公式ジャンル記事ランキング1位

テーマ:
ただいまです〜:.* ♡(°´˘`°)/ ♡ *.:
ホテルに帰ってまいりました〜
朝6時、皆さまお目覚めいかがでしょうかぁ〜

今回は秋物アイテムの買付けなのですが、
まだまだ暑くてピンとこない( ̄▽ ̄;)
どうしましょぅ...
じわじわ焦ります...ε-(´∀`; )

たった今、24時間ぶりに、
本日初めてアメブロを開いてみると...
{A52EAF56-F0AC-45FD-B223-6A47123D680B}

やん 


びっくりしたやん


気付かれた方がいらっしゃるかもしれませんが、
今は、一時的にカメラジャンルにしています。
一眼レフをお勉強中というのもあるのですが...。

本来はグルメブロガーなのですよぉ
私は食べることが大好きで、特に、厳選された豪華食材を、凄腕のシェフが調理をし、行き届いたサービスと洗練された空間でお食事をするのが好きです。

日々の外食を掲載していたら自然と、ミシュラン&一流レストランのグルメ巡りという、ちょっとこ生意気な内容になっていて、

毎日それを投稿していたら、どんどんアクセス数がのびて、ジャンルランキング1位になっていて、

それが長い期間続いていたら、Amebaさんから公式ブロガーのオファーがきて、、、

といった流れでAmeba公式トッププロガーというものになりました。

その日のファッションコーディネートも合わせて掲載をしていると、メッセージやコメントでお洋服のご質問が多く寄せられるようになり、お洋服会社のスポンサーもつき、

そうするうちに、私がお洋服のwebshopで起業をし、miimiのお洋服を着て、ミシュラングルメを巡るというコンセプトになっていき、今にいたります。
※起業に関しては、バックスポンサーなしで、完全に0から1人で始めたお店です。


アメブロのジャンル『グルメ』と『アパレル』の、2ジャンルをチョイスして、ジャンル通りのブログを書いていたのですが、

今年の春に、公式ジャンルがガラッと変わりましたよね⁉︎

『グルメ』と『アパレル』というジャンル名のジャンル消えてなくなり、グルメが細かく分類化され、同じくファッションも。

↓見てください〜
{1E3355F9-3DA7-47D5-9BD5-BD3068E71B1D}


グルメの中には、まったく当てはまるジャンルがありません(;_;)
ファッションにおいては、2つしか分類がなく、どちらもなんだか違うのです(;_;)

どうすれば良いのか分からなくなっていると、
Amebaさんが、私のジャンルを(勝手に(笑))『30代〜ファッション』にお引越して下さっていました(笑)

そんなこんなで、
グルメ投稿もしたいのに、ファッションブロガーのジャンルとなりました。

公式ジャンルは4回以上、ジャンル違いの投稿をすると、公式ジャンルから外されらしいと友人から教えられて、

今は秋冬の仕込み時期で、次の新作までは1ヶ月ほどありますから、お洋服の投稿が続かないため、載せれることと言えば、『写真=カメラ』。
そんなこんなでカメラジャンルにしています。

皆さまの中には、私と同じようにジャンルでお困りの方もおられると思うのですか、いかがでしょう?


そんな中、
カメラ公式ジャンルの記事ランキング1位と知り、今、驚いてしまいました。
そして、素直に嬉しい〜❀.(*´◡`*)❀.

