NCT ジェミン、






写真=「NYLON」
NCTのジェミンがグラビアで様々な魅力をアピールした。

今回のグラビアはジェミンと共に温かい日差しの中、春の日の余裕を満喫するような感性があり、話題となっている。

実際に撮影を行ったフォトグラファーのユ・ヨンジュンは「アイドル特有のタレント性を発揮したため、フレームに収める度に笑みが出た」と称賛を惜しまなかった。

またスタイリストのキム・ジスは「高い身長とモデルに劣らないプロポーションで、自身の服のように完璧に着こなした」と明かした。
















写真=YGエンターテイメント
BLACKPINKが、北米ツアー最初の都市であるロサンゼルスで、本格的なアメリカ活動のビハインドストーリーを公開した。

19日、YGエンターテイメントは公式ブログに「BLACKPINKダイアリー」の映像第9話をアップした。

この映像は、COACHELLAの初めてのステージを成功的に終了したメンバーたちが、ちょっとした余裕を楽しむ姿から始まった。ジスは「カリフォルニアといえば思い浮かべること」について「天気」「美味しかった料理」「情熱的だったブリンク(ファンの名前)」と答えた。ロゼは疑いの余地なく「COACHELLA」を挙げた。

ジスとリサはロサンゼルスの雰囲気の良いブランチカフェで美味しい食事を楽しんだ。リサは前日のCOACHELLAの余韻がまだ冷めていないか「すごかった」「皆私たちの振り付け、踊っていたよ。『KILL THIS LOVE』と『火遊び』の振り付けを踊っていたので、本当に不思議だった」と感想を述べた。

食事後、2人は雲ひとつない快晴な天気を楽しみ、ロサンゼルスの観光スポットであるサンタモニカビーチに向かった。2人はビーチでお互いの写真を取り合いながら思い出を作った。

初の北米ツアーを控えているBLACKPINKは、本格的なアメリカでのスケジュールに入った。BLACKPINKは「JoJo On The Radio」と「Zach Sang Show」など、あらゆるメディアからラブコールを受け、アメリカの聴取者たちと出会った。それだけでなく、米CBSの有名な深夜トークショー「The Late Late Show with James Corden」に出演し、アメリカの視聴者たちの注目を浴びた。

いよいよロサンゼルスで、BLACKPINKの初の北米ツアーのコンサートの幕が上がった。この日のコンサートに来たファンたちは「BLACKPINKが好き。4人のメンバー全員ユニークだ」「彼女たちの音楽は強くて、他のものとは違う」「BLACKPINKは、女性の持つ力を見せてくれる。ただ自分らしく生きれば良いと、教えてくれる」「4人の強い女性であるBLACKPINKは、自分もあんなに強い人になれると感じさせてくれる」などとBLACKPINKが好きな理由をそれぞれ語った。

コンサート会場はファンたちのものすごい歓声により、いつにもまして熱く、BLACKPINKと応援棒である“ピョン棒”でピンクの波が作られた。リサはコンサートの途中「本日は、このステージに立つことになり、緊張していたが、皆さんが楽しんでいる姿をみると本当に幸せです」と話し、ジェニーは「私に大きなエネルギーをくださって本当にありがとうございます」と話した。

BLACKPINKの北米ツアーは、ロサンゼルスを皮切りにシカゴ、ハミルトン、ハミルトン、ニューアーク、アトランタ、フォートワースまでアメリカとカナダの6都市で計7回開催された。6万席のチケットが完売を記録するなど、現地ファンから爆発的な人気を受け、アメリカのステージで地位を固めた。

北米ツアーに続き、ヨーロッパツアーを行ったBLACKPINKは、18日(現地時間)アムステルダムでのコンサートを無事に終了した。21日マンチェスター、22日ロンドン、24日ベルリン、26日パリ、28日バルセロナと、ヨーロッパの6ヶ所の地域でワールドツアーを続ける。

さらに6月8日にはマカオコンサートが決まり、年末には日本の3大都市で4回、ドームツアーを開く予定だ。















写真=EXO ベクヒョンのYouTube映像キャプチャー
EXO ベクヒョンが、個人YouTubeチャンネル購読者100万人突破に対して、サプライズプレゼントで感謝の気持ちを伝えた。

ベクヒョンは18日、YouTube個人チャンネルに「もう購読者100万人ですね!! もっと頑張らなきゃと思います! ありがとうございます! もっと頑張ります!」という書き込みと共に映像を掲載した。

5分20秒のVログの映像の中で、ベクヒョンはジムに行って運動を始めた。撮影当時、ベクヒョンはメンバーのチェンがソロアルバムを発売したと言及し、「4月、そして花」を再生した。 

また、ベクヒョンはトレーニングに疲れた気配を示したりもしたが、特有の明るい勢いを出して、笑いを誘った。ベクヒョンは、この映像に「サプライズプレゼント。100万、ありがとうございます」と付け加え、ファンに感謝の気持ちを伝えた。

ベクヒョンは16日、自身のInstagramに「いよいよYouTubeオープン! 6時、初の映像」という書き込みを掲載し、YouTubeチャンネル開設を知らせた。これと共に1分44秒のVログ映像を掲載し、自身の日常生活を公開した。

ファンへの愛が深いことで有名なベクヒョンは、普段からInstagramのライブ放送を通じてファンたちと頻繁にコミュニケーションを行っており、誕生日パーティーなど、ファンたちと直接会える場を作りながら、ファンに向けた愛情を示してきた。















BOYFRIENDが解散した。

STARSHIPエンターテインメントは17日にBOYFRIENDのファンサイトを通じ、「BOYFRIENDが17日付で8年にわたるグループの活動を正式に終えることで一致した」と発表した。

メンバーもSNSに直筆の手紙の画像を掲載し、ファンへの感謝のメッセージを伝えた。

リーダーのドンヒョンは「デビューのときに感じたときめきを昨日のことのように覚えているが、終わらないでほしいと思っていた旅の最後に立っていると思うと信じられない」と心境を伝えた。

また、「20代の全ての日々をBOYFRIENDのリーダーとして生き、ファンから多くの声援を送ってもらったことに本当に感謝している。いつも待たせてばかりだったので申し訳ない気持ちだ」と綴った。

また他のメンバーも自身のInstagramを通じてファンに感謝の気持ちを伝えた。ヒョンソンはファンに感謝をしながら「これからどのような形で挨拶ができるか分かりませんが、僕はこれからも一生懸命に音楽を続けます」とした。クァンミンは「いつでも僕が愛してること、分かっていますよね? 8年という時間は僕にとって何にも変えられない時間でした」と明かした。ヨンミンも「本当にありがとうございました。そして本当にごめんなさい」と書き込み、長文の手紙を掲載した。

ジョンミンも「感謝しているという言葉では表現ができないほど、僕たちにくれた愛、忘れません」と伝えた。ミヌも「残念な感情がないと言えば嘘になるけれど、うれしい時も悲しい時も、隣にメンバーとファンがいたから全て乗り越え、幸せにこれまで過ごすことができました、ありがとうございます」と感謝した。

2011年5月にデビューしたBOYFRIENDは「BOYFRIEND」「Don't Touch My Girl」「I'll Be There」「JANUS」「I Yah」「WITCH」「STAR」などの曲を発表。日本でも活動した。