広島戦パブリックビューイング

昨日、ラゾーナ川崎ルーファー広場で行われたサンフレッチェ広島vs川崎フロンターレのパブリックビューイングに行って来ました。

諸事情で前半…というか川崎が失点したところでお暇しましたが。

あの後、逆転勝ちして大盛り上がりだったようです。



フロンターレは以前からラゾーナ川崎ルーファー広場でのイベント開催を目論んでいました。2009年のナビスコ杯決勝でもし勝っていたら、ここで優勝報告会を開く予定だったと聞いたことがあります。

なぜルーファー広場にこだわるのか。

川崎中部(武蔵小杉、武蔵溝ノ口を中心としたエリア)は言うまでもなく。川崎北部も麻生グラウンドと青玄寮があるためフロンターレのアピールはそこそこ出来ています。

しかし川崎南部はシーズン開幕前の新体制発表会(ミューザ川崎やカルッツかわさき)、必勝祈願(川崎大師)と商店街挨拶回り以外、フロンターレ関連の大きなイベントがありません。試合告知のチラシ配りも南武線鹿島田駅以南では行われていませんし。昨年は優勝パレードの開催ができましたけど。しかし新規顧客獲得とさらなるフロンターレアピールのためにはシーズン中に大きなイベントを、一般のお客さんも多数いらっしゃり日本最大の売上高を誇るラゾーナ川崎で、頑張れば1万人の集客も可能なルーファー広場で開催したかったはずです。

そういう意味でも今回のこの盛り上がりは、ひとまず成功だったのではないかと思います。この広場を借りるのは倍率的になかなか大変と聞きますが、なんとか年に数回でも開催できたら、また新しいファンの獲得に繋がるのではないでしょうか。