帰ってきて、クタクタピーでしたが、
思わず照れ照れ(ᐥᐜᐥ)♡ᐝ


※アクセスランキングは、同じ記事でも毎日のアクセス数でランキングが変わるので、本日のランキングの更新、about9時ごろには1位ではなくなります。



↓芸術{D698982A-E2F3-48F6-9DD7-EC7C6FFBADB2}
{607D3441-8C1B-4540-8DF4-34F646362568}
{8B850011-1E57-4D62-9A6A-750C59078CAF}

↓ちなみに、今日の“ディナー”はこちら
ギャップが激しすぎますから〜♪( ´▽`) (笑)
{8AFD7CAA-A1DD-47C8-B2A1-A0F2EAFE1B90}


意識朦朧としてまいりましたので、
読み返さずに終わります〜(ᐥᐜᐥ)
誤字脱字お許し下さいませ♡m(_ _)m♡


{4F91175A-E7D5-4205-A36E-C7A1CA96850E}



{5FC35E52-7089-4445-AA6A-240573866061}


引き続き今日も、
皆さまにとって、お心ニコニコ 素敵な1日となりますように...
いつもありがとうございます
Much love.

AD
こんばんは〜(*´˘`*)

残暑とはいえ毎日暑い日が続いておりますが、
皆さま体調などお変わりございませんかぁ


1年半ぶりに、あの【山路陽介】へ再訪です。

初訪問は、去年の私のお誕生日にろみちゃんが連れて行ってくれました꒰๑˘͈◡˘͈๑꒱◦°♡
その頃は、オープンして数ヶ月目の星無し店でしたが、今はミシュラン星付きフレンチレストランとなり箔が付きました

山路陽介シェフは、本場フランスで、世界三大巨匠のもとで修業をされたということもあり、オープン時は京都のみならず日本中のグルマンの注目の的でまったく予約が取れませんでした。今は少し落ち着いたようで、比較的スムーズに予約を取ることができましたよ。

再訪はもちろん、ろみちゃん と

{E7E6640B-9C62-4BF3-9004-8A6E1F853D74}


【山路陽介】
Yosuke YAMAJI

ミシュラン京都一つ星

食べログ→山路陽介


2015年6月、京都は祇園のど真ん中、花見小路通の裏手にお店を構えたフランス料理店『山路陽介』は、オーナーシェフのお名前をそのまま屋号にされただけあって、実力派の凄腕シェフです。
とにかく経歴が凄過ぎます!

東京の調理師専門学校を卒業し、ホテルオークラ東京に就職。4年間の勤務を経て、渡仏。

ここからが凄い!

フランス料理界の最高峰ポール・ボキューズが開いた料理学校 ポール・ボキューズ学院(フランス・リヨン)卒業。
「ポール・ボキューズ」、「アラン・デュカス」(史上最年少で三ツ星を獲得した巨匠)、 「ジョエル・ロブション」(世界一星を持つシェフ)の、三大巨匠のもとで腕を磨き、1から上り詰め、総料理長やエグゼクティブ副料理長を任されるという実力派。さらに、パリで最も予約の取れない三ツ星レストラン「アストランス」でも学ぶ。
詳しくは↓
{C827B3EB-3485-4784-90FD-1A9A1B0B4616}

計11年間の本場フランスでの修行を経て、帰国した山路陽介シェフが、2015年6月に独立開業されたお店が、京都・祇園のど真ん中、フランス料理店【山路陽介】でございます


↓山路陽介シェフのお言葉が素敵☆
{A20AB9FB-B124-4BAA-8DCD-D339A73A84A8}


↓場所・外観
祇園四条駅より徒歩5分。花見小路通をテクテク。四条通と祇園甲部歌舞練場に挟まれたエリアにございます。
どう見てもフランス料理店には見えない佇まい。暖簾もまるで和食屋さんのよう。古民家を改装した町屋風の外観はいかにも「THE 京都」。外国の方にも喜ばれそうです。
{1C77AE9D-00CB-41E9-8A08-27D3A28E49C9}


↓店内
外の世界とは一変して、モダンでスタイリッシュな店内。一階はカウンター9席、テーブル12席、二階にテーブル8席。
中庭の大きな窓から差し込む自然光が、心地よい空間を演出。まるでカフェにいるかのようなリラックス感です。お店の方によると、フランスで人気の「ビストロノミースタイル」だそうです。テーブルと床の木材はヨーロピアンオーク。
{9A416668-0797-424E-B8A4-7D157B4A1F97}
↑公式HPよりお写真拝借
{E57DD587-E57E-4D8D-9613-766EC8A80D5E}


