こんにちは^0^あなたの英語の夢を叶えます!

江東区・オンライン英語教室 Mama&Kids English主催の渡邊 美貴です。

 

新年度を控えて、お教室探しをしているママも多いはず!

でも、そんな時、お教室の雰囲気ってどんなだろう?

先生ってどんな人かな〜?と思いますよね。

 

私もままだから、子供の習い事を考えるときにはあれこれ見て回ります。

ということで、「英語教室」や「料理教室」で検索して、

見つけてくださった方に、Miki先生ってどんな人なのか?

知っていただきたく、私の背景、想いを綴っています。

image

これまでの記事はこちらから↓↓

⑴生い立ち&英語は好きだけど嫌い 編はこちらから

⑵英語漬けの大学&留学生活 編はこちらから

第2弾の最後で登場した、「日本語を話すタイ人」との出会い、
が今後の私を大きく変えていきます。
 
その前の私・・・
✅英語を教えるだけでなく、英語の必要性も伝えられる先生になりたい
✅卒業したら、教員免許を取得し、教師になる
✅でも、教職に就いて本当に、私が伝えたいと思っていることは伝えきれるだろうか?という疑問
 
こんな気持ちで、考えては揺れて葛藤していました。
 
ただ、教職に就くことを考えていたので、就職活動もしていなかった私。
留学したのは、3年生の9月〜4年生の5月初めまで。
特に愛知県でメーカーの多い地元の私は、
ほとんどが4年生の4月には内定をもらっているのが当たり前の状況でした。
 
そんなとき、タイ人のお友達と将来について話していて、
ぽろっと言われた一言。
 
「Mikiは、会社で仕事をしてから、先生になったって良いんじゃない?」
 
 
( ゚д゚)
 
 
衝撃的でした!
 
私の中に
「教職に就く=卒業後、教員になる」
しかなかった。
 
 
当たり前のこの文字が、ガラガラがら〜と音を立てて崩れました。
 
 
*我が家の両親、祖父母とも教師をしていたので、
教職に就くことがなんとなく普通と思っていた私。
また、企業→教員という発想自体がありませんでした。
 
 
一般企業に就職→教員に転職でできそうなこと
✅国内で英語を使う企業に就職すれば、「海外に行かなきゃ英語はいらない」は違う!と言えるようになる
✅卒業後就職、を願う子供達(中高免許です)もいるのに、会社勤めをしたことのない先生たちとは違う立場で子供達に話ができる
 
⬅️実は、教員だった母がいつもいうこと
「私は会社に勤めたことがないからアドバイスができなくてごめんね」
 
でも、中学卒でも会社勤めをする子だっているわけですよね。
 
やっぱり学校の世界しか知らないっていう当たり前の方が、なんだか腑に落ちない!
 
ということで、もう私は、「これだ〜!これがやりたかったことなんだ〜!」って
思ったら走り出しましたよね^^
 
就職活動開始!!!
もう遅いし、海外にいるから、ネットで応募できるところにとにかくエントリーする!
大手企業から、中小企業まで。
 
その中で、惹かれたのは、小さくて田舎にある会社さんだけれども、積極的に海外事業を進める企業。
留学経験者や、帰国子女に求められるのは、語学力と、海外事業部での即戦力!
チャンスがすごい!
 
もう一社。
日本にお仕事でやってくる外国人のための、不動産賃貸仲介・マンスリーマンションの運営管理などの不動産会社。
のちに、私がお仕事させていただくご縁をいただいた会社です。
 
最終的に、就職させていただくにあたって、思い出したこと。
✅国内で英語を使う企業に就職すれば、「海外に行かなきゃ英語はいらない」は違う!と言えるようになる
 
とにかく、田舎育ちの私の周りには、「海外に行かなきゃ英語なんていらないんだし」という人が多かった。
帰国後行くことになる、教育実習ちゅうも何度も子供たちに言われました。
 
だからこそ、「国内で英語を使った経験!」を積みたかった私です。
こちらの会社の求人情報は、アメリカ滞在中に見つけ、エントリーし、
帰国後、名古屋→東京へ往復し面接などを受け、就職となりました。
 
