絵本をこころのとまり木に♪司書が伝える絵本とおとなの素敵な関係

絵本をこころのとまり木に♪司書が伝える絵本とおとなの素敵な関係

毎日の生活に追われ自分を大切にすること忘れていませんか?
ゆっくりと話を聴いてくれる人に、ふっと開いた絵本のページに、心が休まることないでしょうか。大人にも絵本の魅力を伝えたい。
とまり木で羽を休めるように心緩めに立ち寄ってください

NEW !
テーマ:

連日の酷暑、本当に辛いですね。
みなさま体調は大丈夫でしょうか?


35度近い三連休がすべて出勤だったので、
なんかもう…、仕事場と家の往復だけでもうヘトヘト。


集中力もだんだん鈍ってくるのがわかるし、
食べ物は喉ごしのいい麺類ばかりに走るし。


本日はやっとお休み♡
と、のんびりしていたら前回書いたカルチャー講座から連絡がきました。


「各回講座満員御礼になったので〆切ります」。
あぁ、なんとありがたいお言葉。
ダルダルしてたところへ活!が入りました。


さっそく講座内容の見直しに取りかからねば…と机に向かいましたが、…やっぱり暑い、だるい。


ひ、昼間はだめだぁ。


仕事と講座が重なる七月-八月は、一年の中でも一番繁忙のわたし。


もちろん参加してくれる子どもたちも、夏休みだからこそ、きっと遊びに勉強に予定がモリモリだと思います。


まっさかね、こ〜こまで暑い夏🔥になるとは予想しなかったからね
(^◇^;)



夏休みっていうと、ついついスケジュール詰め込んじゃう季節だけど、今年はよっくよく体調管理していかねば。


それでも、どんなに暑くたって乗り切っていかなきゃいけないのさ!というあなたには、


イラストいっぱいの読みやすいこの一冊おすすめ。わたしも活用しています!



どうぞみなさま、無理せずご自愛してお過ごしくださいね(*^_^*)









テーマ:
七夕🎋も過ぎると、子どもたちは夏休みももうすぐですね〜。待ち遠しいね〜。


こんにちは。
絵本セラピスト®︎☆たなかみちこです。


今の子どもたちは宿題ってどれくらい出るのかしら。


夏休みの宿題っていえば、読書感想文と自由研究。わたしはこの2つがやっぱり夏休み宿題の代名詞みたいだったなぁ。


どちらも時間のかかるもの。
本読んだり、実験したり、パパッとできるもんじゃない。
ついつい後回しにしちゃいますよね〜(笑)


だから今年も開きます!
子どもたちのお手伝い!



イオンカルチャーセンターで、読書感想文の1day書き方講座。


今年はもっときめ細かに関わりたいな…と、学年別に日程を設定してみました。



オトナでも原稿用紙に何か書くこと苦手な人って多いと思います。


あの真っ白なマス目を何枚にもわたって埋めるのかと思うとね…ハァ〜😞
気持ちじゅ〜ぶん分かります!


「いいじゃない、感じたままで」
「こんなのあるから、本が嫌いになっちゃうのよ!」


わかります、わかります。
そう言いたくなっちゃう気持ち。


でも宿題なんだもん!
子どもたちはもっともっと思ってるかも。


面白い本や映画を観た後に、友達に「こんな感じで良かったよー」て話すのは、さほど苦ではないですよね。


でも感想文って文章。書きことばです。
話しことばとは確かに入れるスイッチが違う。



ではでは、なんでむか〜しから今に至るまで、この宿題は出され続けてるんでしょうね?


わたしが思うに、
「文章を書いて気持ちを伝えることが出来るようになる」ための練習だと思うんです。


ブログを書くっていうことも、訪問して読んでくれる人に伝わりますようにって文章綴ってますものね。


話しことばと書きことば。


話す時は相手の声や表情からも伝わったかどうか汲みとれます。


でも書きことばはなかなかそうはいきませんよね。どうしても練習が必要になってくる。


書きことばキチンと使えて、いざというとき文字で人にちゃんと自分の気持ちを伝えることが出来る。


これってやっぱり大事な事じゃないかなと思ってます。


…という思いで、今年も夏休みの40日、
子どもたちのお手伝い一生懸命やらせていただきます!



いやいやいや、わたしだってねー、
書くことは決して得意なわけじゃない。
(ブログだってね、更新頻度のこの低さよ(笑))


わたしの目指すは文章を上手くじゃなくてね。
自分らしく、自分のことばで伝える面白さを知ってほしい。


書けない!わからない!で膨らんだ塊をほぐしていくお手伝い。
書くこと苦手な子のための味方の講座なのです!



わたしが講師なので、そこはホレ、小難しいことは抜きにして、


もっちろん、楽しくね!💕
(^◇^)


ですわ。


テーマ:
こんばんは。
絵本セラピスト®︎☆たなかみちこです。


今夜は風がとても強くなってきましたね。
これで雨が降ってきたら荒れ荒れのお天気ですね。


さてさて、7月になりいよいよ始まりました。
仕事先で開く毎年恒例の「こわいお話会」。


今年は7月と8月の月末、二回開催します。



写真の絵本はイメージ。
プログラムは本番まで内緒よん♬


いつもは小さい子や親子も聞けるお話会だけど、
この「こわいお話会」は10歳以上から。


部屋もまっ暗にして、スポットライトの灯りだけで語ります。


絵本、学校の怪談、郷土の奇談、古典の怪談……読み聞かせ、朗読、素話と読み方もいろいろ織り交ぜます。


厳選で6点ほどに絞り混むんですが、集める候補はいつも30冊以上。


この本の絞り込み作業が、苦しくもあり、楽しくもありなんですけどね。


いよいよプログラムも決まったので、
さぁ!これから読み手3名は仕事の合間に猛練習です!


椅子の座り方(今年は切株型の椅子)、スポットライトで床への影の落ち方を見ながら部屋を作っていく。


毎年のことなんですがね…実はですね…、
実はこの練習が……


意外にもこ、こわいんですよ〜(>_<)

特に一人で練習してると!


だから、ぜっ〜たい夜に家でひとりではやらない!


わたしだけがそんな小心者なのかと思ってら、実はスタッフみんなもそうだって!


初めはいいんですけどね、
のめり込んで練習してると、なんかだんだんね…。


声出してるのは自分なのにね〜(笑)


というわけで、本番では絶対見せない小心者の顔だけど、今年も集まってくれるお友達のために気合入れていくぞー!!(^◇^)








Ameba人気のブログ

Amebaトピックス