↓キッチンとカウンターは同じ高さになっており、山路陽介シェフの調理を全て拝見することができるスペシャルな造り。
{E194D20E-53D2-4F2B-B4BF-E4E1375043D9}


↓パウダールーム
京都の陶芸家・川尻潤氏のもの。細やかなところも京都で揃えてくるあたりが憎いですね♡川尻潤氏の作品を野口太郎で初めて拝見した時はあまりの素敵さにお写真パチパチ撮っちゃいました♡
{B79EDA0B-3146-4A3C-98F5-B2DD7007468C}


↓テーブルセッティング
カトラリーはcutipol。桜の木から作られたパン皿。
{65E1AE39-BB93-4FB2-8E52-DCD5ACE48620}


Lunchコース 2種
・¥5900(税サ込)
『前菜2品・魚・豚ヘレ肉・デザート1〜2品』
・¥9440円(税サ込)
『前菜2品・魚・和牛・デザート1〜2品』
《2種のコースはボリュームは同じですが、お料理の内容・質が変わります》


今回は9440円のコースをお願い致しました。


↓まずはカンパ~イシャンパンロゼワイン
ブランデーを作る品種のぶどうから作られた、ノンアルコールのChampagne
{6CD65100-4B72-4A44-A3E4-C04A19386B3B}
{042435F3-EA6B-49B5-97A7-8BC0BC8ADF1E}


↓奄美大島産アオリイカ,カリフラワー,オリーブ
{AA4D4FBF-5EBB-4C83-AACB-90CE6DB09B77}
{F92B390C-7484-4631-9A38-677D3ECFCBD8}


↓上賀茂茄子,タラバガニ,ウナギ,フォアグラ
{2B8BB429-AF37-4DA5-A1CA-805781E61611}


↓自家製パン
とても美味しかったのでどちらのパンなのか訊ねましたら、なんと山路陽介シェフの自家製☆
{FD350638-5643-4804-9EC7-F6569BAD035C}


↓奄美大島産マハタ,季節の野菜,ブールブラン,トリュフ
今回のマハタは12キロの魚体。実は、トリュフは2種類使われています。サマートリュフと、オーストラリア産のウィンタートリュフ。夏と冬を同時に楽しませるという憎い演出♡
{8DFF52D8-B494-4A1D-BCE6-0B46592E053F}
{CBAF49C4-6E02-469D-BEF8-4009F26D8D30}


↓お次のお肉にはこちら!
山路陽介特注ナイフ。カッコいい紋入り☆
{14ECC350-C53A-4C68-99F3-B51856FD39CD}


↓和牛ヒウチ,ソースポルト,パルミジャーノ
ソースの存在感がこれでもかというくらいに強く、印象に残った一品。半熟玉子から溢れるトロ〜ンとした黄身と絡めて、ますます濃厚な旨みを堪能。
{2E2C2131-17A3-4677-881E-CC5F48CB29D4}


↓カステラ
{EBB9DB98-EE83-490C-849F-8B22DBED901E}


↓デセール:ブランマンジェ,オレンジソルベ,
メレンゲチップス,
・coffee&tea
・焼き立てのオリジナルフィナンシェ
{819642FB-DA6C-44E8-8F54-1195316BA84A}
{7BC32B24-2ABB-43B9-9804-1130C7B4B1E9}


↓最後は山路陽介シェフがお見送りをして下さいました。8kg痩せられただけあって、昨年お会いした時よりもスッキリと爽やかな雰囲気に♪
{4EEAB5C4-9B56-4DCB-AD09-BDD2C4DFD895}