 
アメリカに行って、「僕日本語話せるんだよ」と、あのタイ人の彼が話しかけてくれなかったら、
この先の未来はやってこなかったと、確信できます。
あのとき、私より2つも年下の彼の言葉に、耳を傾けなかったら、
私の中にある「当たり前」に従って、進んでいたでしょう。
 
私の当たり前は、普通ではないこともあるだろう。
日本人の当たり前は、他の国の人にとって当たり前でないこともあるでしょう。
英語というツールを持って、一歩外に出てみたら、
価値観や当たり前という考え方の違う人々に出会い、
自分だけでは導き出せなかった道を拓く事が出来た。
 
これは、留学生活での語学的な成長とは別の、
とても大きな収穫を得られたと思っています。
これからの時代を生きる子供たちは、
国内にいても英語が必要となる時代を生きることになる。
海外に行かなきゃ・・・ではなくなる。
翻訳機があっても、気持ちまでは翻訳機の音声では伝わらない。
だからこそ、自分の言葉で伝えられるようになってほしいと思う。
 
私の、こうした経験も、お教室を通して伝えていけたらなぁと改めて思う、
第3弾の先生物語でした。
 
 
こんにちは^0^あなたの英語の夢を叶えます!

江東区・オンライン英語教室 Mama&Kids English主催の渡邊 美貴です。

 
子供の習い事、自分の習い事、初めての場所へ行く時、
どんなところなんだろう?
どんな人が先生なんだろう?
って、期待と不安が入り乱れますよね・・・。
 
image
 
年度末、年度はじめと区切りとなり新しい生徒さまとの出会いも多い時期。
皆様に、Miki先生ってどんな人なのか知ってもらえたら・・・
と先生どんな人?シリーズを始めました^^
第一弾をまだお読みで無い方はこちら↓↓
第二弾の今日は、大学生活について書いていきますね。
 
と、その前に、皆さん大学とか進路ってどうやって決めたでしょうか?
これ!といってやりたいものがあったから?
なんとなく、自宅に近いところで?
今子育てをしていく中で、今後子供達もどうやって自分の進路を決めていくのか?
とても楽しみであり、都内の事情がわからない母は不安でもあります^^
 
さて、高校時代も、「英語は好きだけど、嫌い」だった私。
とにかく英語が嫌い!!!というお友達の多さに、
「英語=楽しい」は伝えたいな!
もっと楽しく英語が身につけられる学校になれば、
せっかくの学校の英語の授業が生かされるのに。。。と思った私。
 
たまたま兄が通っていた大学の広報に、新学科設立の案内が・・・
⭐︎1年次、2年次には1回ずつ海外研修への参加が必須!!
⭐︎教職課程あり!→教員免許取得可能
⭐︎必須の海外研修と別に、企業や学校へインターンとして参加できる、
海外インターンシップ研修あり
 
 
お寺育ちの私は、英語が好きでありながら、海外とは無縁。
英語を勉強するならば海外に行きたい!!と切望していた私は、
「海外研修必須」の文字がキラキラとして見えました。
 
 
さらに、英語を母国語とする子供達の英語教育は、
どんな風にされているんだろう?と思い、
アメリカの幼稚園小学校のインターン研修に参加を両親にお願いしました。

image

これが、私の初海外。

 

当時大学一年生。

小学六年生のクラスで撮った写真では、私、小さい・・・

そして、子供たちに言われたこと

"Are you 11 years old?"

そりゃ小さいですよ。けども、11歳じゃあぁないでしょう。

 

この研修で、今私が小学生のレッスンでも力を入れている、

フォニックス学習からの、読み書き指導のもととなる、

学習方法を見たり。

image

 

ボランティアで教室にママがいて、ママも子供たちの学習に関わる

ということを見ることができました。

後々紹介しますが、すぐには「教職」にはつかない私ですが、

この時すでに、英語教材をたくさん買いあさっておりました。

 

この初海外での経験は、アメリカの子供たちの母国語としての英語学習はもちろん、

ホームステイ先での、英語の壁にぶつかり、

英語がわからない!悔しい!悲しい!も体験しました。

 

英語を聞き取る力、伝えられる英語力、発音。

幸い、英語科でしたし、帰国子女のクラスメイトも何人か居て、

当時の宿題を必死に必死にこなしました。

 

