させることです。腐敗させないためには、細菌の繁殖を防ぐ防腐剤が使われます。防腐剤とは殺菌剤でもあるわけで、これが食べ物といっしょに体の中に入ると、お腹の中のビフィズス菌などの腸内細菌はどうなるでしょうか。化粧品であれば、肌の表面に住んでいる善玉菌の常在菌が一網打尽にされてしまいます。細菌がいなくなれば、腸内では腸内環境が悪化し、肌では悪玉菌が繁殖をしはじめます。それが現実になっています。腸内環境の悪化や、肌トラブルが起きているからです。人間は古来から細菌と共生してきました。そもそも味噌や醤油、お酒の醸造には、酵母菌や麹菌がなければつくれません。細菌はすべてが敵なのではなく、有益な菌たちがいることを意識すべきです。

 

 

ケミカル化粧品の場合はそれだけにとどまりません。美容成分を肌の中に送り込むために、肌のバリア機能が邪魔になることから、合成界面活性剤で壊しています。バリア機能が破壊されると、水分が蒸発して乾燥し、アレルギー物質が肌の中に入ってしまいます。それが敏感肌や酒さの発症につながり、その治療のために処方されるステロイドで酒さ様皮膚炎になる人が大勢いるのです。治療にかよっても治らず、慢性化や悪化がすすんでしまう不安と苦しみは、当事者でなければ理解できないことでしょう。症状がひどくなると、すべての化粧品がアレルギーを起こして使えなくなり、水洗顔でさえもヒリヒリするようになります。人と会う仕事だと、やむなく休職したり、退職を余儀なくされてしまった人もいます。治療に専念するも改善の気配がみられないので、精神的に落ち込み、疲れ果て、人生に絶望してしまう人もいます。決して大げさではありません。いまや想像をはるかに超える数にのぼっているのです。横のつながりがないので、「どうして自分だけが」 と多くの人が孤独にさいなまれています。

 

 

 

 

                      ステロイドの副作用による酒さ様皮膚炎

 

 

そこで酒さ様皮膚炎と闘っている人たちや、あるいはこうして改善したとしたという人たち同士が、互いに情報交換できる場が必要だと痛感しています。決してあきらめてはいけません。天然成分100%のスキンケアで保湿をすることで、どんどん良くなっている人たちがたくさんいるのですから。酒さ様皮膚炎は、食品添加物を含む食べ物にも十分注意しなければなりません。できるだけ早く、SNSなどでこのような情報交換の場を作れないか考えてみたいと思っています。

 

 

 

白樺樹液を使った天然・国産100%のモアオーガニックコスメ通販サイトはコチラ


白樺ドリンク(ホワイトバーチウォーター)の通販サイトはコチラ