前にも書いたのですが、
山路陽介シェフの1日は市場へ行くことから始まります。

とびっきりの最旬の食材を仕入れた市場からの帰り道、シェフの頭の中では、世界中で磨かれた感性によって、極限の集中力とスピードて1つのお皿を完成させていくそうです。
最小限の試作と、最大限の瞬間的なインスピレーションを大切にして、山路陽介料理は完成されます。

2度目の来店では、全てのお料理がリニューアルされ、同じお料理が出されることはないそうです。
毎日新しいお料理を生みだす山路陽介シェフのイマジネーションには脱帽です。

オープンから約2年2ヶ月が経ち、お料理だけではなく、サービスや経営面etc...、大変なご苦労をされてこられたことと存じます。

お料理にもそれがあらわれていて、挑戦的でありながらも、土台がしっかりとしていて深みのあるお皿か並びました。
次は是非ともdinnerで訪れたい。
ありがとうございますドキドキm(_ _)mドキドキ

撮影カメラCanon EOS80D

短い時間だったけれど、有意義なひと時を過ごすことができました。ろみちゃん、ありがとう
お互い今は多忙を極めていて、以前のように好きな時に好きなようにグルメ巡りをできなくなりましたが、
情熱を持って全力で取り組めるものを見つけれたことはそれ以上に嬉しいこと。
悩んだりもがいたり喜んだり、一喜一憂しながら、自分が築きたい人生のために切磋琢磨する姿は、お互いにとって良い刺激。だからこそ、会った時は濃厚な会話ができ、立場は違えど分かり合えることが増え、
結果的にボルテージUPにも繋がります。
以前のように毎日がにょんび〜り、そしてちょっぴり豊かな生活も心地良かったのですが、こうして1日があっという間に過ぎていくような慌しい日々が、今は気に入っています。
2人ともヤル気スイッチONで、これからも頑張って行こう:.* ♡(°´˘`°)/ ♡ *.:
{7D139F47-675F-4906-8505-3966C1338E94}



コーディネート
{9EE2EB70-875C-4FA6-99C7-B6B222F4AF86}

エレガントで愛らしいフラワーレースのワンピースを着ていきました。ミニ丈でコンパクトなシルエットがポイントです♡
{1E00902D-984B-4BB6-9B09-913ADC055A72}
{B14843CD-AA60-4961-90C5-FB9066FB938D}
{85424BE9-0661-42C5-9812-941E5F307E67}

↓電車に乗りましたので、ミニ丈カバーに、こちらのロングベストのWhiteを羽織りました♪ 清楚で好印象を与えるプリーツがポイントです♡今回のワンピースと少し合っていないのですが、ミニ丈カバーを優先に致しました(笑)

8月22日〜25日は出張のためお休みを頂きます。
m(_ _)m

いつもありがとうございます
♡。゚.(*♡´◡` 人´◡` ♡*)゚♡ °・



{A794867F-F7A4-4A7F-B122-49990A016AE7}


引き続き明日も、
皆さまにとって、笑顔輝く素敵な1日となりますように...
いつもありがとうございます
Love.

AD
こんばんはぁ〜(*´˘`*)
どのような日曜日でしたかぁ


先日は、ミシュラン三ツ星を長年維持されている、京都の料亭『瓢亭』さんへ行って参りました。

なんと、450年の歴史!
長きにわたって研ぎ澄まされたお料理は、今や京料理の代表と謳われ、名物の「瓢亭玉子」や季節限定の「朝がゆ」などは、世界にその名を轟かせています。

{E6CB8249-EE49-4772-AAE0-2E4DC04A01DE}


【瓢亭 本店】

ミシュラン三つ星
食べログ4.38→瓢亭本店


瓢亭は今から約400年〜450年前に、禅宗の別格本山である南禅寺境内にあり、参拝をする人々の腰掛茶屋として暖簾を掲げたことが原点なのだそうです。
“瓢亭本店”としては1837年に開店されました。