それは、「お友達と英語で会話し、カセットテープに録音」

ただ録音するのではなく、ネイティブ発音に近い友人の発音を

なんどもなんども真似して、録音して聞いてみたりして。

帰国子女のgirlという発音が、「ガール」ではなかったのが1番の衝撃。

image

*よく「カタカナ英語でママが話していて大丈夫ですか?」と聞かれます。

ネイティヴの音声も聞く機会を与えれば、パープルって、purpleなんだ、

と子供達自身でも気づく、と信じています。

 

振り返ると、ここでもやはり、文法学習<会話発音練習であることが明らかですね^^

 

英語教員目指して一筋、だった私ですが、心に残っていたことが一つ。

「英語を学ぶ ではなく、 英語で学びたい!!!」

教職課程の履修と、留学のダブルは無理だと学校側に言われました。

でも、「先生になるなら、英語を教えられる、だけでなく、海外での生活のこと、

英語を使う国の人のこと、世界中の人の英語事情など伝えるべきことはもっとある!」

と譲れなかったので、三年で受けるものを2年で受けたり、4年に伸ばしてもらったり、

教育実習も帰国後の4年生にしてもらい、アメリカのワイオミング大学へ交換留学しました。

 

留学先では、好きな教科を履修できたので、

地理、スペイン語、小学生英語科指導、コミュニケーション学

などさまざまな分野を履修しました。

そして、21歳にして、初めてバイオリンも習ってみたり^^

これも面白い体験でした!

 

ここでの発見!

スペイン語の発音においては、アメリカ人より日本人のカタカナ発音が優秀!

先生に何度も褒められました^^

大学ではフランス語を選んでましたが、スペイン語があったら、そちらの方が良かった・・・。

余談でした。

 

そして、この留学生活で、私のこの先の人生を180度変える人に出会う。

それは「日本語を話すタイ人」学生でした。

 

 

さらっと終わるはずが、めちゃめちゃ長〜い大学生活編!

日本語をはなすタイ人ストーリーを書き始めるとまた長そうなので、

今日はこの辺で。

 

 

 

[今日のまとめ]

ママ→お子さんへカタカナ英語で話したり歌っても大丈夫!

ネイティヴの歌や会話の音声を聞く機会も入れましょう♪

カタカナ発音を生かすには、スペイン語学習が最高!笑

英語母国語の子供たちは、フォニックス(アルファベットの文字ごとの発音)を勉強し、

little→l...i...t...l→リ(トゥ)ルという発音なんだと覚えている!

これで、暗記をしなくても文字が読めるようになる、ということ。

これからも小学生や親子教室でも自信を持ってお伝えしていきますよ〜!

 

 

 
 こんにちは!あなたの英語の夢を叶えます!

江東区・オンライン英語教室 Mama&Kids English主催の渡邊 美貴です。



1ヶ月半を過ぎた末っ子ぼうや、昨日体重を測ったら、5700まで育ってました!!!

一体どんな大物になるのか!?爆笑


さて、そんな息子をつれて、昨日は幕張までドライブ!

数年間ずっといきたいと思っていた、整理収納アドバイザー、ともこさんによるお片づけ講座に参加しました。

参加理由は3つ

❶そもそもお片づけ苦手ガーン

❷子供もお片づけ苦手えーん

❸なんかイライラしてるとき…だいたい部屋が散らかっている

4人めもうまれ、産休明けのお仕事が始まるまえに、生徒様方に気持ちよく来ていただける場所にしたい!

大掃除!しなくても片付いている状態ができたらとおもったのです。




講座では、理想とするお家の様子を考え、それを叶えるためのステップを学ぶ

昨日は他の方がお子さんの体調不良でお休みだったので、マンツーマンに!!

各ステップごとに我が家の事情とともに詳細にできること!を相談、提案していただきました。



受けてよかったー!と思う、「収納やお片づけの本を読む」のと違うこと

それは、「自分に合ったやり方、できそう!なことを一緒に導き出してくださること」

本はたくさん出ているけど、お片づけ上手な方はできるよね…

私はムリムリ…

とか思ってしまう。

これができたらやってるよ…ってね

とか、続かない…結局もどっちゃったガーン
もあるあるかな??


