4月8日
「自粛の要請」という変な日本語のパワハラ。


▼本日限定!ブログスタンプ


あなたもスタンプをGETしよう
あなたもスタンプをGETしよう

シュールすぎる「ヨコハマタイヤ」の昔のマーク。



5月のIRONMEIDEN、ホテルも取ったのに中止。
後2つも中止か延期。まあ、マスクして色々気にしながらじゃ、


ライブに集中できないから、私的には延期の方がいいと思いました。
はっきり言って3月の時点での予想どおりの結果。

N95のマスクはさすがに高いし、長時間つけてらんないって。


GWも「自粛」と言う名のパワハラで、外出禁止だからGW旅行もできない。
実家にも帰れないし。



オカルトだらけで今のダラダラなら、
自然消滅してくれない限りきっと終わらないよ。


バイトするか入院して保険金もらおうか。


一応、都内をめぐる企画で残ってるのを探し中。
近郊ものだと未完が結構あるんだけど。


これ結構好き。シド・ヴィシャスがかっこいい。



それよか、パソがもう限界。変な音を出す時が。
こっちの方が私には非常事態だよ。







4月7日


前回の続きです。とはいえ読み返してみると
ゆるく書いたとはいえ高度にマニアックな題材で

すいません。なのでPART2の今回は、
ボーナストラックまで流します。



西大泉町を出て黒目川に出て
東久留米周りの武蔵野線ルートで

埼京線の浮間船渡へ。


ここは荒川の旧河川の池を中心にした

都立浮間公園があります。
自粛と言いながらも散歩にはいい陽気で

最後の桜だったせいか結構な人出。
でも広いのでゆったりくつろいでいました。


さて、前回書いた、埼玉県戸田市が荒川を飛び越えて
浮間公園の一部まで領土になっているので、

東京が封鎖されたら荒川を渡って埼玉に
戻るしかない場所ですが、地図にある県境のところに。


それらしいものは堤防の上の道も
下の道にもありませんでした。


杭や看板はありましたが、
位置的に全然違ってました。

見えるのは荒川の対岸と浮間公園。


そして浮間公園の戸田市部分は、「赤羽ゴルフ倶楽部」の
隅あたりで道幅が変わるところがありますが、目印はそれだけ。
道幅の変わり目がそこっぽいです


公園内は一部とかしており、管理は「東京都板橋区」。
戸田市の文字は一つもありません。

板橋区に領土を「実効支配」されています。
公園のこの部分と荒川の堤防が戸田市。住所もあります。


公園と河川敷を散歩してそのまま埼京線で帰る途中、
何気なく地図を見てたら同じような場所が

赤羽岩淵にも。


途中で引き返して見に行きました。
これのために「未完・再訪」をしたくなかったので。



旧岩淵水門はかなり以前に見にきた
ことがありますが、アプローチのR122「新荒川大橋」が

知る人ぞ知る桜の見どころとは。


標識には橋の入り口に「埼玉県」と
あったのでてっきり荒川が県境と思ってましたが、

実は並行する新河岸川とを分ける堤防が県境で、
大きく新河岸川の方へせり出し、今はやってない

「バーベキュー広場」のトイレを斜めに県境が突っ切っているとは。
ここを県境が通っっています。


実際に行って見ましたが、そこも県境を
示すものはありませんでした。

見えるのは雄大な荒川と新旧の岩淵水門。
トイレを斜めに突っ切る県境は荒川本流に戻ります。


妙な県境はそこだけではなかったのです。
そのすぐ下流にも埼玉県がせり出して、

水門で別れた隅田川を県境にする部分があります。
目印は対岸の「芝川水門」。



隅田川へせり出した埼玉県は荒川を横断して
芝川のやや右側を通っていてます。

対岸の足立区の公園の端の部分が
埼玉県のようです。



ここも地図上だけでなんの表示もありません。
管理は荒川の土木河川で同じ。


なんで特に体制に影響がないのに
埼玉県が飛び出しているのでしょう?