現在は、京都府無形文化財保持者にも認定された高橋英一氏から後を継いだ15代目の義弘氏が歴史と味を継承されています。


広大な敷地にお部屋は4部屋だけ。何とも贅沢です。今回はその中でも、瓢亭創業時より残っている貴重な建物である、“くずや”の茶室をご用意して下さいました。

↓「くずや」とは草葺き屋根のことである。
公式サイトよりお写真拝借
{57E40950-FC3D-4621-864C-1DB1810B3890}


↓瓢亭の歴史を詳しくお知りになりたい方はこちら

花洛名勝図会

幕末の元治元年平塚瓢齋によって「花洛名勝図会」という書物が刊行されている。その頃には、瓢亭はすでに京の名勝の一つに数えられていて、東山の部分に「南禅寺総門外松林茶店」として、現在の店に近い姿が描かれている。名勝図会には、南禅寺の総門から本坊までは松林が広がり、瓢亭はその参道沿いで丹後屋という湯どうふ屋と隣り合って店を営んでいる様子が描かれている。
図会の説明書きにも、瓢亭の半熟鶏卵、丹後屋の湯豆腐が名物とある。ちなみに東隣の丹後屋の跡は現在の無鄰庵にあたり、明治の元勲、山縣有朋の別荘として使われていた館である。
瓢亭の創業は絵図による記録よりもはるかに遡る。四百年ほど前、南禅寺境内の門番所を兼ねて、南禅寺総門外松林茶店(腰掛茶屋)として、のれんを揚げたのが始まりと伝えられている。当時から立ち寄るお客に、茶と菓子だけでなく煮抜き玉子を提供してきた。
それが今に伝わる名物、一子相伝の「瓢亭玉子」である。当時の姿を留めているのが、供待腰掛のある玄関の佇まい、草葺きの棟「くずや」、庭師の植熊が手がけた庭と言われる。

時を経て時代は移り、明治の中頃。一幅の軸が往時の瓢亭の雰囲気を物語っている。
山縣有朋とともに明治維新で活躍した品川弥二郎が瓢亭で、酔いにまかせ口に筆をくわえて書いた瓢の中に一子相伝半熟鶏卵可愛い殿御に食わせたいのみ人知らず やじろ題す口拝と記した。

このように瓢亭は、明治維新後、政治の中枢を担った元勲たちを皮切りに、大正、昭和と常にその時代を支え、彩った文化人、茶人、また経済人が繰り返し訪れる料亭であり続けた。内外の賓客も迎えたが、同時に京の旦那衆もまた、この草庵風の瓢亭の域を愛し、折あるごとに訪れている。多くの料亭が宴会で賑わう性格の店に変化していく時、瓢亭にもそちらへの道があったかもしれない。
しかし、その分かれ道には必ず、この草庵風な建物と庭が無言の抵抗をし、また、伝統的な京料理を地道に出し続け、茶懐石の看板を頑固に護る亭主がいた。現在の瓢亭の玄関には昔と変わらず構えた門もなく、小旗が風にゆれ、床机には煙草盆、脇には茶壺、水がめが置かれ、古びたわらじが掛けられている。


↓場所
{822616D0-90AF-4EAE-97BE-3B3236557005}


↓外観
現在の瓢亭の玄関には、昔と変わらず構えた門もなく、小旗が風にゆれ、床机には煙草盆、脇には茶壺、水がめが置かれ、古びたわらじが掛けられています。
{DF2553AB-13E7-4AB4-8AB3-B065D2BC6ADF}


お部屋に向かうまで
このような手入れの届いたお庭を通ります。
庭の至る所を埋め尽くした何種類の苔たちにも、長い時間をかけ自然が織りなす美しさを感じます。池には優雅に泳ぐ錦鯉。何とこの池は琵琶湖に繋がっているのですって☆
{90800B0A-00D7-4197-AE2C-12D10442B6DB}
{9D217DD5-1551-41E2-9DD7-E2C0BDA9C3AD}
{DACBAD16-D1B5-492E-96EB-10E5ED289F27}
{CC85BF9B-E76F-45D6-8241-0AF78BFAD494}