それが、これなら自分もできそう!という案があれば、やることがはっきりしているからすぐ動ける!

実際、昨日の帰りに、いくつか100円ショップで買えるものを買ってきました!

これも、「使えるかも」ではなく

「これを使って、アレにしよう!」と明確だから、100円といえど無駄なし口笛


お片づけが苦手 という意識から
お片づけが楽しみ に変わりました!


なぜか!?

漠然と「片付けなきゃ」

だったのが、

何をどうする

どこから始める

がはっきりわかったから



お片づけ嫌いな自分、でもちらかっててイライラするー!
というママさんは、ワンコイン相談会あるそうですよ♪

詳細は智子さんのブログへどうぞ



 
 
 

あなたの英語の夢を叶えます!

江東区・オンライン英語教室 Mama&Kids English主催の渡邊 美貴です。


過去にも講師紹介としてわたしのことを書いていたのですが…


こんなんじゃ

どうして英語の先生になったのか


料理教室も掛け合わせてやっているのか


なぜ細々とでも個人でやっているのか


伝わっていないだろう!!


と思い、詳細版、連載したいと思います爆笑






第1回は


生い立ち&英語は好きだけど嫌い


という話



生い立ち


1985年4月8日

愛知県にある小さなお寺の生まれ


4月8日といえば、お釈迦様の誕生日


というわけで、「あんたは寺の子だねー」と

いろんな人から言われました




ちなみに、入学式や、始業式に当たる確率かなり高い


つまり、お友達ができた時には誕生日終わってる率高い


という少しさみしい思いでもあります

(余談)



家業の特性上、東海三県から出ない旅行がほとんど


英語の先生してますが、

海外へ行ったのは大学生になってから!!!


クイズ!Miki先生はどこでしょう?



英語好きだけど嫌い?!



英語との出会いは小学4年生


お友達のママがホームティーチャー


習いませんか?と姉に声がかかり


なんでもやっってみたがリィな私も


あとを追ってスタート




自分を表現できる言葉が増えたことが楽しくて


英語が好きになった



英会話のテキストを、家で演じるのが好きだった


今でも覚えているフレーズ


That’s a good idea! 

(それいいね!)


C says /c/, c, c, cookie

⬅️cookieだったかうろ覚え



フォニックス(英語の文字と音の勉強)が楽しかった


理由1 英語が面白いほど読める


理由2 ちゃんとできると、発音した英語が、めっちゃ英語っぽく聞こえる!!



年に1ー2回あった、ネイティブの先生との面接?テスト?が楽しみだった


内容は記憶なし…



中間まとめ

小学生時代の私

英語=楽しい!好き!!

もっとやりたい!!!!



中学入学と同時に


英会話教室→クラスメートの希望で会話ではなく

学校英語対策のクラスに


ショックガーン


学校の英語 副詞だ、助詞だと説明されればされるほど、?がつもる


(ここだけの話今でも文法用語は苦手です)


故に、英語が嫌いになりました




それでも、

中1時の先生は、Stand by meや、Honestyなど歌をたくさん教えてくれ


やっぱり英語って楽しい!という気持ちと半々



?がつもる文法的説明の時間のテンションと


会話練習の時のテンションの差が半端なかっただろうことは、記憶にないながら想像できます


この英語は好きだけど嫌い…


がこの時始まり、現在進行形です


というのも、先日「世界一わかりやすい」という名の文法書を読んでも


やっぱり用語で説明されると????でした



実際、コミュニケーションのときに


Give 人に 物を の順だから


なんて考えませんもの…


Give you a present!


Give it to me, please.


順番が変わればtoが自然とつく


英語の自然な文章と不自然な「感覚」が大事ということ



子供がママの真似をして、「ママ、おいで」と言い始め


「来て」だよ…と教えていると


言えるようになる


自分より下の子に「おいで」と使い分けられるようになる


そういう「感覚」こそ大事だと思っています

 
 
 
こんにちは^0^あなたの英語の夢を叶えます!