これが用水路や漁場ならば水利権の
問題が発生しますが、そういうものはなし。謎。


杭などの表示がないのは堤防上や河川敷なので、
基本的には国有地だからでしょう。


この辺も封鎖されたら荒川を泳いで渡って
戻るしかない場所です。


なんとも不思議な場所です。



「外出は自粛してください」とか言って、明日普段の時間に仕事に行くんですよ。
ありえねーよ。GWはライブも旅行もパー。最悪。

きっとこれなんだ。


4月6日


「世界征服」を達成したコロナさんのために、
ついにわが国でも「非常事態宣言」が出るそうです。

その前、先週あたりに「東京ロックダウン」の
噂がありましたが、できるわけねーよと思いつつ、

「そうなったらここはどうなるんだ?」の場所を
「散歩」してきました。


まず飛び地の「練馬区西大泉町」。
そのとおりで「埼玉県の中の東京都」です。



ここって地図好きには意外と知られてて、
実際に行ってみた人もいるようで。


私は行ったことなかったんで、
こんな面白いとこ、どんな景色なのかみてみたい。


そんなわけで大泉学園に「散歩」へ行きました。
西武バスの路線が近くを通っているのですが、

グーグルさんによると歩けば歩けない
距離じゃないので、くるたびにアップグレードしてる

大泉学園駅より徒歩で目指しました。
天気もいいし。


駅から白子川までは住宅街。
謎のカラオケ屋んところより白子川沿いを。

カモなどが気持ちよさそうに遊んでいました。
この川もキレイになったよなと進むと、

水が流れてる暗渠の出口が。
その上は緑道になっていました。





歩行者道を示す緑の線がナビの道と並行してたので、
当然、暗渠の緑道へ。

明るいよく整備された道なので暗渠道という気がしません。
白子川の支流ですが、割と新しいのか

家の向きは道路の方を向いていました。
道なりに歩いて行くと2本に分かれる交差点が。

ちなみに並行する道路の交差点名は
「〜橋」という名前に川であったこと感じさせます。


いかにも暗渠然とした左の方へ
行きたいところですが、地図で見ると、

目的の「西大泉町」とは逆方向。
線は「ひよどり児童公園」のところまであります。


寄り道はやめといて右の暗渠道に入ります。
この道、コンクリートの蓋暗渠で「いかにも」という感じ。


雰囲気が好きな人にはたまらないでしょう。
すぐ行ったところに雑木林があり竹林も。


ここで一休み。
林の中に水源でもあるかと観察しましたが、

何もありませんでした。しかもこの暗渠道、
「行き止まり」の看板の先に小学校の裏門が。

道はここで終わっていて並行してる車道に
抜けるけるところもないので丸山東橋交差点まで

戻ってナビに従ってひたすら歩き。
特おり見える畑の景色が練馬区の果てを感じます。



この景色が江戸川区の真ん中にあったので、あまりの
イメージとのギャップで「鹿骨」を散策したのです。


あたりは西大泉でまだ練馬区です。
実は練馬区と埼玉県新座市の県境は

「らしい」ものがないのでバスに乗ってると
いつのまにか超えているって感じです。


あたりは畑の中に作った住宅街なので、
取り立てて見所がありませんが、

家々にある番地表示に注意しながら
歩いて行くと、右に入る道があり、

その先は下り坂。
道なりに行くと埼玉県新座市。



坂の上にある道沿いの家は練馬区…と
いうところですが、奥の家は新座市。

どうも家の間に都県境があるようです、
マンホールが2種類違うのがあるので、

その道が都県境のようです。
反対側は工事をしてるとこに境が通ってるようです。


そして坂を降りたとこの住宅のかたまりが
「東京都練馬区西大泉町」。


左は新しい家。右はもともとあった家。
この両側の家が「東京都」。のところですが、

突き当たりにある家は「埼玉県」。しかももう一つ
先の道にある2軒が「東京都」という複雑さ。



なんてことない住宅の写真を撮って、
一軒づつ住所が書いてないか見てるのは

かなりの不審者ですが、誰も出てこなかったので、
通報されずにすみました。


ここの複雑さは先に書いたことと、
道の両側の家だけが「東京都練馬区」という。

周りは「埼玉県新座市」。
住宅地のかたまりの一部が「東京都」という。

ついでに言えば止まってる車のナンバーが
西大泉町だと「練馬ナンバー」なのです。


なんでこんな妙なのか帰って調べて見ると、
歴史的に領土紛争があったわけでもなく、

この飛び地ができた理由もはっきりしないようで。
(一説には登記のとき間違えたとか…)

一応、新座市へ編入する方向にはなってるようですが、
住人全員の合意が得られないと。


うーん、この半端な土地はわかりませんが、
ひばりヶ丘北口のように埼玉県だと家賃が安いのと

一緒でこんなところでも東京である限り
資産価値が高いのでしょうか?