↓約200年前に建てられた茶室“深泉亭”
探泉亭、明治中頃に建築された四畳半の茶室。
目を引く意匠は三角形の袋棚。朱塗りの縁のある花頭窓には酸漿の香合。内部は細目の寒竹で仕上げられています。

{0686646A-71C4-41C1-92A4-5431C92D2E1E}
↓公式サイトよりお写真拝借
{89B0C382-B23A-4720-8AF5-E9F44C863D7C}


お昼の懐石料理 23000円〜(税サ込)

女将さんのご挨拶、酒一献からの幕開けです♪
今回の瓢亭さんは私がリクエストをしたのですが、お連れして下さった方は常連さんのようで、女将さんから「お父さん」と呼ばれていました。京都らしい呼び方どすなぁ〜♡

↓先付、向付
先付は何かの白和え、
向付は賀茂茄子と雲丹、間には枝豆のピューレ
{39AB900B-ACBA-40F3-AF02-7FD3E8DDE299}
{B840C971-D8BA-4098-9614-FB7C78884B8C}


↓お造
鱧、明石鯛のへぎ造り
左から、お醤油、お塩、トマト醤油
{456D3608-1B7B-49D9-9D37-8CE4CA21336F}
{DE08BFC4-421B-494C-A9C2-15826284B44B}


↓アコウと素麺の煮物椀
瓢亭と言えば“まぐろ節”。まぐろ節と昆布でとったお出汁。奥ゆかしい味わい。季節感のある素麺を使用した煮物椀。
{2552586B-83B7-4CC1-ACFD-4BB2638B01E0}


↓八寸
 400年前からの名物「瓢亭玉子」は、代々一子のみに受け継がれてきた、一子相伝の味。右のドーム型のものは鱧の子の一品。
{B6A0BA2F-0835-4C7F-9CAC-2151E81D8618}
{B74D5F56-660B-41D5-817F-4F5DA4845B73}


↓鮑と冬瓜
中に海老が隠れていたため、海老アレルギーの私は断念( ;  ; )お店に伝え忘れていました(T-T)。
たいそうな年代物の器をサラッと使用。
{C736853A-2815-45FB-BD2A-FA32E5FE4CD6}


↓鮎の塩焼き
あっさりめの蓼酢でいただきます。
{6CED463E-32ED-4EC5-BF5C-ECE96EA3A5AA}


↓お食事
豆ご飯、赤出汁、香物
{5A985F2B-3A59-4380-AEA3-52A594666F6D}


↓デザート
アイスクリームとメロン
{F4DC8549-A54C-4D61-B3FB-9766DE452630}


↓お菓子、薄茶
{B46C3480-2CFE-40C9-AC9E-819184C08839}
{FC92E2FF-2D7A-433E-B206-1BDA5AD67F7E}

↓女将さんのご挨拶で始まり、女将さんのお見送りで閉めくくりm(_ _)m
とてもお美しい方で、流れるように美しい京都弁、着法、作法、立ち居振る舞い、笑顔、全てにおいて上質な品を纏い、同じ女性とは思えないほどエレガントです。粋なお着物も素敵過ぎます♡やはり今回も心を奪われてしまった私でした(ᐥᐜᐥ)
{B92F127A-947C-4E7B-A5C7-05B1CDB8AC4E}
 