江東区・オンライン英語教室 Mama&Kids English主催の渡邊 美貴です。

 
4人目が生まれてから、寝かしつけの時に絵本を読んであげられない日もありましたが、
最近また少しずつ読む数を増やしています。
 
というより、意思表示をできる上3人がそれぞれ、
これを読んでほしい、読みたい、というと
自ずと読む数が増える、のです^^
 
image
 
読むのは、日本語の本が多く、英語は私オススメもの
たまに子供達リクエストが入ってきます。
英語の先生の家だって、こんなものです^^

 

 

 

さて、そんな中、以前クリスマスプレゼントにオススメ絵本

の中でもご紹介した、一冊で、私びっくり!

だったので、今日はそのお話。

*誕生日にもオススメな英語絵本(月齢別)は、

リブログ先をご覧ください

 

はらぺこあおむしの作者 Eric Carleさん著、

From Head to Toe

という絵本を読んでいた時のこと。

From Head to Toe From Head to Toe
571円
Amazon

 

I am a penguin, and I turn my head.

Can you do it?

 

I can do it!

 

というように、いろんな動物が、

「〇〇できるよ〜!きみはできる?」

と聞いてきます。

 

そして、男の子が

「できるよ!」といって、やっている絵本なのですが

 

Can you do it?と、三女を向くと・・・

 

I can do it!

といった!!!!!!

 

 

I can do it!!!

 

言えてる〜!!!

👆この人が!!!笑

 

正直、かなり久しぶりに読んだので、

えーーーー、覚えてたの〜〜〜〜?!

というのもあります。

 

そこで思い出したのですが、

そう言えば、今年少の次女が、

3歳の頃保育園に通っていた時にも、

急に  Can you do it? I can do it!

って歌い出したな〜と♪

(YouTubeに歌になったものがあります)

 

うん!やはりこの絵本2〜3歳にはとっても良い!と確信したのであります。

 

ちょうどね、身体を動かすのも思ったように動かせる力がついている。

 

なんとなく、聞いた言葉を口に出す力もついている!

 

 

ただし!!!

 

読み聞かせて、「はい、言ってみて!!」なんて矯正はさせないでくださいね^^

 

読み聞かせの時は、お子さんそれぞれの楽しみ方があるようですので、

それを邪魔しないようにとにかく読むこと。

 

その中で、きっと子供達は自分なりに飲み込んでいっていますからね。

 

口から出てきたらラッキー!とその日を待ちましょう♪

 

我が家の英語方針として、

・英語の素地をつける!

・英語=楽しい、もっと知りたい!と思えるものにする

・興味に合わせて英語に触れさせる

 

という感じですので、会話ができるとかはまだまだです。

勉強は学生になれば嫌になってもやるのですから

楽しいものというイメージ、好き!のプラスイメージを

持たせてあげる、が今ママたちができることって思います♪


 

江東区東砂 オンライン英語教室 Mama & Kids English 最新スケジュールのご案内です

 

【簡単な英語歌や、絵本の読み聞かせから始める

こそだて英語 2日間集中講座】

詳細ページはこちらをクリック!

 

 

スケジュールは、お申し込み後、ご相談の上決定します

 

_______________________________________
【単発レッスン 英会話X料理教室 英語でクッキング】
 
不動の大人気レッスン!選べるパンレッスン
 
下記メニューから、お一人2種類x3個ずつ作成

・あんぱん(こしあん・つぶあん・抹茶あん)

・メロンパン

・ウインナーロール

・ハムロール

・コーンマヨ

・ツナポテト

・クリームパン

・ロールパン

・カレーパン

・チョココロネ

・ダブルチーズパン

・くるみパン

 

 

 

_______________________________________________

【読む・書く・聞く・話す+伝える力をつける!小学生英語クラス】

 

小学校英語教科化目前!学校で英語に困らない、社会に出た時にも使える英語力を養えたら・・・
そのためには、英会話?塾?悩みますよね!
 
英会話教室で英語力を養ってきたMIki先生だからできる、英会話に必要な英語の音の仕組みから、読む・書く力へもアプローチ!人に伝えるプレゼンテーション力も養う新クラスがスタートしました!
 