もし東京がロックアウトしたら見捨てられそう。


特に長居するとこでもないので、
「どういうところか」わかったところで

(それでも何周もしたからなあ)
散歩っぽく湧き水のある公園や黒目川に出て、

東久留米から「お品書き・2」の浮間船渡へ。
一応旅鉄なので武蔵野線と埼京線で長距離移動。




ここは埼玉県戸田市が、荒川を越えて「浮間公園」へ
せり出してるところ。ロックアウトされれば埼玉へは

荒川を泳いで渡るしかないという。



ここもなかなかワンダホーなところでした。



続きます☆



私は平日強制出勤(行かないとお金が)休日自宅軟禁。
予防の意味ねーよ!

4月5日


コロナさん、どんな偉大な人物でも成し得なかった、
「世界征服」を1年で達成させちゃってるよ。



そんなコロナさんほどの破壊力じゃないけど、
サイレントキラーと化している「結核」と「梅毒」。

こっちの方が国内では数が多いのです。
しかも「過去の病気」と思われてるので知らない医者が多い。

結核〜昨年新たに罹患した人=15590人。死亡者数=2306人。
梅毒〜厚生労働省への報告数=7001人(2018年)

資料は厚生労働省より。これはおしまい。


一昨日、駅前を通ったらタピ屋ができてました。
ついに地元にもできたか。でも毎日行きそうで

やばい店ができたなあと。
日曜までプレオープンで2割引とあったので


「自粛」で家の中でパソ作業ばっかり
だったので気晴らしに行ってみたところ、



なんですと!!


3日に見たとき買って味見しとけばよかった...。


しょうがないので、外の風にあたりに出た
ついでに、未知のエリアだった線路を挟んだ

2丁目を散歩。あちこち出かけてて
「灯台もと暗し」は悔しいから。


商店街の裏は住宅地ですが、
お寺や神社が狭いエリアの割にあるんです。
近所というか都内と思えない雑木林の道があったり。

なかなか味のある景色があったり。
お寺に現役の手押し井戸があって「おおっ」と。


意外と発見があたりして。
紹介されればいいスポットになりそうなとこも。
積み上げられた岩の上に立つたくさんのお地蔵さん。どういう意味を表したんでしょう?


でも、夕方だったので門は空いてるけど、
お賽銭がしまってあってお参りしたのは2軒くらい。

盗んだっていくらも入ってないけど、都会ですねえ。
この一角だけは北鎌倉を彷彿させます。


以前、TVで紹介されてた「おたくバー」を
やっと発見。飲み屋の通りとは反対側だったとは。

写真を撮ってたら、マスターらしき兄ちゃんが来たので、
挨拶したら「今度遊びにきてください」と。
まだ開店前でした。


近所もそうですが、古民家や共同玄関のアパートが
すっかりなくなって新しい家ばかりに

なってましたが、よほど愛着があるか
お年寄りの家じゃなきゃ建て替えて当たり前ですから。
こんなのも。まさに「滅びの美学」。



コロされたけどMVを公開するとこまで進んでたんで
リリースできた感じのTESTAMENTのアルバムが、

やっと届きました。
思うんですが、向こうの「歌詞MV」がやたら完成度が高いのはなぜ? officalMVよりかっこいいのがあるんですけど。


「緊急事態宣言が出るかも」ですって?
例の散歩レポートを早くまとめないと。
4月4日


ネットにタイムリーかつ地図的に面白い場所が
書かれてたので「散歩」してきました。

前回の続きは後日。


屋形船やライブハウスの時から、
その場にいた人に感染っていたじゃないですか。

だからもしかして「俺の近くによるな」や
「同じ空気は吸えないんだよ」だと思ってたけど、

今頃になって証明されたわけ?


んなわけで、週末だけ「外出を自粛」しても
リスク低減の意味ないですよ。
自粛…「自分から進んで、行いや態度を改めて、つつしむこと」。
(グーグルさん)





家賃が落ちてないと管理会社から連絡が。ヤバい。