ご訪問ありがとうございます♡

 

営業職で培った

目標達成×効率化ノウハウで

“忙しい女性経営者”の事業を

サポートします!

 

パーソナルアシスタント
高山はるなです。

自己紹介はこちら→

 

 

 

ご無沙汰しております!

新年度始まりバタバタしておりましたが

毎日たのしく過ごしています♡

 

 

{0A64BC24-BACB-4C82-BA7D-36429B62E3D9}


 

 

チームふじあや

お花見イベントを企画したり

 

 

プライベードでも

花見納めしてきたり

(これは静岡の桜)

 

 

とある構想に向けて

夜な夜なミーティングしたり

 

 

クライアントのふじあやさんとは

週2〜3ペースで打合せしたり

 

 

売れっ子イメージコンサルタント

RIMIKOさんとお食事したり

楽しい企画に誘われ中♡

 

 

ふじあや講座のお手伝いにも行きました

生徒さんの活動に刺激をもらう毎日^^

 

 

充実した日々を送っています♡

 

 

 

*******************

 

 

 

しかし!!

 

 

先日、営業職を手放した話を

記事にしました。

 ↓ ↓ ↓

イヤな仕事を手放したら役員秘書に任命された話

 

その後、色んなことがありまして。笑

 

 

先にお伝えすると、

会社の中で新しい役割に向けて

揺さぶられる出来事が起こったのですが

 

 

自分の欲しい未来を手にするためには

こうすれば良いんだ!

という気付きがありましたので

お伝えしたいと思います〜!

 

 

 

欲しい未来を掴むためにしたこと3つ

 

具体的には3つの行動を起こしました。

 

 

欲しい未来を掴むための3つのアクション

 

1.違和感に向き合う

2.考え方を塗り替える

3.環境を変える

 

 

順番に書いていきますので

今日は1つめ、

「違和感に向き合う」

 

について記事にしますね。

 

 

思った以上に周りはざわついた

 

 

先日の記事に書いた通り、

今までやってきた

営業職を手放す覚悟を決めて

内勤の仕事を申し出ました。

 

すると営業の役員から

 

「自分のサポートをしてくれないか」

 

と前例がない、

“役員秘書”という役割に

誘ってもらいました。

 

 

 

その時は純粋に嬉しくて、

 

自分の強みを買ってもらって

得意に注力できる役割だ!

やったー!

 

くらいに考えていたのですが。

(お気楽だった)

 

 

 

自分が思っていた以上に

周りをざわつかせたようで

 

 

ものすごく足を引っ張られる出来事

立て続けに起こりました。

(ズーン)

 

 

 

元いた営業部の人から

ネガティブなこと

たくさん言われたんですね。

 

 

と言うのも、

今回私が与えてもらった役割は

今までに無い仕事。

 

 

 

役員すらも手探りの状態で、

明確なビジョンはありながら

周りにとっては見えない部分が多かった。

 

 

そこに、

年次が浅い私が突然着任する。

 

 

周りからしたら

「なんであの子が?」と思われることは

仕方のないことで

 

 

その影響力

自分自身は把握しきれていなかったのです。

 

 

 

 

「そんな役割、上手くいきっこない」

 

 

元々はハードワークが続く中で

自分の働き方を見直したくて

申し出た、異動の話。

 

 

ところが

役員秘書への異動を申し出た途端

元部署の営業課長と先輩に

強く反対されました。

 

 

 

そこで言われた言葉は

自分を揺さぶるには十分に

厳しい内容で、

 

 

経験が浅い自分には

ベテランの上司たちに言われることに

反論する術が無かったのでした。

 

 

 

 

相手の「言葉の表面だけ」を真に受けない

 

初めは上司の言っていることに

ついていけなくて

 

 

「先月までは親身に話を聞いてくれたのに

どうして急に手のひらを返すように

否定的なことばかり言うんだろう」

 

 

 

と悶々とした思いが募り

そんな上司たちをよく知る

他部署の先輩に相談をしてみました。

 

 

 

そこで言われたことは、

彼らの言葉には

色んな感情が乗っているということ。

 

 

 

これまで育ててきた部下が

志半ばで離れる寂しさ

 

 

他部署に行ってしまうことで

自分たちを見捨てられたような

自分たちのやり方を否定されたような

そんな気持ちになったんじゃないかな?

 

 

ということ。

 

 

確かに、厳しいことを言われながらも

私を守ろうと、

そばに置いてくれようとしてくれているんだと

伝わってきました。

 

 

色んな思いがあった上で

引き止めたい気持ちがあったんだと。

 

 

 

じゃあ、自分の欲しい未来はどこにある?