 

3月体験・見学可能日程

1日・15日・22日

 

 

 

 

 
 
【英語でクッキング出張レッスン】
あなたのご自宅で英語でクッキング開催可能♪
リクエストは、お問い合わせページより、お寄せくださいませ。
 

 

 

こんにちは^0^あなたの英語の夢を叶えます!

江東区・オンライン英語教室 Mama&Kids English主催の渡邊 美貴です。

 
4人目を出産して、早いもので1ヶ月経ちました。
 
三女出産から、子育てと、子供たちの園行事、
お仕事と、毎日とにかく走っていた私。
1ヶ月の間は、とにかく赤ちゃんの世話、
そして子供達と向き合う時間でゆっくりでした。
 
産前には、英語の料理教室の生徒さまで、
ボランティアカメラマンとして、
無償でフォトを撮ってくださる方に、
マタニティフォトを撮っていただきました。
 
 
その時の一枚。
次女、私にぴったり、嬉しそう!
あ、赤ちゃんの方にぴったりだったのかな!?笑
 
ゆっくりの生活の中で感じたこと。
ママやパパと何かできる、って子供達にとって
最高にスペシャルなこと!
ってことです。
 
 
 
おせち作りをした時の様子。
お店には、それは豪華で華やかなおせちが売っています。
それでも、一緒に作って、それをママやパパが見て喜ぶ!
子供にとっては最高に嬉しそう!
そして、自分が作った!と自慢げによく食べる!
 
 
赤ちゃんのお世話でいっぱいいっぱいで終わっていった一日も、
授乳したら赤ちゃんは寝かせて、上の子たちと絵本タイム。
「これ読んで!」
「次はこれ!」
と、読んでコールが鳴り止まず!
「私はこれを読もう!」と文字を読むのが得意な長女も、
いつしか読み聞かせの方によってくる。
 
 
私の周りには4人もいますから、まるで保育園感さえ漂います^^
 
新生児がいなくても、ママって何かとバタバタ!
「うん、後でね!」
「ちょっと待っててね!」
といって、その後もういってこないから、
忘れたふり!なんてこともある(私だけ?!)
 
お仕事をしてるママなら、
数分だって惜しいし、少しでも早く寝てほしいって思うでしょう。
 
そんな日にも、1日のおしまいの寝かしつけ。
または、ママが唯一手ぶら時間になるお風呂タイム。
こういう時間を充実させてもらえたら、
ママも子供たちも心がほっこりするだろうなぁと思うのです。
 
image
 
その時に、英語の絵本や歌を取り入れてもらえたら、
英語ってものが、ビビビーーーーーっと子供に突き刺さるんじゃないかなぁ
とそんな風に思うのです。
 
我が家も日本語の量は多いですよ^^
というかほとんど日本語。
 
完璧じゃなくて良いし、間違えたって良い!
ペラペラにさせようなんて思わなくても良いと思う。
「ママと」歌ったことが楽しい記憶になって
「ママと」読んだ英語の絵本が大好きになる
大好きなママだからできること、たくさんある!
 
ひらがなのあいうえお表をお風呂に貼って遊ぶように覚える!
と同じように、英語も教えるのではなく遊ぶ一つに入れてほしいな〜!
と、もっともっと英語を身近にするお手伝いが私にはできる!!!
したい!!!と思う4人目産後のMiki先生でした
 
 
いつか、英語を始めたいと思っている
けど、何からしたら良いかわからない
英語に自信がない
というママにオススメがこちら👇


 
 
こんにちは^_^あなたの英語の夢を叶えます!

江東区・オンライン英語教室 Mama&Kids English主催の渡邊 美貴です。

 

お宮参り、お食い初め、ハーフバースデー、お誕生日など、記念日ごとにフォトスタジオに行かれたりする方もおおいのではないでしょうか?


我が家も、出産前にマタニティフォト&ファミリーフォトを


長男1ヶ月目前でニューボーンフォトを
撮影していただきました。


撮影場所は、我が家。
いつもの場所だから、子供達が慣れるまでもあっという間!
(一応緊張したりするみたいですニコニコ)

撮影してくださったのは…
私のお教室に通ってくださっている生徒様で
ボランティアフォトグラファーのYoukoさん!



かわいい2人のお子さんのママさんです!

以前レッスンでとってくださった写真がこちら


Miki先生ってこんな人、雰囲気伝わるかしらー?