お楽しみはお料理だけではありません。
400年以上も前に生きた方々と同じ場所でお食事をしているのだなと思うと、感慨深いものがあります。

お外からは、流れる水のせせらぎ、虫の音、草木や風の薫り、鳥たちのさえずり。この自然の織りなす全てが素晴らしい演出家。何もしなくても幸せな静寂美の癒し。

魯山人や永楽など、美術館に展示されるようなクラスの器も拝見でき、さらには直接触れることのできる貴重な機会。

技をお客に引けらかなさい料理人の心意気、日本人ならではの心配り、人生経験を積んだ人間にしか分からないわびさびがここにはあります。

長い歴史と伝統に裏打ちされた真に上質なお料理。
全てが400年の結晶。
世界にその名を轟かせる京料理の老舗【瓢亭】に、おもてなしという真の言葉の意味を知る。さすが、世界無形文化遺産「和食」、ここにあり
貴重な一席をありがとうございますドキドキm(_ _)mドキドキ


撮影カメラ:Canon EOS80D

コーディネート
{77998E61-C748-4AA4-A292-BA34BF699C29}


出張のため8/22〜8/25はお休みをいただきます。
いつもありがとうございます
m(_ _)m


{0D5305CE-F71E-482E-9303-5A46BC9F0AEB}



{483425F6-E001-4761-A06E-2FEC8D00893D}


引き続き明日も、
皆さまにとって、微笑みに包まれた ハッピーな1日となりますように...
いつもありがとうございます
Love.

AD
こんばんはぁ〜(*´˘`*)
夢の中でしょうかぁ〜
私はお仕事をしていますよぉ〜


先日は、京料理の代表とも謳われ、450年の歴史をもつ、京都ミシュラン三つ星を長年キープされております料亭へ行ってまいりました。

気合いでブログを作成できると思ったのですが、
本日はまだお仕事が終わらず...断念...(◞‸◟)
お食事は改めて投稿いたしますね

今回は、コーディネートだけUP致します。

{EE594F91-8D2B-4FA9-AD35-739D4C4846BE}


コーディネート
御座敷でのお食事の際は、できるだけ膝丈を選ぶようにしています。胸もとの露出も控えめな方がお店の雰囲気に馴染みますよね。
ずっと気に入っています❀.(*´◡`*)❀. 鮮やかな朱色が美しい、ダブルボタンの袖なしジャケット風ワンピースを着て行きました♡裾がフレアなので、カチッとし過ぎず愛らしさもあり、これ1枚着るだけで大人可愛いコーデが完成です♪
{822D2747-60F7-4668-85BD-37334D9F7756}


{9645D85C-DAD8-45FF-A220-8A0394CCFA9E}


引き続き明日も、
皆さまにとって、笑顔溢れる 素敵な1日となりますように...
いつもありがとうございます
おやすみなさぃ
Love.
こんばんはぁ〜(*´˘`*)
そろそろお眠りタイムですねぇ〜
私も眠いです〜


今日は、ろみちゃん と京都へお食事に行ってまいりました。
去年、ろみちゃんが私のお誕生日に連れて行ってくれた、ミシュラン星付きフレンチレストランに再訪です
お食事は改めて投稿いたしますね


昔から旅が大好きなろみちゃん♪ 
最近は、大好きな旅が自然とお仕事にも繋がっているそうで、すごくキラキラとしていて素敵でした
旅を仕事に...なんとも羨ましい限り


今回は、コーディネートだけちょこっとUP

{631969FF-89A1-4F24-AF45-D09B70129D5A}


コーディネート
エレガントで愛らしいフラワーレースのワンピースを着ていきました。ミニ丈でコンパクトなシルエットがポイントです♡
{1E00902D-984B-4BB6-9B09-913ADC055A72}
{B14843CD-AA60-4961-90C5-FB9066FB938D}
{85424BE9-0661-42C5-9812-941E5F307E67}

今日は電車に乗って行きましたので、ミニ丈カバーに、こちらのロングベストのWhiteを羽織りました♪ 清楚感をUPするプリーツがポイントです♡
{82EA33CB-D880-4EE5-98AB-4642E848FE58}

引き続き明日も、
皆さまにとって、笑顔溢れる 素敵な1日となりますように...
いつもありがとうございます
おやすみなさぃ
Love.