 

 

「これから乗り越える

営業での苦しみを味わって

お前は本当の強さを得られる。

 

その前に逃げるのか?」

 

 

 

これは引き止められた言葉の一つです。

 

大きく揺さぶられました。

 

 

 

「私はまだ本当の苦しみを知らないの?

そこに直面する前に逃げている?

このままではいつまでも成長できないの?」

 

 

 

罪悪感

これまでいた部署の人に

失望されるのではという恐怖

 

 

思考がこわばってしまいました。

 

 

でも。

 

 

私の欲しい未来はどこにあるの?

 

 

自分の心に、感覚に、

目を向けました。

 

 

私のなりたい未来は

「上司」の姿だろうか。

 

 

上司みたいになりたい?

 

 

ううん、違う。

 

 

私には私の目指す働き方がある。

 

 

 

一人ひとりが得意なことを発揮できて

その強みを持ち寄って

 

自分ひとりの時では

到達できなかった

 

質の高い仕事を成し遂げる。

 

チームで

喜びも苦労も分かち合う。

チームだから

みんなで祝福できるし

喜びは大きくなる。

 

頭でっかちな自分ひとりの努力だけでは

見えなかった景色を

みんなで共有する。

 

喜びに溢れた仕事をする。

 

 

この働き方は

いまの営業部では出来ない。

 

それは実際に伝えてみて

却下されたことでもあるし、

 

自分でも痛感している

社内での空気感もある。

 

 

上司の言っていることは

彼の中の「正解」であって

 

 

私の「正解」ではない。

 

 

彼の言うことが

私にとって(ここは重要

必ず正しいわけでも、ない。

 

※でも彼にとってはそれが正解だから

そういう考えもあると受け入れること。

 

だから、

そこに引っ張られる必要も

ないんじゃないか。

 

 

 

みんな自分の「正解」に従って生きている

 

今回の出来事で強く思ったことは

 

人は自分の経験の中で形成された考え

大きく影響を受けて

判断基準にしているということ。

 

 

これは上司だけじゃなく

私もそう。

 

 

 

でもそれが

相手にとっての正解とは

限らないのです。

 

 

だから、

いつだって大事なのは

 

 

自分の判断基準。

 

自分の心が欲しいもの。

 

 

 

納得がいかなければ

100%の力を出しきれないから

アクセルとブレーキを

同時に踏んでる状態になったり

 

 

自分で決めていないから

すぐ他責にしたりする。

 

 

自分の正解は、何?

 

 

自分が信じたいもの

心がワクワクするものは

なんだろう?

 

 

 

 

違和感は変化のタイミング

 

 

自分の中の違和感には

一刻も早く目を向けて

 

違和感の正体を探り

 

 

今すぐ起こせる

具体的な行動

まず一歩踏み出してみる。

 

 

 

それが私にとっては

「営業を辞める」ということだったし

 

 

そうして踏み出した一歩から

 

「役員秘書」という

思った以上の現実に向かって

動き出したから

 

 

これ以上先延ばしにせず

今、このタイミングで動いたことが

最適だったんだなと感じます。

 

 

 

 

周りに話す、これが行動を加速する

 

 

「でも、周りに迷惑がかかるかも」

「こんな気持ちはワガママかも」

 

 

こういった思考が出てきても、

一人で抱え込まない。

 

 

自分だけで考えてても

狭い枠にとらわれた考え方は

それ以上広がらないから。

 

 

 

自分が本当に欲しい未来は何か。

おぼろげでも、強い意思があれば

 

周りに言ってみたほうがいい。

 

 

それなら、こういう風にしていこうと

代替案を出してくれるかもしれないし

 

そんなのダメだ!と言われたら

自分から外堀を埋めればいい話。

 

 

自分の中に明確な思いがあれば

必ず誰かが味方になってくれる。

 

 

そのことを実感して、

今まで言いたくても言えずに

3年も我慢してきた私には

 

「あ、もっと周りに話して良かったんだ」

 

と心のつかえが取れた出来事でした。

 

 

 

欲しい未来は、あなたの中にある

 

 

まとめです。

 

 

〜私が起こした行動〜

 

・相手の言葉に飲み込まれない

・違和感に目を向ける

・欲しい未来を再確認する

・今できる具体的な一歩を踏み出す

・周りにも意見を話してみる

 

 

 

明日は

欲しい未来を掴むための3つのアクション

 

2.考え方を塗り替える

 

方法をお伝えします〜!

 

 

 

また、次の記事で。

 

 

 

営業職で培った
「目標達成×段取り力×効率化」
忙しい女性経営者
お仕事飛躍をサポートします♡


業務アシスタントのご依頼・お問合せは

こちらをクリック