お子さんの丁寧な作業の瞬間


パンがキラキラ輝いて見える〜!!

と、Youkoさんの写真の世界観、あたたかさが大好きになったのですラブ


それで、お腹は出せないけど(笑マタニティフォト撮っておきたいとお伝えしたら、
無償でとってくださったのです。



本業が別におありで、カメラは趣味!
と言いつつも、2人の方に師事し、
カメラ技術を高められている方です。


DMなどでお問い合わせされれば、どんな撮影なのか、どこでできるか、日程などもご相談に乗ってくださるとのことです。


あなたの今
普段はカメラマンになりがちなママの姿
今この瞬間のお子さんとママご家族の様子
を残したい方は、一度YoukoさんのIGをのぞいてみてくださいね。

 
 
 こんにちは^_^

あなたの英語の夢を叶えます!

江東区・オンライン英語教室 Mama&Kids English主催の渡邊 美貴です。

 

今日の我が家のお昼ご飯をご紹介!



主人と私の2人分。

上3人は幼稚園、保育園。

末っ子はぐーぐーお昼寝。

静かなご飯タイムは貴重です。



とりごぼうハンバーグにしようと思っていた
鶏ひき肉とごぼうを

①きのこ類が豊富に残っていたので
つくねのきのこあんかけ

②きんぴらごぼう

の2品に増やしちゃいました^_^


主人がいると、食べ応えと、品数が鍵だったり



ということで、武者修行のように、千切り開始!!!

子供たちも好きなので、もりもり作りましたが、
火にかけたら少なくなってしまいました〜。



何気にひたすら千切り!とか楽しくて、
お料理苦手な方のために、千切り代行始めようかしらー?
なんて思いました爆笑

あとは、お好みのかたさで、仕上げてくださいねって♪

同じ材料で作れる、ほかのレシピなんかも添えたりして♪

1人妄想してワクワク!

いや千切り状態じゃなくて、出来上がったのが欲しいわって声も聞こえるかなー?



はたまた、みんなで千切りの会!も面白そうだけどなー

 
 
こんにちは^0^あなたの英語の夢を叶えます!

江東区・オンライン英語教室 

Mama&Kids English主催の渡邊 美貴です。

 
なんと、1ヶ月以上ぶりくらいのブログ更新になります!
 
更新がない中でも、ブログをみてくださる方がいたようで、
とても嬉しいばかり!
 
 
さて、我が家の4人目出産のため産休とさせていただいていました。
この度、12月25日クリスマスの日に、第4子
我が家の長男が生まれましたこと、ご報告させていただきます^0^
 
 
まだ声も高いし(当たり前ですかw)、顔を見ているだけでは、
「男の子どう???」と聞かれても、
あまり実感がない!というのが正直な答えです。
 
ただし、やはり付いているものが違うので、
オムツ替えの時には4人目ながらハプニングや戸惑いがあるものです。
 
 
 
上の3人のお姉さんたちは、母性本能をくすぐられるのか、
また喧嘩か!!?
と耳をすませると
「私が抱っこする」
「私が先って言ったのに」
と、長男抱っこの順番争いです・・・。
 
嬉しいことですが、おもちゃではないし、
首すわり前の新生児を2歳、4歳、6歳がホイホイ
抱っこし回しているのはヒヤヒヤものです。
 
 
とはいえ、日々の家事もありますので、
抱っこしてくれる人の数が多いのは大助かり。
特に長女は、よく抱っこでぐずる長男を寝かしつけ。
頼りになります!
 
 
よく、ママさんたちから、2人目を産む自身がありません!
先生、何人もお子さんいて本当にすごい!!
と言われます。
 
私からしたら、1人だけのお子さんのママの方が、
私より何倍もきっと「ママが」一生懸命やってあげてることが多い!
=仕事量が多い
👉2人、3人になるのが不安!
 
でもね、兄弟姉妹がいると、抱っこできなくても、
二人でゴロンとしてたり、
「ママでなくても良いこと」ってたくさん出てきます。
 
4人目を産んで改めて、ママたちに伝えたいな〜ってことたくさん出てきました!
長くなりそうなので、今日はこの辺で・・・。